土花吉 さん プロフィール

  •  
土花吉さん: 土花吉&与太吉
ハンドル名土花吉 さん
ブログタイトル土花吉&与太吉
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ducati-mu/
サイト紹介文DUCATI好きの土花吉(ドカキチ)とヨタ8好きの与太吉(ヨタキチ)他にもSRにTWも・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2006/08/29 11:23

土花吉 さんのブログ記事

  • 恨めしきブルー
  • 久しぶりに運転免許証の更新手続きに。。。今回は止むに止まれぬ事情での「携帯電話等(保持)」により長年の金色からブルーへ・・・。それをうすら笑うかのような更新手続きのセンターに着いた時の空の色が恨めしいことこの上ない。しかし、相変わらず警察の天下... [続きを読む]
  • 製作工程その他/異なる座位
  • 今回の製作で一番気になった「座位」。間仕切り等で仕切ってしまえば、それはさほど気にはならない。しかし手前、土間部分はテーブルソファでの座位。そして、奥の上がりは畳の座位という「異なる座位」が同じ空間に存在する。従って畳の座位の部分は掃出し窓や腰窓... [続きを読む]
  • イタリア注入
  • クエンティン・タランチーノ監督が好きか嫌いかの話は別として、久方に「ドリァ〜!」とイタリア注入は福井の「タルティーナ」でのランチ。(ドリア)パンのおかわりは自由って、そんなにパンばかりは食えないし・・・。廻りを見渡せば「女子」ばかりとはいえ、美味しかったですよ「buono!」... [続きを読む]
  • 愛山荘
  • 以前より、土花吉の妻が見学を希望していた越前市に残る「愛山荘」へ。元は地元で100年以上前に「蚊帳」で財を成した商店主が隠居別邸として大正5年(1916)に建てられた建物。その後、老朽化が進み地元商工会名誉会頭が買い取り修復した経緯がある。個人的... [続きを読む]
  • 空力
  • 間もなくGPが開幕。。。先ずF1で散々の本田。今年のマクラーレンの発表を観たとき、「おっ?」と一瞬思ったもののプレシーズンテストでは相変わらずの遅さ・・・。パワーの無さにアロンソも嘆く。一方のフェラーリはテストでの好調を維持し、今年は期待できそうな予感がする。そして... [続きを読む]
  • 製作工程その十/左官その二
  • 左官工事はすっかり土花吉の妻が担当することとなり、本人もお気に入りようで土花吉が型枠を当てている内にサクっとセメントと砂を調合し練り上げ、モルタルを造るという段取り。鏝さばきも板につきサクっと塗り上げる。難しいのがこういう垂直部分。下から上へ塗... [続きを読む]
  • 製作工程その九/電工その一
  • 各工事と並行して「電気工事」もチョコチョコと手を加えているのですが、そのほとんどが配線移設と回路の整理とはいえ腰を据えて工事をしなければいけません。。。その中で、古い碍子引き配線も一旦、撤去はしているのですが、その丁寧さというか綺麗さには正直、驚... [続きを読む]
  • 雪中進攻ならず
  • 今年は色々と訳あって、恒例の「雪中進攻」が出来ない・・・と、言うか出来なかった。正直、カブにスノータイヤすら履かせなかった・・・。今年の冬の「池の河内湿原」の様子だけ晴れた日に写真に収める。 宜しくです♪ そして、もっひとつ宜しくです♪ [続きを読む]
  • 上がる
  • 地元市内のこの辺りは土花吉が幼少期の頃の遊び場のひとつ。向こうに見える河口辺りでは「細魚」をテンカリで釣ると言うより引掛ける大人たちの器用さを眺めてる内に落ちてしまい、半泣きで這い上がった覚えもある。そんな児屋の川沿いに最近、オサレなカフェが出来た... [続きを読む]
  • 「ここる」ランチ
  • 久方の鯖江、「嚮陽(きょうよう)会館」内の「ここる」でランチ。この日の寒い日にうってつけの「おでん」に「大根とチーズのマヨサラダ」に「チャプチェ」に「小松菜のみそあえ」。ここのランチは財布には優しいは、お味も良い!「コミュニティカフエ・ここる」:http://ww... [続きを読む]
  • 499
  • 仕事の打ち合わせに施工業者の現場監督が最近買ったというSRで訪れる。(図面を押し込んだ鞄を背負い)改造しまくりの外観とFCRは別として、この「499」が羨ましい・・・。(本人はこれからノーマル戻しへの道のりを歩むらしい)試にデコンプレバーを外されたエンジンを... [続きを読む]
  • ラーメン三昧
  • 普段、あまり食べてないつもりの「ラーメン」。しかし、よくよく考えてみると月一で食してることに気が付く。先月は「岩本屋」。。。(濃ひぃ・・・)今月は「スガキヤ」。。。(安ひ・・・)この日に限り¥160-!高校生の頃、学校帰りによく食べてたけど・・・... [続きを読む]
  • 製作工程その六/木工
  • この度の「製作委員会」の委員の中でも相当、助けてもらっている友人。業界人でもある彼からは建築資材を分けて貰ったり、はたまた加工までした材料を譲ってもらう。時として工事を進めてゆく過程で必要となる工具や道具まで貸してもらったり。。。この日も、... [続きを読む]
  • 雛まちゅり
  • 昨年は確か、あまり咲かなかったせいで梅を求めて色々と出歩いた記憶が・・・。でも、今年は2月中旬過ぎから咲いてくれました土花亭の「紅梅」。。。そして、梅の次は桃ですかねぃ。「雛祭り」いつもの雛人形が土花亭に飾られている。。。「右か左か」の拘りな... [続きを読む]
  • 地鎮祭
  • 氏神を鎮め土地を利用させてもらうことの許しを得る。新しく始まる現場。。。神を祀って工事の無事を祈る。修祓→降神→献饌→祝詞奏上→四方祓→地鎮→玉串奉奠→撤饌→昇神仕事柄、幾度となく参列させて頂いてますが、いつも身が引き締まる。。。 宜し... [続きを読む]
  • 製作工程その五/左官その一
  • 前回、補修を施した土塗り壁はやはり乾燥に時間が掛かるようで仕方なく、季節外れ扇風機を投入し送風によって乾燥を早めることに。。。(効果の程は不明ですが・・・)そんな冬の現場に扇風機が廻る中、前回造った小さなブロック造の基礎の天端均しモルタル塗り作業... [続きを読む]
  • 福武線界隈
  • 最近は週末になるとは県内の丹南地域で工事用資材を仕入れている。地元での仕入れ値とは運例の差があり、わざわざ車を飛ばしてもペイ出来る。最も、仕入れだけではつまらないので「寄り道」も当然しちゃうわけで、久しぶりに訪れるは福武線:旧西武生駅。駅舎に... [続きを読む]
  • 製作工程その三/土間打設
  • 週明け午後からの土間コンクリート打ち。。。週末にかけて大雪があったため、自宅(土花亭)の除雪に引き続き現場の除雪も、土日と月曜の朝と連日行う。現場の通りは狭く、ポンプ車など使えずミキサー車も小型しか入れない。除雪で疲れきった身体に今度は重い生コンが入った... [続きを読む]
  • 大人になったら
  • こどもの頃、「大人になったら」色んなことが出来ると勝手に想像を膨らませていたり。。。でも「大人になったら分る」という不思議な言葉に踊らされ、大人も大人、既に汚れきった単なる老いた大人に・・・。そんな汚れきった体を風呂で流そうが、そうは簡単に落... [続きを読む]
  • 製作工程その二/地業
  • 「はつりガラ」を敷き詰めた後には「地業」。一旦、この状態で転圧を掛ける。そして、「はつりガラ」の隙間や上に敷くために運び込まれたRC(再生砕石)1.5?、重さ約3トン。建物内へ足場板を利用し一輪車で運び込む重労働。最初は土花吉が一輪車で運... [続きを読む]
  • 製作工程その他/登梁
  • 解体撤去によって55年ぶりにその姿を現した小屋組み。太い地棟を備え、束建ちではない登梁による小屋組みの成形。一部、当時の碍子配線も残るこの小屋組みを当初の計画では敢えて表し、大空間を演出する予定でいた。しかし・・・。しかし、あまりにも高い・... [続きを読む]
  • 製作工程その一/解体撤去
  • 畳や建具を取り除き、いよいよ解体作業へ取り掛かる。使える材料は出来るだけ残し、再利用をするという主旨の元で作業は進めるが今回の「製作工程」の中では一番の難所となる。上の写真に映る縁側や廊下の床に使われているのは、今ではあまり見かけない「アピ... [続きを読む]