KIYO さん プロフィール

  •  
KIYOさん: 週刊馬券王
ハンドル名KIYO さん
ブログタイトル週刊馬券王
ブログURLhttp://bakenou1997.blog54.fc2.com/
サイト紹介文関西のメインレース中心の予想とその反省
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2006/07/26 21:58

KIYO さんのブログ記事

  • vol.2070 天皇賞(GI)
  • 前日売りの単勝オッズは、サトノダイヤモンドが2.3倍、キタサンブラックが2.5倍と拮抗していて、この2頭に続くシャケトラが9.7倍。サトノダイヤモンド対キタサンブラックの直接対決の第2ラウンド。この2強の対決と言われているが、オッズもそういうことになっている。数字をみると意外とシャケトラが人気している感もあるが。一角を崩す馬はいないものかとあれこれ考えてみたものの、結論から言えば、サトノダイヤモンドとキタ [続きを読む]
  • マイラーズC 結果論
  • イスラボニータが皐月賞以来の勝ち。予想の見立てとは反対に旧勢力のほうが上回る結果になってしまった。ただイスラボニータとエアスピネルの差はコース取りの差が出た感じ。力としては変わらないようにも思う。ひとつ気になるのは、エアスピネルはこの血統についてまわる詰めの甘さがあるのかもしれず、古馬GIを力強く勝てるような底力がないのかもしれないという疑念が軽く浮かんできた。ヤングマンパワーは前へ行ったことがよ [続きを読む]
  • 福島牝馬S 結果論
  • クロコスミアはハナには行けなかったが3番手でうまく流れに乗り、いい感じで直線に向くところまできたと思ったが、デンコウアンジュが捲ってきて、ちょっと厳しい流れになった。今回のところはそこがすべて。デンコウアンジュは結果的にはウキヨノカゼの末脚を活かす役目を果たすことになったわけだが、この馬自身は小回りコースでこういう競馬ができたのは今後に繋がるものになったのではないだろうか。で、ウキヨノカゼ。展開的 [続きを読む]
  • vol.2069 マイラーズC(GII)
  • 安田記念へと繋がるGIIの一戦。ただ「最重要」というほどには直結しているわけでもなく、かといって無視できるわけでもなく、というレース。ただ今年に関していえば、かなり重要なレースになっているのではないかと思う。頭数は落ち着いたが、新旧入り混じったいいメンバーが揃っている。昨年のマイル路線は、安田記念をロゴタイプが勝ち、マイルCSをミッキーアイルが勝った。ロゴタイプは形の上ではモーリスを負かしたことに [続きを読む]
  • vol.2068 福島牝馬S(GIII)
  • 高松宮記念からのGIも皐月賞が終わって一区切りがついた。春のGI前半戦が終了した感じ。来週の天皇賞を皮切りに、6週連続のGIが始まるまでの幕間のような週。一応、重賞は3鞍組まれているが、一休み感は否めない。そして重賞3鞍のなかでも福島牝馬Sの地味さはいかんともしがたい。土曜日だし、裏開催の福島だし、牝馬限定戦だし、地味さを払しょくできる材料もないわけだからこれは仕方がないのだが。さて予想。本命はク [続きを読む]
  • 次回予告
  •  ブログの引っ越しを検討中  皐月賞は、あのとおり 前走、勝ち馬を中心に馬券を買ったわけだから、 毎日杯勝ち馬もおさえておくべきだったかな とペルシアンナイトがきているだけに、 少々、後悔 まあ、仕方がない 今週は、GIの谷間 マイラーズカップ くらいかな  [続きを読む]
  • 皐月賞 結果論
  • アルアインは序盤では先行していたから、ゴール前で差してきたのがアルアインだとはちょっとわからなかった。松山君のコメントによると3〜4コーナーで少し馬場を気にして置かれ気味になったのだとか。ただそこから追われたら追われるだけ伸びて差し切り勝ち。いい息の長い末脚をみせた。人気薄ではあったが、道悪のシンザン記念以外は勝っている馬。脚質的にも東京は歓迎だろうし、おもしろそう。内に切り込んできたペルシアンナ [続きを読む]
  • vol.2067 皐月賞(GI)
  • 先週の日曜日はひさしぶりに阪神競馬場へ。阪神は一昨年の暮れ以来で、桜花賞観戦となると(たぶん)ベガまでさかのぼる。こうなると「ひさしぶり」という表現でいいものなのか。それはさておき、たまにはああいう華やかさのあるレースを競馬場で観戦するというのも悪くないように思う。さてその桜花賞は、あのとおり大荒れになった。荒れた要因の大きなものは道悪ということになるのだが、その条件への適応も含めて、大きく言えば [続きを読む]
  • 次回予告
  •  ひさしぶりに阪神競馬場で桜花賞を観戦 直線、入り口でレーヌミノルの勝ちを確信し、 当然、ソウルスターリングが伸びるものと思っていたので ほとんど馬単的中を確信したが… 結果、ワイドのみ まあ仕方がないか さて、今週は牡馬クラシック第一弾 第77回 皐 月 賞 予想はまったく白紙だが、注目はファンディーナなのだろうなぁ [続きを読む]
  • 桜花賞 結果論
  • レーヌミノルはレース前には控えて瞬発力を出すというコメントもあったが、期待どおり前へ行って先行力を活かす競馬。絶好の手ごたえで直線を向き、持ったままで先頭に踊りでたあたりでほぼ勝利を確信できるような競馬だった。最後はリスグラシューに詰められたが、快勝だったように思う。前へ行かせたことと馬場が勝因なのだろう。しかしやはり結果論ではなくていくらなんでも人気を落とし過ぎていたように思うのだが。リスグラシ [続きを読む]
  • vol.2066 桜花賞(GI)
  • ソウルスターリング対ファンディーナでも桜花賞ならソウルスターリングだろうと思っていたので、ファンディーナが皐月賞へまわってしまえば、ソウルスターリングの勝利はほぼ確実になったと言える。”ほぼ”というのは、落馬とか致命的な出遅れとかとんでもない不利を受けるとか極端な道悪とかスプリント戦並みのハイペースとか1000m66秒くらいの超のつくスローとか、そういう確率的にかなり低いがないとは言い切れないことを想 [続きを読む]
  • 次回予告
  •  大阪杯終了 キタサンブラックの強さが称賛されているようだが、 キタサンブラックが強かっただけではあるまいに とか思うのだが  さて、今週は ファンディーナが皐月賞へ向かうことになり、 一気にレースに興味が失せた  桜 花 賞 [続きを読む]
  • 大阪杯 結果論
  • 終わってみればキタサンブラックの楽勝。休み明け云々は関係なく、きっちりと結果を出した。マカヒキにしてもサトノクラウンにしてもアンビシャスにしても走らなかった印象が強く、キタサンブラックが力でねじ伏せた勝利という感じではないが、他馬のことはさておき、これだけ安定して力を発揮しているキタサンブラックは立派なものだと思う。春の天皇賞はサトノダイヤモンドだろうと思っていたが、この結果をみると少し悩むことに [続きを読む]
  • vol.2065 大阪杯(GI)
  • 今年からGIに昇格した大阪杯。回数は61回目になり、データ面からの分析では過去の大阪杯の結果からあーだこーだと書いてある記事を目にする。たしかに施行時期も距離もコースも昨年までの大阪杯と変わらないわけだから、そういう分析も可能だろう。ただ、個人的な見解として、これまでの大阪杯のデータはあまり重視しないほうがいいのではないかと思う。その理由は、有力馬たちの臨戦過程の違い。これまでの大阪杯は春のGIシー [続きを読む]
  • 次回予告
  •  高松宮記念はちょっと自信があったのと 資金的に余裕もあったので、 そこそこの勝負をしたのだが… ただ高松宮記念の残金で買った インカンテーションの単勝が… ありがとー、勝浦!! さて次回は GI昇格 「産経」の取れた 大 阪 杯 [続きを読む]
  • 高松宮記念 結果論
  • セイウンコウセイが先行抜け出しで快勝。オープンでの勝ちは1月の淀短だけで、シルクロードS2着からの臨戦という馬がこういう勝ち方をしたのだから、馬が弱いとは言わないが、今回の馬場への適性が大きかったのではないかと思う。いまのところ千四までは勝ち星があるようなので、次、京王杯SCあたりなら今回の強さが本物かどうかがわかるのでは?そういう感じ。レッドファルクスは力を見せている。この先もこの路線で上位に顔 [続きを読む]
  • vol.2064 高松宮記念(GI)
  • スプリント路線は混沌とした状況が続いている。春、秋のスプリントGIで勝ち負けし、香港でも上位争いをするような馬がなかなか出てこない。昨年も高松宮記念はビッグアーサーが勝ち、スプリンターズSはレッドファルクスが勝った。どちらもGIは初制覇だった。そして香港では10着と12着とさっぱり。ちなみにビッグアーサーもレッドファルクスもどちらもGI初出走で初制覇だった。そういう馬がGIを勝ってしまうということがス [続きを読む]
  • vol.2063 阪神大賞典(GII)
  • 今年からGIに格上げされた大阪杯は2週間後にあるわけだから、ここに出てきている馬たちが大阪杯に出ることはない。京都記念&中山記念が大阪杯の、そして阪神大賞典&日経賞が春の天皇賞のステップレースという流れが出来たということになる。大阪杯がGIになって悪くないメンバーが集まりそうなのはいいことだとは思うのだが、とはいえドバイには相変わらずそれなりの馬たちが遠征している。中長距離路線に関して言えば、秋シ [続きを読む]
  • 次回予告
  •  自信のレーヌミノルはあのような結果に… しかしそれでも黒字で終わったのは、 金鯱賞のおかげ ありがとー、太宰君!藤岡佑介君!! さて 今週は、黒船賞、ダイオライト記念がありますが、 予想をするかどうかは未定 とりあえず、次は、阪神大賞典 か スプリングS あたり [続きを読む]
  • フィリーズレビュー 結果論
  • レーヌミノルはスタートを決めて前へ行こうとするのを抑えて好位追走。うまく走れていたように思うのだが、直線で一気に先頭に立ち、さらに内へ切り込んでいって内側の馬たちに軒並み不利を与え、しかもゴール手前でカラクレナイに交わされて2着。なんともひどい騎乗だった。レーヌミノルがいろんな意味で前を潰してくれたので、後方待機の2頭が、1着と3着。浜中君は騎乗停止。それはそうだろう。 [続きを読む]
  • vol.2062 フィリーズレビュー(GII)
  • 登録をみて今週のレースで堅そうだと思ったのは仁川Sのグレイトパールとこのフィリーズレビューのレーヌミノルの2頭。グレイトパールは人気に応えて快勝し、単勝は150円だった。対してレーヌミノルは前日の単勝オッズは2.3倍。幸い、金鯱賞の勝ちで資金は潤沢にあるし…。ここはレーヌミノルで堅いと思う。小倉2歳Sを圧倒的なスピードの差で圧勝したあたりをみると、早熟のスピード馬という印象になってしまいがちだが、京王杯 [続きを読む]
  • 次回予告
  •  弥生賞はマイスタイルを買っていただけに… メラグラーナ、スマートアヴァロンが勝負だったので、 スマートアヴァロンが痛恨 なぜ阪神ダート千四のオープン特別であんな緩い流れに? さて、今週は 金鯱賞 & フィリーズレビュー (たぶん) [続きを読む]