あおやぎ さん プロフィール

  •  
あおやぎさん: 『一心一写』 放浪の写真家、旅写真ブログ
ハンドル名あおやぎ さん
ブログタイトル『一心一写』 放浪の写真家、旅写真ブログ
ブログURLhttp://asiaphotonet.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文放浪の写真家 青柳健二の、日本・アジア・アフリカの旅写真を使ったブログ
自由文芸術療法(写真療法)について考える
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2006/08/22 00:46

あおやぎ さんのブログ記事

  • 【愛犬物語 其の百九十】 山梨県丹波山村 七ツ石神社
  • 丹波山村鴨沢から約3時間かけて七ツ石神社にお参りしました。登山そのものについては、一昨日書いているので、今日は、神社やお犬さま信仰についてです。ネットで画像検索すると、鳥居のある写真も出てきますが、今は、鳥居の柱が残っているだけです。神社は30年ほど前から崩れかけ始めたということです。社殿の柱も40度くらいに激しく傾いています。支えている柱が絶妙な力のバランスでかろうじて倒れるのを防いでいるようで [続きを読む]
  • 丹波山村鴨沢から七ツ石山に登る
  • (山梨県丹波山村 鴨沢)(雲取山・七ツ石山登山道の入口)(多摩川水源森林)(七ツ石山登山道の水場)(将門伝承の解説パネル)(七ツ石小屋)(七ツ石小屋からの山並み)(七ツ石山登山道の分岐点)(七ツ石神社の傾いた社殿とお犬様像)(七ツ石山の頂上)(七ツ石山登山道のを横切ったカエル)雑誌「山と渓谷」11月号で「お犬さま(狼)信仰」について書きますが、七ツ石神社の写真はどうしても必要になり、東京都と山梨県 [続きを読む]
  • 菱川晶子著 『狼の民俗学 人獣交渉史の研究』
  • (遠野市 荒川高原牧場)(奥州市  衣川三峯神社)(奥州市  衣川三峯神社)(奥州市  衣川三峯神社 狼像)(奥州市  衣川三峯神社 狼像)(奥州市  衣川三峯神社 狼の神札)人と動物の関係を探る人獣交渉史の研究ですが、主に狼の民俗の世界を紹介しています。かなり内容が濃く、また豊富ですが、一番面白いと思ったところは、狼が地方によって呼び方がさまざまあったことと、それが時代とともに変わっていること。まず [続きを読む]
  • 今日は、二十四節気「白露」、七十二候「草露白(くさのつゆしろし)」
  • (新潟県長岡市塩新町の水田)今日から二十四節気「白露」、七十二候「草露白」です。 「露が白し」という表現が秋の気配を感じさせるもので、写真を撮っていると納得できる表現です。それで調べてみました。「草露白」は、朝夕気温が下がり、草の上に結んだ露が白くみえるようになる状態だそうです。また和泉式部が詠んだ句には、「白露も夢もこの世のまぼろしも たとへていえばひさしかりけり」があり、白露は、夢・この世・ま [続きを読む]
  • 「家庭画報」10月号「黄金の国の秋の実り」の写真と記事掲載
  • 「家庭画報」10月号に「黄金の国の秋の実り」の写真と記事が掲載されています。写真は、長野県長野市北郷の棚田、福島県喜多方市磐見の棚田、福岡県八女市鹿里の棚田、長野県飯山市福島新田、新潟県十日町市星峠の棚田、山形県山辺町大蕨の棚田、山形県山形市蔵王駒鳴の棚田などと、新潟県長岡市塩新町の水田の稲穂を使用しています。リードには、3歳半のときの、稲刈り時期の思い出を書いてみました。黄金に色づいた稲穂の大海 [続きを読む]
  • 目黒寄生虫館の展示物
  • 目黒不動尊の犬像撮影のついでに、近くの、目黒寄生虫館に寄りました。不動尊から歩いて数分のところにありました。こういう博物館があることは知っていて、前から行こう行こうと気にしていたところです。1953年に医学博士亀谷了氏の私財投入により設立された私立の研究博物館です。世界でただひとつの寄生虫の博物館です。入場無料で、私的使用に限って写真ビデオ撮影はOKです。ちょうど夏休みの自由研究のためか、小学生な [続きを読む]
  • 『2017 それぞれの猫展』の紹介
  • 友人の作家、田中誠さんが参加するグループ展の紹介です。『2017 それぞれの猫展 ー12名の作家による絵画・版画・イラスト・羊毛フェルト展ー』会場: 銀座ギャラリーあづま会期: 2017年9/11(月)〜9/17(日)猫好きなメンバーの作品展です。それぞれの作家の表現で「猫」を展示します。個人的には、今、犬像など撮っているので、「犬派」ではあるんですが、子供のころは猫を飼っていたので、猫も好きです。 [続きを読む]
  • 【愛犬物語百景 其の百八十七】 東京都大田区 多摩川浅間神社
  • 多摩川駅の南、多摩川沿いの丘に鎮座しているのが、木花咲耶姫命を祀った多摩川浅間神社です。溶岩がたくさん置かれた富士塚のような参道になっています。参道を上り切る手前に勝海舟が揮毫した「食行身禄石碑」があります。明治15年(1882年)に氏子の富士講が33回目の登山を記念して建てたもの。鳥居をくぐって左側の手水舎の奥へ進むと広々とした展望が開けます。社務所の屋上が展望スペースになっています。多摩川が流 [続きを読む]
  • BIGLOBEニュースやJTB「ノジュール」で『全国の犬像をめぐる』が紹介される
  • 最近の『全国の犬像をめぐる』のブックレビューを。● BIGLOBEニュース【犬本紹介】 思わず見に行ってみたくなる『全国の犬像をめぐる』〜ハチ公も、タロもジロも!https://news.biglobe.ne.jp/animal/0830/woof_170830_1336764525.html「今回は「こんな犬本もあったのか!」と衝撃を受けた1冊を紹介します。」「皆さんもページをめくりながら、お気に入りの犬像を探してみてね。たぶん本物も見に行きたくなると思います。その犬 [続きを読む]
  • ホンダ N-BOX のCMに出てくる棚田は、石川県輪島市白米千枚田
  • ホンダ N-BOX のCM冒頭に出てくる棚田は、石川県輪島市白米(しろよね)千枚田です。こんな道を車で走ってみたいなぁと思うのですが・ ・ ・Honda Movie Cannel (Nシリーズ 「宣言」篇)の動画はこちらです。http://www.honda.co.jp/movie/201708/n01/index.html海が見える棚田の道はいいですね。ただ、この道自体は「農道」なので、一般車が走ることは残念ながらできません。上を走っている(棚田を見渡せる)国道は走ることが [続きを読む]
  • 映画『ハドソン川の奇跡 (SULLY)』を観て
  • 映画『ハドソン川の奇跡 (SULLY)』を観ました。公式HP「ハドソン川の軌跡」を、監督・製作クリント・イーストウッド、主演トム・ハンクスで映画化した作品です。原題の「SULLY(サリー)」とは、機長チェスリー・サレンバーガー氏のニックネームだそうです。この飛行機事故は日本でも大きなニュースになったので覚えています。映画を観て思い出したのは、韓国セウォル号の事故です。パンツ一丁で我先に逃げ出した船長と、乗客の数 [続きを読む]
  • 「東北お遍路ガイドブック」と「東北お遍路巡礼地めぐり」
  • (東北お遍路ガイドブック)(「東北お遍路」巡礼地めぐり―3・11被災地の今を訪ねる)『東北お遍路ガイドブック』の紹介です。ガイドブックは、バインダー式です。巡礼地はこれからも増えて、最終的には100ヵ所ほどになるらしく、新しい巡礼地をそのつど挟み込めるように、バインダー式にしたそうです。また全体がわかる東北お遍路巡礼地マップと、スタンプ帳付きです。ひとつひとつの巡礼地のページには、歴史、震災にまつわる物 [続きを読む]
  • 大混乱のアメリカ
  • アメリカは大混乱です。大統領によって、こんなにも国が変わるのか、と驚きます。「人は見かけが大事」というのを、負の面から示しているのがトランプと言えるでしょう。白人至上主義、人種差別はまさにこれです。必ずしも見かけで判断することが悪いことではないし、いや、これがあるからこそ、瞬時に敵か味方かを判断することができる、動物が生き残るために獲得した術だったということでもあります。日常的に、俺たちは人を見か [続きを読む]
  • 自由が丘CafeGallery「るなん」で『福井昭夫絵画展』
  • 『福井昭夫絵画展』のお知らせ。旅する絵描き、福井昭夫の個展です。2017年8月24日(木)〜9月5日(火)  ※8月30日(水)は休み12:00〜19:00 (9月5日は18:00まで)ギャラリーるなん〒152−0035 目黒区自由が丘1−9−6Tel: 03 3724-1785http://ia5.com/runan/3Fギャラリーと2Fのカフェに約20点の作品を展示します。福井昭夫の在廊予定日はHPで確認してください。http://www.hidekiyo.sak [続きを読む]
  • NHKの「日本人のおなまえっ!」で、犬(ペット)の名前特集
  • (奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬「雪丸」)(長崎県大村市 小佐々市右衛門前親の愛犬「華丸」)(東京都 東京大学農学部 上野英三郎博士とハチ公)8月24日(木)19:30〜 NHK総合テレビで古舘伊知郎司会の「日本人のおなまえっ!」で、ペットの名前特集を放送するそうです。NHK公式HP「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!【日本人のペットのおなまえ】」全国の犬の墓・ 碑・塚などを調査研究している獣医史学会 [続きを読む]
  • 愛犬家巡礼の路「関東お犬像五十箇所」のアイディア
  • 自分たちがヴィーノといっしょに全国の犬像を周っていて思ったのですが、これが四国八十八箇所とか、秩父三十四箇所、東北お遍路(こころのみち)のように、あるまとまりがあって、番号が付いていたら、まわりやすいかなと。愛犬といっしょに周ってみたいと思う人もいるだろうし、その人たちの参考になればと思い、なら、自分で作ってしまおうかと思いつきました。『全国の犬像をめぐる:忠犬物語45話』は全国の話なので、全国の場 [続きを読む]