Saibi-Kan さん プロフィール

  •  
Saibi-Kanさん: 子どものアート 彩美館
ハンドル名Saibi-Kan さん
ブログタイトル子どものアート 彩美館
ブログURLhttp://iroiroart.exblog.jp/
サイト紹介文学級作りや授業作り。若手だけでなくベテランに役立つ。アートの魅力や情報教育も発信。
自由文若手からベテランまでの教員対象。カテゴリーも学年別や教科ごともあり。アートマイル共同壁画プロジェクトを始め数々の実践を紹介している。図画工作にとどまらず他教科との関連や学校外とのつながりも垣間見える。また生活の中に潜むアートも遊び心で発見・紹介をしている。写真が多いのでビジュアル的にも楽しめるサイト。本人が管理している他のサイトとのリンクがいくつも張られている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2006/07/23 01:51

Saibi-Kan さんのブログ記事

  • トントンつないで導入編
  • 4年図工「トントンつないで」(開隆堂)導入2時間角材をのこぎりで切り、切った木片と薄い板や厚紙に金槌で釘を打ってつなぐ。そして、木片を動かしてみると、意外な動き方をし、そのことに子どもは面白さを感じ、つなぎ方を工夫して作品にしようとする。そのような活動の中で、材料(木材)のつなぎ方や動き方を工夫する力を高めようとする題材である。また、3年生の時に扱ったノコギリの使い方を復習しながら、新... [続きを読む]
  • ソーラン法被背文字の作り方
  • 背中に貼り付けたマイマークの背文字。自分の名前からとる漢字1文字。各自作成して貼り付けました。材料・道具  A4の白い紙、透明のビニル袋をA4サイズに合わせて切ったもの、  鉛筆、油性マジック、セロテープ、ハサミ、両面テープ 特別なものはありません。作り方  紙に周囲の丸い縁取りを書いたものを印刷して子供に配布 →それぞれが自分の名前から1文字とってそれを紙に... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導7
  • 《本番》雲ひとつない快晴の日の運動会。プログラムのラスト3番目。真夏のような暑さ。学年で二人ほど熱中症。しかし予定通り実行。砂埃の中、精一杯演技。全力。終わった瞬間「素晴らしい!」本部から掛け声が飛ぶ。満足げな84人。元気な挨拶をし、爽やかな表情で退場。拍手喝采。何も言うことなし。運動会終了後、教室で「全然緊張せんだった」「練習のようだった」の声が多... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導7
  • 《本番》雲ひとつない快晴の日の運動会。プログラムのラスト3番目。真夏のような暑さ。学年で二人ほど熱中症。しかし予定通り実行。砂埃の中、精一杯演技。全力。終わった瞬間「素晴らしい!」本部から掛け声が飛ぶ。満足げな84人。元気な挨拶をし、爽やかな表情で退場。拍手喝采。何も言うことなし。運動会終了後、教室で「全然緊張せんだった」「練習のようだった」の声が多数... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導6
  • 《指導過程6 法被を着て本番さながらリハーサル》法被が来たらモチベーションアップ!1時間 体育館で来て踊る。 身につけ踊るのを見ると、かっこいい。 それでも身体表現のかっこ良さがないと決まらない。 そして、背中にマイマークを作成。 貼り付けると、「自分の法被」の意識が高まる。1時間 外で着て踊る。 外で法被着て初めての踊り。 細かいところの押さえ。 骨折して踊れない... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導5
  • 《指導過程5 隊形作りと外での演技》隊形がある程度決まってきたら、体育館内でその並びや動きで一旦練習し、運動場での活動に移る。土の上で踊る体感。声が広がる感覚。そして開放感。素足になって「気持ちいい。」それとともに動きを活発化させる指導者の声が鳴り響く。運動会練習時になると、運動場で気合を入れるため当然教師の声も大きくなる。私自身もそう。怒ってるように聞こえるかもしれないが、叱ってる... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導4
  • 《指導課過程4 リーダー選抜とレベルアップ(6〜7時間目ごろ)》映像や教師の見本を取り去った時、踊りの質を高めていくために行うこと。1 ソーランリーダーを決める。  ソーラン節リーダーは、1番前で踊れることを伝える。互いに踊りを見合う中で踊りのうまい人を推薦したり、教師がピックアップしながら、リーダーを決定する。今回は各クラス4名の計12人。そしてリーダーを先頭に全体の隊形作り。すると... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導3
  • 《指導過程3 動きの習得(3時間目以降)》続きの動きの部分を少しずつやって、映像に合わせて踊っていくだけ。腰落とし、指先や腕に力を入れることはもちろん常に。ただし子供が覚えやすくリズム言葉を時々入れて指導する。1・2・3・4・・・の数を数える場所もだが、トントントン・・・など。少しずつ進んでいく。どんな動きか?それは、ネット上で探せば、指導用の映像はいろいろあるので自... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導2
  • 《指導過程2 見通しと基本動作(2時間目)》1 小学生向け南中ソーランを映像視聴①同じ学校の先輩の映像があればそれが最も良い。(なければどこかの小学校の映像を借りる)②なければ指導者が動きを小学生用にアレンジて踊って見せている映像。(ネット上にも指導用はあるが、やはり自校の該当学年児童に合わせて作った方が良い。)今回は①がなかったので②。…僕が2年前に前任校で作った映像を、4年... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導2
  • 《指導過程2 見通しと基本動作(2時間目)》1 小学生向け南中ソーランを映像視聴①同じ学校の先輩の映像があればそれが最も良い。(なければどこかの小学校の映像を借りる)②なければ指導者が動きを小学生用にアレンジて踊って見せている映像。(ネット上にも指導用はあるが、やはり自校の該当学年児童に合わせて作った方が良い。)今回は①がなかったので②。…僕が2年前に前任校で作った映像を、4年... [続きを読む]
  • 運動会ソーラン節2017指導1
  • 運動会表現「ソーラン節」の成功に向けて今回の該当学年は4年生である。《指導過程 導入(1時間目)》1 映像視聴(1)昔のニシン漁の映像・海に出る船の様子、網を投げたり巻いたりして漁をする船乗りたち。大量に水揚げされる魚。(1960年頃のエンジンの船で漁に出る映像しかないので、昔はこれが手漕ぎだったと話す)(2)櫓を漕ぐ船の映像・一人で手で漕ぐ2 ソーラン節の動きの中で... [続きを読む]
  • 「わからない」が言える子どもに
  • これは、私の知るある学校でのある教員の思いを聞いて記事にしている。掛け算の九九ができない子どもがいる。授業中、頭の中で一生懸命考えているのは表情から読み取れる。質問をすると、困ったような表情をする。なんと言えば良いのか悩んでいるのだろう。あるいはどう言えばいいのか、わからないのだろう。つまり、うまく言えない。だが近くにいる教師は「あの子は覚えようとしない」「言おうとしない」と言う。「言... [続きを読む]
  • 伝統ある八千代座を訪ねる
  • GWなので、学校外の話題に触れよう。5月3日にぶらっと足を運んで見学したのは県北の山鹿にある芝居小屋「八千代座」。国指定重要文化財である。明治43年に建設された。この日は講演が何もなかったので、升席などに座って案内人さんの話を聞くことができた。実際に場所を動きながら、小1時間。これが結構面白かった。舞台や花道の話。これまで舞台で演じてきた坂東玉三郎や市川海老蔵の名前が出る。天井には華麗... [続きを読む]
  • 国語辞典の付箋紙活用モデル
  •  例年のように「国語辞典を授業でガンガン使います。家にある人は持って来てください。付箋紙も使うから持っている人は持ってきて」とお願いした。国語辞典を持っていた子はクラスの約半分だった。そのうちの一人が持ってきた国語辞典を見て唖然!(写真のごとく)低学年のとき、「国語辞典の引き方」のような講座を受けて、家庭でずっと付箋紙を挟み続けたという。「まだ2000枚しか貼ってません」という、この4年生。... [続きを読む]
  • 学級目標づくり
  • 学級目標をどう作るかーまだまだ学級会を自分たちでやれる力はない。前年度の経験次第だが、クラス替えもあっているので、担任が司会で進めた。こんな話し合いの方法があるよ、というのを体験させるため。だからいくつかの手法を織り交ぜて進行した。1 考えの視覚化・共有化 どんなクラスならいいか、どんなクラスにしたいか、一人一人の願いを考えさせた。それを隣の人と言い合う。そして、それを合体させたもの、あ... [続きを読む]
  • 新学期2日目の朝の指導「挨拶」
  • 新学年の新学期の2日目。子どもより早く教室に来て窓を開けた。そして教室のドアの後ろの鍵をしめて前を開けた。その後板書。1 教室入り口で、立ち止まってあいさつをしよう。2 窓が開いているか確かめよう。3 ランドセルの中の教科書・ノートは、すべて机の中に入れよう。4 ランドセルは後ろの自分の場所に置こう。5 手さげ袋は教室横の番号が書いてあるフックにかけよう。6 提出プリントは前に出そ... [続きを読む]
  • 14日間 授業ができた喜び
  • 4月も終わろうとしています。授業日数は14日。嬉しい事です。昨年の4月は、5日しか授業ができませんでしたから。1年前の4月、地震後の学校は、避難所運営に四苦八苦の毎日でした。私も時々当番として、泊まりに行っていたのを思い出します。しかし、学校から行政に運営の主導権が移り、遠方から来てくださった方々、自衛隊の方々のおかげで次第に落ち着いていく避難所でした。それでも揺れは毎日のように... [続きを読む]
  • わずかな時間の掃除指導(学級開き3)
  • 学級開きも、教室移動と「自己紹介」「聴くこと」の話で30分が過ぎた。ここまでくると話をよく聴いているので、残り10分間、掃除指導を入れた。「全員、自分の机・椅子、近くの床を綺麗になるよう拭いてください。終わったら教室の中でまだ拭いてないところを拭きますよ。」私が3つのバケツに水を汲んで、置き、雑巾の絞り方を手で示す。そして10人ずつ分かれて雑巾を濡らして絞らせた。それぞれが自分の机の周囲を... [続きを読む]
  • 聴く=耳+目と心(学級開き2)
  • 新学年初日学級開き 自己紹介の続き「それにしてもみんなはちゃんと先生の話をよく聞いているね。素晴らしい。さすが4年生。」というと、またにっこり。「聞くって大事なんだよね。人の話をしっかり聞くことで、いろいろなことがわかる。話す方も聞いてくれることでしかり話そうという気持ちになる。今の君たちの聞く態度を見て、先生も嬉しい。」続けて「ところで『きく』という漢字を知ってるかな?」と尋ね... [続きを読む]
  • 4年学級開きは今年も折句で(学級開き1)
  • 今年は桜の花が咲いている中、始業式の日を迎えた。今回は4年生の担任になった。素直で可愛い役30人の担任。支援学級から交流できている二人を合わせて30人。去年より10人少なく教室が広く感じた。 ぽちしていただけると嬉しいです始業式後、旧教室で移動を待つのに十数分。ようやく新しい教室に移動すると、素早く自分でいい席に座ろうとする子どもたちが数人。ああ、よくある風景だと思いながら、全員廊下に名簿... [続きを読む]
  • 担任が決まってする事 2017年度版
  • 担任が決まってすること2017年度版 作成者:西尾環 このシリーズもまめてやがて10年近くなる。担任が決まってから、始業式までに担任がしておかなくてはならないことを思いつくまま書き出したものである。毎年4月になると、前年度の内容を見直し、改善を続けている。私は、1年前に職場が変わり、今の学校なりの必要なこと、不要なことが見えてきたので、さらに改善、整理した。昨年度は、すぐに大地震があり、また... [続きを読む]
  • 思い出やお気に入りの場所9 作品分析
  • 6年図工【題材名:思い出の場所・お気に入りの場所】 (8時間扱い:11月〜12月)作品を分析する。導入で学んだことは作品に反映される。参考作品として鑑賞したことが、表現に生かされる。教科書の作品の一つに「差し込む光」の表現があった。これは子どもの心の大きく残ったのだろう。2割ほどの作品(8点)に「差し込む光」が表現されている。教科書ほど明確でなくても、薄く描いている... [続きを読む]
  • 思い出やお気に入りの場所8 完成
  • 6年図工【題材名:思い出の場所・お気に入りの場所】 (8時間扱い:11月〜12月)8時 完成〜鑑賞〜ふりかえり作品が出来上がって行うこと。1 自分の作品に題名とコメントをつける。・・・作品票2 友達の作品を鑑賞し、良さを認め合う。・・・付箋紙3 題材(単元)の学習活動を振り返る。・・・・学習シート(振り返りカード)以上が、私の授業の最後の時間に子どもが主に行うことである。... [続きを読む]
  • 思い出やお気に入りの場所7 着色
  • 6年図工【題材名:思い出の場所・お気に入りの場所】 (8時間扱い:11月〜12月)5時〜7時  着色 教室で。最初の参考作品の鑑賞のことを思い出させる。いろいろな塗り方がある。点々塗りとか、さーっと塗りとか。水彩だから、あまりベタベタは良くない。同じ赤でもいろいろな赤がある。水で濃さを調整できる。10円玉の大きさで絵の具を広場で広げよう。混色は2色が基本、3... [続きを読む]
  • 思い出やお気に入りの場所7 着色
  • 6年図工【題材名:思い出の場所・お気に入りの場所】 (8時間扱い:11月〜12月)5時〜7時  着色 教室で。最初の参考作品の鑑賞のことを思い出させる。いろいろな塗り方がある。点々塗りとか、さーっと塗りとか。水彩だから、あまりベタベタは良くない。同じ赤でもいろいろな赤がある。水で濃さを調整できる。10円玉の大きさで絵の具を広場で広げよう。混色は2色が基本、3... [続きを読む]