マフィンマン さん プロフィール

  •  
マフィンマンさん: 東京雑派 TOKYO ZAPPA
ハンドル名マフィンマン さん
ブログタイトル東京雑派 TOKYO ZAPPA
ブログURLhttp://tokyozappa.exblog.jp/
サイト紹介文PENTAX istDS で写した東京…とかね
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2006/07/16 22:14

マフィンマン さんのブログ記事

  • 北海道登別ほか  天然足湯に人多すぎ
  • ところ変わって、温泉で知られる登別の大湯沼(おおゆぬま)。登別観光協会のサイトによると、この沼(周囲約1キロ)は噴火の火口跡。沼底は約130度の硫黄泉が激しく噴出し、表面も約40〜50度。大湯沼からあふれた湯が川になり――、天然の足湯となる。森の中なのに、大変な人出だ。快適な湯温だが、地球は生き物。時に高温の湯が流れてくるそうだ。再びところ変わって、墓参り。見慣れた看板が出迎えてくれた。雨に濡れたキキョ [続きを読む]
  • 北海道夕張  炭鉱遺跡・その2
  • 2階へ続く階段を上りきると――、窓ガラスがはまっているのが不思議なくらいだ。草も生えている。まさかシャワールームってことはないよな。そして、手前の物体は?「危険 高電圧」。幾年月を経ても、なぜか文字は消えない。しっかり記憶しておけ、と言わんばかりに。「操作可」「操作不可」。「高圧危険」。ありがとうございました。と、施設に礼を言って外に出ると、トンボが何匹も飛んでいた。北海道はもう秋だ。旧北炭清水沢 [続きを読む]
  • 北海道夕張  炭鉱遺跡を往く・その2(おまけ付き)
  • 2階へ続く階段を上りきると――、窓ガラスがはまっているのが不思議なくらいだ。草も生えている。まさかシャワールームってことはないよな。そして、手前の物体は?「危険 高電圧」。幾年月を経ても、なぜか文字は消えない。しっかり記憶しておけ、と言わんばかりに。「操作可」「操作不可」。「高圧危険」。ありがとうございました。と、施設に礼を言って外に出ると、トンボが何匹も飛んでいた。北海道はもう秋だ。旧北炭清水沢 [続きを読む]
  • 北海道夕張  炭鉱遺跡を往く・その1
  • 夕張へ行こう、と思い立ち、夕張フォレストユースホステル(YH)を予約しました。夕張は30年以上前、仕事で何度も訪れた街です。レンタカーで新千歳空港から向かったYHは、美しいたたずまいでした。夕食には気前よく夕張メロンがドーンとついていた。料理はうまいし、酒の自販機もある。庭には、サクランボに似た小さなリンゴが実っていました。ヒメリンゴ。ジャムにするそうです。さて、旅の目当ては、YHから車で約6キロの [続きを読む]
  • 道玄坂/スペイン坂/百人町
  • カメラの先に何がある?俺達ァ健康優良不良少年だぜ!大久保駅前「としちゃん」で生ゴーヤーハイボールなどを飲んだ帰りに“酔撮”した。同じく百人町この三角地はビルになる前、アラーキーが撮影した。「としちゃん」はこのビルの中にあるが、アラーキーの撮影時、大きな看板が正面に掲げられていた。 [続きを読む]
  • 三ノ輪/千束/下谷  追悼撮り歩き
  • 写真仲間のYさんが亡くなって1年。三ノ輪の寺に仲間が集まり、一周忌が執り行われました=本日6月25日(日)。昨年の今ごろ、Yさんと連絡が取れなくなり、彼が好きだった都内の撮影場所を休みのたびにまわり、探し歩いたものだ。Yさんとはカメラ片手にいろんなところへ行った。あの世の写真でも送ってくれよ、Yさん。その後、Yさんともよく行った千束の「三島屋」で、おやつをいただく。さらに、下谷をうろうろして追悼撮り [続きを読む]
  • 田端/北赤羽  アジサイ小径の向こうには
  • 3週間ぶりにチャリ「あらかわ6号」で北部戦線をウロウロしていると、アジサイの小径を発見した=6月17日(土)。緩やかな坂道に微妙なカーブ。好い感じじゃないか、と小径を下っていくと――、なんとJR田端駅。再開発されてピカピカの北口は知っているが、南口は初めてだ。ここだけポコッと田舎っぽくて、これまた好い感じ。ところ変わって、北赤羽。新河岸川に架かる中の橋です。土手の向こうが荒川だね。京浜東北線が行く。 [続きを読む]
  • 西巣鴨/滝野川/上中里  アジサイ求めて
  • アジサイを撮ろうと、都電沿線をちょこっとだけ歩きました=6月10日(土)。王子・飛鳥山公園の裏手にも行ったが、ここもすっかり有名になり、見物客であふれかえっていたので、大して撮らずに通過しました。時にこんな被写体にもレンズを向けてしまう。一見立派な石垣だが「石にさわるな」と貼り紙。地震の時はヤバそうだ。「上中里庚申堂(かみなかざとこうしんどう)」。同じ名前の祠が上中里1丁目と2丁目にある。 [続きを読む]
  • 京島/東日暮里/根岸/下谷/南千住 下町にクワの実を見た
  • 2週続けてチャリ「あらかわ6号」を駆りました=5月28日(日)。四ツ木橋から水戸街道に出て、久しぶりに京島まで行くと、なんと路傍にクワの実がたわわに実っている。昨年、荒川河川敷で初めて発見しましたが、黒いのが食べ頃だそうです。界隈は戦災を免れました。犬の糞は持ち帰ろう。途中で、写真仲間のネコ温泉さんと合流、チャリを下りて撮り歩きました。都電・三ノ輪橋停留場。最近は、このあたりにも外国人観光客の姿を見 [続きを読む]
  • 荒川河川敷/若洲海浜公園/南千住
  • 久しく更新が滞ってしまいました。原因は、IDやパスワードを間違って入力したり、新たにアカウントを作った結果、元のブログ画面に戻れなくなってしまった、とかとか……。改めまして、先月撮った写真からアップしていきます。愛チャリ「あらかわ6号」を駆って、荒川河川敷沿いに東京湾まで行きました=5月21日(日)。途中、休み休みしながら。この標識はクセ者。実際には立ち入り禁止の場所などがあったりするので、海辺までは [続きを読む]
  • 埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その2
  • 新緑が濃くなってきた=快晴の子どもの日(金)撮影。深山に羅漢さま、ひっそりと。山田はん、頭になんか付いてはりますよ。あら、いやだ。あー、鳥の糞はもう勘弁してください。ツタがからまっちゃって。誰か助けて。ところで、靴はいらんかね。うーん。後ろ姿・その1後ろ姿・その2後ろ姿・その3剃り残しなし。五百羅漢にお別れして、少林寺の参道を下っていくと、ツツジが満開だった。ドラちゃんもいい味出してる。参道の端ま [続きを読む]
  • 埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その1
  • 少林寺の五百羅漢を拝みたくて、3年半ぶりに訪れた=快晴の子どもの日(金)。最寄り駅の秩父鉄道・波久礼(はぐれ)駅。「クマに注意!!」のチラシが置いてあった。五百羅漢への登山道はここから約2.5キロ先だ。自生の藤がちょっとしたトンネルを作っている。こちらは丹精された藤。板塀からあふれ、影をつくっている。噴火? 山火事?いいえ、ただの飛行機雲です。手前は1954年(昭和29)竣工の円良田湖(つぶらだこ)。ダムで [続きを読む]
  • 谷中/根岸/駒込/石神井川  桜を求めて
  • あいにくの小雨模様の中、写真仲間とともに満開の桜を求めて歩いた=8日(土)まずは谷中。晴れていると東京スカイツリーも望めるのだが、ご覧の通り。桜の下を次々と電車が通りすぎていく。今年は鮮やかな青空に恵まれなかった。根岸の「世茂利奈(セモリナ)」にて、カツカレー大盛り700円をいただく。安定の、うまし。仲間と同流する前にJR駒込駅で下車し、先週発見した桜の撮影スポットに行く。晴れていればな〜、と自分の技 [続きを読む]
  • 赤羽台/谷中/駒込  桜まちまち
  • ようやく晴れたので、桜を撮りに出かけました=本日2日(日)。まずは赤羽台の並木。昨年撮影した際は、とっくにピークを過ぎてましたが、今年は逆にまだ満開ではない。それでも、他の場所に比べると咲いているほうかな。ここなんて、まだ3分咲き。見物客がほとんど来ない、おらの好きなスポットなんだが、今年は満開まで遅いね。おなじみ谷中・天王寺のシダレザクラは満開(これじゃ白っぽくてよく分からんね)。ところ変わって [続きを読む]
  • 西新宿  旧十二社界隈
  • 今やマンションが林立する旧・十二社(じゅうにそう)。かつて温泉場や遊興場としてにぎわい、田山花袋らの随筆にも登場する。連れ込み宿の名残がほんの少しだけ残っている。こちらは料亭だったのだろうか。幼い頃、父親に連れられて十二社の池で釣りをしたことを覚えている。大昔の写真には、大きな料亭に面して池も記録されているが、その池だったのか。バス停や交差点には「十二社池の下」「十二社池の上」といった名が残ってい [続きを読む]
  • 練馬区石神井/早宮  石神井川・桜ロケハン
  • 今年は石神井川沿いの桜を撮り歩こうか、とロケハンに出かけた=25日(土)。今回は練馬区。板橋区から北区にかけては以前も撮り歩いたが、その上流方面は未踏査だ。といっても、まだ1分咲きですらない。ほんのちょっとだけ。今回はあくまでロケハン。桜以外のもろもろも撮り歩く。ずんずん歩いているうちに、橋の向こうに「としまえん」の遊具が見えてきた。石神井川は園内を流れていくので、園の外を大きく迂回しないといけない [続きを読む]
  • 百人町/西早稲田  路地を往く
  • JR大久保駅界隈。街を美しく!あかるいけんしんみりょく  ん?「けんしん」は「献身」かな。まさか「検診」?駅近くの路地。JR総武線が街を斜めに走っているので、曲がりくねった路地に出合ったりする。お次は西早稲田。早稲田通りから北方向へ下る階段を発見。その先が路地になっていた。階段はこれ。ずんずん往き、振り返る。これぞ東京の路地。暗渠なのだろうか。年季の入った電気メーターがある。引っ越しの際は大変だ。など [続きを読む]
  • 千葉・館山  春への扉
  • 久しぶりに館山を訪れた。海沿いの家の扉を開けよう。風紋が描かれた砂丘を行く。春の海が見えてきた。フラワーラインに菜の花。といっても、すでに最終盤。このように花は伸びきり、沿道では刈り取りも始まっていた。こちら「ファミリー市場」にて、えぼ鯛干物定食1,000円。フワフワでうまし。夏が待ちきれなくて、靴だけ脱いで泳ぎに行ったんだね。駅前の老舗「館山中村屋」のロシアケーキ。おいしいっ!館山には何度も行ってい [続きを読む]
  • 中野区本町/田端/西日暮里/千駄木/谷中  インフル明け
  • 先月半ば以降、風邪を引き、治ったかなと思いきや今度はインフルエンザに感染するなど散々だった。が、ようやく回復し、久しぶりにカメラを手に歩く。まずは実家(中野)に立ち寄った帰りの神田川沿い=11日(土)。河津桜だね。神田川沿いに、こんな看板が。この日は新大久保まで歩いた。翌12日(日)は王子から三ノ輪まで。住宅街に田端不動尊。明治45年に遷座したものの、空襲で焼失したため、昭和44年(1969)に再建されたそう [続きを読む]
  • 十条〜赤羽/雑司が谷/南池袋  階段めぐりリターンズ
  • 今回は東十条駅をスタートして、赤羽駅を目指した。まあ、いつもと大差ないコースだが。さっそく何か見えてきたぞ。扉に蛇口……。裏側はどうなっているんだろう。「水がらみ」で今度は井戸を発見。内部が見える、珍しいスケルトンタイプ。撮影ポイントは中十条、十条仲原、上十条、西が丘そして赤羽西。住宅と住宅の間の長〜い階段。どんどん上ると――、こんなに狭くなっている。かつて「どんぐり山」と呼ばれていた高台。今は駐 [続きを読む]
  • 西新宿 「昭和」たそがれて
  • 実家で用事を済ませた帰り道、久しぶりに西新宿8丁目を訪れました。人が去り、解体を待つかのような風情です。10年前に撮らせてもらった時はキュートだったが……。成子天神から西側は街並みが激変したけれど、このあたりの路地は辛うじて健在です。このアパートには「柏木町」という旧町名のままの表札が残っています。この力強い筆跡は、ひょっとして10年前の「清掃部」の人か?このアパート、住民がいた当時は象も住んでいた。 [続きを読む]