青山ミメオ さん プロフィール

  •  
青山ミメオさん: 夢見食堂?夢見荘亭主の簡単ゴハン
ハンドル名青山ミメオ さん
ブログタイトル夢見食堂?夢見荘亭主の簡単ゴハン
ブログURLhttp://mimeo.blog.jp/
サイト紹介文シェフ(主夫)ミメオの料理は簡単、早い、なのにびっくりするくらい美味しい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2006/10/14 03:30

青山ミメオ さんのブログ記事

  • サイゴン・ラーメン
  • 最近あちこちで見かける「サイゴン・ラーメン」。どんな味なのか、試しに買ってみました。いわゆる「袋麺」で、小鍋に水を入れて湧かして、麺と粉末スープを入れて3分間火を入れ、最後に粉末のパクチーを加える、昔はこうだったなあと思い起こさせる作り方。適度にコシのある麺と、サッパリし過ぎずコッテリし過ぎない独特の風味のスープが、軽く炙ったさつま揚げとたっぷりの香菜ともよく合って、懐かしくもヒジョーに美味しい即 [続きを読む]
  • 白菜と長芋とネギのグラタン
  • 白菜の旬がそろそろ過ぎてしまいそうだからその前に白菜グラタンを作ろうということになって、それなら同じ白色系の長芋とネギと、ついでに豆腐も入れてみることに。あとは、鳥むね肉としいたけ。作り方はいつものグラタンと同じで、食べやすい大きさに切ったすべての具材を軽く炒めて(白菜には軽く小麦粉をはたきました)、顆粒コンソメと塩コショウで下味をつけてから、ホワイトソースと豆乳(ホワイトソースとほぼ同量)と水切 [続きを読む]
  • 鴨肉のせ稲庭うどん
  • 秋田味商の稲庭うどん(塩味)なるものをもらったので作ってみることにしたのだけれど、なぜか鴨ロースと合わせると美味しい気がして、鴨のロース肉を買ってきてネギと一緒に焼いて、それはそれで柚子胡椒をつけて美味しく食べて、「稲庭うどん」にもレモンスライスと一緒にのせてみました。うどんの作り方は、麺を茹でて添付の「塩スープ」をお湯で薄めてかけるだけで、超簡単。このやや濃いめの塩味が、予想通りというか予想以上 [続きを読む]
  • トマト・クリームシチュー
  • 先日、ミメイが「これ美味しいかも」と持ってきたレシピ。通常のクリーム・シチューに、カゴメの「濃厚あらごしトマト」なるものを加えて「トマト・クリームシチュー」にするというもので、どうやら新商品の販促のためのレシピらしい。まあ物は試しにと、作ってみました玉ネギ、じゃがいも、人参を水から煮て、ほぼ火が入ったら鳥むね肉と長芋(長芋は今ウチのブームなんです)を加え、コンソメキューブで下味をつけて、軽く塩コシ [続きを読む]
  • 鮭の和風ムニエル
  • 最近よく見かける脂の乗った美味しそうな生鮭。ウチでは生鮭をムニエルやグラタンといった「洋」の料理にすることが多いのだけれど、この日は大根おろしと一緒に「和」で食べてみることに。生鮭に塩を振りしばらく置いてから水気をよく拭き、小麦粉を軽くつけ、フライパンで中〜弱火でじっくり両面を焼きました。付け合わせはししとう。大根下ろしを貝割れ、ミョウガ、レモンスライスと混ぜた薬味と一緒に、柚子ポン酢をかけて食べ [続きを読む]
  • お取り寄せふぐ三昧
  • 前回「バレンタインにかこつけて自分の食べたいものをネットで買ったというのが本当のところではないか」と書いた「ふぐ」。ミメイ本人に質してみたら、即座に「そのとお〜〜り」と返ってきました。やっぱりそうだった。でも、僕にとっても大好物。ウレシカッタです。ということで、今回は、ミメイが山口県下関市の関とらというお店から取り寄せた「ふぐ」の料理あれこれを。先ずは、「てっさ」から(二人でこの贅沢な量はめったに [続きを読む]
  • 季節外れの松茸ご飯
  • 先日、保存用の缶詰やらレトルト食品やらを置いてある我が家の棚に、見覚えのない「松茸ご飯の素」(金沢浅田屋)があるのを発見。どうやら少し前にどこかのスーパーで見つけて、これは美味しいかもと思って買ってきてそこに置いたまま失念していたものらしい。賞味期限がギリギリだったので、季節外れながら即作ってみました。「洗って水を切ったお米(2合)を炊飯器に入れて「素」を加えて炊くだけ」なので、調理は超簡単(と言 [続きを読む]
  • 雑煮風鍋
  • ここ数年、正月三が日を東京で過ごしているので、新年の我が家の定番「焼き穴子入りの雑煮」を食べる回数が少なくなっている。そのせいか今年も何となく物足りない気分のまま1月が過ぎていく感じだったから、雑煮の材料を入れた「雑煮風鍋」を作ってもう一度正月気分を味わおうということに。鶏ガラスープに塩と味醂と醤油少々でやや薄めの味付けをして、そこにいつもの雑煮の具材の鶏むね肉、焼き穴子、かまぼこ、下茹でした大根 [続きを読む]
  • カツ煮
  • 今回は「カツ煮」です。なぜか時々無性に食べたくなるカツ丼。でも、丼にしてしまうとそれだけでお腹がいっぱいになって他の料理をあまり食べられなくなるので、ウチではもっぱらお米抜きの「カツ煮」にしています。材料は、ヒレとロース二種類のトンカツと、ネギ、三ツ葉、卵。出汁は簡便にめんつゆを使いました。フライパンで斜め切りにしたネギを軽く炒めて、めんつゆ(煮物用と同じか、やや濃いめ)を加えてクツクツしてきたら [続きを読む]
  • たっぷりレモンのポークソテー
  • 今回はポークソテーです。スライスしたレモンをこれでもかというほどたっぷり載せて焼きました。筋切りをして強めに塩コショウしたテキカツ用豚肉の片面を中火でしっかり焼いたら裏返し、上にレモンスライス(2個分)をたっぷり並べてフタをして弱火でじっくり。豚肉に中まで火が通ったら取り出して、一口大に切って皿に並べ、一緒に焼いたレモンを上に載せれば出来上がりです(付け合わせはソテーした長芋)。レモンの酸味が滲み [続きを読む]
  • いか飯になれなかったいか
  • 駅前にあるデパートの北海道展で森町マルモ食品の「いか飯になれなかったいか」なるものを発見して、ネーミングの面白さに即購入。「いか飯」ならぬ「いかのまぜご飯」を作ってみることにしました。大きすぎたり小さすぎたりしていか飯に使えない身やゲソを「いか飯用のタレ」で煮込んだ商品だそうで、袋から出すとこんな↑感じ。これを少し小さく切ってからレンジでチンして、針生姜と一緒に炊きたてのご飯と混ぜ合わせ、器に盛っ [続きを読む]
  • 新年最初の家ゴハン
  • あけましておめでとうございます。本年が、皆さまにとって穏やかな佳い年でありますように。さて、新年をミメイママと一緒に東京で過ごして我が家に帰ってきた日の晩ご飯。何しろ洋っぽいものが食べたくて、でも自分たちで作るのはメンドーということで、駅近くのいくつかの店で買ってきたのが、オードブルセットとローストビーフサラダ。このローストビーフ、味も香りも良くて美味でありました。コールスローとチキンナゲット。あ [続きを読む]
  • 点心味噌ラーメン
  • 水餃子やらワンタンやらの中華点心と野菜を入れる「点心なべ」はウチの定番なべの一つで、先日も作ったのだけれど、ミメイが「味噌ラーメンが食べたい」と何度か言っていたのを思い出して、途中から合体させてみることにしました。スープには、味の素の鍋キューブ「鶏だし・うま塩」を使用。具材は、鳥むね肉、水餃子、海老ワンタン、薄揚げ、キャベツ、白菜、人参、ネギ、もやし、しいたけと小松菜。これはこれでホカホカ温まる美 [続きを読む]
  • サツマイモ入りフライパンすき焼き
  • 今回は、すき焼きです。一般的にすき焼きは、食卓に鍋をセットして、肉や野菜を砂糖と醤油、或いは割り下で味をつけながら焼いて(煮て?)食べて、また焼いてというのが普通だと思うし、ウチでもずっとそうしていたのだけれど、今は、予め中華鍋のように大きくて深いフライパンで全部作っておいて、そのフライパンをそのまま食卓に運んで食べるというやり方(どうしてそうなったかについては、9年前にアップした「フライパンすき [続きを読む]
  • おでん2016
  • 前回のトマト鍋のスープの作り方にもいろいろと変遷がありましたが、今回のおでんのつゆもしかり。何度か試行錯誤を重ねた結果の、今のところの我が家での一番のお気に入りは、ヒガシマルの「うどんスープ」2〜3袋(1袋につき水250mlが基準なのだけれど、ウチでは水を多めに入れてやや薄味にします)で作った出汁に、紀文の出汁入り「おでん」を出汁ごと加え、そこにおでん種を順に入れてクツクツ火を通して、その間に味を深 [続きを読む]
  • トマト鍋最新バージョン
  • これまでスープの作り方を何度も変えて試行錯誤を繰り返してきた我が家の「トマト鍋」。その最新バージョンは、モランボンの「Bistro Dish 完熟トマト鍋スープ」なるものに(1袋750gだけでは足りないので)、ほぼ同量のコンソメスープとカットトマト1缶を加え、塩コショウで味を調整したもの。これが、濃過ぎず薄過ぎず、香りが良くてまろやかで、同じくモランボンの「ミルフィーユ鍋用スープ」と並んで目下我が家の「お気に入 [続きを読む]
  • すし太郎の五目ちらし
  • スーパーマーケットで永谷園の「すし太郎の五目ちらし」なるものを見つけて買ってみました。2袋入りで、1袋でご飯1.5合、ということだったので、2袋3合で作ってみることに。調理といっても、この「五目ちらし」には細かく切って味付けされたレンコン、人参、干ぴょう、たけのこ、しいたけが入っているので、温かいご飯と合わせるだけ。さすがに永谷園の簡単さ(ただし、煮汁がかなり入っているので少なめのご飯に全部合わせるとと [続きを読む]
  • かぶと白菜とサツマイモのクリームシチュー
  • 相変わらず野菜の高値が続いておりますが、比較的安定した値段で買いやすい野菜を使ってシチューを作ってみました。先ず、深めの鍋に水を張り、一口大に切った鳥むね肉とかぶ、サツマイモ、長芋を入れて、アクを取りながら弱火で火を入れ、半ば火が通ったら白菜を加え、顆粒コンソメと日本酒、塩コショウで軽く下味をつけてから、クリームシチューのルー(半箱)と豆乳を加え、コトコト煮込めば出来上がり。調理はシンプルなんです [続きを読む]
  • 豚肉と白菜のグラタン
  • 今回はグラタンです。ウチのグラタンは鳥肉と玉ネギとマッシュルームというのが基本で、時にゴーヤや豆腐を入れることがあるのだけれど、この日はなぜか「豚肉と白菜」という組み合わせが頭に浮かんで、今までやったことがないからどんな味になるか不安だったものの、まあとりあえず作ってみようということに。ひと口大に切った豚ロース(250gくらい)と白菜(1/4カットの半分強、小麦粉をまぶしました)を塩コショウ少々で軽く炒 [続きを読む]
  • 麻婆そうめん
  • 今回は、前日に残ったそうめん(半田そうめん)をどう変化させようかとアレコレ考えて思い付いた料理。といっても、麻婆茄子をそうめんにかけるだけの超簡単料理です。豚ひき肉(150gくらい)と、そうめんと一緒に食べやすいように小さく切った茄子(2個)を炒めて軽く塩コショウ。新宿中村屋のレトルトの「麻婆豆腐」1袋(前回がカレーで今回が麻婆とレトルト続きになってしまいましたが)と鶏ガラスープ(100mlくらい)を入 [続きを読む]
  • レトルトカレー味くらべ
  • 最近レトルトカレーの種類が増えていて、スーパーで見かけるとどうも気になる。箱の写真を見るとどれも良さそうに見えるのだけれど、本当に美味しいのか、どのブランドが一番なのか。何はともあれいくつか食べて確かめて見ようと、たくさん並んでいるのでどれにするか迷いつつ、とりあえず目を引いた4種類を買ってきました。一つめが、エスビー食品の「カレー曜日中辛」。具が大きくて、しかもかなりの量が入っていて、ルーは辛過 [続きを読む]
  • 三色重
  • 先日、神戸に住むミメオ姉が僕の昔からの好物である芦屋軒の牛肉の佃煮を送ってくれました。もちろんそのまま食べても美味しいのだけれど、ひと工夫してみたくなって思い出したのが、中学高校の時代にミメオ母が時々作ってくれた三色弁当。その牛や鳥のそぼろの代わりにこの佃煮を載せてお重にしてみようかと。この佃煮、牛肉の一枚一枚が大きくて厚みがあるので少し小さく切ってご飯の上に載せて、その隣に砂糖と塩で軽く味付けを [続きを読む]
  • ロールキャベツ
  • 今回は、秋冬にピッタリのメニュー「ロールキャベツ」です。以前、お肉屋さんにロールキャベツを買いに行ったらどこにもなくて、結局冷凍品を使ったらそれが予想外に美味しかったものだから(ロールキャベツ2011年1月)、それ以来ウチでは冷凍ものを使うのが定番になりました。その冷凍のロールキャベツと小口に切ったベーコンを鍋に入れて、カットトマト缶と白ワイン少々を加え、顆粒コンソメと塩コショウで軽く味付けをしてから [続きを読む]
  • ツナ豆腐
  • 今回は、我が家の「簡単レパートリー」の中でもトップクラスの超簡単料理、「ツナ豆腐」です。ツナ缶の水気を切ってボウルに移し、たっぷりのレモン汁、塩と黒コショウ少々、ケイパー少量を加えて混ぜてから、スライスしてお皿に並べた島豆腐(普通の絹ごしを水切りしてもOK)の上にのせ、冷凍レモンを摺り下ろすだけ(冷凍レモンの代わりに皮ごと細かく切った生レモンでも良いかと)。これに黒酢たまねぎドレッシングをかけると、 [続きを読む]
  • 秋鮭のちゃんちゃん焼き
  • 今回は「ちゃんちゃん焼き」です。以前、やろうと思ったら手頃な大きさの生鮭が見つからなくてやむなく豚の味噌漬けを使ったことがあって、それはそれで美味しかったのだけれど、やはり「正統派ちゃんちゃん焼き」を作ってみたいと思っていて、先日、手頃な大きさで美味しそうな秋鮭を見つけたので、買ってきてやってみることに。ミメイは、ホットプレートからはみ出しそうな半身まるごと、なんて妄想をしていたようですが、この辺 [続きを読む]