士月 さん プロフィール

  •  
士月さん: Moon of Samurai
ハンドル名士月 さん
ブログタイトルMoon of Samurai
ブログURLhttp://samuraimoon.blog67.fc2.com/
サイト紹介文 主にアニメや漫画のレビューを中心に活動しているサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2006/09/27 10:33

士月 さんのブログ記事

  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年20号
  • ・『ROBOT×LASERBEAM』 ロボは無条件なら精妙無比のショットをうてるもののシロウトの悲しさで風やラフの影響をモロにうけて苦戦します。一点突破的能力だけではキャリアの長いライバルに勝てないというので『ライジングインパクト』を思い出したけれど、あっちは露骨なくらいに主人公に負けフラグが立っていたので見ていて痛々しいくらいだったからロボのものごとにぜんぜん動じないメンタルは助かります。 あとこの漫画がライ [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年19号
  • ・『腹ペコのマリー』 卍解、火火十万億死大葬陣! というわけでマリーが地獄の釜のフタをひらいてよびだした亡者どもによってセミロングの女の子が脱がされてゆきます。がんばれ亡者。男は脱がさんでいいから。・『クロモリクライム』 新人コンビによる自動車レースの読切り漫画です。同ジャンルで思いだすものといえばもちろん『弱虫ペダル』。はじめのうちは文句なしに面白かったのだけれど、一試合が長すぎてダレるのと、二 [続きを読む]
  • キン肉マン 第205話
  •  前回ラストで悪魔将軍が披露したのはただの地獄の断頭台ロンズデーライトパワーバージョンかと思われたものの、実は左脚に右脚と右腕の力がくわわり、似て非なる技でした。ところでためしにこの技の体勢をとってみたところ右脚が長くてちょっともてあましました。 それはさておき悪魔将軍のニューホールドをかつての地獄の断頭台のようには返せずに今やマットへの落下をまつばかりとなった超人閻魔の脳裏によぎるのはかつて完璧 [続きを読む]
  • キン肉マン 第204話
  • :.:.:.:.:.:.:.lヽ:,}`ヽ、:.:i,ヾ\:.:.:.l ト`丶:ヽ:.:.:l'、:丶:.:.:.:.:.:.i:l V,==≧、、 、\l _∠^N:.ト:.l \!:.:.:.:.::::}' / ,r''"でi)ヾ''='  ケr。ヽ !:.:l ゙i!:::,':::::::l   {,     ノ   ヽ二ノ i,jリ:::、:::::::l   ` ‐ '' "      丶、 Vrュ:::::::l              / ',f-う、::::',              '^ ' 、 ', うおっ、まぶしっ! 「(ヽ:トi        , ――---r' l', ヽ [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170409〜20170415
  •    米中に捨てられる韓国(1) [04/10]   米中に捨てられる韓国(2) [04/10]>問題は韓国だ。クジラの争いにエビは打撃を受けた。 ムダに尊大で虚勢を張るかと思えば見苦しいほどに卑屈にもなる。自分の中に確乎たる自信がない証拠です。精神的に不安定なのは個人のみならず国家についても見られます。   韓国軍が約束守らぬ米国に決別宣言?「軍事技術の施し、もう結構」=韓国ネット「米国人を信じてはいけない」「 [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170402〜20170408
  •    韓国の経済低迷は最悪、原因は「リーダーシップ不在」と韓国紙、日本と対比し「機能すれば運命変わった」とも [04/02] リーダーシップ不在といっても韓国は民主制国家なのだから有能な政治家を国民がえらべばいいことでしょう。こういう記事は特定の対象をおとしめるつもりで書いたのが逆に韓国の有権者の不見識を曝露したものになっていることに気がつかないのでしょうか。   米中の「韓国無視」が懸念される中、「外交 [続きを読む]
  • 信長の忍び 第28話 「松永台風上陸」
  •  松永久秀の悪行その一、同僚殺し(俺が小学生のころ読んだ本だと主君殺しでした)。その二、将軍殺し。その三、奈良の大仏の焼討。 ちなみに奈良の大仏を焼いたのは松永久秀が二番目で、最初に焼いたのは平重衡。清盛の五男です。その報復として平家がほろんだあと重衡は南都衆徒にひきわたされて斬首されました。やったことだけを見れば大悪党なのだけれど『平家物語』ではだいぶ同情的に書かれています。 それはさておき信長 [続きを読む]
  • 信長の忍び 第27話 「デンジャラスじじい登場」
  •  なぜ城に忍びこむのか? そこに城があるからさ! というわけで大和は多聞山城の城主松永久秀です。常人にはなしがたい悪事をみっつも働いた男と信長に名指しされた戦国時代最大の悪党というのが通り相場。なので俺が中学生のとき三国志好きのクラスメイトと口ゲンカになって「やーい松永久秀松永久秀」「やーい董卓董卓」と連呼しあったものです。かな換算で八文字vs四文字なので分が悪うございました。 ところでこのジャンプ [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 「彼等の居場所」
  • 「昭弘・アルトランド、ガンダムグシオンリベイクフルシティ!」「三日月・オーガス、ガンダムバルバトスルプスレクス」「行くぞ!」 最後の最後だからか三日月と昭弘がめずらしく主人公らしい見得を切りました。カッコいいっちゃカッコいいのだけれど麻呂女の部下どもみたいに口上をのべているさなかに攻撃をくらって「撃って……いいんだよな?」「あたりまえじゃん」てなぐあいにギャラルホルンの部下らにあきれられたらもっと [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年18号
  • ・『ゆらぎ荘の幽奈さん』 連載一周年記念の巻頭カラーです。はじめのころはパワー不足かと思われたけれど、主人公コガラシのリトさんとは別ベクトルの男前っぷりと、ヘンな照れやためらいの一切をかなぐり捨ててのエロ乱舞により、前作『恋染紅葉』では回避できなかった短期打切りをまぬがれることができました。めでたい。ジャンプの表紙は『BORUTO』にもってゆかれたけれど 新ヒロインズの片割れ、気の強そうなツリ目のカラス [続きを読む]
  • キン肉マン 第203話
  •  前回のレビューの最後に悪魔将軍は地獄の九所封じをふたたびしかけると書いたけれどそんなことはなかったぜ! ロンズデーライトパワー、メイクアップ! セラムンとは古いねしかし(Crystalは観ておりません)。 完璧超人始祖相手限定の友情パワーによって悪魔将軍が手にいれた硬度10#のパワーのロンズデーライトとはWikipediaによれば純粋なものならダイヤモンドよりも硬い可能性が示唆されている物質です。その可能性を実現 [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170326〜20170401
  •    ゆがめられた事実をまるで真実かのように装う日本の教科書はファンタジー [03/27]    ∧∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (    )  <  ゆがめられた事実をまるで真実であるかのように装う……  ( O   )    \_________________________  │ │ │  (__)_)    ∧∧      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  彡 <  その [続きを読む]
  • ガルパンでアネクドート&エスニックジョーク
  • 「ノンナ、黒森峰の現状を説明しなさい」「はい、同志カチューシャ。黒森峰はもはや崖っぷちに立たされています」「よろしい。では我がプラウダ高校について説明しなさい!」「はい。我がプラウダ高校はつねに黒森峰の一歩先をすすんでいます」「ノンナ、黒森峰の現状を説明しなさい」「はい、同志カチューシャ。黒森峰の隊長はコミュ症、副隊長はかませ犬、そのほかはモブ。戦術は硬直的で大洗の柔軟性に敵すべくもありません。自 [続きを読む]
  • 『けものフレンズ』最終回によせて
  •  はじめに白状すると俺は四回このアニメに挫折しました。はじめは第一話の二分弱でギブアップ。狩りごっこ? ハァ? という感じでなにがおもしろいのかさっぱりわからずに観るのをやめました。 おつぎはこれまた第一話の、カバがでてきたところ。サーバルにもかばんちゃんにもまだ感情移入できないうちにでてきた新キャラがこれまた拒否反応をおこしそうなものだったので力つきはてました。 三回目は第二話のじゃんぐるちほー [続きを読む]
  • 信長の忍び 第26話 「おいでやす京へ」
  •  かくして信長は目のまえのたちふさがる諸大名をあるいは討滅しあるいは懐柔しあるいは追放したのちにとうとう上洛をはたしました。そして手はじめに当面の脅威である三好三人衆の討伐にむかいます。 三好三人衆、五十秒で敗北! 摂津に山城と、生産力の高い地方を支配下におきながらも信長には歯が立たずに退却を余儀なくさせられました。なかなかシミュレーションゲームのようにはうまくゆかないものです。 このあとは信長が [続きを読む]
  • ハヤテのごとく! 最終章 What A Wonderful World⑱「BEYOND THE TIME」
  •  ナギの夢のなかでマリアさんと再会したハヤテはまたしてもポロポロ涙をこぼします。ホントに女々しいやっちゃな……なおマリアさんは王玉がつくりだしたニセモノのはずなのにすべてを見とおしたかのような態度でハヤテをはげましました。 そしてハヤテはやっとのことで自分の望みどおりの世界にひきこもるナギを見つけだします。こういうばあいニセモノの自分と相対峙してバトルに発展するというのがベタな展開なのにニセハヤテ [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年17号
  • ・『ROBOT×LASERBEAM』 主人公のロボがアイアンでボールをたたいた音を幼なじみのものだと勘違いした青峰二世が勝負をもうしこみました。アホ峰はべつの漫画でもアホ峰でした。してみればコイツが負けたという相手はバ火神のそっくりさんかな?・『約束のネバーランド』 レイはエマたちがハウスから脱走するときにママの目をひきつけるため自分から灯油をかぶって火をつけました。しかし実は足もとに穴をあけてかくれていたので [続きを読む]
  • キン肉マン 第202話
  •  「悪魔にだって友情はあるんだーっ」の男、友情パワーを語るの図。 悪魔超人のなかで情に厚いというか人間くさいところの大きいサンシャインならではのセリフです。対シングマン戦では情のカケラも解さないような外道を演じていたけれど、あれは始祖のダンベルを手にいれろという悪魔将軍の命令を遂行するための使命感ゆえのものでした。 さてバッファローマンはシルバーマンが正義超人の開祖でありながら正義超人になれなかっ [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170319〜20170325
  •    韓国人「自分たちが選んだ大統領でも、政治を誤ったら引きずりおろして監獄に送る、そういう国民的な底力を持つ国」 [03/19] タイトルだけを見たらいつものウリナラマンセーかと早合点してしまうところだけれど記事をちゃんと読めば韓国人のそういう場当り的な附和雷同の性格を批判していることがわかります。この記事を書いた人みたいに冷静で未来志向の考えかたが一般大衆にまでひろがれば韓国はいまよりもずっとマシな国 [続きを読む]
  • 信長の忍び 第25話 「城とったどー!!」
  • 「箕作城がやられたようだな……」「フフフ……あの城は六角氏十八城の中でも最弱……」「尾張のうつけごときに陥されるとは南近江の面汚しよ……」「主君、六角承禎……城を捨てて逃亡しました!」「グアアアアアアア」とまあ『ソードマスターヤマト』みたいにみずからの真価を発揮することなく退場と相成った甲賀忍軍でした。 ところで六角承禎はそれをすてるなんてとんでもないレベルの観音寺城をすてて逃げだしたわけだけれど [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 「約束」
  •  今回の話で判明したこと:ヒットマン最強 というわけでオルガが死にました。フーン。いやマジでフーンという感想です。『けものフレンズ』第十一話のラストでかばんちゃんが巨大セルリアンにふみつぶされたシーンのほうがはるかに衝撃でした。かばんちゃんが死んだかどうかはまだ保留ですけどね! オルガが死ぬこと自体はべつにいいんですよ。もともと俺は鉄華団を新撰組とかバクシンガーみたいにはじめから破滅が約束された集 [続きを読む]