tenyou さん プロフィール

  •  
tenyouさん: flow Trip -archive-
ハンドル名tenyou さん
ブログタイトルflow Trip -archive-
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kourei-flow
サイト紹介文漂い紀行 振り返り版 -漂いの中に癒しを求めて- …そして15のカテゴリ…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/09/29 23:43

tenyou さんのブログ記事

  • 久が原
  • (東京都大田区久が原) 大田区の高級住宅地の一つとされる「くがはら」。武蔵野台地末端であるこの地は、弥生時代後期からの人々の営みの跡が多くみられ、南関東地方の土器編年基準である久ヶ原式に指定されている。昭和41年(1966)までは久ヶ原と書き、近世は久河(川... [続きを読む]
  • 蓼科湖
  • (長野県茅野市北山 2003年6月29日) 標高2240mの坪庭を訪れた後、麓の1250mの高さにある蓼科湖を訪れた。昭和27年(1952)に灌漑溜池として築造された周囲1kmの小さな湖であるが、背後に標高2531mの諏訪富士こと蓼科山や八ヶ岳が望め、信州らしい光景が常に目に入って... [続きを読む]
  • 照栄院妙見堂
  • (日蓮宗朗慶山照栄院 東京都大田区池上) 本門寺の東方、蒲田の街を見下ろす場所にこの仏閣はある。本門寺子院の一つで、妙見坂と呼ばれる階段の上には妙見堂がある。妙見堂の周りには梅雨時になると多くの彩りを見せる紫陽花がある。 [続きを読む]
  • 旧八幡東学校
  • (白雲館 滋賀県近江八幡市為心町 国登録有形文化財 2003年6月22日) 明治10年(1877)に築造された、木造2階建塔屋付、延床面積492m2の学校建築である。明治28年(1895)からは八幡町役場となり、明治33年(1900)からは蒲生郡役所、大正11年(1922)には八幡町信用組合、翌... [続きを読む]
  • 池上本門寺
  • (日蓮宗長栄山大国院本門寺 東京都大田区池上) 弘安五年(1282)日蓮が療養のため身延山から常陸に向かう途中、領主池上宗仲の館に留まり、背後のこの地に本門寺を開創したのが始まりである。間もなく日蓮は宗仲の館で没し、その後は各時代の有力者によって保護され繁... [続きを読む]
  • 八幡堀
  • (滋賀県近江八幡市 2003年6月22日) 天正十三年(1585)羽柴秀次が八幡山城を築いた際に水運を兼ねて掘られたのがこの八幡堀である。その八幡堀による物品の流通により、近江商人の一つ八幡商人が繁栄した。 [続きを読む]
  • 西馬込
  • (東京都大田区西馬込) 都営浅草線の終点西馬込。接続駅はなく、昭和43年(1968)地下鉄開業と同時に開設された馬込車両検修場のために馬込より延伸設置されたと言っても過言ではない。ただ、以前は神奈川方向に路線延伸する構想は存在した。 [続きを読む]
  • 四つ木
  • (東京都葛飾区四つ木) 昭和39年(1964)まで四ツ木と書かれたこの地は、荒川左岸、堀切の南に位置し、かつては渋江と呼ばれた。地区にある西光寺は、嘉禄元年(1225)領主葛西清重の館に親鸞が宿泊した際、帰依した清重が浄土真宗(現在は天台宗)雨降山西光寺を創建した... [続きを読む]
  • 来島平成十五年
  • (くるしま 愛媛県今治市 2003年5月2日) 今治市波止浜から目と鼻の先に浮かぶ島、来島は、波止浜渡し場から定期船で僅か5分の距離である。その来島は、人口約50人、周囲850mの小さな島である。元々は河野氏が島に城を構えたようであるが、後に村上氏が城郭を置き、来... [続きを読む]
  • 堀切菖蒲園
  • (東京都葛飾区堀切) 堀切では少なくとも江戸時代には菖蒲が栽培され、昭和初期まで多くの菖蒲園が存在したという。堀切菖蒲園は昭和34年(1959)それまでの「堀切園」を東京都が購入し、都立公園としたのが始まりである。 [続きを読む]
  • 堀切
  • (東京都葛飾区堀切) 荒川左岸のこの地は、荒川放水路が完成するまでは旧荒川(隅田川)に旧綾瀬川が注ぐ河口の集落であった。鎌倉時代に御城(みじょう)正房がこの地に城を築き、廃城後に城の周囲を巡らした遺構である堀切を地名としたと伝わる。地区内の真言宗医王山... [続きを読む]
  • 一心寺
  • (浄土宗坂松山高岳院一心寺 大阪市天王寺区逢坂 2003年3月30日) 第二次世界大戦による空襲で山門を失ったため、斬新というべき山門が目を引く。同寺は文治元年(1185)法然が結んだ「荒陵の新別所」後の「源空庵」を始まりとする。その後、本誉存牟が法然の旧跡である... [続きを読む]
  • 荒川放水路
  • (東京都足立区・葛飾区) 千住の東を流れる荒川は、昭和5年(1930)に竣工した放水路であり、旧来の荒川は北千住と南千住の間を流れる旧荒川(隅田川)である。この荒川放水路によって、下流部で著しく川幅が狭く氾濫に見舞われていた隅田川周辺が治水され、昭和40年(196... [続きを読む]
  • 北千住
  • (東京都足立区千住) 千住宿は日本橋起点の日光街道及び奥州街道最初の宿場である。また、水戸街道及び佐倉街道、越谷を結ぶ赤山街道が分岐し、荒川沿いであるためかつては水運も盛んであった。荒川区南千住までの千住の中で、最も繁栄しているのがこの北千住であり... [続きを読む]
  • 定光寺
  • (愛知県瀬戸市定光寺町 2002年11月23日) 中央西線定光寺駅を降り、土岐川、そして支流の定光寺川を遡ると、臨済宗應夢山定光寺がある。建武三年(1336)に創建され、江戸時代には尾張藩徳川家の菩提寺となっている。 定光寺川 [続きを読む]
  • 玉野川渓谷
  • (岐阜県多治見市・愛知県瀬戸市・春日井市 2002年10月12日) 庄内川は岐阜県恵那郡山岡町、標高720mの夕立山を源とし、名古屋市港区で伊勢湾に注ぐ全長96kmの一級河川である。岐阜県内は土岐川と呼び、岐阜愛知県境付近は玉野川と呼ばれ、周囲の山も迫って渓谷を成し... [続きを読む]
  • 渋谷広尾町道標
  • (東京都渋谷区恵比寿南) 都会の一角の路傍に祠がある。その中には、この辺りが渋谷広尾町であった安永七年(1779)に造立された角形の標柱があり、正面には「南無阿弥陀佛」、左側には「ゆうてん寺道」、右側には「不動尊みち」と刻まれている。 [続きを読む]