いおり さん プロフィール

  •  
いおりさん: 五十嵐いおり公式ブログ
ハンドル名いおり さん
ブログタイトル五十嵐いおり公式ブログ
ブログURLhttp://palletiori.exblog.jp/
サイト紹介文司会・ディレクターとしても幅広く活躍中! 北海道在住のアナウンサー、五十嵐いおりの公式ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2006/08/24 10:30

いおり さんのブログ記事

  • 道新オントナのインタビューを受けました
  • 北海道新聞のタブロイド「オントナ」に掲載いただきました。プロに聞く「話し方のコツ」ということで、インタビューを受けたのですが、それをうまくまとめてくださいました。新年度は、ご挨拶の機会が公私ともに多いとき。ちょっとしたコツで乗り切るお手伝いができたら幸いです!!これをきっかけに、私の話し方レッスンを受講して見たい方は、公式HPをごらんください。http://ww... [続きを読む]
  • 星の王子さま を朗読する幸せ
  • 「冬の朗読会」を無事終えることが出来ました。支えてくださった皆様に感謝いたします。今年度は、ずっと音楽家の皆さんと共演してきました。素晴らしい刺激を受け、朗読の世界を広げることができました。しかし、ここで本来の言葉の力だけで勝負してみよう、そう思っての挑戦でした。音楽は一切なし、映像も必要最低限、そして、トークショーを目指さず朗読の比重をあげて。「星の王子さま」を... [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • やっと、念願の「ラ・ラ・ランド」を見ることができました!レディースデイということもあり、14時からの回だというのに7割埋まっているという状況!もちろん混んでいるのは、アカデミー賞効果と、最近滅多にない、暴力や性描写のない安心ミュージカルということ、そして、セッションの監督次回作!!!ということですよね。見終わって感動がなかなか冷めやらず、劇場ロビーで思ったことを書きなぐってし... [続きを読む]
  • 映画 未来を花束にして
  • 今日公開の映画「未来を花束にして」をシアターキノで鑑賞しました。当たり前に選挙権を持つ私たちは、政治に無力感を感じ、投票なんて無駄と断じることもあります。この映画は、女性参政権は、どのように勝ち取られてきたのか、そこに普通の女性たちの血と涙がこんなにもあったことを教えてくれます。知識人や活動家が頑張っただけではなかったのです。貧しく、未来もなく、我が子にも未来を与えられ... [続きを読む]
  • 朗読サロン
  • 朗読で話し方まで素敵になる私の朗読サロン。いまは、杉浦日向子さんの「江戸アルキ帖」から、春の訪れを待ちわびる一節をお稽古しています。なぜ、花々は、葉に先んじて咲くのか。杉浦さんの持論が楽しく、江戸ののどかな風景に癒されます。そしておやつ!節分間近ということで、包みも楽しい桃山と豆菓子を。いずれも京都のものです。互いに刺激し合いながら、朗読と話し方を学ぶひととき。... [続きを読む]
  • 「走る」を観て思うこと
  • 倉本聰さんが「最後の演出作になる」と仰っている「走る」を,富良野演劇工場で観た。シンプルな「走る」という行為。マラソンに見立てた「人生」をどう「走る」。ランナーそれぞれの「人生」が、自分たちに重なり、切なくさせる。人を蹴落としてきたランナー駆けつけ警護を控えた自衛官ランナー震災の心の傷を癒すランナーエイズで恋人を失ったランナー3時間睡眠で勝利を信ずるランナーそれ... [続きを読む]
  • 和服で新年会
  • この元旦は、妹、姪っ子と共に和服を着ました。秋から計画し、1人で着物を着るための集中レッスンを妹と共に5回受けたのでした。お食事開始が2時間遅れてしまいました!そして、先日の新年会では、あさ5時起きでヘアと着付け。一応着て行ったけれど、もちろん着直しました⁉?多くの女性が和服という、最近では珍しい光景!女性のみで記念写真を撮りました。和服って、日本人を引き... [続きを読む]
  • 2月の朗読会のお誘い
  • 来月開催の朗読会のお知らせです。「冬の朗読会」 ◎2月24日(金)18時から ◎ニューオータニイン4階(北2西1)「朝日カルチャーセンター」にて一年ぶりに、朗読とトークのシンプルなライブを開催します。ことばのチカラで、みなさんの頭の中に次々と映像が展開するはず。想像する豊かさを感じてください。2月、まだ寒い日が続いていると思いますが、翌週はおひな様ですよ!!ぜひ、心から... [続きを読む]
  • 明日は歌会始・お題は「野」
  • あす、1月12日は平成29年の「歌会始」ですね。私が「歌会始」と聞いて思うのは、その日のお昼のNHKニュースが、ものすごーく長く時間をかけて、入選の歌を、朗々と読み上げる場面を放送することです。去年まで、ニュースの世界にいて、1秒2秒を単位に、長い、短い、遅い、早いと、戦ってきたので、このたっぷり感が、ちょっと受け入れがたかったのだと思います。しかし!もうテレビの世界を離れ... [続きを読む]
  • 星澤幸子先生とお茶のお勉強
  • 京都の和束町のとっても美味しいお茶を広めようと、お茶の淹れ方から指導してくれる講座に参加しました。お隣はなんと星澤幸子先生!お料理のマエストロ!産休中に毎日見ていたお料理コーナーの中の方⁉?こんなにお近づきになっていいのかな?先生が淹れると同じお茶もなぜか美味しい!心の乱れか、わたし、がんばれ!講座の後は、お茶殻を無駄なく使って佃煮をクッキング!生で星澤先生のお料... [続きを読む]
  • ニセコの冬
  • 連休は、ニセコで!となると、パウダースノー、シャンパンスノーのゲレンデへと思われるかもしれませんが、ロッジでただただぼんやり⁉?してきました。食べて、飲んで、ストーブの火を見て、ときどき散策。こんなお休みもたまにはいいよね。そうそう、ニセコは札幌の半分も雪がなかったの。札幌が多すぎなのかな。 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • みなさま 明けましておめでとうございます。どんなお正月をお過ごしでしたでしょうか。オフィスパレットの今年は、「今を生きる」をモットーに、過去を悔やまず、先を見据えすぎて憂鬱にもならず、今の連続である一年を、堪能したいと思います。プロの技をしっかりと磨き、司会、朗読、ナレーション、そして講義に臨みます!本年もどうぞよろしくお願いいたします。オフィスパレット代表... [続きを読む]
  • 「Inverno冬」満員御礼!!
  • クリスマスの午後2時開演のコンサート!企画した当初は、かなりドキドキでしたが、フタを開けてみれば大入り満員!!ありがとうございました。クリスマスを味わう・・・そんなプログラムを、ソプラノ歌手のYoshieFukuzakiとともに、企画しました。第1部楽しいクリスマスメドレー朗読「サンタってほんとにいるの?」(NYサン紙の社説より)カザルスの「鳥の歌... [続きを読む]
  • 美しい話し方を目指す朗読レッスン
  • 五十嵐いおりの朗読サロンは、朗読に加え、話し方まで美しくなるレッスンです。ただ今、受講生を募集中です!話し方が改善したことで、夢だった新事業に着手した方、お仕事の質が向上した方(自他ともに評価)がいらっしゃいます。なぜ朗読で話し方????ぜひ受講してみて下さい。お試しレッスンもございます。第3期は、12月から3月まで6回講座(火曜夜クラス)。残席はあと1名様となりまし... [続きを読む]
  • クリスマスを指折り待ちながら・・・
  • 12月10日の夜、「クリスマスの煌めき」と題したコンサートを開きます。この辺から、ぐっと気持ちを盛り上げなくっちゃね!クリスマスは、指折り待つのが楽しいのです。デコレーションも、少しずつ増やしていくのが欧米流だそうですね。で、コンサートでは、朗読と、チェンバロとバイオリンがコラボします。スクルージじいさんでお馴染みの「クリスマスキャロル」の朗読と、すばらしい演奏をお楽し... [続きを読む]
  • Autunno秋 朗読コンサートが無事終了!
  • 「Autunno秋」音楽と朗読のコンサートに、たくさんのお客様にお出でいただき本当にありがとうございました。目をつぶって朗読を聞く方を見ると、頭の中に映像が見えているかしら・・・と嬉しくなってきます。果てのない朗読の道。さらに精進して参ります。これからも、応援のほどよろしくお願いいたします。テーマ「秋と愛」第一部 朗読作品・石川啄木「一握の砂」「秋風記」with チェロ・向... [続きを読む]
  • オトンに載ったよ〜
  • オトンにオカンが載ってる!って息子。ややこし!お友達が「ブリ1匹でイタリアンフルコースをに挑戦するから来て!」と言ってくれたので二つ返事で出かけたら、雑誌とテレビの取材が〜!楽しかったし美味しかったし、滅多にない雑誌の撮影!今まで人に言えなかった辛さ以外は、最高のパーティでした。特にこのパスタ!ああ、またたべたいなぁ。ちなみに友人は、男です!社長です!なんでこんなことで... [続きを読む]
  • 骨董市でお気に入りと出会う!
  • 朗読作品を選ぶのは、朗読家の楽しみであり、イベンターの腕の見せ所でもあります。でも、どんな朗読会でもしっくり馴染み、何より自然な心持ちで声に出せるのが、向田邦子さんの作品です。ファンと言っていいのかなぁ。向田邦子作品を読むときは、目につくところに、お気に入りの器を置くと、向田邦子気分になれます。骨董も含め器を愛した人だったことは、エッセイからわかります。ハーブを挿したのは、江戸の... [続きを読む]
  • 秋の朗読会
  • 昨日は、北海道文学館にて朗読会でした。生誕120年の宮沢賢治展の催しとして、読ませていただきました。小岩井農場のパート9噴火湾そして、銀河鉄道の夜より。どれも、読むたびに新たな感動が湧いてきます。賢治の心はどこをどう彷徨っていたのか、凡人にはわからざる。でも引き込まれてしまう。賢治の研究家で詩人の斎藤征義さんクラリネットの渡部大三郎さんジャンベの岸林大輔さんとは2度目の... [続きを読む]
  • 大量のイチジク!
  • 名古屋の叔父から、大量のイチジクが届きました。生まれて初めて、生のイチジクを丸ごとたべたわたし。北海道なんで!バナナの皮をむくようにして、中の白と赤の果肉をパクリ!コンポートやサラダにちょっとついているそれとは別の野性味ある甘さで、いける〜。気に入った〜と伝えると、またまた大量のイチジクが届くことに。さすがに飽きてしまったので、保存のための加工。ドライトマトを作るついでに、輪... [続きを読む]