smooth さん プロフィール

  •  
smoothさん: マインドマップ的読書感想文
ハンドル名smooth さん
ブログタイトルマインドマップ的読書感想文
ブログURLhttp://smoothfoxxx.livedoor.biz/
サイト紹介文書店平積み本やネットで話題の本を追求! ビジネス本を中心にIT関係、SEO、ブログの活用法も!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供511回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2006/08/17 20:13

smooth さんのブログ記事

  • 【全20冊】未読本・気になる本(2017年04月27日)
  • / s?ndy°【はじめに】◆今日お送りするのは、当ブログの定期ネタである「未読本・気になる本」のエントリー。通常2週に1度のところ、今回諸事情により3週ぶりとなってしまいました。ただし、1週増えたからと言って、その分冊数を増やすワケではありませんから、その分ラインナップも濃厚に!?ぜひともゴールデンウィークのお供にすべき作品を選んでみてください。それでは全20冊、ご確認よろしくお願いします!続きを読む [続きを読む]
  • 【50%OFF】「ポプラ社ビジネス書フェア」開催中です!
  • 【はじめに】◆本日2本目の記事は、久しぶりにKindleセールのご紹介を。「キセブ」さん情報によりますと、公式ページはないものの、昨日から「ポプラ社ビジネス書フェア」が開催されているようです。Amazon.co.jp:ポプラ社ビジネス書フェア: Kindleストアボリューム的には少ないものの、当ブログ的には見逃せない書籍もちらほらありますね……。ただし、現時点でセール期限が分かりませんので、気になる作品がありましたら、お早め [続きを読む]
  • 【成毛流グルメ】『コスパ飯』成毛 眞
  • コスパ飯 (新潮新書)【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた成毛 眞さんの最新作。テーマが「食」ということで、博識かつこだわりのある成毛さんらしさがさく裂した1冊でした。アマゾンの内容紹介から。ある時は最高の「牛めし」を決めるべく数十種を食べ比べ、 またある時は美味しいサラダのコツを求めて評判のオーベルジュに足を運ぶ。 東にいい食材を探し、西で名物料理の味を試 [続きを読む]
  • 【読書術】『知的社会人1年目の本の読み方』山口謠司
  • 知的社会人1年目の本の読み方【本の概要】◆今日ご紹介するのは、アマゾンを徘徊していて捕獲した「読書術本」。下記にあるように「25万3200冊」という数字に、単純に圧倒されましたw(単純)アマゾンの内容紹介から。ケンブリッジ大学、フランス国立社会科学高等研究院で磨き、文献学者として完成させた「本物の知識」をつける読書術。25万3200冊を読んだから伝えられる技法。「わかったつもり」がなくなる!「知性、教養、創造力 [続きを読む]
  • 【文章術】『「超」実用的 文章レトリック入門』加藤 明
  • 「超」実用的 文章レトリック入門 (朝日新書)【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった文章術本。著者の加藤さんは、朝日新聞社に入社後、社会部記者や「週刊朝日」編集長を経て、朝日新聞論説委員として夕刊1面コラム「素粒子」を担当された経歴をお持ちの方です。アマゾンの内容紹介から。「いい文章」ほど、レトリックが駆使されている!読む人を飽きさせない、元週刊誌編集長の文章 [続きを読む]
  • 【メモ】「はじめての現代新書フェア」開催中です!
  • 【はじめに】◆本日2本目の記事は、Kindleセールのご紹介を。現在、講談社現代新書が、だいたい35%〜43%OFF程度の値引き率で提供されております。Amazon.co.jp: 【30%OFF】はじめての現代新書フェア(4/20まで): Kindleストア率的にはビミョーなんですけど、いつも渋めな講談社さんなので、お許しを。なおセール期限は、上記リンクにもあるように「4月20日(木)」まで。新書のセールだけあって、ほぼワンコイン前後でお読みい [続きを読む]
  • 【思考術】『本物の思考力』出口治明
  • 本物の思考力 (小学館新書)【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて注目していた「思考術本」。著者はHONZの客員レビュアーとしても知られる、ライフネット生命の出口会長です。アマゾンの内容紹介から。「日本は大学進学率が高い」「侘び・寂びが日本の伝統文化だ」「日本では夫婦同姓が当たり前」―。常識のように語られていることも、「数字・ファクト・ロジック」で考えれば、思い込みや固 [続きを読む]
  • 【文章術】『文章は接続詞で決まる』石黒 圭
  • 文章は接続詞で決まる (光文社新書)【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日スタートした「春の光文社新書フェア」でも人気だった「文章術本」。昨年のセールで買って「積読状態」だった本書ですが、再度セール対象になったということで、今般読んでみた次第です。アマゾンの内容紹介から。「読む人にわかりやすく印象に残る文章を書くために、プロの作家はまず、接続詞から考えます」。ふだん何気なく使っている接続詞の具体的な [続きを読む]