satnbox7 さん プロフィール

  •  
satnbox7さん: BOXING MASTER
ハンドル名satnbox7 さん
ブログタイトルBOXING MASTER
ブログURLhttp://ameblo.jp/stanbox7/
サイト紹介文ボクシング最新情報、名勝負、名選手、業界の歴史。日本一のボクシングブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供902回 / 365日(平均17.3回/週) - 参加 2006/10/06 13:08

satnbox7 さんのブログ記事

  • 元2階級王者・アダメクvs京太郎に勝・ハウモノ 「結果」
  • 24日(日本時間25日)、ポーランド、グダニスクのリングに登場した元WBC世界ライトヘビー級&元IBF世界クルーザー級王者トマス・アダメク(ポーランド)は、藤本京太郎(角海老宝石)選手に勝ってOPBFヘビー級の王座を獲得したことがあるソロモン・ハウモノ(ニュージーランド)と対戦。10回判定勝ちを収めている。スコアは100-90、99-91、99-91の3-0。 約1年2ヶ月ぶりの再起戦に勝利した40歳のアダメクは、51勝(30KO)5敗。敗れ [続きを読む]
  • 9/23 リナレスvsサリド 「浮上!」 HBOメイン
  • 9月23日(日本時間24日)にHBO放映のメインカード登場の可能性が高いと見られる、WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手の対戦相手に、オルランド・サリド(メキシコ)が浮上。サリドのショーン・ギボンズ・マネジャーは、これを否定せず、「我々はより良いオファーを受けるつもりだ」としており、今後の動向が大いに注目される。 リナレス選手が次戦で挑戦を受けるとしていた同級1位ルーク・キャンベル(英)との試合 [続きを読む]
  • ロマチェンコvsサリドvsデービス / クロフォードvsインドンゴ
  • WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、同級1位オルランド・サリド(メキシコ)のタイトルマッチは、報酬面などの条件交渉をクリア。このまま正式発表かと思われたが、時を同じくして、サリドにIBF世界同級王者ジェルボンテ・デービス(米)への挑戦話しが出て膠着状態となっている。 デービスは8月26日(日本時間27日)に米・ラスベガスで開催されるメイウェザーvsマクレガー興行に出場を予定。PP [続きを読む]
  • 7/22 ジョニゴンvs22戦無敗ロサレス &五輪銅ロドリゲス
  • 元2階級制覇王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)が7月22日(日本時間23日)にメキシコ・チワワのリングに登場。21勝(9KO)無敗1分のジェシー・クリス・ロサレス(比)と対戦。35歳のベテラン元王者が、生きの良い若手を相手にどんなボクシングを見せるのか。大いに注目。 同じリングには16年リオ五輪ミドル級銅メダリストのミサエル・ロドリゲス(メキシコ)も出場。デビッド・モスケラ(コロンビア)=16勝(14KO)9敗1分=と [続きを読む]
  • 9/16 村田諒太vsソーンダース? + フラナガンvsベルデホ
  • WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の次期防衛戦が、同級3位村田諒太(帝拳)選手を対戦候補として交渉されていることが伝えられている。ソーンダースは9月16日(日本時間17日)に、英・ロンドンのカッパー・ボックスで次戦を予定。この勝者は、同級2位デビッド・レミュー(カナダ)との対戦を義務付けられた。 村田選手をサポートするトップランクのボブ・アラムは、WBAから指令が出されたハッサン・ヌダム [続きを読む]
  • ゾラニ・テテ 「統一戦希望!」IBF新王者バーネット
  • WBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南ア)が、IBF世界同級の新王者ライアン・バーネット(英)との王座統一戦を希望。テテが契約する英プロモーター、フランク・ウォーレンは、バーネット陣営に対戦を提案したことを明らかにしている。 テテは4月に行われた同級1位アーサー・ビジャヌエバ(比)との挑戦者決定戦が、当時の王者マーロン・タパレス(比)の減量失敗、王座剥奪により暫定王座決定戦に昇格。勝ったテテは、その後す [続きを読む]
  • 無敗王者3人参戦 「優勝11億円」 スーパーシリーズ・クルーザー級
  • 優勝賞金1000万ドル(約11億1100万円)。賞金総額5000万ドル(約55億5500万円)の「世界ボクシング・スーパーシリーズ」のクルーザー級部門に、WBA世界同級正規王者ジュニエール・ドルティコス(キューバ)が参戦。既に参加を表明しているIBF世界同級王者ムラト・ガシエフ(ロシア)、WBC世界同級王者マイリス・ブリエディス(ラトビア)と、3人の無敗王者が顔を揃えることになった。 ドルティコス、21勝(20KO)。ガシエフ、24勝 [続きを読む]
  • 8/5 ロマチェンコvsサリド WBO世界Sフェザー級戦
  • WBO世界スーパーフェザー級1位にランクされるオルランド・サリド(メキシコ)のショーン・ギボンズ・マネジャーは、WBO世界同級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との再戦が、基本的に合意に達したことを示唆。試合は8月5日(日本時間6日)に、米・ロサンゼルスのステイブルズ・センターで開催。 プロ2戦目で初黒星を味わされた因縁の相手サリドへの復讐心に燃えるロマチェンコにとっては、約3年5ヶ月ぶりに借りを返すチャ [続きを読む]
  • 9/23 ホルヘ・リナレス次戦は1位キャンベル 「HBOファイト」
  • WBA世界ライト級王者で、WBC世界同級ダイヤモンド王座を保持するホルヘ・リナレス(帝拳)選手の次戦は、WBA、WBC共に1位にランクされるルーク・キャンベル(英)を相手に行われる模様。 試合は9月23日(現地時間)に行われ、開催地は未定ながらHBOが放することになる。今後の交渉に注目。 応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】 【プ [続きを読む]
  • マクドネルvsソリス 「入札!」 WBA世界バンタム級
  • WBAが今年2月に対戦を指令していた、バンタム級正規王者ジェームス・マクドネル(英)と、同級4位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)の再戦は、入札によって興行権が落札されることになった。 入札は7月3日(日本時間4日)、パナマシティのWBA本部で開催。最低入札価格は12万ドル(約1340万円)で、ファイトマネーの分配はマクドネル75%、ソリスが25%となる。 両者は昨年11月12日(日本時間13日)に、モナコ・モンテカルロで対戦。 [続きを読む]
  • 【Photo】 ウォードvsコバレフ 「完全版」 3団体統一ライトヘビー級戦
  • WBO、IBF世界ライトヘビー級、WBA世界同級スーパー王者アンドレ・ウォード(米)vs前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)。17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。 3団体立会人。左からアーロン・カイザー(IBF/米)、レンゾ・バグナリオル(WBA/ニカラグア)、WBOフランシスコ・バルカッセル(プエルトリコ)会長。  1R。 2R。 3R。 4R。 5R。 6R。 7R。 ローブローをアピールするコバ [続きを読む]
  • 9/16 WBO王者ソーンダース 「村田諒太、レミュー?」
  • WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の次期防衛戦は、英国内でも放映されることになった9月16日(日本時間17日)のゴロフキンvsカネロと同日に、英国で行われる事が発表された。 対戦相手候補には、同級2位デビッド・レミュー(カナダ)、同級3位村田諒太(帝拳)選手の名前があがっており、今後の動向が大いに注目されます 。 応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW【ミニグロー [続きを読む]
  • WBA 村田諒太1位 シュメノフ剥奪 「最新ランキング」
  • WBA最新ランキングで村田諒太(帝拳)選手がミドル級1位にランク。疑惑の判定勝ちで新正規王者となったハッサン・ヌダム・ヌジカム(仏)との再戦が期待されます。 また、王者が3人乱立していたクルーザー級で、正規王座を保持していたベイブト・シュメノフ(カザフスタン)が王座を剥奪され、暫定王者だったジュニエール・ドルティコス(キューバ)が正規王者に昇格。IBF世界同級戦で敗れているデニス・レべデフ(ロシア)のスーパ [続きを読む]
  • 井上尚弥vsニエベス HBOトリプル・Sフライ級戦
  • WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)選手の米国初戦は、9月9日(日本時間10日)に米・カリフォルニア州イングルウッドのフォーラムで開催予定のロマゴンvsシーサケット再戦興行で、WBO世界バンタム級7位のアントニオ・ニエベス(米)を相手に行われる。 ニエベスは17勝(9KO)1敗2分。今年3月に保持していたWBO北米バンタム級王座防衛戦で、ニコライ・ポタポフ(ロシア)にスプリットの判定で敗れ、初黒星を喫し [続きを読む]
  • 【Photo】 ウォードvsコバレフ 「スコアカード」 3団体統一ライトヘビー級戦
  • 17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBO、IBF世界ライトヘビー級、WBA世界同級スーパー王者アンドレ・ウォード(米)vs前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)。 約7ヶ月ぶりのダイレクトリマッチは、コバレフが積極的に攻め、ウォードは距離を取りながら、カウンターを狙った。 第8ラウンド。ウォードの右でダメージを被ったコバレフは後退。 ウォードのボディ連打で体を丸めたコバレフを見 [続きを読む]
  • ウォードvsコバレフ 「結果」 3団体統一ライトヘビー級戦
  • 17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBO、IBF世界ライトヘビー級と、WBA世界同級スーパー王座を保持するアンドレ・ウォード(米)と、前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)の約7ヶ月ぶりのダイレクトリマッチは、ウォードが8回2分29秒TKO勝ち。 試合開始から積極的に攻勢を仕掛けるコバレフに対し、ウォードは大きく距離を取る慎重な立ち上がり。王者の左に右を合わせる挑戦者。しかし、ウォ [続きを読む]
  • WBA世界Sミドル級戦 「結果」 ツォイゲvsスミス
  • 17日(日本時間18日)、独・ヴェッツラーで開催されたWBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ。正規王者タイロン・ツォイゲ(独)に同級5位ポール・スミス(英)が挑んだ一戦は、ツォイゲが12回判定勝ち。スコアはジャッジ三者が揃って119-108。 2度目の防衛に成功したツォイゲは、21勝(11KO)無敗1分。同級スーパー王者ジョージ・グローブス(英)との対戦が待たれる。3度目の世界挑戦に失敗したスミスは、38勝(22KO)7敗。 応 [続きを読む]
  • WBC メイウェザーJr vs マクレガー 「ダイヤモンドベルト承認?」
  • WBCのマウリシオ・スライマン会長は、8月26日(日本時間27日)に米・ラスベガスで対戦が決まった、フロイド・メイウェザーJr(米)と、UFCのスーパースター、コナー・マグレガー(米)の、154ポンド契約、10オンスグローブのボクシングマッチ12回戦に、WBCが認定するダイヤモンド王座が賭けられる可能性があることを示唆。 両選手のファイトマネーが、それぞれ1千万ドル(約110億円)と言われる、この世紀の一戦?を、WBCのトップ [続きを読む]
  • 7/15 セルビーvsバルロス IBF世界フェザー級戦
  • IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)と、同級1位ジョナタン・バルロス(亜)の指名戦が、7月15日(日本時間16日)に英・ロンドンのウェンブリン・アリーナで開催される、クリス・ユーバンクJr(英)vsアルツール・アブラハム(独)興行で同時開催。 IBF世界同級は2位にランクされるスコット・クイッグ(英)が、次期指名挑戦権を獲得しているが、3位のカール・フランプトン(英)も、セルビーの王座に食指を伸ばしていた。 [続きを読む]