tenyou さん プロフィール

  •  
tenyouさん: flow Trip -archive-
ハンドル名tenyou さん
ブログタイトルflow Trip -archive-
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kourei-flow
サイト紹介文漂い紀行 振り返り版 -漂いの中に癒しを求めて- …そして15のカテゴリ…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/09/29 23:43

tenyou さんのブログ記事

  • 穂高の水辺
  • (長野県南安曇郡穂高町 2002年4月17日) 北アルプスから湧き出る豊富な水は、そこかしこで音を奏で流れる。その清澄な水で色鮮やかな山葵が栽培され、犀川、高瀬川、穂高川等の水色のナチュラルカラーが視野一杯に広がる。 常盤橋跡 [続きを読む]
  • 柴又
  • (東京都葛飾区柴又) 京成金町線で柴又に降り立つ。最初に訪れようと考えてから十二年の歳月が流れた。映画「男はつらいよ」で全国区となった柴又は、下町ながらも帝釈天門前町かつ観光地の要素が高く、近隣の下町とは一線を画している。 [続きを読む]
  • 碌山館
  • (長野県南安曇郡穂高町 2002年4月17日) 安曇野に建つ、教会を想わす煉瓦造りの建物は、この地出身の彫刻家荻原碌山(ろくざん 1879-1910)の作品を展示するために昭和33年(1958)に設けられた、RC造2階建塔屋付、延床面積129m2の施設である。 [続きを読む]
  • 押上
  • (おしあげ 東京都墨田区押上) 花びら舞い散る日に訪れてから間もない、塔の足許の地を再び訪れる。付近は少しずつ新陳代謝が進んでおり、僅かではあるが違いを感じ取ることができる。(関連記事:スカイツリー'10-05-24 '12-12-31) [続きを読む]
  • 吉祥山東光寺
  • (曹洞宗吉祥山東光寺 長野県南安曇郡穂高町等々力 2002年4月17日) 「東龍寺」を近隣北城から移築し、「東光寺」と改めた等々力家の前にある同寺の山門前には、朱塗りの大きな下駄がある。これは山門の仁王の履く下駄と例えられ、参拝者が履くと願いが叶うとされて... [続きを読む]
  • 亀戸
  • (かめいど 東京都江東区亀戸)  横十間川を挟んで西隣の墨田区錦糸町と共に、「錦糸町亀戸副都心」を形成する亀戸は、かつては地続きではなく島であり、亀の形をしていたことから亀島の亀村と呼ばれていたという。また、南西に亀戸天神があり、正保三年(1646)太宰府... [続きを読む]
  • 保高道祖神
  • (長野県南安曇郡穂高町 2002年4月13日) 北アルプスを背にする千国街道(塩の道)保高宿には、多くの双体道祖神が佇んでいる。また、その中の一体には、昭和50年(1975)NHK連続テレビ小説「水色の時」撮影時に製作された道祖神(トップ写真)が残されている。 [続きを読む]
  • 錦糸町
  • (千葉街道 東京都墨田区錦糸町) 墨田区の最大市街地である錦糸町は、隣の江東区亀戸と合わせ東京七副都心の一つに挙げられている。錦糸堀(置行堀:おいてけぼり)が地名由来とされ、江戸時代以降それら堀による水運で栄えた。 [続きを読む]
  • 日暮里
  • (王子街道 東京都荒川区日暮里) かつては新堀(にいほり)と呼ばれたこの地は、享保年間に「一日中過ごしても飽きない里」という意味を持つ日暮里の字が当てられ、読みも「にっぽり」となった。今は鉄道交通の要衝として賑わっている。 [続きを読む]
  • 谷中天王寺
  • (天台宗護国山尊重院天王寺 東京都台東区谷中)  谷中霊園の一角にある寺院である。鎌倉時代後期、日蓮がこの地の領主関長耀(ながてる)の館に宿泊した際、長耀が日蓮に帰依して庵を結んだことに始まるという。当初は日蓮宗長耀山感応寺であったが、日蓮宗が法華信者... [続きを読む]
  • 入鹿池
  • (愛知県犬山市入鹿 2002年3月2日) 明治村に面する寛永十年(1633)に竣工した溜池である。五条川の途中に築かれ、灌漑(かんがい:供給)面積は1,358ha,満水面積152.1ha,貯水量,16,810,863m3,堤高7.0m,堤長120mである。 [続きを読む]
  • 徳川慶喜墓所
  • (東京都台東区谷中 都指定史跡) 谷中霊園の一角に寛永寺の墓園があり、その中に最後の将軍徳川慶喜の墓所がある。慶喜は水戸藩徳川斉昭の七男として生まれ、一橋徳川家を相続した後、徳川宗家を相続し将軍となった。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行い、明治以降... [続きを読む]
  • 城の腰
  • (愛知県宝飯郡音羽町萩字二反田 2002年3月1日) 永禄年間、作手奥平氏が萩村への足掛かりとして築いた城である。山陰川を利用した丘城であり、現在も堀、土塁、曲輪を見ることができる。 [続きを読む]
  • 旧博物館動物園駅
  • (東京都台東区上野公園) 東京藝大の前にRC造石張の小さな建物がある。昭和8年(1933)に開設された京成本線の駅の跡である。駅名は文字通り帝室(国立)博物館、恩賜上野動物園の最寄りであったことに由来するが、動物園の正門位置変更で乗降客が減少したことや、ホーム... [続きを読む]
  • 繁栄お玉稲荷大明神
  • (東京都千代田区岩本町)  現存しないが、かつては不忍池より大きい池だったというお玉が池の畔に祀られた神社である。社伝では寛正元年(1461)足利義政の祈願や文禄四年(1595)伊達政宗の参詣、また太田道灌の崇敬も篤かったという。然し、安政二年(1855)の江戸地震に... [続きを読む]
  • 人形町
  • (東京都中央区日本橋人形町) 江戸時代、この辺りは人形師が多くいたため通称で人形町と呼ばれていたのが町名の始まりという。北には椙森(すぎのもり)神社があり、平将門の乱の際、藤原秀郷が戦勝を祈願したとされ、また太田道灌が雨乞い祈願のため伏見稲荷の伍社の... [続きを読む]
  • 鑓水
  • (やりみず 愛知県宝飯郡一宮町大木字鑓水 2002年1月6日) 弘法大師(空海)が錫杖を突いて水が湧き出したという伝説のある三河三水(今水:新城市八名井、鑓水、吉水:新城市稲木)の一つである。本宮山から延びる新道台地から染み出す水は、この地に住む住民に今も深く... [続きを読む]