聖徳太子 さん プロフィール

  •  
聖徳太子さん: 新時代創造
ハンドル名聖徳太子 さん
ブログタイトル新時代創造
ブログURLhttp://soubiken.blog20.fc2.com/
サイト紹介文世界情勢を追求しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2006/10/05 23:21

聖徳太子 さんのブログ記事

  • 金正男暗殺は、弟の仕業だったのか!
  • 金正男暗殺は資産「200億円」が理由だった…返還命令に従わず 2017年2月17日  おぞましい兄殺しの裏には巨額な“秘密資金”の存在があったようだ。16日の韓国の聯合ニュースによると、金正男は4年前に処刑された叔父の故・張成沢国防副委員長から巨額の遺産を受け継いだという。  金正恩は「全額返還しろ!」と迫ったが、正男が従わなかったため激怒したというのだ。  海外を転々としていた正男は、張成沢から多額の資金援 [続きを読む]
  • トランプ大統領就任演説 日本語訳全文
  • トランプ大統領就任演説 日本語訳全文1月21日 6時12分トランプ大統領就任演説 日本語訳全文アメリカの第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。以下はトランプ新大統領の就任演説の日本語訳全文です。ロバーツ最高裁判所長官、カーター元大統領、クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ大統領、そしてアメリカ国民の皆さん、世界の皆さん、ありがとう。私たちアメリカ国民はきょう、アメリカを再建し、国民の [続きを読む]
  • 創価学会公明党が審議入りを容認したカジノ法案が衆院委可決
  • 審議約6時間で…“カジノ法案”衆院委可決日本テレビ系(NNN) 12/2(金) 18:01配信 日本でカジノの合法化を目指す「カジノ解禁法案」は委員会審議が6時間あまりにとどまる中、2日に採決され、自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。国会記者会館から青山和弘記者が伝える。  これまで賭博にあたるとして禁止されていたカジノを解禁する法案のスピード採決には、野党の反発だけでなく、与党の公明党も対応が分かれ [続きを読む]
  • 宗教団体創価学会公明党は、実はギャンブル流布が目的だった!!!
  • <公明党>カジノ法案の審議入り容認毎日新聞 10月7日(金)19時29分配信  公明党の井上義久幹事長は7日の記者会見で、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)について「議員立法は審議するのが基本だ」と述べ、今国会での審議入りを容認する姿勢を示した。カジノ法案は自民党などが昨年の通常国会に提出したが、ギャンブル依存症を誘発することへの懸念が公明党内に根強く、審議が見送られていた。  井上氏は「依 [続きを読む]
  • ヒラリークリントンが死亡?
  • ヒラリークリントンは、既に死亡しているという情報があります。http://jp.sputniknews.com/us/20160915/2777569.html  ヒラリー死亡をニュースで誤報?http://tocana.jp/2016/09/post_10919_entry.html  ヒラリーは人工肛門http://news.livedoor.com/article/detail/12034249/  ヒラリーの8つの謎安倍と並んで写っている人は、だれ?   ご声援有難うございます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 警察と機動隊による沖縄県民への集団暴行事件
  • 安倍自公政権の正体が現れました。抗議する男性を車でひき、女性の首を締めて昏倒させる…22日、安倍政権が強行した、沖縄県の東村高江周辺の米軍のヘリコプター発着場(ヘリパッド)の増設工事は、同政権の「沖縄潰し」の強硬姿勢をまざまざと見せたものだった。工事のための建設資材の運び入れを防ごうとする約200人の市民を、他県からも集められた機動隊員、約500名が襲いかかる。座り込みで抗議していた市民を力づくで排除して [続きを読む]
  • 舛添知事は、創価学会に騙されたそうです。
  • 舛添知事 周辺に「公明党に裏切られた」2016年6月15日 19時1分 日テレNEWS24  東京都の舛添知事が辞職願を提出した。舛添知事は15日午後、周辺に「与党の公明党に裏切られた」などと話していることが明らかになった。 舛添知事は周辺に対して「リオオリンピックまで何とか続けたかったが、公明党が聞かなかった。それで自民党が不信任案を引けなくなった」などと話したという。何とかリオオリンピックまで知事を続けられ [続きを読む]
  • 「STAP細胞ビジネス」がついに欧米で始まった!」そうです。
  • 「STAP細胞ビジネス」がついに欧米で始まった! 小保方潰しに没頭した日本は巨大マネーもノーベル賞も逃す羽目に? STAP細胞論文が撤回され、小保方晴子さんが芸能スキャンダルジャンルでニュースになるのが最近の日本。一方の地球の裏側ではSTAP細胞ビジネスが日本を外したうえで水面下で着々と行われているようだ。まだ断片的な情報しか伝わってこないが、少なくとも点と点がひとつの線につながる不可思議な情報がふたつある。 [続きを読む]
  • 米ハーバード大学が世界各国でSTAP細胞の特許出願
  • STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も ビジネスジャーナル 株式会社サイゾー 米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許 [続きを読む]
  • 三菱自動車は、もともと日産の参加に入る予定だったのでしょうか?
  • 三菱自株、米資産運用大手が4月に大量買い 過去半年の投資家動向 2016/5/12 11:51日本経済新聞 電子版 12日午前の東京株式市場では「日産自動車から出資を受け入れ、同社傘下で再建する」と伝わった三菱自動車の株価が急伸し、制限値幅の上限(ストップ高)水準まで気配値を切り上げている。燃費不正問題で不安視されていた経営再建にめどが立つとの見方から買いが膨らんでいる。 QUICK・ファクトセットで過去6カ月の [続きを読む]
  • 小保方さんの反撃
  • 理研に衝撃…小保方さん“反論手記”に書かれた核心部分日刊ゲンダイ / 2016年1月28日 17時16分 2014年1月の「STAP細胞」発表会見から28日でちょうど丸2年。理化学研究所の元研究員、小保方晴子さん(32)が手記「あの日」(講談社)を出版した。“リケジョの星”から転落。14年4月の釈明会見以来、公の場から姿を消していた彼女が、突然の“反撃”だ。  関係者などによると、出版を持ちかけたのは講談社サイド [続きを読む]