龍之介 さん プロフィール

  •  
龍之介さん: キャリステニクス・ヨガトレーニング
ハンドル名龍之介 さん
ブログタイトルキャリステニクス・ヨガトレーニング
ブログURLhttp://60ashtanga-yoga.blogspot.jp/
サイト紹介文ヨガの難易度の高いポーズをキャリステニクス(自重トレーニング)に取り入れています。
自由文子どもの頃から柔道をはじめとする格闘技、体操、水泳競技に親しんできました。 ヨガ歴41年のヴィーガンです。本年62歳。 ヨガの倒立系、アームバランス系を中心としたキャリステニクス(自重トレーニング)を日課としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2006/10/30 17:40

龍之介 さんのブログ記事

  • 「朝練」
  • 「朝練」 from 井手宏幸 on Vimeo.以前は、朝は身体が硬い、動かない。という先入観がありましたが、朝、少し走って身体を温めると、結構、限界までストレッチをしても平気になり、身体も良く動くようになりました。それで、朝4時起床で、5時頃から海岸で練習しています。というより、遊んでいる。という感覚の方が当たっていると思います。ヨガでは、ハードなアシュタンガヨガのシーケンスでも、バランスは前後左右でとる場合 [続きを読む]
  • 「シグナル」
  • 「シグナル」社会生活を続けていると、「もうこれはダメだ。この仕事、人間関係は続けられない。違うんじゃないか」などと心の底から啓示のようなものが湧いてくることがあります。特にヨーガに真剣に向かっている方に、そのような感覚が鋭くなって、思いっきり人生の進路を転換するような方が多かったように思います。私は、本来のヨーガは、現在の資本主義社会の生活に上手く活かすことはできないと考えています。今まで何度もブ [続きを読む]
  • 「メディカルヨーガ」
  • 「メディカルヨーガ」 ”医学的側面から見た、病と不調を予防・治療する最高のヨーガ” ガイアブックス 定価(本体4,800円+消費税)著者:クリスチャン・ラルセン、テーダ・ファン・レッセン、エヴァ・フォルステンレヒナー監修:木村慧心 この新刊本を読む機会を提供していただき、ざっと目を通してみました。専門的で緻密な説明が多いので、最初は読み進めるのに難儀しましたが、的を絞って「前屈」のところを繰り [続きを読む]
  • 「21回歌うこと」
  • ヴァジュラ・サットヴァ・マントラという有名な仏教のマントラがあります。サンスクリット語とチベット語のマントラが有名です。日本の真言宗にも漢訳したものがあります。ちょっと長いマントラでゆっくり唱えると一分ほどかかりますが、とても詩的で、チベット仏教のメロディに乗せて歌うと牧歌的な雰囲気に、思わず和んでしまいます。本来、詩やマントラや仏典や聖書の一節はメロディに乗せて歌うものです。棒読みすることは稀で [続きを読む]
  • 「睡眠の質」
  • プレス・ハンドスタンド しんぴ倒立 from 井手宏幸 on Vimeo.おはようございます。最近は午後10時就寝、午前4時起き。という生活パターンで動いています。今朝も4時起き。家でヨガの呼吸法と基本ポーズをやった後に海岸ランニング4km。富士山が見えたので(動画右隅)、富士山バックに逆転やりました。(ボリュームオンにすると波の音が聴けます)。それからまた、2km走って帰宅して食事済ませても、まだ午前7時。得した気分 [続きを読む]
  • 「ヴァラナシィ」
  • Varanasi // Beyond Life from Aeyaz on Vimeo.最近、Vimeoにアップされたショート・ドキュメンタリフィルム。インドにあるヒンドゥー教の聖地ヴァラナシィを撮ったもの。とても映像が美しく、フォトグラファーの哲学的な映像観が出ています。以前、ヴァラナシィはベナレスと言っていました。まだ大英帝国のインド支配の影響が残っていた頃は、都市名は大体英語表記でした。コルカタもカルカッタでした。この映像の中に何人かのサ [続きを読む]
  • 「世界的なブームか?」
  • 「ハンドスタンド・倒立・handstand」 from 井手宏幸 on Vimeo.日の出が早くなったことと、朝方、風が吹かずにおだやかなこともあって、今まで夕方に行っていたヨガ&トレーニングを早朝にシフトしました。約4km走って、海岸で簡単なバランス系のヨガのポーズと、倒立系の練習終了後、調息を兼ねてプラナヤマと瞑想。その後、2km走って帰宅というパターンになりました。早朝はやはり気持ち良いです。寝ている間に身体に溜まった老 [続きを読む]
  • 「自家製酵母パン」
  • グルテン不耐症で普通の小麦のパンを食べると、いろんな症状がでて、小麦製品は避けていましたが、スペルト小麦という古代麦が入手できたので、パンを焼いてみました。この小麦は紀元前から品種改良されていません。結構ひどいアレルギーの人も平気だというのでパンを焼いてみました。現在小麦アレルギーやグルテン不耐症が増えているのは、小麦の品種改良のせいです。それがないので平気なのではないか。と一縷の望みを持って作っ [続きを読む]
  • 「酵素玄米」
  • アシュタンガヨガ・レベル1指導員のIさんが美味しそうに食べていた酵素玄米に触発され、自分も作ってみました。圧力釜で炊いた玄米を保温ジャーで約3日間寝かして発酵させた酵素玄米です。発酵のおかげで、玄米のエグさや本来の味とは別物になっています。聞きしに勝る美味。珍味。もちっとした食感と自然の甘み。ごはんというより、発酵食品。栄養価は言うまでもありません。いただきます。 [続きを読む]
  • 「98歳のヨガ・インストラクター」
  • 以下、リンクです。http://www.bbc.com/news/world-asia-39673489?SThisFB98歳のおばあちゃん。実はヨガ・インストラクター。タミル・ナードゥ州(南インド)にお住まいで、子供の頃、祖父母たちが農作業を終えて帰宅してヨガをやっている環境に育ち、自然にヨガの世界に入ったそうだ。医者にかかったことはないそうで、彼女のヨガ教室の生徒にお医者さんがいるのが面白い。穏やかな中にも厳しさのあるいい目をしている。彼女が [続きを読む]
  • 「最もベーシックな倒立方法」
  • 「最もベーシックな倒立方法」 from 井手宏幸 on Vimeo.ヨガでは、最初にハンドスタンド(倒立)を教えるときに、まず手をついて、それから足を跳ね上げる方法を教えることが多いと思います。しかし、足を跳ね上げる方法より、このように立ち位置から、ゆっくりと手を付いて、手首を軸に、なだらかに重心を移動する方法の方が、きれいに、腕の骨格の上に重心が移動し、楽です。何より疲れません。先日、ヨガ友が、動画投稿で、足 [続きを読む]
  • 「アーシングと倒立ターン・歩行」
  • 「アーシング・倒立ターンと歩行」 from 井手宏幸 on Vimeo.本日は午後から荒れるとのこと、午前中は曇りでしたが、なんとか穏やかな天気だったので、海岸にアーシングとグラウンディングにでかけました。日頃電磁波に囲まれる生活をしていると、身体が帯電します。極端な帯電は、ドアのノブを触ったときに、パシッっと放電するあれです。調べてみたら、砂浜は塩分も含んでいるので、アーシング(放電)には最適。しばらく素足で [続きを読む]
  • 「倒立ターン」
  • 「倒立ターン」 from 井手宏幸 on Vimeo.倒立したままターンをする練習です。静止倒立からターンをします。歩行倒立からそのままターンするパターンもあります。今週から練習開始しました。これも約50年ぶり。この場合、左手を時計方向に90度ターンさせ、次に右手も90度ターンさせます。これを2度続けると180度ターンになります。左手は前方方向への動き、右手は後方への引き手のような動きになります。右手の動きは倒 [続きを読む]
  • 「アームバランスはキツい」
  • エーカパーダバカーサナや、マユーラーサナのようなアームバランスは、キツい。特に足を伸ばして揃える形が一番キツい。写真は、ベントアームプランシェ。マユーラーサナのバリエーションとも言えるが、肘の上には身体を乗せないタイプのプランシェだ。ただ、身体を岩の上に持ち上げるまでは、片肘を支点にして、その後、はずして両肘で身体を挟むようにする。これは、両足を開くと、一気に楽になる。筋力的にもバランス的にも難易 [続きを読む]
  • 「牛を食べると殺されるインド」
  • http://www.bbc.com/news/world-asia-india-39511556#本日のBBCから引用。インドはヒンドゥー教の国です。イスラム教徒も居ますが、キリスト教徒とともにマイノリティーです。仏教徒に至っては全人口の10%以下。そのヒンドゥー教では、牛は聖なる生き物です。州によっては牛を屠殺しただけで終身刑。最近、インド政府は動物の革製品の輸入を一切禁じました。これだけだと、ヴィーガンの自分にとっては嬉しい事ですが、暴走すると怖 [続きを読む]
  • 「倒立で食べているひとたち」
  • いつもは、早朝のプラナヤマとマントラの約1時間の練習が私の本来のヨガの時間です。午後、時間があるとランニング数キロとハンドスタンド(倒立)、アームバランスの練習を海岸でやっていますが、これは、どちらかと言うと、クロスフィットネスの世界です。私がずっと続けている本来のヨーガとは分けて考えています。こういう写真をInstagramに、様々なタグを付けてアップすると、自動的にそのタグのページの人気投票にランクさ [続きを読む]
  • 「集中力の途切れ」
  • 「集中力の途切れはすぐにミスに繋がる」 from 井手宏幸 on Vimeo.動画は先日の歩行倒立の練習です。iPhoneを三脚にセットしていますが、ここから、ここまではiPhoneカメラに写る。という、大体の目安を頭に入れて、歩行を開始します。動画を見ると、倒立歩行を開始して、右隅に来たところで、歩行がストップしています。これは、「この辺までカメラに写っているから、そろそろ歩行を中断しても良いだろう」と思った瞬間です。そ [続きを読む]
  • 「ストレッチ」
  • 本日は雨、気温も低く、気圧も低めなのでストレッチしました。前屈系、開脚系は、普段生活でも使うし、スポーツや武道のストレッチでも日常的に行っていたので、今でも、なんとか開きますが、やはり、苦手なのは後屈系。寒い間は、年齢を考えて無理な後屈は控えていましたが、気温が高くなったら、カポターサナ再開しようと思っています。左右前後の開脚柔軟は、倒立系やアームバランスの微妙なバランスをとるのに、必須です。しっ [続きを読む]
  • 「マユーラーサナ・リベンジ!」
  • ヨガではマユーラーサナ、体操ではベントアームプランシェというポーズです。身体をできるだけ一直線に伸ばし、顔は上げて、なおかつ床と平行に近くもっていくのは至難の技。見てくれは30度、45度と角度がついている方が派手で、難しそうに見えますが、これは平行に近い方が大変です。平行になっても、足をV字に開くと重心が手に近くなるので、楽になります。そして、かかとを直角に曲げる方もいますが、曲げたら楽ちんですが [続きを読む]
  • 「エーカパーダバカーサナ」
  • 久々にエーカパーダバカーサナをやってみました。床の上で、この角度でやっていると、気の緩みからか、時々バランスをくずして前方に傾き、額が床についてしまいますが、この場所でそれやると、額が切れてしまいます。岩は、場所によってナイフのように鋭いので、こういうバランス系をやるときは、絶対に自信があって、しかも20%くらい余裕を残していないと、怖いことになります。このポーズ、カラスのポーズから片足を持ち上げ [続きを読む]
  • 「倒立歩行」
  • 「倒立歩行」 from 井手宏幸 on Vimeo.倒立練習がマンネリ化したら、倒立歩行をやると良い。と昔聞いたような覚えがあって、久々に倒立歩行の練習をやってみました。倒立歩行は進行方向へのバランスに気持ちが行ってしまいますが、意外と左右にバランスを崩すことが多く、常に足が開かないようにします。膝は基本的に曲げない。身体はできるだけ真っ直ぐ。もちろん、サソリのポーズのような姿勢でも安定はしますが、前進、後退、 [続きを読む]
  • 「命」
  • https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/misuzu?utm_term=.ajyDn8DPk#.ruR7Gm7AK歳を重ねるにつれ、敏感になってくるのは、「命」。朝焼小焼だ大漁だ大羽鰮(いわし)の大漁だ。浜はまつりのようだけど海のなかでは何万の鰮(いわし)のとむらいするだろう。大漁「金子みすゞ童謡全集」より命の儚さ、大切さ、人間の業、自分の中にある、それらの葛藤を、金子みすゞの「詩」ほど、慰めてくれるものはない。金子みすゞの詩集がアメ [続きを読む]
  • 「マイソール」
  • 今日もプレスハンドスタンド(しんぴ倒立) from 井手宏幸 on Vimeo.本日の動画も、本題とは関係ありません。動画は本日の練習、春を感じさせる穏やかな午後でした。インスタグラムで、アシュタンガヨガ、レベル1指導員のIさんが、ほぼ毎日マイソール便りをアップされています。プロの私が観ても、なかなかセンスと味のある写真で、毎日楽しみにしています。私はマイソールの練習内容のことはよく知りませんが、ほぼ一日ヨガ漬け [続きを読む]
  • 「先に進むときには何かを捨てる」
  • 今日もプレスハンドスタンド(しんぴ倒立) from 井手宏幸 on Vimeo.すみません。動画と本題は関係ありません。動画は、本日昼の練習です。「先に進むときには何かを捨てる」仏陀の格言にも同じものがあります。何か、新しいものが入ってくるためには、過去の何かを切り捨てないと、そのスペースができないと思います。スペースがないと入って来ない。スペースがないのに受け入れると、こぼれ落ちる。自分は今、経済的に余裕があ [続きを読む]
  • 「マユーラーサナ」mayurasana
  • 今日は岩場での練習が中途半端だったので、帰宅してストーブ焚いて部屋暖かくして、練習第二部。これは、ヨガのマユーラーサナという有名なポーズ。確か、日本では孔雀のポーズと言います。床の上だと、バランスがシビアです。手を床に乗っけるだけだと不安定なので、掴んでみたら、ぐっと安定しました。岩の上と違って、こけても平気なので、気楽です。しかし、気楽で気が緩むのか、なかなか安定しない。床の上は木刀で、岩の上は [続きを読む]