窓際 さん プロフィール

  •  
窓際さん: でぶアメショと愛の無い生活。
ハンドル名窓際 さん
ブログタイトルでぶアメショと愛の無い生活。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mamejiro040411
サイト紹介文家族3人。ひさびさに街に出てきた田舎モンの とまどう日々を綴っていきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供745回 / 365日(平均14.3回/週) - 参加 2006/08/20 01:27

窓際 さんのブログ記事

  • ゴシゴシブラシ。
  • 頼んでたものがメール便で届いてましてね。封筒をべりべりと破いていると・・・・  なっ いつからソコにいたんだ  ほんっとに野次馬だなうん、馬だ、あんた馬  チーターじゃなかったんだなので、取り出した品物でネコらしい遊び相手をしてアゲル。  ほれほ... [続きを読む]
  • 我が家のひ弱な妖怪。
  • 昨夜も最後に寝室へ上がると・・・・  まめちん、またソコで止まってるの?  その程度の結界で中に入れないなんてあんたは弱小妖怪ってワケだ  なちゃけないでちゅね〜  おっと  そうなんだじゃ、なんで今まで必ずオヤジを迎えに来させてたワケ?  無視... [続きを読む]
  • どこでもいつでも。
  • 昼休み。階段をかけあがりまめやんの部屋に飛び込む。  ただいままめちん  帰って来たよほら、目を開けて  開かないの?  そりゃぁヨかった  んぁ?  あー・・・・    ・・・・・  まめちん、起きてよ  あぁ、そうなの?じゃ、一緒に下へ行きま... [続きを読む]
  • 今日は小話。
  • じゃ、今日の更新はちょっと小話なんかで背後のまめやんに気が付いた。  まめちん、そのクチ・・・・  しかも、胸・・・・  胸にヨダレ垂らして寝てたってコトか?  ほんっとにしまりの無いクチだなぁ拭いてきなさいよ  そういう問題じゃねぇ肩に衝撃を感... [続きを読む]
  • やっぱり、すごいしと。
  • ところで・・・・実を言うと朝の話には、続きがありましてね  オヤジとふたりで去って行ったまめじろう。わたしはひとり廊下に取り残されましてね。しかたないのでひとり孤独を感じていると・・・・  あれ? まめちん?  オヤジ:「えぇ? また出るの?」  ... [続きを読む]
  • まめやん、おもしろいしと。
  • 昨夜ももちろん、遅くまで呑んだくれていましてね。呑み散らかしを片づけた後、軽快に階段をかけあがって行くまめじろうの後についてえっちらおっちら上がって行くと・・・・  ほんっとにギモンなのだがなぜか必ずこの辺りで・・・・  止まってしまうのであるま... [続きを読む]
  • まめやん、ひどい。
  • お昼ごはんを食べ終わる。ごちそうさまでした  あぁ、うん。ごちそうさまさ、お茶でも飲んで・・・・・  ここらでちょっとお昼寝できるだけの時間があればいいんだけどねぇ  って、まめちん?  なっ ちょっ慌ててあとを追いかける。  食べ終わったってだ... [続きを読む]
  • コレもルーティン?
  • パジャマに着替えてて気が付いた。  どうした、まめじろう  なにを  ・・・・・だから何度も言うけど先に寝ててくれてかまわないから  じゃ、その決まり、変えちゃえば?  ・・・・・・こういう時は言うことを聞いといた方が無難なんでね急いでパジャマに... [続きを読む]
  • だめだこりゃ。
  • 夕方・・・。  足首に乗っかる、毛もこじゃら。正直・・・・重い  寝てんだろーなー。寝てんだろーなーと、思ってたら・・・・  ・・・・・  しかし、こちらだって忙しい。お米を研いで炊飯器にセットし元の場所に戻る。ほどなくして今度は・・・・  足首... [続きを読む]
  • 夏の楽しみサングリア。
  • ところで、以前からやりたかった「サングリア」を仕込もうと思いましてね。とりあえず今回そろえた材料は・・・・  これで総額いくらだったかな?店で呑んだら一杯千円近くとられるでしょ?だから自分で作って遠慮なく呑んでやろうと思いましてね一応スマホで作り... [続きを読む]
  • スケジュールぱんぱんデス。
  • いつまでたっても起きてこないまめじろう先生を起こしに行く。  きもちよさそうだな、おい  ・・・・・そろそろ下に行きませんか?  うがぁっ股間に押し入ってきたまめじろうに声をかける。朝ごはん、食べたの?  じゃ、今日は一日、なにして過ごす?  う... [続きを読む]
  • フライング68歳。
  • そういや、例の“ゴム通し“の話、覚えてますかね?  いや、いかないし  なんてのは、通じないしょうがないので、投げてやる。  相変わらずあの“ゴム通し”に、  ハマりにハマっていましてね  そりゃぁヨかった  ・・・・・しょうがないので・・・  拾い... [続きを読む]
  • すげーねむれねー。
  • 一晩中、追い回された夜だった  どこへどう逃げても乗って来るのである  あ・・・・わたしのカッコは気にしないおまけに・・・・まめさんや  今日は土曜でお休みなのよ?なんで6時ちょうどに起こしにきたのかな?  そっかそっかカレンダー見間違えてつい、い... [続きを読む]
  • ぜんぶないない。
  • 座ってたらね?テーブルの下からちゃぷちゃぷと湿っぽい音が聞こえてきましてね。なんの音だ?とのぞき込むと・・・・・  なにやってんだ?おまえ  またお股なんか舐めてたのか  第一、なんでそんな天井の低いところで・・・・  あぁ、そう  だったら、も... [続きを読む]
  • どいて?まめちん。
  • 朝。ひとり先に階下に下り家事労働を開始していると・・・オヤジ:「まめちん、早く行ってよ」  オヤジ:「遅いよ。どいてよ」  オヤジ:「いるんだー」・・・・  オヤジ:「ダメダメ。自分で歩きなさい」かわいそうに今朝は抱っこしてもらえなかったんだね ... [続きを読む]
  • 落下物危険地域。
  • 夕方、帰宅すると・・・・  ただいまー嬉しいわ嬉しいわ  そんなにママンの帰りを待ちわびてくれてたの?  全力で否定されまスたコーヒーをいれてテーブルに戻ると・・・・  今からソコに座ろうと思うんだけどどいてくれるかな?  ・・・・・しょうがない... [続きを読む]
  • あまのじゃく。
  • 昨夜も最後に寝室へ向かうと・・・  なにやってんだ?おまえ  あぁ・・・・先、寝ててくれてかまわないから  やれやれ。なんだかんだ言ったってママンが恋しくて待ってるんだね  ・・・・・まぁ、でもさ  ちゃんと寝床に集める数としてカウントしてくれて... [続きを読む]
  • 本日の説教部屋。
  • 今日のランチも付き合ってくれたまめじろう先生。自分のごはんが済んだら隣のおイスにまで来てくれましてねときどきその、やわらかな毛皮に手を伸ばしながらおにぎりを頬張る。しかし・・・・いつの間にか聞こえてきはじめた湿っぽい音。見ると、  なんでわざわざ... [続きを読む]
  • こういう窒息方法もある。
  • ところで昨夜も遅くまで呑んだくれていたのだが・・・・  はじめはいつもどおりわたしの股間で寝ていたまめじろう。  でも、いつの間にかこんなん、なっていましてね 枕にしているのはわたしの足  って、コレって息できてるのか?  できてるようには到底見... [続きを読む]
  • 考えを述べてみたら怒られた。
  • 昼休み、帰宅すると・・・・  どうやらタワー最上段で寝ていたらしいまめじろう。  なにもそんなトコロで伸びしなくてもいいだろうに  なぜってあんた、背中がつかえて伸びきれてなかったじゃない  よくなかったから、ほら、今、伸びし直してるんでしょ? ... [続きを読む]
  • まめじろうの、「断る」。
  • ところでコレ、昨夜の話。寝室でなにやらオヤジが騒いでましてね。何ごとかと慌てて向かうと・・・・  オヤジ:「コレじゃ眠れない」  なにってー・・・・  なんでまた、そんなトコロにまめちん、どいてくれるかな?  ・・・・・でも、ソコに乗られてちゃお... [続きを読む]
  • 魂出てますよ?
  • 帰ったら、投げゲ● ヤられてましてね  汚されてもいいように洗いやすい敷物を敷いてあると言うのに、  わざわざそうでないトコロにぶっかける。まめやんって、そんなヒトでしてね  つか、押しすぎ  ・・・・・お米のスイッチを入れに立ち上がる。他にもなん... [続きを読む]
  • きをつけー、やすめ!
  • 2階から下りてきたら・・・・  あら、起きたの?  しっかし、朝からよく寝るね〜  さてと・・・ブログでも  は?もうとっくに行ったけど?  つか、あんた何言ってるの?連休はもう、おしまいおしまい  かわいそうに、オヤジ。見送ってももらえないで  ... [続きを読む]
  • 薬味皿とまめじろう。
  • 筍、もらいましてね田舎暮らしの頃は正直ちょっと持て余すほどだったがこんな街にやって来てもまだいただける機会があったなんてしかもね?“ぬか”まで入れてくれてある気配りぶり。なので、速攻で軒先で皮をむき下ゆでを始める。包丁持って外をウロウロ筍には木の芽... [続きを読む]