志村建世 さん プロフィール

  •  
志村建世さん: 志村建世のブログ
ハンドル名志村建世 さん
ブログタイトル志村建世のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/
サイト紹介文多世代交流のブログ広場
自由文時事評論、随想日記を綴るとともに、創作を連載の形で発表する場としても利用しています。過去作の詩集「愛それによって」単行本「おじいちゃんの書き置き」「あなたの孫が幸せであるために」も、全文を掲載しています。現在連載中の著書は「少年期の戦中と戦後」です。
 「ブログ連歌」は07年10月から始めています。誰でも自由に投句してください。エンドレスに続けてギネスに挑戦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2006/07/30 19:28

志村建世 さんのブログ記事

  • 空母通ればミサイル飛んでくる
  • (熊さん)北朝鮮は乱暴ですね。日曜日の夕方に、また日本海へミサイルをぶっ放したんだって。(ご隠居)官邸も一時は騒然としたようだね。安倍首相は緊急の記者会見で「国際社会の平和的解決に向けた努力を踏みにじるもので、世界に対する挑戦だ」と非難したそうだ。中国はアメリカとの間に入って「100日間は待ってほしい」と説得してるようだよ。ところで、マスコミはちっとも報道しないんだが、その前に、アメリカの原子力空母 [続きを読む]
  • 共謀罪についての国会討論を聞いた
  •  きょうの午前中、ネットで見られる国会中継で、衆議院法務委員会での「共謀罪」についての討論を見ていた。民進党の山尾志桜里氏が金田勝年法務大臣に質問していた。山尾氏は元検察官の経歴があり、2014年の総選挙では、民主党から立候補して電力労組と「原子力平和利用についての政策協定」を結ぶことなく、小選挙区で議席を獲得している。民進党の今後を担う論客として、期待できる人だと私は思っている。 討論を聞いていて、 [続きを読む]
  • 「無理を通した安倍が引っ込む」になるかどうか
  •  国家戦略特区の事業として認められた獣医学部新設に際して、「官邸の最高レベル」が関与したことを示す資料が出てきた。獣医師の不足解消が国家的な緊急課題なのかどうか、その辺の事情は北海道の「そりゃないよ獣医さん」にでも聞いてみたいところだが、内閣府と文科省との間で「『できない』という選択肢はない」と記載した文書の存在がわかったということだ。 最高権力者の意向に添うためなら、官僚は可能なあらゆる法律解釈 [続きを読む]
  • いま大事なことは何か
  •  次から次へ、新しいニュースが飛び込んでくる昨今ではある。北朝鮮のミサイル発射で緊張させられたかと思ったら、自衛隊機が函館で墜落した。今朝の新聞は秋篠宮家の眞子さまが婚約したと報じている同じ第一面で、安倍総理の知人が理事長を務める加計学園の新学部について、文科省から特別配慮の文書が出てきたことを大きな記事にしていた。「森友学園」問題は、さらに深く拡大しそうである。国会では「共謀罪」法案が成否の山場 [続きを読む]
  • 一時休業の件
  •  3日間、無断連休しましたが、ちゃんと生きてます。14日の日曜日には、多摩市民オーケストラの定期演奏会も聞いてきました。カゼがなかなか治らないのは事実ですが、それほどの重症ではありません。ただ、ブログになるべく欠番を作らないようにする几帳面さがなくなって、そのこともあまり気にしなくなりました。 自律心を失うのは、決して良いことではありませんが、自分への採点が甘くなっていると思います。間もなく満84歳に [続きを読む]
  • 改憲発言は「森友・アッキード事件」を消す目くらまし爆弾だった説
  •  先月4月の末まで、安倍首相は、かなり危ないところまで追いつめられた気分でいたのではなかろうか。教育勅語を生徒全員に唱えさせるなど、戦前回帰路線の森友学園は、安倍首相夫妻とは、親近感で結ばれた関係にあった。その学園が経営拡大のために欲しかった土地として、隣接する国有の遊休地があった。所管の官庁は、その土地を「ゴミが埋まっているので、その撤去費用を減額する」と理由をつけて、格安で学園に払い下げる決定 [続きを読む]
  • かんじゅく座公演「ねこら!2017」を見る
  •  鯨エマさんが主宰する高齢者劇団「かんじゅく座」の公演「ねこら!2017」(5月14日まで・中野「ザ・ポケット」にて)を見てきました。登場人物は、一人の小学生を除いて全員が猫という設定です。現代の猫社会は、人間社会に似て、生きて行くだけで大変なのです。気まぐれな飼い主の意のままに翻弄されて、虐待や放棄の憂き目に会う中で、高齢化の波に洗われ、下手をすれば捕まって「殺処分」される運命も待っているのです。 でも [続きを読む]
  • 左足アクセルなら、すぐ普及する
  •  YAHOO!ニュースに「アクセルと踏み間違えない『左ブレーキ』が、普及しない理由」という記事が出ていたと教えてくれた人がいて、久しぶりにこの問題を思い出した。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000019-zdn_mkt-bus_all 私は以前に踏み違えで追突事故を起こしたことがあり、同じ足でアクセルとブレーキを踏み分けることの危険に気がついた。それ以来、左足でブレーキを踏むことにして、完全な習熟には1 [続きを読む]
  • 漢字の読めない元首相と日本語のできない現首相
  •  早くカゼを治したくてほぼずっと横になっていた午後、テレビから流れるままに参議院予算委員会の国会中継を見ていた。民進党の質疑で、蓮舫代表と小川敏夫氏が質問し、安倍総理が答えていた。最初の話題は、昨日の午後、長妻議員が先日のビデオメッセージなどを踏まえて「国会で自分の主張を言わず、報道やビデオでバンバン言うことに違和感を覚える。」などと追及したのに対して、首相が「自民党総裁としての考え方は読売新聞に [続きを読む]
  • カゼに負けました
  •  5月の初めから、カゼの初期対応に失敗して、すっかり拗(こじ)らせてしまいました。発熱と咳に悩まされ、基礎体力への自信もゆらいでいます。しばらくの間、体調の回復を最優先にすることと致します。5月9日の「正午から国会一周散歩」も、今月の私は不参加とさせて頂きます。 [続きを読む]
  • ブログ連歌(487)
  • 9719 血を流せ 戦争好きの 改憲派 (みどり)9720  どうせ自分は 征かないつもり (建世)9721 医者は 軽い病気は いつも風邪ですと (獣医さん)9722  薬は五日分 はい次の方 (建世)9723 ああ羨まし フランス韓国 新たな指導者が現れて (獣医さん)9724  いつまでつづく あの顔と声 (建世)9725 山火事で 消えぬどころか  9倍に 9726  燃えてもセシュウム 減ることなく (獣医さん)9727 傷ましき  [続きを読む]
  • 護憲か壊憲か、正対する日本の進路
  •  安倍首相はついに、2020年施行という具体的な目標を掲げて改憲への意欲を示した。憲法記念日の3日に、改憲を求める集会へのビデオメッセージとして送ったものだという。朝日新聞の要約によれば、その骨子は以下の4項目になる。①憲法改正は自民党の立党以来の党是。しかし、憲法はたった一字も変わらず、施行70年を迎えた。歴史的使命を果たしていきたい。②東京五輪が開かれる2020年は、日本が生まれ変わるきっかけにすべきだ [続きを読む]
  • 思い出の「みんなのうた」を語る会
  •  カゼと発熱で、想定外になった5月の初めでした。昨日は、なぜか毎年、憲法記念日に行われる「西六郷少年少女合唱団」の定期演奏会に行ってきました。この会場に行くと、「みんなのうた」の「熱中人」に会えて、「みんなのうたを語る会」のようになるのです。この場合の「みんなのうた」は、昭和36年(1961)の放送開始から数年間の、「初期黄金期」の話題が多くなります。年代的には、当時小学生だった人たちに当ります。 熱中 [続きを読む]
  • 日本国憲法の70年と、これからの10年
  •   昨日の日曜日、好天に恵まれて国会正面の向かって右側にある「憲政記念館」の公園へ行ってきました。休日なので記念館も付属のレストレン「霞ガーデン」も休みでしたが、公園としては午後5時半まで開いていることがわかりました。ここは、都心にあって駐車もできる穴場なのです。正式な名称は、「国会前庭洋風庭園」といいます。反対側つまり議事堂正面に向かって左側は「国会前庭和風庭園」で、山水の風景が作られています。 [続きを読む]
  • 北のミサイルで電車を止める愚
  •  昨日(4月29日)の早朝、北朝鮮でミサイルが発射されたというニュースがあり、日本の鉄道の一部が運転を取りやめて待機したということだ。この「ミサイルらしい飛行体」は、北朝鮮の内陸から東北方向へ打ち上げられ、数分後に領内に落下したと伝えられる。日本を標的として発射された可能性はない。日本政府の危機管理警報システム「Jアラート」も、行政緊急連絡の「Mネット」も作動しなかった。報道機関の情報だけで、各交通 [続きを読む]
  • 足の爪のその後と現状
  •  足の爪をブログの記事にするのは、これで5回目になる。そもそもの発端は、昨2016年8月25日のことで、自転車に乗っていて、素足に草履ばきだった右足を何かの突起物にぶつけたのだった。http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55703181.html 痛みはたいしたこともなく、皮膚科で診察してもらったら、1カ月ぐらいで爪が剥がれ、その後の生え替りを見守るということだった。http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/arc [続きを読む]
  • 矢田稔さんと交わした懐旧談
  •  昨夜の老人党例会では、俳優・声優として今も現役の矢田稔さんを中心に戦前・戦中教育の実情を話題にした。矢田稔さんは私より2年先輩だが、小学校に入る前から佐々木すぐるに見出されて童謡歌手となり「月の沙漠」などを歌っていたということだ。私はその歌を、家でレコードで聞いていたことになる。1942年(昭和17年)から子役として映画にも出演するようになった。戦時の童謡もいろいろ歌ったとのことで、放送局(当時は「日 [続きを読む]
  • 父と母の恋文(その1)
  •  私の家には、姉から託されて保管している父母の古い手紙や日記を入れた段ボール箱がある。いつかは処分しなければならないだろうが、私は内容をかなりよく読んで整理したことがある。特に父母の間で交わされた文通からは、父母が結婚するまでに辿った、かなり劇的な経過がわかって、印象深いものがあった。伝記でも書くとしたら有力な資料になるのだが、今からでは無理だと思っている。しかし時代背景を合わせて考えると、貴重な [続きを読む]
  • ブログ連歌(486)
  • 9699 日暮れ時 することもなし 惚け夫婦 9700  時々鬱に これも活性剤 (うたのすけ)9701 平和への 意志「九条」は ゆるぎなく (みどり)9702  混迷超えて 世の光なり (建世)9703 大臣辞職 相も変わらず 復古調 (獣医さん)9704  復興庁が 聞いて呆れる (建世)9705 共謀罪 強行採決 共謀し (獣医さん)9706  罪にもならず 罪つくりする (建世)9707 東北の 癒えぬ傷あと 身に重ね ( [続きを読む]
  • 戦争からの避難は可能だろうか
  •  政府はこの21日に都道府県の危機管理担当者を集め、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を想定した住民の避難訓練を早期に実施するよう呼びかけたということだ(日テレNEWS24)。あまり大きな話題にもならず見逃していたのだが、内閣官房のウェブサイト「国民保護ポータルサイト」に掲載されているとのことで、見に行ったらその通りだった。ここで2004年に成立した国民保護法、正式名称は「武力攻撃事態等における国民の保護のための [続きを読む]
  • 北朝鮮だって国連加盟国
  • (熊さん)勝手なことばかりしてる北朝鮮だけど、国連の加盟国だって、本当ですか。(ご隠居)ああそうだよ。東西冷戦が終わった1991年に、韓国といっしょに国連加盟を認められたんだ。(熊)それにしちゃ、えらく好戦的じゃないですか。(隠)うん、国連は加盟を認める国の条件として、「平和を愛好する国」と言っているし、総会で加盟国を除名することもできるんだよ。だけど創立以来、加盟国を除名したことは一度もない。除名さ [続きを読む]
  • 山城博治は「闘いを喜びに変える人」だった
  •  新宿「ロフト・プラスワン」での集まりに行き、山城博治さんの話を聞いてきました。冒頭には、三上智恵監督が編集した、山城議長の活動を記録した短編映像の上映がありました。山城さんは県庁職員から労働組合役員を経て、沖縄の平和運動を象徴する存在となりました。 その山城さんは昨年の10月になって、1年近く前の有刺鉄線切断など3件の事件で相次いで告発を受け、153日間も勾留されて、この3月になって公判が始まってか [続きを読む]
  • ボブ・ディランが家にやってきた
  •  「花てぼ」さんが書道展に出品された、ボブ・ディラン「風に吹かれて」の書が、会期を終わって返還されたとのことで、その現物を、わが家に頂戴することとして、本日到着しました。(関連記事http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55720398.html) 長さ8尺で、表装を外しても大きいものです。居間の天井から床面までの間に、辛うじて納まりました。本日からしばらくの間、ここに展示することにします。用紙は継ぎ目 [続きを読む]
  • 「戸山英二と仲間たち」コンサートと「トスティーのマリア」
  •  「魅惑のカンツォーネ」と題した「戸山英二と仲間たち」のコンサートを、六本木のライブハウス「ピギャール」で聞いてきました。70代から歌い始めて86歳になった現役歌手、寺本麗華(本名は寺本康子さん)から招待状を頂いたのですが、最後に戸山英二さんが「トスティーのマリア」を、私の訳詞で歌って下さり、場内で作詞者として紹介されるというハプニングがありました。 外山英二さんは武蔵野音大の声楽科に在学中から銀座の [続きを読む]