たぬ吉 さん プロフィール

  •  
たぬ吉さん: バドミントンぷれいやーず
ハンドル名たぬ吉 さん
ブログタイトルバドミントンぷれいやーず
ブログURLhttp://badminton.doorblog.jp/
サイト紹介文バドミントン全般、技術、指導法、ジュニア、レディース、バドグッズについてを記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2006/09/04 05:44

たぬ吉 さんのブログ記事

  • 【シャトル】ヨネックス トレーニング
  • このカテゴリを作る原因になったシャトル。【受注後納期確認※予約受付中】YONEX(ヨネックス)「1ダース単位」「トレーニング F-30」シャトルコック価格:3283円(税込、送料無料) (2017/6/21時点)*大人、中学生、小学生で確認中。3283円 ヨネックス練習球このシャトルがシャトル検討の原因となった。価格の高騰が気になる中、どうも品質も値段相応と言いにくい。飛行安定性は大人が使っていても問題無いが、羽根の質、耐久性が [続きを読む]
  • 【シャトル】SUNFAST プレミア
  • 【即日出荷】SUNFAST/サンファスト PREMIUM (サンファスト プレミア) 【大会球】価格:2692円(税込、送料別) (2017/6/21時点)*社会人男子のゲーム、中学生上位、小学生で使用しています。2692円 第一種検定相当球使用感は追って記載予定だが、この価格でなら主力で考えてもよさそうな感じがする。ゲームで使用しても不可解な羽根折れが無い。若干コシが弱く変形も見られるが、これについては数を使ってみて判断したい。大人のゲ [続きを読む]
  • 【シャトル】KAWASAKI チーム2
  • 【即日出荷】 KAWASAKI / 川崎 TEAM2 チーム2 一級バドミントンシャトル [第一種検定相当球]価格:2260円(税込、送料別) (2017/6/21時点)2260円 一種検定相当球これが一種大会で出てきたらキレるレベルではあるが、2260円とするなら値段相応といえる。あくまで一種相当としてではなく、練習球として購入する事。 [続きを読む]
  • 【D前衛】決め事か、理論か
  • 今日は呑んでません。・ヘアピン打ったら相手からはロブかヘアピンだからラケットを上げて構える・ドライブ打ったらドライブの確率が高いからネットの高さで構える・相手がバックで入ったら攻めは弱いから前に詰めてラケットを上げる・ショートサービスを打ったら相手のラケット位置に合わせて高さを変える・プッシュを打ったら次の低いリターンに備えるざっと30秒で思いついた前衛でのパターン。主に、ラケットはどこに置いておく [続きを読む]
  • 相手を見過ぎてはいないか?自分は見えてる?
  • 梅酒1杯目。相手を見てプレーしよう。序盤で相手の弱点を見抜いてそこを攻めよう。よくこんな話を聞きますが、では、自分の事は見えていますか?例えば、相手の弱点がわかったとして、そこを狙う技術が無ければ何もできない訳で。技術を身につけるには普段の練習な訳だから弱点がわかったところでそこを使う事が出来ない事も充分考えられます。そんな悲しい状況のときこそ、相手では無く自分を見つめなおしてはどうでしょうか。も [続きを読む]
  • 軸を動かすフットワークでノータッチをなくしたい!
  • 最後の一歩の踏み込みは最初の一歩でやってはいけない?できない?ここで言う「軸」をどこにするかは、ちょっと私でははっきりとはできませんが、ひとまず「股関節部分」にしたいと思います。右足を出して踏み込む時に、左足はどう動くでしょうか。筋力の無い女子選手では引きつけて戻りに利用したり、逆に男子選手では左足を残して、踏ん張って戻ったりします。ですが、ここではその位置と違う考え方にします。最初のスタンス、よ [続きを読む]
  • 地区大会終わって、張上げ落ち着く
  • 見事なまでに落ち着きました。メインで練習している選手も、ビジターの選手も、ついでにお友達の選手も、大会前は張り替えまくっていた1週間。終わった後はもうすっかり落ち着きました。GWもあったはずですが、大会で燃え尽きてしまったかも?その大会で逆に火が付く選手も少なくは無い訳で、選手以外も保護者、そして指導者も、やはり大会は刺激になります。私は次の大会まで、もしくは来年のこの大会までに何をしてやろうかと思 [続きを読む]
  • 【ハイ張り】ローテンションで横糸が切れるか検証してみた
  • 結局どっちやねん。あなたは、縦糸、横糸のどちらが切れますか?私は【プレー用】縦糸【ノック用】横糸が切れます。ほぼ100%と言っていいです。相当記憶をさかのぼってもそう切れます。縦糸、横糸の切れ方は諸説ありまして、オーバーヘッドストロークでカットをする(スマッシュやクリアでも面がずれている)と横糸が切れる、という話、そしてもう一つ、テンションが緩いと横糸が切れる、という話。もしかしたら他にもあるかもしれ [続きを読む]
  • アキレアの橋 燃え尽き症候群とは
  • 撮りためたテレビ、なかなか見る機会がなくて。勝手に取られていたアキレアの橋には、奥原選手がクローズアップ。リオでの山口選手との数ラリーとその後の試合が放送されました。結局目がいったのは、奥原選手のフットワークではなく、山口選手の瞬間的な発想と強打。あの爆発力は引きつけるものがあります。実は、気になったのはその後の柔道選手。銀メダルをとりながら、1ヶ月近く柔道着を着なかった、とのこと。いわゆる燃え尽 [続きを読む]
  • GW
  • 世間では4月29日からとの声も聞かれますが、小中学生は1,2日学校がありますので!おかしい事が判明。普通に3日から7日まで全て練習が入ってしまった。なんでだろう。なんでこんなミスを犯したのか。なんかこう、この日とこの日と、合同練習やら空いてる体育館とったりしたら、気が付いたら全部練習となってしまいました。こんなはずじゃなかった。。。今更後悔しても遅いわけで、GWは体育館で堪能しようと思います。ちなみに、まだ [続きを読む]
  • この1週間のストリング張り替え
  • 値上げしてでも張りたくなかった。。。月曜日5本火曜日2本木曜日2本土曜日3本ほぼ中学生。大会近いとこうなるんですかね。大会前に張り替えたくなるのか、大会前で力が入って下手切りするのか、練習に熱が入って打つ量が増えるのか。なんにしてもこのモチベーションは大事にしたいところですが、これって受験の一夜漬けに近いものがあって。やっぱり普段の練習で何をやってきたかが大事であって、おそらく勉強よりも身に着かないん [続きを読む]
  • 卓球  平野美宇 アジア杯優勝動画とアスリートの魂
  • すげーよ。まじすげーよ。優勝動画フットワーク時の下半身の使い方。バドミントンよりも遥かに狭いが、テンポは異常に早い。常に膝の角度を維持しながら両足ジャンプでポジションチェンジを繰り返す。ダブルスの前衛やスマッシュレシーブ、ドライブ戦、ドライブ気味の飛びつきスマッシュ、プッシュやプッシュレシーブ等あのフットワークは生かせるところが非常に多い。技術として取り入れて欲しい。平野美羽、アスリートの魂テレビ [続きを読む]
  • 縦BG65TI27P 横BG66U29P で張ってみた
  • いいんですわこれが。今もあったりしますが、縦と横で別の太さのガットの商品、たいして気にもしていなかったのですが、今回200mロールがいい感じ(というかかなり中途半端)に余ったのでタイトル通り、張ってみました。これが何故か良い感覚なんですよね。どうしよう。縦糸が0.7mm、横糸が0.65mm。細いガットが苦手だったのですが、弾きの感覚がまた単品で張ったのとはまた違って、落ち着いたのは縦糸が太いから?なんだかよ [続きを読む]
  • ドライブを打つ強さは?
  • 結構考えた事無い方も多いかと。ドライブ、どれぐらいの強さで打ちますか?全力で強打する、もしくは、コントロールする為に少し弱く打つ、等あるかと思いますが、これはなんとなく打っていてはラリーをコントロールできません。最も依存する要素は、「打点(高さとコートの位置)」です。高ければ高いほど強打できますが、例えばネットと水平でネットから近い位置でぶったたけばほぼ間違いなくエンドアウトします。ネットから水平 [続きを読む]
  • 左手が右手の内側に入るんだよね
  • やっぱり女の子に多い気がします。人間の身体は、吊り合おうとします。歩く時は右手が出れば左足が前へ、左手が前に行けば右足が前へ。スイングの時も同じように吊り合おうとします。ただし、この吊り合わせ方でフォームが大きく変わります。捻転。骨盤をひねることでそれが肩甲骨へ伝わり、最後にラケットにたどり着きます。これが捻転。この捻転をうまく使える時の「軸」はおそらく左の骨盤になるのではないかと思うのです。骨盤 [続きを読む]
  • 初心者には何から教えたらいいのだろうか?
  • 私はプッシュ(ネット前アタック)かなぁ。・ヘアピンから教える比較的に球出しが簡単な為、お手伝いの人数を増やせる。当てるのは比較的簡単だが、距離感が合わない子はとことん当たらない。他のプレーに応用が効かない。・ドライブから教えるラケットノックだけでなく、手投げノックでも可能。特に初心者はどこに羽根が飛ぶか読めない為ノッカーの怪我には注意。おそらく一番簡単で当てやすいと思われるが、フォア側を続けていく [続きを読む]
  • 【部活動不要論】部活動はどうあるべきか
  • まず問題が中体連なのか、それとも教育委員会なのか。過去の記事を読み返してみましたが、最初は2010年1月7年以上前ですかwカテゴリを読み返して今を思った所で、結論は何も変わっていないということ。私はさすがに関係者ではないので動かす力はありませんから、ここで何を言っても変わらないわけで。どうしたって愚痴っぽくなるのはご了承頂きたいところです。この頃からあったのかわかりませんが、先生方の間で部活動顧問への問 [続きを読む]
  • 【部活動不要論】先生方の間でも部活動について話し合われているようです
  • ツイッター、便利です。よくツイッターで、部活動への取り組み方等の問題のツイートが流れてきます。先生としても授業に専念できず、土日も無くなり、ほぼ無給状態の部活動が重荷になっているようです。この状況、何とかしてほしい、です。この何とか、とは、私のような立場からすれば、部活動に熱心な先生も、顧問が重荷になっている先生も、同じ先生なんです。先生方の間で真っ二つに分かれられても、結局しわ寄せがくるのは選手 [続きを読む]
  • エンドで勝負してネットで決める
  • うまく使い分けたいですわね。守るショットの代表というと、クリアであったりロブであったり、後方へ緩い羽根を送るショットになりますね。シングルスは、あるレベルになると上がったら打ったもん勝ちになるのでショートサーブから始める事が多くなりました。それを勘違いしてショートサーブから始めている選手もいますが、なんでショートサーブなのか、なんで有利になるのか、不利になるのかを理解せずにはショートで勝負するには [続きを読む]
  • 「脱力」のススメ。それと。。。
  • ジュニア選手はとにかく強い羽根を打ちたいと思うもの。そうすると、ハンマーグリップになったり、一歩が大きくなったりします。羽根を打つ時も力を抜く事でスイングスピードを上げて、一瞬力を入れる事でさらにスピードを加速させることができます。力を抜きっぱなしではダメ。フットワークはさらに特殊で、力が入りっぱなしでは足をスムーズに運ぶことができません。床を蹴る時は力が入っていますが、他の部分で力が入ると次の一 [続きを読む]
  • 点数を取るより失点を無くそう
  • 失点をなくさねば、エースショットがあっても勝てない。簡単な失点は相手に楽をさせてしまいます。なんせ、相手にとってみれば何もしていないのに点数が入ってくるわけですから。確実に相手コートにシャトルを送り込む事ができないと、いつまでたっても「点数は取れるけど勝てない」というパターンに陥ります。長いラリーの1点と、サーブミスの1点、チャンス球をネットに引っかけての1点、これらは全て同じなんです。簡単なプレー [続きを読む]
  • スマッシュを打つ時どこに注意しますか?
  • 歳と共に変動中。調子が悪い時、スマッシュにスピードが乗らない時に思い出します。スマッシュを打つ時にどこに注意しますか?私は、今は右肩に集中します。何故かそうすることで捻転がうまく使えて体重の乗ったスマッシュが打てます。実は、以前は左足に集中していました。左足のつま先に集中することでそこを軸にして、身体全体で打つイメージを作っていたのです。ですが、最近はそれでは駄目、良いポイントを探していくうちに、 [続きを読む]
  • 【価格調査】バドミントンネット AC347 6480-
  • これは安い。≪スマホエントリー期間限定3/25日〜4/1日店内全品ポイント10倍≫【特価商品】ヨネックス YONEX バドミントン バドミントンベルクロネット ネット バドミントン用品 バドミントン用品 器具 用具 AC347価格:6480円(税込、送料別) (2017/3/27時点)40%OFF。なんでこんなことになっているか。よくわかりませんが、いつまでこれをやってくれるのか。そうそう無いと思います。 [続きを読む]
  • ハンマーグリップのメリットとデメリット
  • ハンマーグリップとは、ハンマーを持つようなグリップでございます。ハンマーグリップとは。。。ハンマーで釘を打ちつける時のように、重いものを強く打つときに力が入りやすい持ち方。イースタングリップ、ウエスタングリップのようなラケット面の角度の分類では無い。握手をするような柔らかい握りではなく、じゃんけんのグー、握りこぶしを作るような状態に近い。ハンマーグリップのメリット力を入れるのが容易な為、技術が無く [続きを読む]
  • バックハンドを打ち続けろ!
  • 生涯ショット数カウンターがあったとしたら、バックはフォアを超える事が可能なのだろうか。今日、小学生、県上位のダブルス選手を相手しました。もちろん実力差はあるので羽根を散らしながらいろいろと打ってみたのですが、バックハンドから強い羽根が返って来ない選手が非常に多いのです。ネット前のロブなら羽根は奥まで行きますが、これがスマッシュになるとまったく返らない。ハーフぐらいまでしかいかず、しかもコントロール [続きを読む]