Gen さん プロフィール

  •  
Genさん: 音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」
ハンドル名Gen さん
ブログタイトル音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pianist-gensegawa
サイト紹介文クラシック音楽の面白さを追究しています。毎月第2水曜、東京の表参道にて「クラシック音楽道場」開催中
自由文2007年ドイツより帰国。クラシックの伝統を真に受け継ぐ音楽家を目指して書き綴ります。毎月第2水曜10時半、表参道MFYサロンにてクラシック音楽道場を開催中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2006/08/15 22:19

Gen さんのブログ記事

  • 9月20日(水)のつぶやき
  • ベートーヴェン《協奏曲4番》スコア(総譜)に、わざわざ「solo」「tutti」と、作曲者が書いていた!?ことに、今更ながら気付きました(笑)オケと独奏の交代・・・ドキドキします(焦、笑)ゾワゾワ・・・ワクワク!?楽譜に… twitter.com/i/web/status/9…― Gen ... [続きを読む]
  • 9月15日(金)のつぶやき
  • 音楽の出す音のかけがえのなさは曖昧な言葉では説明しきれない― チェリビダッケbot (@Celibidachebot) 2017年9月15日 - 12:19言葉を、大事に、音楽する。もちろん!《無言歌》の如く、言葉では言い尽くせない音楽の奥行きの深さは、実にあります…それでも、言... [続きを読む]
  • 9月7日(木)のつぶやき
  • 音楽は自由の体験以外のなにものでもない― チェリビダッケbot (@Celibidachebot) 2017年9月6日 - 20:19何らかの終わりが必ずやなければならない。ちょうど木の実や大地の稔りが、時を経た成熟ののちに、しおれたりぽとりと落ちたりするように。賢者はそれを従容と... [続きを読む]
  • 9月5日(火)のつぶやき
  • 西洋哲学の根元においては、感性よりも知性・理性を重んずる方向があったとのこと!?とはいえ、人生のさまざまな段階において、感性が知性を上回って「理性」に近付くことも・・・あるのかも!?感性、知性、共に時と場合によって有効活用すべし!?― Gen Seg... [続きを読む]
  • 9月3日(日)のつぶやき
  • !?・・・いわゆる嫌われるアカデミックなる学問の弱点は、初歩の、難しい言葉を必用としない段階において、無理矢理に難しい言葉をあてて説明しようとしてしまうところに、敷居を高くして、せっかく学びたいと思っている無垢な意欲をそいでしまう!?初歩は、簡... [続きを読む]
  • 9月2日(土)のつぶやき
  • ・・・近代音楽を境に、音楽においていよいよ「感性」が優位に立ち始めた!?それ以前では、感性は、音楽に附随する、もちろん無くてはならないもの!!不可欠!!ただ、それが優位であったかどうかが・・・問題!?近代を通じての現代、そこに生きる上での古典... [続きを読む]
  • 8月31日(木)のつぶやき その1
  • 楽譜に先ず取り組む。最初はまるで理解できない。2度3度譜読みを試みると、ひとつの主題が浮かび上がり、消えて、また浮かぶ。そしてそれらが互いに関連し始める。すると私は曲の終結を開始に結び付けて感じ取れるようになる−いや、体験できるようになる。その体... [続きを読む]
  • 8月7日(月)のつぶやき
  • !?!?ネットの動画を見ながら、ふと思いました、ピアノ伴奏において、「伴奏がうるさい」という非難を受けてしまう場合、その原因の一つに「ピアノの譜面台を前に引き出して弾いている」のが悪いのでは!?と・・・ピアノの譜面台を前に出すと、奏者に音がふさ... [続きを読む]
  • 8月3日(木)のつぶやき
  • ブルックナーの交響曲を聴き終わると、我々は完璧無欠なものを体験したという想いを抱く― 全てのものの中を歩みつくしたという感覚― チェリビダッケbot (@Celibidachebot) 2017年8月3日 - 16:19フランス・イタリー派のやり方は、歌をとおして音楽に近づく。フラン... [続きを読む]
  • 8月2日(水)のつぶやき その2
  • 音符をみてはソルミゼーションでうたう。ソルミゼーションになったもの(たとえば、すでに文字譜になっているもの)は、アーベーツェーで、そして、いつも調を変えてうたうことができる。ただし、アーベーツェーと言うからには、必ずほんとうにそのピッチでうたわな... [続きを読む]
  • 8月1日(火)のつぶやき
  • 作品が音として響いた時、精神が高揚するが、そうでないときは、何か足らないと感じます。良い芸術によって、栄養を吸収することができる。それは、「心の健康」であると言えます。― Kodály Zoltán (@Kodaly_bot) 2017年8月1日 - 09:42子ども時代に夢中で歌った思... [続きを読む]
  • 7月31日(月)のつぶやき
  • ・・・鍵盤を、眼で見るのでは無く、「心眼」で見可れるように成るならば、鍵盤の道、新たに拓ける・・・!?― Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2017年7月31日 - 22:18我が試練、《op.10-1》より急速に学ぶ今日この頃です― Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistG... [続きを読む]
  • 7月30日(日)のつぶやき
  • 今ここでまとめてみたいのは、クリアな演奏とは、全ての音が均質に聴こえてくる演奏ではなく、全ての音が、それぞれの音の役割・意味を充実させている時、それが真にクリアな演奏と聴こえる、と信じます。知性と感性を総動員して「音」に向き合う!その全ての意味を... [続きを読む]
  • 7月29日(土)のつぶやき
  • ピアノの調律・調整について、弾き手として調律師さんにお願いできるポイントは3つ●音の狂いを直して欲しい(調律)●不揃いな音色を整えて欲しい(整音)●鍵盤の動き・重さを整えて欲しいそんなところを注意して、依頼するとよいでしょうか。あらためて考えをま... [続きを読む]
  • 7月28日(金)のつぶやき
  • 「II,IV,VIに1・5指」・・・鍵盤演奏における、重要な秘儀を探り当てたかも!?と、興奮気味の今日この頃・・・♪♪♪― Gen Segawa 瀬川玄 (@pianistGS) 2017年7月28日 - 00:11心と技術(テクニック)の一致(ジンテーゼ!?)そうありたいものではないでし... [続きを読む]
  • 7月26日(水)のつぶやき
  • 一日一回、全調性の音階スケールをやろうかしら!?(リハビリのためにも)ただ単に速く弾ければよいのではなく、確実に、身体的な無理のないように、理想の鍵盤操作を指先で確実に実践できていることを全て認識しながら、徐々に、いかに速く正確にできるか!?日々... [続きを読む]
  • 7月20日(木)のつぶやき
  • 徳永英明の歌を聞きながら、ふと思った・・・クラシック音楽の道を志した子供は、その青春を犠牲にせねばならない!?と・・・青春期は、全て、楽器の習得のために費やさねばならない!?甘い青春の記憶を残すことは許されない!?・・・幸か不幸か!?人生の道を... [続きを読む]
  • 7月18日(火)のつぶやき
  • 作品が音として響いた時、精神が高揚するが、そうでないときは、何か足らないと感じます。良い芸術によって、栄養を吸収することができる。それは、「心の健康」であると言えます。― Kodály Zoltán (@Kodaly_bot) 2017年7月17日 - 03:44まことにそうであって、楽... [続きを読む]