horo さん プロフィール

  •  
horoさん: GP memos
ハンドル名horo さん
ブログタイトルGP memos
ブログURLhttp://gpblog.blog.jp/
サイト紹介文メモです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2006/10/13 08:00

horo さんのブログ記事

  • 高尿酸血症
  • Hyperuricemia高尿酸血症発作はUA <6.0mg/dlで減少。UAを低下させることで痛風発作が減少するかについてエビデンスは少ない。Shojiらの報告によると、3年後には未治療群と比較し明らかに治療群では痛風発作の再発が減少(Shoji A et al. Arthritis Rheum 2004;51... [続きを読む]
  • 亜鉛欠乏
  • ■原因薬剤性(向精神薬、抗アレルギー薬、降圧薬、抗菌薬) → Zn↓ノベルジン 25mg、50mg適応: 低Zn血症用法: 1回25〜50mgを開始用量とし、1日2回投与。最大1回50mgを1日3回。副作用: 悪心、掻痒(6.5%ずつ)、Cu欠乏注意: 投与開始前、用... [続きを読む]
  • 実用SAS生物生物統計ハンドブックを購入
  • 実用SAS生物生物統計ハンドブックを購入新版 実用SAS生物統計ハンドブック [単行本]臨床評価研究会(ACE) 基礎解析分科会サイエンティスト社2017-05-31 解析を仕事の合間にしている最近。 困ったときには詳しい人に聞くことができる環境ですが、それでも最初から、何から何まで聞いているときりがないし、ご迷惑をおかけすることにもなるので、SASの使い方が書いてある本を探していました。 「統計を知らない人のためのSAS入門」 [続きを読む]
  • 昔のシャープペンシル
  •  段ボールを整理していたら、30年ほど前のシャープペンシルが出てきました。 何かの催しの時に配られた、昔よくあった普通のシャープペンシルです。 試しに書いてみると、書き味はふつうに使えます。 この30年ほどでパソコン等電化製品はかなり進歩し変わって便利になりました。シャープペンシルはおそらく、30年前にすでに使いやすい状態だったんでしょう。 少し懐かしい感じがするシャープペンシルで、30年してようやく箱か [続きを読む]
  • 今日から使える医療統計
  •  これは初心者の私が読んでもわかりやすく、かつ初心者が理解しにくいところを理解しやすく説明してあるために、臨床研究を始めるときのとっかかりに非常に役に立ちました。統計解析についてのリテラシーを身に着けるためにとても分かりやすい本でお気に入りの1冊です。今日から使える 医療統計 [単行本]新谷 歩医学書院2015-04-20 [続きを読む]
  • 内科学会専門医試験受験票
  •  専門医を受ける人は受験票が届いてきているようです。 いくつかの会場に分かれるため、周囲のホテルは早々に予約で埋まっていきます。電車で1〜2つ離れたところには比較的空いているのでしょうが、やっぱり皆さん会場からすぐ近くのホテルをとろうとするんでしょうね。 私は会場から20分ほど歩いたところにホテルをようやく高いお金を払って見つけましたが、歩くことで少し気分転換になってかえって良かったのかもしれません。 [続きを読む]
  • 頻拍誘発性心筋症
  • TIC, tachycardia-inducedcardiomyopathy頻拍が長期間持続し、心拡大と収縮力低下が生じた病態。動物実験では高頻度ペーシング(電気刺激によって、心臓の動く回数を増加させる方法)開始後24時間以内に発生し、その後3-5週間に渡り悪化。高頻度刺激停止後には48... [続きを読む]
  • 連休中も仕事
  •  今年の連休は、遊びに、仕事に充実し日々になりそうです。 当直業務と勉強会、そして映画を見に。繁華街は人々でいっぱいのため、あまり出かけたくありませんが、苦にならない程度に外出して楽しみました。 そして、今年のゴールデンウィークは、今出ている結果で論文を書いてます。連休に入る前に、関係する論文をほぼ印刷して持ち歩きました。そして、それをもとに一気に数日で書き上げたため、これから推敲を重ねる必要があ [続きを読む]
  • 最近の臨床研究の進行具合
  •  最近は主として臨床研究をしていますが、なかなか普段から知識を持っている領域ではないため、苦労しています。 まずその研究の内容について、これまでどのような研究がなされてきて、どこまで分かっているかをはっきりしておく必要があります。論文を書くとき、遅かれ早かれこの知識は必要となってきます。 それに加えて、解析の方法について苦労しています。ソフトを使いこなすことに加えて、解析や統計のリテラシー。これは [続きを読む]
  • 論文等、いまだに上司に訂正されます
  •  論文や学会抄録を書くことがあります。 特に書いても自分の人生がどうなることはないと思いますが、貢献のためと思って。 そして、日本語でも英語でもそうですが、文章を記載すると上司にみてもらいます。以前はもちろんですが、最近でも、日本語も英語も、かなり訂正をされてしまいます。 訂正された内容を見てみると、なるほどな、とやっぱり上司だなと納得させられることが多いのが実際です。 そして、中には、文章中の、 [続きを読む]
  • 臨床研究の題材
  •  臨床研究はすでにあるデータを解析するだけのものは比較的容易に解析できますが、目新しいものはすでに過去に発表されているものが多く、なかなか新規性を開拓しなければいい結果が得られません。今から臨床研究をするとなれば、それなりの計画と熱意がなければなりませんが、それにもまして、何を研究するかという題材が大事です。 内科学会総会に参加してみると、1〜2人で臨床研究を行っている方々が発表されていて、それをみ [続きを読む]
  • 内科学会総会に初めて参加
  •  東京駅近くの国際フォーラムで開催された内科学会総会に参加してきました。 これが初めてです。 会場は何度か行ったことはありました。会場は広くて、たくさんの参加者がいました。やっぱり内科学会総会ともなれば参加する人は多いです。 一方で、ポスター会場にはポスターは思ったほど張られてなくて、それほど広くなく、また観衆も多くありませんでした。昼ご飯をもらうための行列は長かったですね。軽食でした。 普段参加 [続きを読む]
  • 失神入院患者での肺塞栓の頻度
  • イタリアからの報告。初回失神患者では、1/6人に肺塞栓があり、他に失神の原因がある場合でも、常に肺塞栓を合併していないか注意必要。特に、頻呼吸、頻脈、DVTの症状、担癌例では要注意。失神の患者では、Wells score、d-dimer評価必要。診断初回失神患者。... [続きを読む]
  • BP variabilityが心血管病に与える影響についてのmeta-analysis
  • BP variabilityが心血管病に与える影響についてのmeta-analysis 診察室の血圧変動少なくとも5回の診察室血圧の変動で評価したもの全死亡、心血管死、心血管イベント、冠動脈疾患、脳卒中に関連している 家庭血圧の血圧変動少なくとも3日で12回以上測定された血圧の変動で評価したもの全死亡に関連。 ABPMでの血圧変動少なくとも14か所での昼間の血圧の変動で評価したもの全死亡に関連(昼間の血圧)脳卒中に [続きを読む]
  • 世界のエリートが学んできた自分の考えを伝える力の授業
  • 世界のエリートが学んできた自分の考えを伝える力の授業 狩野みき 著日本実業出版社 世界のエリートが学んできた 自分の考えを「伝える力」の授業 [Kindle版]狩野みき日本実業出版社2014-06-06 会議等で自分の意見を言いにくいと思うことが多々あります。 過去の経験から、ふと一言いうことで、話題が一変してしまったりするからです。 でも、会議で意見を言うということは、会議の内容をさらに高めるために必要なことであり [続きを読む]
  • 仕事が早いのにミスしない人は、何をしているのか?
  • 仕事が早いのにミスしない人は、何をしているのか?飯野謙次 著文響社仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか? [Kindle版]飯野謙次文響社2017-02-03普段ミスをすることは多々ありますので、それを少しでも減らす、なくすためにはどうしたらいいか日ごろ工夫を重ねてきたところでしたので、読んでみました。ミスをしないように気を付けるではなくて、ミスをしないような仕組み・体制を作ることが大切失敗を次に生かすこ [続きを読む]
  • 統計解析ソフト
  • エクセルRSPSSSAS  結局、多少使いにくいにしても信頼性を最優先に考慮すれば、SAS。解析ソフトについて文句をつけようがない。強固。高い。SPSSは、 操作のため使用しやすい、信頼性はSASの方が高いかもしれない。高い。 一方で、Rは新進気鋭で進化し続け、無料で善意に基づく解析ソフト。善意に基づくものだけに信頼性・責任の所在を考慮すると、また強固の面からもSASの方が優先される。  日常生活や [続きを読む]