龍之介 さん プロフィール

  •  
龍之介さん: キャリステニクス・ヨガトレーニング
ハンドル名龍之介 さん
ブログタイトルキャリステニクス・ヨガトレーニング
ブログURLhttp://60ashtanga-yoga.blogspot.jp/
サイト紹介文ヨガの難易度の高いポーズをキャリステニクス(自重トレーニング)に取り入れています。
自由文子どもの頃から柔道をはじめとする格闘技、体操、水泳競技に親しんできました。 ヨガ歴41年のヴィーガンです。本年62歳。 ヨガの倒立系、アームバランス系を中心としたキャリステニクス(自重トレーニング)を日課としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2006/10/30 17:40

龍之介 さんのブログ記事

  • 「エーカパーダバカーサナ」
  • 久々にエーカパーダバカーサナをやってみました。床の上で、この角度でやっていると、時々バランスをくずして前方に傾き、額が床についてしまいますが、この場所でそれやると、額が切れてしまいます。岩は、場所によってナイフのように鋭い場所があるので、こういうバランス系をやるときは、絶対に自信があって、しかも20%くらい余裕を残していないと、怖いことになります。このポーズ、カラスのポーズから片足を持ち上げますが [続きを読む]
  • 「倒立歩行」
  • 「倒立歩行」 from 井手宏幸 on Vimeo.倒立練習がマンネリ化したら、倒立歩行をやると良い。と昔聞いたような覚えがあって、久々に倒立歩行の練習をやってみました。倒立歩行は進行方向へのバランスに気持ちが行ってしまいますが、意外と左右にバランスを崩すことが多く、常に足が開かないようにします。膝は基本的に曲げない。身体はできるだけ真っ直ぐ。もちろん、サソリのポーズのような姿勢でも安定はしますが、前進、後退、 [続きを読む]
  • 「命」
  • https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/misuzu?utm_term=.ajyDn8DPk#.ruR7Gm7AK歳を重ねるにつれ、敏感になってくるのは、「命」。朝焼小焼だ大漁だ大羽鰮(いわし)の大漁だ。浜はまつりのようだけど海のなかでは何万の鰮(いわし)のとむらいするだろう。大漁「金子みすゞ童謡全集」より命の儚さ、大切さ、人間の業、自分の中にある、それらの葛藤を、金子みすゞの「詩」ほど、慰めてくれるものはない。金子みすゞの詩集がアメ [続きを読む]
  • 「マイソール」
  • 今日もプレスハンドスタンド(しんぴ倒立) from 井手宏幸 on Vimeo.本日の動画も、本題とは関係ありません。動画は本日の練習、春を感じさせる穏やかな午後でした。インスタグラムで、アシュタンガヨガ、レベル1指導員のIさんが、ほぼ毎日マイソール便りをアップされています。プロの私が観ても、なかなかセンスと味のある写真で、毎日楽しみにしています。私はマイソールの練習内容のことはよく知りませんが、ほぼ一日ヨガ漬け [続きを読む]
  • 「先に進むときには何かを捨てる」
  • 今日もプレスハンドスタンド(しんぴ倒立) from 井手宏幸 on Vimeo.すみません。動画と本題は関係ありません。動画は、本日昼の練習です。「先に進むときには何かを捨てる」仏陀の格言にも同じものがあります。何か、新しいものが入ってくるためには、過去の何かを切り捨てないと、そのスペースができないと思います。スペースがないと入って来ない。スペースがないのに受け入れると、こぼれ落ちる。自分は今、経済的に余裕があ [続きを読む]
  • 「マユーラーサナ」mayurasana
  • 今日は岩場での練習が中途半端だったので、帰宅してストーブ焚いて部屋暖かくして、練習第二部。これは、ヨガのマユーラーサナという有名なポーズ。確か、日本では孔雀のポーズと言います。床の上だと、バランスがシビアです。手を床に乗っけるだけだと不安定なので、掴んでみたら、ぐっと安定しました。岩の上と違って、こけても平気なので、気楽です。しかし、気楽で気が緩むのか、なかなか安定しない。床の上は木刀で、岩の上は [続きを読む]
  • 「グラウンディングとアーシング」
  • 今日もプレスハンドスタンド(しんぴ倒立) from 井手宏幸 on Vimeo.現在のように、人間が、電磁波に囲まれて生活していると、身体の中に静電気が蓄積されてくるそうです。極端な例が冬、ドアのノブに触れたとたんに、パシっという放電が起きる現象。このような特殊な状況は、人類が地球上に登場して、たかだか数十年程度の間に起こったことで、人間にとっては極めて不自然なことだと思います。この帯電した身体から放電すること [続きを読む]
  • 「岩の上のハンドスタンド」
  • 今日もプレスハンドスタンド from 井手宏幸 on Vimeo.本日、快晴で、気温も15度近くまで上がり、今年最高の練習日よりでした。いつもは平坦なウッドデッキの上でハンドスタンドの練習をしていますが、本日は、久々に岩場でやってみました。岩場は、畳四分の一から一畳程度の大きさの岩が重なりあっていて間が数センチくらい空いているので、失敗は許されません。必ず足はスタートの位置に軟着陸しないと足を踏み外してケガをす [続きを読む]
  • 「改めて呼吸の重要性を認識しました」
  • 季節風が吹かないと、なんとか海ヨガができるような気候になってきました。気温が5度前後でも、無風だと、全く平気なのですが、季節風があると、気温15度でも寒く感じます。2月後半、スランプを脱出しつつある気配がありましたが、先日と本日で、おそらくスランプ期が終わったと確信しました。何より、身体が軽いし、バランス感覚のシャープさが戻ってきました。身体がふわふわ浮く感じです。スランプはバイオリズム的なところ [続きを読む]
  • インフルエンザの真相
  • ランニング後ハンドスタンド from 井手宏幸 on Vimeo.題目と動画は関係ありません。動画は先日天気がよかったので、久々に走った後に、海辺のウッドデッキで倒立練習をやったときのものです。最近、走るときにiPhoneと超小型の三脚をリュックにしのばせていて、気が向いたら、それで動画を撮っています。最近インフルエンザのことで気になる記事がありました。ある会社でインフルエンザの予防接種を受けた社員が大勢インフルエン [続きを読む]
  • 「久々のアームバランス」
  • 早朝に行うプラナヤマとベーシックなアーサナを日課にして、午後時間を見つけて、倒立かアームバランスを筋トレとしてやっています。この、アームバランスも、マユーラーサナに似ていますが、ちょっと違います。ただ、呼吸と、意識の集中は、ヨガと同じにやっているので、自分では、これも、ヨガのアーサナだと思っています。このアーサナの理想は、身体が床と平行になること。それには、身体をより前方に持っていくために、腕をも [続きを読む]
  • 「炎の呼吸法カパラバディ」
  • 午前中の練習 from 井手宏幸 on Vimeo.午前中は身体が起きていない。という固定観念というか先入観があったので、大学時代以来、午前中の練習というのは、避けてきました。本日いつものように5時に起きたのですが、ふと思い立って、筋トレ、ストレッチ、ヨガの基本的なアーサナ、呼吸法を1時間半ほどこなして、いつものようにプレスハンドスタンドを21回やってみました。午前中ということと、筋トレ後ということで、きっと身 [続きを読む]
  • 「新体操のストレッチ」
  • Instagramで新体操の選手やバレリーナのフレンドが増えて、彼女らのストレッチの様子を目にすることが多くなりました。古典的な決まったストレッチもありますが、各々工夫してバリエーションでやっているものもあります。やはり、ロシアとウクライナの選手たちは、一工夫してやっているという印象ですが、その中で、自分にもできるものを拝借してやっています。上は、手の平を天に向けるもの。手は脱力してだら〜んとしますが、こ [続きを読む]
  • 「カラスのポーズから倒立へのシーケンス」
  • バカーサナからハンドスタンド(倒立)へのシーケンス from 井手宏幸 on Vimeo.本日、何気なくFBを見ていたら、FBフレンドの武道家、遠山先生がアップされた中国拳法のムービーが目に飛び込んできました。その中の、演武者のなだらかな円の動きから、電光石火の突きという直線運動へのシーケンスがとても新鮮な驚きで、何度も何度も繰り返し見ていました。ヨガもスポーツも身体の動きは円運動と直線運動の組み合わせです。これは [続きを読む]
  • 「ひとに教えることは自分に教えること」
  • 今日もプレスハンドスタンド(しんぴ倒立) from 井手宏幸 on Vimeo.「人に教えることは自分に教えること」今日も、スランプ克服を目指してプレスハンドスタンドの練習。今朝、カナダのInstagramフレンドがアップしていた、開脚タイプの「プレスハンドスタンド」(伸肘倒立)の動画。彼女、あと一歩のところで苦労していたので、その動画を何度も見て、「このタイミングでこうした方がいいと思うよ」みたいなアドバイスを書き込み [続きを読む]
  • 「続・ヨガは宗教です」
  • 2000年頃、我が家に知り合いの日本人女性がアメリカ人女性の友人を連れてやってきました。その女性が、私のことを、「この方はずっとヨガをやっている方よ」と紹介すると、そのアメリカ人女性もヨガをやっているらしく、「どんなヨガですか?」と聞いてきました。私はネパール系の仏教ヨガです。と答えると、「ヨガにはアシュタンガヨガとかビクラムヨガ、アイアンガーヨガとかあるはずよ。どのヨガ」と結構頑固に質問してきま [続きを読む]
  • 「気持ちの良い午後でした」
  • ランニングのち倒立 from 井手宏幸 on Vimeo.本日午後、無風で暖かかったので、ランニングしました。約6km走ったあとに倒立。久々のアウトドア・トレーニングで最高の気分でした。室内の緊張した雰囲気の中でのトレーニングも良いですが、広大な自然空間の中での開放感、例えようがないほど気持ち良いです。季節風が本格的に吹き出すと、しばらくお休みです。本格的なアウトドア練習は4月に入ってからでしょうか。それまでは [続きを読む]
  • 「ぶら下がり健康器」
  • 「ぶら下がり健康器」を買いました。もちろんアマゾンで。やること(腹筋トレーニング)が決まっていたので、なるべく安く、ということで約8,000円の商品を購入しました。組み立てると、完成形がちょっといびつで不安になりましたが、私くらいの体重では、ぶら下がって身体を揺らしてもびくともしません。こういうときも、私のような小型軽量な身体は便利です。ぶら下がり健康器を買った人の多くが、その場所をとる性格上、奥さん [続きを読む]
  • 「今日もしつこくプレスハンドスタンド」
  • Pike Press Handstand from 井手宏幸 on Vimeo.コツを掴みかけた時は、たたみかけるように練習した方が一気にコツを体得できます。コツを掴みかけるまでは、人によってはこつこつと長い練習が必要だったりしますが、あるとき、ふっと、上達が加速したときは、思い切って、しつこく練習すると、技術が身につくのが早いと思っています。本日は、足がきれいに伸びましたが、肩の戻りが遅いです。先日は、肩の戻りは自然だったのです [続きを読む]
  • 「嬉しい進歩」
  • 000 from 井手宏幸 on Vimeo.パイク・プレス・ハンドスタンドです。足をリフトするときに、腕を傾けますが、そのままだと、足が上がったときに、バランスが崩れ、前方に転倒してしまいます。ですから、リフトするにつれて、肩を、手首の上の位置まで戻します。これが、名人だと自然にすっと戻るのですが、自分はまだまだ未熟。しかし、?日21回練習している効果が出たのか、本日は、自然にすっと戻りました。しかし、倒立が完成 [続きを読む]
  • 「久々のカラスのポーズ」
  • カラスのポーズ(バカーサナ) from 井手宏幸 on Vimeo.有名なカラスのポーズ。久々に練習しました。確か、最初にトライしたときは、肘の上に膝を乗っけていました。慣れてきたら、二の腕の裏に押し付ける。または、膝で二の腕を挟む。という感じでした。脇のくぼみに膝を押し付けると、足先をぐっと上にもって来れて、絵になりますが、腕をできるだけ直線に伸ばして、膝を引き付けるタイプが究極のカラスのポーズだと思います。 [続きを読む]
  • 「小指がポイント」
  • マユーラーサナ・バリエーション from 井手宏幸 on Vimeo.以前、手首は鍛えて強くすることができない部位だ。と書きましたが、しっかりと、バーや床を掴むことによって弱い手首をロックすることができます。その「掴むとき」、もっともキモになるのが小指です。空手家は、意識して小指から折りたたむようにして拳を作ります。小指を意識しないで、親指、人差し指、中指で作った拳は弱く、手首もぐらぐらです。逆に小指から中指を [続きを読む]
  • 「今日はハイです。笑」
  • Press to handstand しんぴ倒立練習 from 井手宏幸 on Vimeo.先日と同じような光景になりました。笑。本日は朝4時起で、東京の知人の医者のクリニックで年に一度の健康診断。胃カメラの結果、「こんなきれいな胃は久々に観た」という知人の言葉に気を良くして、寝不足、血液は摂られる、食事もろくに食べていないのにとてもハイな一日でした。人間は寝不足で疲れていたり、空腹になると、生存本能が働き、身体の活動が活発化する [続きを読む]
  • 「プレスハンドスタンド20連発」
  • プレスハンドスタンド練習 from 井手宏幸 on Vimeo.本日は、朝4時から8時まで、家で、Macに向かって、動画の編集制作の仕事でした。朝の時間は邪魔が入らず値千金。本来一日はかかる内容の仕事でしたが、4時間で終了。短時間でまあまあの稼ぎになるので、こんな仕事がもっと来ると楽なのですが。なかなか来ない。笑仕事のはかどり具合を見ると、朝の4時間は日中の8時間に相当しそうな感じがします。で、ちょっと仮眠して、昼 [続きを読む]
  • 「バンダの役目」
  • Straight legs press handstand(しんぴ倒立)01 from 井手宏幸 on Vimeo.バンダを締めるということは、それ自体に、身体全体を固定させる要素はないと思っています。バンダを効果的に活かすには、あくまで、上半身と下半身のインナー・マッスル、アウター・マッスルの強さが前提で、それらの強さを繋ぎ合わせて、ひとつの形にするのがバンダなのだと思います。本日二度目のストレート・レグズのプレスハンドスタンドの練習をやっ [続きを読む]