志村建世 さん プロフィール

  •  
志村建世さん: 志村建世のブログ
ハンドル名志村建世 さん
ブログタイトル志村建世のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/
サイト紹介文多世代交流のブログ広場
自由文時事評論、随想日記を綴るとともに、創作を連載の形で発表する場としても利用しています。過去作の詩集「愛それによって」単行本「おじいちゃんの書き置き」「あなたの孫が幸せであるために」も、全文を掲載しています。現在連載中の著書は「少年期の戦中と戦後」です。
 「ブログ連歌」は07年10月から始めています。誰でも自由に投句してください。エンドレスに続けてギネスに挑戦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供425回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2006/07/30 19:28

志村建世 さんのブログ記事

  • 社会批評社の「標的の島」を読む
  •  社会批評社の最新刊、「標的の島〜自衛隊を拒む先島・奄美の島人」(「標的の島」編集委員会編・1700円)を読んだ。この本は三上智恵監督の映画「標的の島・風(かじ)かたか」と連動している。公式上映は3月からだが、先行上映会があったのを見て当ブログでも記事に書いている。http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55722657.html この本の表紙に使われている写真は、沖縄の米軍海兵隊基地キャンプ・コートニーで [続きを読む]
  • 安倍首相退陣の道筋
  •  マスコミは相変わらずに北の独裁者家族の毒殺事件を、天下の一大事のように追っているが、肝心のこの国の政治はどうなるのだろう。安倍政権がいかに乱暴に国政の戦前回帰を進めようと、国内には対抗できる政治勢力がないと言われるようになって久しい。ここ当分は国内問題で安倍政権が倒れることはないと、天木直人氏も言っていた。 しかし最近では、リニューアルした「新党憲法9条」ブログで、関連する以下の3本の記事を書い [続きを読む]
  • 「戦争の加害展」を見た
  •  かながわ県民センター(横浜駅・西北口から6分)で、この28日まで開催中の「戦争の加害パネル展」を見てきた。「知ることで未来が見える」との副題を掲げている。戦時の日本が何をしてきたかを知らなければ、未来を語る資格はないだろう。加害者側は忘れていても、あるいは知らされずにいても、被害者の側は、おそらく孫・子の代まで忘れられずにいることだろう。 展示のおもなテーマは、従軍慰安婦の問題、中国戦線における毒 [続きを読む]
  • ガザの子供たちを身近に感じた
  •  書きたいテーマが重なって逆に停滞していますが、一昨日の「老人党護憲プラス」の例会で、「NPOパレスチナの子どものキャンペーン」の事務局長・田中好子さんから聞いたお話のことを、忘れないうちに書いておきます。今の世界情勢の中で話題にはならなくなっていますが、パレスチナの状況が改善しているわけではありません。むしろイスラエルによる圧迫が固定化し、パレスチナ自治政府の力は衰弱したままなのです。その中でこ [続きを読む]
  • 朝日新聞がネットに追いついた
  •  きょうの「朝日新聞」朝刊で、森友学園の問題が記事になっていた。ネットでおなじみになった文書の写真も、合成して載せている。ただし内容をよく読むと、国会の質疑で追及を受けたという報告になっている。これなら国会担当の記者が安心して書けるわけだ。 朝日新聞には2000人の新聞記者がいるそうだ。ハイレベルの入社試験に合格した優秀な人が多いだろうが、ふだんはどんな仕事をしているのだろう。いろいろな情報源に目配り [続きを読む]
  • ブログ連歌(481)
  • 9599B 火事多発 鵺より怖き 放火あり (みどり)9600  乾く関東 雨なく月余 (建世)9601 慎太郎 よちよち歩き 俺に似る  9602  太陽族も はや八十四 (うたのすけ)9603 知らない 断った 家内の話9604  自分逃れの 首相の品格 (獣医さん)9605 ここ日本? 毒殺事件で 持ちっきり (うたのすけ)9606  裏で急ぐは 臭いものに蓋 (建世) [続きを読む]
  • 老年暮らしのエンゲル係数
  •  エンゲル係数というものがあって、家計支出の中での食料費のパーセンテージで「豊かさ」を計るというものだ。19世紀のドイツの学者でエンゲルさんという人が提唱したことから始まり、人は食べ物は節約できないから、食費以外の支出の多い人が「豊かだ」と考えた。すると食べるだけで精一杯の人は貧しいということになる。日本でのこのエンゲル係数が、2015年までの1年間で23%から24%へ急上昇したというので話題になった。庶民 [続きを読む]
  • 森友学園問題続報・昨夜のTBSラジオから
  •  教えてくれる人があって、森友学園問題についての2月20日放送のTBSラジオ「大阪の学校法人への国有地払い下げ問題〜森友学園・籠池理事長に荻上チキが直撃」を聞くことができました。放送は22時〜23時55分の1時間55分ですが、一部抄録書き起こしがついています。以下のアドレスで、1週間は首都圏エリア無料で音声が聞けるようです。http://www.tbsradio.jp/120844 この回の出演者は日本大学教授、岩渕良克さん学校法人・森 [続きを読む]
  • 梅は咲いたか
  • (熊さん)ご隠居の庭の、梅は咲きましたか。(ご隠居)ああ、咲き始めたよ。3分咲きか、風情のある見ごろだな。季節はいいんだが、世界も日本も、いよいよ煮詰まって大乱の様相だな。NHKと朝日新聞だけ見てたら何もわからんが、時代の変わり目というのは、こうやって始まるものだと思うよ。(熊)そんなに大変なことですか。ご隠居はどこを見てそんなこと考えるんですか。今は日本じゃ安倍内閣、アメリカと世界じゃトランプ大 [続きを読む]
  • これは安倍首相を退陣に追い込むかもしれない
  •  森友学園という不思議な小学校の存在が国会で取り上げられた。安倍首相は、「私も妻も認可、国有地払い下げに関係ない。関わっていたら総理大臣を辞める!」と発言したそうだ。どんな問題かと思ったら、詳しい経緯を教えてくれるブログがあった。「ウインザー通信」というのだが、ブログ主さんはアメリカ在住の日本女性で、海外にいるのに、というか海外にいるからこそと言うべきか、いつもすぐれた取材力で日本の動きを見てくれ [続きを読む]
  • 「いのちの森〜高江」を見て話し合う集会で考えたこと
  •  昨夜は大久保地域センターを会場として開かれた「いのちの森〜高江」を見て考え話し合う集会に行ってきた。最初は昨年末に完成した1時間ほどの映画の上映で、謝名元慶福(じゃなもとけいふく)監督の作品。高江の森の自然遺産を丁寧に紹介しながら、住民が150人しかいない集落に500名の機動隊が投入され、抵抗する人々を排除して行く状況を伝えていた。北部演習場の再整備のため、新しいヘリパッドが作られて行く。昨年の夏から [続きを読む]
  • 南枝まずほころぶ
  •  北朝鮮の金正男氏は消されてしまった。トランプ大統領はイスラエルへ行って中東和平の枠組みを本気で壊しにかかったようだ。世界は動乱へと近づいて行くだろう。テロの恐怖はさらに拡散する。その中で日本は「アメリカの平和」に頼るしかないと思いつめている。 八方ふさがりのようだが、落ち込んでいても始まらない。人間がこの地上に繁栄して、地球の主のような顔をしていても、それは一時の偶然のようなものだ。世界の大国も [続きを読む]
  • 小学生の理科DVD「わかるよ!電流・電磁石」を見た
  •   どういう風の吹き回しだったか忘れたが、昨日は自社製品のDVDを見てみた。(NiKK)にっく映像㈱は私が創業した会社だが、今は隠居の身で給料も貰っていない。しかし名前だけは役員に入っている。会社は大儲けしている気配もないが、つぶれずに製品も増やしているようだから上出来だと思っている。その中で比較的新しい「電流・電磁石」というのを見た。 見ているうちに途中で寝てしまって、最初から見直したのが2回。 [続きを読む]
  • 「世界が日本を認める日」を読む
  •  「世界が日本を認める日〜もうアメリカの「属国」でいる必要はない」(カレル・ヴァン・ウォルフレン…PHP発行・単行本)を読んだ。2005年の発行で、新刊ではないのだが、今の日本にぴったりの本のように思った。著者は親日というか「日本国応援団長」のようなオランダのジャーナリストである。じつは「読谷の風」さんもこの著者に興味を持ち、同じ順番に読んだと聞いて図書館から借りてきた。 本来の発行の趣旨は、日本にお [続きを読む]
  • ブログ連歌(480)
  • 9579 将軍様も テレビの前に 居座って 9580  間髪入れず ミサイル発射 (うのすけ)9581 身の丈に 合うとも見えぬ 長刀 (建世)9582  核積みゆくか 宇宙の淵へ (みどり) 9583 見たくなし 心底厭な つくり笑み (みどり)9584  手札になると 仁義を切って (建世)9585 小国と 侮る付けが 今を呼び (うたのすけ)9586  北の凍土は ますます固し (建世)9587 ああ怖ろしや 兄まで消す 権力欲 ( [続きを読む]
  • 「look at me」のお笑い記者会見
  •  トランプ別荘での日米首脳会談に関連して、安倍首相の「変顔」が出回っている。つい見入ってしまって、中嶋寛さんから「逝きし世の面影」さんを経て、Newsln Biz にたどり着いた。http://newsln.jp/news/201702110451260000.html ここに、ずっこけて「参ったなー」の顔になった場面が、微細に解説されていた。それによると、日本向けの両首脳握手の撮影のとき、大手マスコミのカメラマンが、トランプ大統領に「こちらを向いて下 [続きを読む]
  • 首相外遊でも、いそがし気な日曜日
  • (熊さん)日曜日だけど、昼の「のど自慢」も吹っ飛んで、ニュースばっかりですよ。(ご隠居)安倍さんはトランプ別荘でゴルフと食事会だとか、すごく調子いいようだったが、北朝鮮が祝砲みたいなタイミングでミサイルを打ち上げよった。大陸間弾道弾なみの高い軌道へ上げて、大気圏再突入の実験を兼ねたみたいだな。国連の安保理は禁止してるんだが、言うことを聞く気はないらしい。(熊)さっそく安倍さんは全くの違反で容認でき [続きを読む]
  • 「標的の島・風かたか」の先行上映を見た
  •  きょうは土曜日なのであまり目立たないが、「建国記念の日」でもある。この祝日が何であるかは、2014年の当ブログ「建国記念の日に見る紀元節への郷愁」で解説しているので、ご用とお急ぎのない方は、ご一覧いただけると幸いである。http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55595604.html 昨日は「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」で、三上智恵監督の最新作「標的の島・風(かじ)かたか」の先行上映を見た [続きを読む]
  • 「やってる感」で支持されている?安倍政権
  •  昨日の夕刊「東京新聞」の一面「紙つぶて」に、富士通総研の早川英男氏が「やってる感」という題で書いていたコラムが、簡にして要を得た秀作だと思った。筆者は、安倍政権の経済政策を「焼き畑農業」と評してきたそうだが、「三本の矢」から始まって「地方創生」「一億総活躍」と次々に目先を変えているだけで、踏み込みが足りないから、それらが成果を生むことはない、と評している。 以下はコラムをそのまま引用すると にも [続きを読む]
  • 3紙3様・その2
  •  昨日に引き続き、新聞の第1面が3紙3様になった。東京新聞は同じテーマに関連する続報という形で国会審議と結びつけている。日経は経済問題優先で一貫している。朝日は独自取材で新しい問題提起を試みているようだ。それぞれ個性が出ているように見えるのだが、これが明日になるとどうだろう。日米首脳会談の一色になるのではあるまいか。それもまだ中身がわからないから、意味づけとか個人の動静とかの周辺の話題にならざるを [続きを読む]
  • 3紙3様の第一面
  •  たまたまだろうが、今朝の新聞の第一面が、3紙3様に分かれていたのが面白かった。大ニュースがないから個性が出たのだろうが、1紙しか取っていない人の印象は、ずいぶん違うものになりそうだ。東京新聞は、「ない」と言われていた自衛隊の日報が、「発見」され開示された内容をトップ記事にしていた。 報道の自由さがなくなって政府広報のようになってきたと言われる日本だが、この程度のことは今でもある。東京新聞の見本紙 [続きを読む]
  • 辺野古沖ブロック投入と「さまよう木霊(こだま)」
  •  沖縄・辺野古沖では、コンクリートブロックの投入が始まったと伝えられる。アメリカとの合意も確認した政府は、いよいよ「決まったことは粛々と進める」段階に来たと判断したのだろう。まだ冷たい海で、抗議するカヌーと海保の攻防戦が、また始まることになる。 いまネット上で注目されている動画のユーチューブがある。MBSドキュメンタリー映像'17の「さまよう木霊(こだま)〜基地反対運動の素顔」で、「消されないうちに [続きを読む]
  • NNNドキュメント「お笑い芸人vs原発事故」を見た
  •  昨夜というか今朝の0時55分から日テレで放送された、NNNドキュメント「お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」を見た。眠ってしまうかもしれないと思ってビデオ予約もしておいたが、内容に引き込まれて最後まで集中して見られた。「おしどり」と名乗る夫婦漫才で、私は今まで知らなかったのだが、マコさんの取材力は本物だった。猛勉強をして東京電力の記者会見に通いつめ、質問に手をあげては誰も気づかない盲点を突 [続きを読む]
  • こんにゃく座公演「銀河鉄道の夜」を見る
  •  オペラシアター「こんにゃく座」の一般公演「想稿・銀河鉄道の夜」を見てきました。世田谷パブリックシアターにて(5日(日曜日)まで・11時、15時30分の2回公演・当日券あり)。お薦めの、すぐれた舞台です。じつは2010年9月にも同じ演目の公演があったのですが、今回は大石哲史の演出で、同じ作品とは思えないほどの説得力を発揮する舞台になっていました。 「銀河鉄道の夜」は、宮沢賢治の代表作のように言われながらも、 [続きを読む]