マフィンマン さん プロフィール

  •  
マフィンマンさん: 東京雑派 TOKYO ZAPPA
ハンドル名マフィンマン さん
ブログタイトル東京雑派 TOKYO ZAPPA
ブログURLhttp://tokyozappa.exblog.jp/
サイト紹介文PENTAX istDS で写した東京…とかね
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2006/07/16 22:14

マフィンマン さんのブログ記事

  • 百人町/西早稲田  路地を往く
  • JR大久保駅界隈。街を美しく!あかるいけんしんみりょく  ん?「けんしん」は「献身」かな。まさか「検診」?駅近くの路地。JR総武線が街を斜めに走っているので、曲がりくねった路地に出合ったりする。お次は西早稲田。早稲田通りから北方向へ下る階段を発見。その先が路地になっていた。階段はこれ。ずんずん往き、振り返る。これぞ東京の路地。暗渠なのだろうか。年季の入った電気メーターがある。引っ越しの際は大変だ。など [続きを読む]
  • 千葉・館山  春への扉
  • 久しぶりに館山を訪れた。海沿いの家の扉を開けよう。風紋が描かれた砂丘を行く。春の海が見えてきた。フラワーラインに菜の花。といっても、すでに最終盤。このように花は伸びきり、沿道では刈り取りも始まっていた。こちら「ファミリー市場」にて、えぼ鯛干物定食1,000円。フワフワでうまし。夏が待ちきれなくて、靴だけ脱いで泳ぎに行ったんだね。駅前の老舗「館山中村屋」のロシアケーキ。おいしいっ!館山には何度も行ってい [続きを読む]
  • 中野区本町/田端/西日暮里/千駄木/谷中  インフル明け
  • 先月半ば以降、風邪を引き、治ったかなと思いきや今度はインフルエンザに感染するなど散々だった。が、ようやく回復し、久しぶりにカメラを手に歩く。まずは実家(中野)に立ち寄った帰りの神田川沿い=11日(土)。河津桜だね。神田川沿いに、こんな看板が。この日は新大久保まで歩いた。翌12日(日)は王子から三ノ輪まで。住宅街に田端不動尊。明治45年に遷座したものの、空襲で焼失したため、昭和44年(1969)に再建されたそう [続きを読む]
  • 十条〜赤羽/雑司が谷/南池袋  階段めぐりリターンズ
  • 今回は東十条駅をスタートして、赤羽駅を目指した。まあ、いつもと大差ないコースだが。さっそく何か見えてきたぞ。扉に蛇口……。裏側はどうなっているんだろう。「水がらみ」で今度は井戸を発見。内部が見える、珍しいスケルトンタイプ。撮影ポイントは中十条、十条仲原、上十条、西が丘そして赤羽西。住宅と住宅の間の長〜い階段。どんどん上ると――、こんなに狭くなっている。かつて「どんぐり山」と呼ばれていた高台。今は駐 [続きを読む]
  • 西新宿 「昭和」たそがれて
  • 実家で用事を済ませた帰り道、久しぶりに西新宿8丁目を訪れました。人が去り、解体を待つかのような風情です。10年前に撮らせてもらった時はキュートだったが……。成子天神から西側は街並みが激変したけれど、このあたりの路地は辛うじて健在です。このアパートには「柏木町」という旧町名のままの表札が残っています。この力強い筆跡は、ひょっとして10年前の「清掃部」の人か?このアパート、住民がいた当時は象も住んでいた。 [続きを読む]
  • 赤羽/十条  新春階段めぐり
  • 写真仲間と赤羽西から上十条、十条仲原にかけての凸凹地帯を歩きました=3日(火)。いきなり目の前に現れたのは「ナイトレストラン 洋食・割烹 マカロニ」。漫画『東京都北区赤羽』に登場するね。昭和40年代までは都内のいたるところにあったコンクリ製のゴミ箱。その中に、ポリのゴミ箱。ゴミ箱inゴミ箱というわけだ。この中に猫が1匹潜んでいるよ。どこかな。おっと、ここにも別の猫が。高低差の激しいエリアだ。先ほどから [続きを読む]
  • 神代植物公園  キラキラネーム・サボテン篇
  • 食虫植物を見に行こうと、神代植物公園の大温室を訪れました。ウツボカズラの仲間です。落とし穴のような「壺」に虫が落ちると、二度と出てこれない……。こちらは、サラセニア科。やはり落とし穴方式で捕虫する。とはいえ、彼らは決して虫を主食としているわけではなく、基本は光合成により生きているそうだ。大温室は今年5月、リニューアルしたばかりだ。ランとか、ベゴニアとか。熱帯スイレン室というエリアもあり、パラグアイ [続きを読む]
  • 千駄ヶ谷/新宿御苑/歌舞伎町  奇跡の「こばた」
  • 久しぶりに写友が集まり、忘年会を兼ねた街撮りスタート=10日(土)。JR千駄ヶ谷駅からブラブラ歩き、まず鳩森八幡神社で参拝する。おみくじがキュートすぎる。富士塚で知られるようだが、この案内図に惹かれた。今年4月も1人で同じコースをたどった。千駄ヶ谷5丁目。右手は新宿御苑。新宿駅から1キロと離れていない路地沿いに、「こばた」の文字。戦前まで営業していたタバコ屋の遺構で、一帯は戦災を奇跡的に免れたそうだ。 [続きを読む]
  • 埼玉県和光市白子/板橋区成増  晩秋の湧水・洞窟・切り通し
  • 成増の隣町・白子(しらこ)に洞窟がある、と聞き、久しぶりに愛チャリ「あらかわ6号」で出かけてみました。川越街道(写真奥)から県道・新座和光線に入ると、紅葉の切り通しが出迎えてくれた。なかなかたどり着けない。でも、迷子になっている時にこそ、発見があったりする。住宅街の脇に小径が続いているので、チャリを置いて下りてみると、ここにも紅葉。今度は、きれいな水の音が聞こえてきた。なになに、「小島家 湧水」だ [続きを読む]
  • 成田山  紅葉狩り
  • 成田山の紅葉が素晴らしい、と聞き、出かけた。広大な境内には、噴水付きの庭園もある。池がいくつもある。晴れていたら、紅葉が水面に映っているのだろうが、この日はあいにくの曇り空。深山幽谷っぽい。そして、帰りは参道沿いの鰻屋にて鰻丼を。母が亡くなってションボリしていたので、エネルギーを充填しないと。駅まで寄り道しながら行くと、笹に占拠された家屋が。笹でガラス窓が割れそうだ。 [続きを読む]
  • 都立赤塚公園  肉の香りで思い出す
  • 紅葉を求めに赤塚公園(板橋区)を歩いていると、肉の焼けるおいしい香りが漂ってきた。決められたエリアでBBQが許可されているのだが、その香りでまた思い出してしまった。亡母ら家族と10年以上前に、BBQを楽しんだことがある。母も父も、まだ旺盛に食べ、飲んでいたな。おらはセッティングから後始末までやらなければならないので、ひたすら忙しかったが。 [続きを読む]
  • 新宿御苑  何を見ても何かを思いだす
  • 母が亡くなって1カ月余り。悲しみの激情は収まりつつあるが、その代わり、悲しみは心のどこかに住み家をつくり、ときおり顔をそっと覗かせる。紅葉はどこまで進んだろう、と観に行った新宿御苑でも、母のことをふと思い出した=12日(土)撮影。東日本大震災の年の春、両親を連れて花見に行った。ビニールシートを用意し、伊勢丹の地下で弁当や酒を買ったのだが、震災からまだ1カ月と経っていないためか、一向に盛り上がらない。 [続きを読む]
  • 十条仲原/上十条/中十条/南千住  路地から路地へ
  • 一仕事終えた後、写真仲間と合流して再び十条界隈を訪れた。まずは腹ごしらえ。以前から気になっていた十条仲原の「玉屋」を訪れる。中国のかつてのトップも大好きだったってこと?どういう意味なのか確認するの忘れた。その担々麺780円をいただいた。相棒はラーメン&カレーライスのセット。間違えた。こっち。JR十条駅界隈の路地をひとめぐりして、今度は都電で三ノ輪へ移動した。路地から、路地へ。そして、路地。ジョイフル三ノ [続きを読む]
  • 谷中/中十条/十条仲原/赤羽西/上十条/赤羽  階段、坂道、高低差
  • 猫好きの写真仲間が行方不明だ。なので、彼がよく野良猫を撮りに来た谷中霊園に他の同志と訪れた。ひょっとして、どこかで撮影しているのではないか、と。が、どこにもいなかった。仕方ないので、霊園の外れで階段を撮った。界隈はここ数年で激変した。東十条〜赤羽方面へと移動した。中十条。この階段を上るのは難しそうだ。若宮八幡神社の布袋様。こんなに鬱蒼とした階段を上っていく。清水坂公園(十条仲原)に魅力的な橋が架か [続きを読む]
  • 大井町  雨の横丁
  • 駅前の東小路飲食店街。好い感じだね。わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。よろしかったら、お手元に1冊! [続きを読む]
  • トマム/美瑛  北海道観光おまけ
  • 鉢植えの向こうは、今回泊まった宿。夜はジンギスカンをいただいた。富良野のブドウ畑。これからワインになるんだよ。ところ変わって、こちら厚真(あつま)町の親戚宅。農家です。ハウスの中はというと……、ご覧の通り。これもスイカ。ベルベッドで出来てるような不思議な皮。近くのメルヘンなカフェ。最後はウトナイ湖。さようなら、北海道の夏。わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地 [続きを読む]
  • トマム/美瑛  北海道観光その3
  • 前回の雲海から一転して、今度はお花畑。美瑛町の「四季彩の丘」です。彼方に見えるは十勝岳。ルピナスや金魚草、サルビア、マリーゴールドなどが、この土地特有の丘を彩る。トラクターが牽く、こんな乗り物も。富良野のラベンダー畑は北海道に住んでいた頃に何度か訪れたことがあるが、ここは初めて。なんかもう、人生観が変わっちゃうね。わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像 [続きを読む]
  • トマム/美瑛  北海道観光その2
  • 数年前から話題の「雲海テラス」に行ってみた。ゴンドラで山の上を目指す。早朝にもかかわらず、出発口には長蛇の列ができていた。ブラボー!雲海だ。現地ではガイドさんが雲海ができる仕組みなどを説明してくれる。この日の雲海は100点満点どころか、天候などの状況がよくて「150点」だそうだ。次第に晴れてきた。こちらは「雲海テラス」。ホテルの宣材でおなじみの場所だ。午前7時10分すぎ、タワーホテルの全容が見下ろせるほど [続きを読む]
  • トマム/美瑛  北海道観光その1
  • 第2の故郷・北海道で珍しく観光しました。でも、その前に胃をガソリン満タンにしておかないとね。これ、北海道限定のソフトドリンク&ビール。中でも「カツゲン」は道民のソウルフードならぬソウルドリンク。「濃いヤクルト」って感じだよ。山間にタワーホテルが見えてきたよ。目的地ではないところに迷い込んでしまった。キュートでメルヘンなホテルだなあ。と思いきや、雑草が生えまくってて、様子がヘンだぞ。あれれ、廃墟だ。 [続きを読む]
  • 北区志茂  草刈正雄の夏
  • 荒川の赤水門(旧岩淵水門)で「草刈の碑」なるものを発見。「農民魂は先づ草刈から」とある。建立は60年近く前の昭和32年(1957)。なんと戦前、荒川を挟んで「全日本草刈選手権大会」が行われたという。碑はそれをしのんで建てられた。「鎌を競う選手四万余名、熱戦各二時間にわたり、両岸に観衆あふれ……」と碑文にある。何をもって勝ち負けとするのか書いてないが、河川敷に4万人ってスゴすぎる。草刈正雄もビックリですな。 [続きを読む]
  • 松戸/巣鴨/湯島  アジサイを愛で、印度カレーを食す
  • 千葉・松戸にある本土寺(ほんどじ)のアジサイがスゴい、と聞き、初めて訪れました。いや、ホント、スゴい数。もっとも、参拝客も多い。菖蒲池もある。盛りは過ぎたが。仲良し3人組。参道沿いのそば屋。手打ちで美味しゅうございました。アジサイを満喫し終え、なぜか巣鴨に移動。ちんどん屋さんがポーズをつくってくれました。うしろは都電荒川線の庚申塚停留場。そして本日の仕上げは、デリー上野店のカレー。創業はなんと昭和 [続きを読む]
  • 王子/北区岸町/中十条/滝野川  アジサイ祭り
  • 今年も飛鳥山公園裏にやって来ました=本日5日(日)「さくら新道」という「昭和」な飲み屋街だったが、2012年1月の火事で大半が焼失してしまった。その前から、アジサイや桜を撮ってきた。木造の老朽化した飲み屋と花々が詩的で、いつも心が躍った。ここ数年は見物客が大勢押し寄せてかしましく、祭りのようになってしまった。まあ、しかし、ここは大東京。人が多すぎる!なんて文句を言っても始まらん。こちらは「接写祭り」開 [続きを読む]
  • 荒川/若洲海浜公園  おっさんのシミ
  • 何年かぶりにチャリで荒川沿いから若洲海浜公園へ行った。ここは河口まで1キロの砂町水辺公園。手前は清砂大橋、その向こうに霞んでいるのは荒川河口橋。このあたりだと、潮の香りがハッキリと分かる。珍しく動画をば。荒川河口橋を過ぎ、あえて迂回路から公園を目指す。着いたど。一直線に続くこの舗装路、突端までどれくらいあるんだろうね。かつてNHK『大科学実験』のロケ地として使われ、「この直線路をそれに使うか!」と仰 [続きを読む]
  • 荒川/江戸川/荒川  70キロ限界説
  • 3週続けて愛チャリ「あらかわ6号」を駆り、荒川河川敷に繰り出した=本日22日(日)。この日は、本当に久しぶりに走行距離が70キロを超えた。が、おらの体力ではこのへんが限界だ。それに、距離を稼ごうとすると、風景がろくに目に入らず、結果、撮影の機会が激減する。千住の「虹の広場」に埋め込まれた「荒川の生きものたち」のタイル。ザッパじゃないよ、サッパだよ。汽水域に生息し、酢漬けが美味だそうだ。ところで、今日の [続きを読む]