アハウ さん プロフィール

  •  
アハウさん: 詩人の血
ハンドル名アハウ さん
ブログタイトル詩人の血
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/k6816
サイト紹介文一緒に詩を考えていきましょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1029回 / 365日(平均19.7回/週) - 参加 2006/09/04 19:56

アハウ さんのブログ記事

  • 太陽と村
  • 太陽はただ一人その光を生きとし生けるものに与え続けて日がな 一日小さな集落の古びた家にも陽光を分かつ風が木々を揺らしながら葉擦れの音は郷愁を誘うから夢見る少年は緑色のパステルで無心に描き続けたあるべき世界を風に乗せて呟く秘かな呟きは空... [続きを読む]
  • 『聖書』
  • アフォアリズム(警句)誠に神のなさる事は、人知に尽くし難く、我々から見ると「不可思議」にしか考えられない。アフォアリズム(警句)君は、「聖書教条主義」なんだね。ああ、あえてその言葉、大事にいただく。「聖書」は、パーフェクト…全て書かれているか... [続きを読む]
  • 死の天使と呼んどくれ…
  • たとえ真の正義の大義があるにしても、呪術で呪うのは、効果があるにしても、人には勧めない。成功しても後味が悪い。アメリカの開拓民がインディアンを人間かどうか真剣に考えたように、オレの呪詛する、ロスチャイルドやロックフェラーの存在が人間か悪魔の... [続きを読む]
  • 比叡山よろしく!
  • 比叡山延暦寺が、イスラエル、パレスチナ問題に割って入るのは私にとっては歴史の必然の感覚。手あかの付いていない法華経精神でユダヤ教と回教の橋渡しをするのは一見奇異に見えても誰も損をすることのないウィンウィンの精神。比叡には忍耐して事に当たって頂... [続きを読む]
  • 比叡山延暦寺にお願い
  • 比叡山延暦寺にお願い。比叡の袈裟で着飾った僧たちが、イスラエルとパレスチナで同時に安寧を祈る、護摩を焚き上げる…両方の勢力の間に割って入り、緩衝材として機能する。ユダヤ教、回教にとって真っさらな法華経を引っ提げて渦中の栗を拾っては頂けないでし... [続きを読む]
  • 呪詛真言坊主の半世紀の申し送り
  • 昨夜午前2時ごろ、喘息の発作で息が出来ず目が覚めた吸入して済ませたが。小学生の頃喘息の発作に悩まされ夜中に息が出来ず何度も何度も目が覚めた。その時と同じ今は、発作の理由が真言坊主の呪い殺しと理解出来る。半世紀たって何も変わらない。ネットの発言も... [続きを読む]
  • 呪詛真言坊主のの半世紀の申し送り
  • 昨夜午前2時ごろ、喘息の発作で息が出来ず目が覚めた吸入して済ませたが。小学生の頃喘息の発作に悩まされ夜中に息が出来ず何度も何度も目が覚めた。その時と同じ今は、発作の理由が真言坊主の呪い殺しと理解出来る。半世紀たって何も変わらない。ネットの発言が... [続きを読む]
  • 芸術家へ
  • 高貴な人間が何百年にもわたって自らに等しいものに働きかける。善き人間が目指すものは、人生という狭い空間の中では到達できない。それゆえに人間は死ののちも生きて生きていたときと同じように働く。善き行い、美しい言葉を求めて、死ぬほど努力したように... [続きを読む]
  • 肉牛官僚
  • 官僚ども…アメリカが死ぬほど好きなんだろ。じゃあ来世、アメリカに生まれ変わるってもらおうか人間じゃなく、美味しい肉牛として…今生、さんざ日本国民を喰ったんだ。今度は俺たちがお前らを吉野家の牛丼で喰う因果の巡りだ!カネの亡者たち我が身の因果を知れ... [続きを読む]
  • 神の徴(しるし)
  • 神の徴(しるし)が欲しいなら聖書を読まれることを望む。旧約には「怒る神」が新約には「愛」の神の記述で溢れている。現代に徴が無いからと嘆く…神は二度同じ事はしない。人を信じている。だから聖書を読んで、神のご臨在を確信すればいい。今も神は生きて人々... [続きを読む]