七瀬 さん プロフィール

  •  
七瀬さん: 13月の迷宮
ハンドル名七瀬 さん
ブログタイトル13月の迷宮
ブログURLhttp://labyrinthundecimber.blog80.fc2.com/
サイト紹介文漫画(ジャンプ・刃牙等)感想やゲームプレイ日記です。ゲームはXBox360が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供405回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2006/11/01 18:16

七瀬 さんのブログ記事

  • ■9月17日(日)/雑文
  • ■Period 36/GTASC 2017 ピリオド36終了。チームポメラチェフ生存。 チーム戦のついでぐらいに毎年考えていた個人戦、今年はやたらキツい。心穏やかにピリオドを越えたいと思いアケアカを使ったというのに結局土壇場までハラハラさせられっぱなしであったよ。 今週のコンプゲーは「The Sexy Brutale」「The Assembly」「Demon's Crystals」「Snoopy's Grand Adventure」「ACA NEOGEO THE KING OF FIGHTERS '94」。5本もコ [続きを読む]
  • ■週刊少年ジャンプ感想 42号/2017年
  • ■ONE PIECE 未来予知への対抗策、尾田先生のアンサーが楽しみ。 ■約束のネバーランド おっさんがあんなに節約してきたのに豪快に使っていて心配になった。でも作中でここで暮らせるレベルで贅沢出来てるみたいなんだよなあ。拘束を解いたおっさんは脅威に成り得るのだろうか。もう凄いしょぼキャラになっちゃった感あるんだけど。 ■Dr.STONE これは幸せになって欲しいな。金狼か銀狼、優勝後裏方の科学パワーを持ち上げ [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 42号/2017年
  • ■ヒマワリ 神楽で阿吽のパートナーだった胡清春が広島から上京してアイドルグループの一員になっているのを知る日向連。そこまでが連載第一話。結構強烈な画風のアイマスが始まった。久留間兄弟もアイドルになるのかね。 ■刃牙道 花山、生き延びた模様。バスタブ一杯ほどの輸血、1000針治療など紅葉も手こずった発言がある中、どうにか生存した様子。モツがはみ出て砂まみれになりでもしなきゃ死なないか。外伝あるし死ねな [続きを読む]
  • ■「Demon's Crystals」(1000/1000G)/シューティング
  • 全方向シューティング。4キャラいるけど性能は同じ。 敵を一定数倒す、あるいはクリスタルを一定数取得するのがクリア条件。ウェーブ形式になっているステージも多い(1ウェーブ目は敵n体撃破、2ウェーブ目はクリスタルn個取得など)。 各難易度クリアの実績があるが、ノーマルで一通り終えた後、最終面だけ難易度変更してクリアすれば上位難易度の実績も解除出来る。 さほど難しくないゲームであるが、ラスボスだけ個人的に [続きを読む]
  • ■「The Assembly」(1000/1000G)/アドベンチャー
  • 一人称視点のアドベンチャーゲーム。偶数章は男が施設を探索し、奇数章は女が何かのトレーニング(いわゆるパズル)を受ける。ストーリーはさっぱり分からん。 収集物や要所で特殊行動をする実績がある。最初はテキストを参考に進めていたが、途中から動画に切り替えた。 個人的に最初よく分からなかったのが、7章Outbreakでの「Coughs and sneezes」なる実績。数ターン(4ターン?)赤ゲージがどこも上限に達さないようにすれ [続きを読む]
  • ■「The Sexy Brutale」(1000/1000G)/アドベンチャー
  • 館に招待された客の死を、時間を巻き戻して解決していく。チュートリアル的な最初の客の場合、銃殺される→事前に銃から弾を抜いておく、こんな感じ。 まともにプレイすればすごく面白そうな作品であるが、動画トレスで片付けてしまったよ。 ■The Sexy Brutale Walkthrough ストーリー関連。いきなり死の原因を取り除きに行ってるので、どういう死に方をしているかは何となく察するのみ。 ■The Sexy Brutale Collectibl [続きを読む]
  • ■週刊少年ジャンプ感想 41号/2017年
  • ■ロボレーザービーム 勝つのか。巻頭カラー回で勝利で決めるとか、作者きっちり仕上げてきてて上手いな。 にしても東北国際今後どうなってしまうの。ロボと戦ったヤツはともかく、他の連中みんながっつり負けちゃっているし。パワーアップして大会で再戦するのか、噛ませ街道まっしぐらになるのか。追う王者も良いと思うので、前者希望。 ■約束のネバーランド おっさん、たった一週でここまで弱体化してしまうのか。勝手に [続きを読む]
  • ■9月10日(日)/雑文
  • ■Period 35/GTASC 2017 ピリオド35終了。チームポメラチェフ生存。 個人戦が6000TAあっても脱落という馬鹿げた状況になっている。チームメンバーの内二人が個人戦死ぬかと思いながらラスト眺めていたよ。48位まで残れる中、47・48位で通過しておる。 今週のコンプゲーは「Blue Rider」と「Adventures of Pip」。前者はやたらTAスコアも高く、コンプ出来る気がしていなかったのに最終的には出来た。予定外コンプ。「これも [続きを読む]
  • ■御影瑛路「空ろの箱と零のマリア 2」/電撃文庫
  • シリーズ2冊目。あのラストからどう繋げるのかと思っていたが、Oというラスボスがあちこちにばら撒く「箱」の特殊ルールと戦っていく感じになるのかな? 毎回新ルール&その突破というゲームになりそう。面白い。 とっつきやすい導入だった。『多重人格みたいなもんだろうか?』と読者がイメージしやすいトコロから入ってて、前作よりもシンプル。 犯人に関しては特にひねりの無い正体なんだが、恐らくそこは重要じゃないんだろ [続きを読む]
  • ■入間人間「電波女と青春男 7」/電撃文庫
  • 妄想という形でマルチエンディングを描く。短編集っぽい様相。前巻が最終回みたいなノリだったからなあ。じゃあ次はエンディングでしょう。 ヒロインとの個別エンドがどれもどことなく完全な幸せを感じさせない。今の関係がある意味ベストとも言える形になっているからなあ、作中人物も、読者の自分も。コメディで男女関係に大きな進展があるとこれまで築いてきたものが崩れるので博打。が、この未来は妄想なので許される。上手い [続きを読む]
  • ■「Adventures of Pip」(1000/1000G)/アクション
  • サイドビューのアクションゲーム。操作キャラは能力の異なる3形態があり、それらを切り替えつつゴールを目指す内容。全5ワールド、ステージは各ワールドそれぞれ8・8・8・8・4の計36面。 捕虜的に捕らわれている国民が各ステージに3人ずついる。それが収集系で実績コンプを目指す際のメイン。また、「全強化アイテム購入」「体力底上げハート全3回購入」実績もあり、これらはゲーム内通貨を溜めて購入する。 一通りクリアして [続きを読む]
  • ■ダン・シモンズ「サマー・オブ・ナイト」(上・下)/扶桑社ミステリー
  • 小さな町に威容を誇ってきた学校オールド・セントラルが、長い歴史を閉じ取り壊されることになった。終業式の日、教室を抜け出したタビーはトイレの壁に穴を見つけ入り込む。奥にはぼんやりした光。誘われるように彼は光の方に近づいていった……微かな悲鳴に生徒たちは不審を抱くが、教師らは取り合おうとしなかった。その日以来消息をたったタビーを自分たちで見つけ出そうと遊び仲間は相談する。それは夏休みの格好の冒険となる [続きを読む]
  • ■夢枕獏「獅子の門 4」/光文社
  • 久我重明の出番が多い4巻。あとがきによると板垣版餓狼伝へのゲストキャラとして久我の出演を打診された頃のようで、その勢いもあってか久我重明がこんなに活躍した模様。小説餓狼伝では強敵とされているブラジリアン柔術も久我の前ではあっさりと陥落。ルール等無い、壊す/殺す技で戦う久我には柔術も脅威ではない。 少年勢の中ではあまり目立っていなかった武智完が掘り下げられる。寺に居候しているからか、何か飄々とした雰囲 [続きを読む]
  • ■「Blue Rider」(1000/1000G)/シューティング
  • とっつきの悪かったシューティング。当初は買ったのを後悔した。プロジェクトルートを更に面白くなくしたような第一印象だった。一通り最後まで見て終了にするかと無理矢理プレイしていたら何故かハマる。4面越えた辺りでショットも強化されて面白くなった。序盤の狙い撃ち必須のしょぼいショットがとにかくツラい。 使いやすい武器は、メインウエポンが赤、ミサイルが緑。赤を強化してワイドになっても、真ん中のショットが強 [続きを読む]
  • ■週刊少年ジャンプ感想 40号/2017年
  • ■Dr.STONE 千空にとっても電気は感無量なのか。皆知ってるあのエジソンにたどり着いたワケだしな、まあ満面の笑みも致し方ない。 あさぎりゲンの薄っぺらさは本命の嘘を隠す為にやってるように思えてきた。 ■ONE PIECE ペルの罪は重い。 ■火ノ丸相撲 第一部学生相撲編完。良い作品であった(終わってないけど)。標準的な漫画では是とされてない思想をも時に丁寧に是とするように描いている。初めてこういうタイプの漫 [続きを読む]
  • ■9月3日(日)/雑文
  • ■Period 34/GTASC 2017 ピリオド34終了。チームポメラチェフ生存。 個人戦がどんどん厳しくなってきている。今日の午前の段階では楽勝で通過と思ってた。ぽろさんのツイッター掘ってたりしてた。2010年に「講義」「テスト」だのツイートしているのを発見して、『7年前には大学生? ぽろさん平成生まれかも?』とか考えるぐらい余裕綽々だったのに、22時前にはボーナス使う羽目に。 今週のコンプゲーは「Her Majesty's SPI [続きを読む]
  • ■「バッカーノ!」(全13話)/アニメ
  • 原作の内、大きく二つのエピソードをシャッフルさせながら展開させているらしく、観始めて暫く混乱する。が、わけが分からないのに序盤から惹き込まれる作品であった。群像劇で場面転換も多い上に時代もシャッフルされるので、とにかく最初は取っ掛かりになるものが無い。なのに楽しかった。 エピソード二つ分で、それぞれのラストが存在、つまり全てが一つに繋がるという感動は無かったが、観ている最中はひたすらのめり込まされ [続きを読む]
  • ■夢枕獏「陰陽師」/文春文庫
  • 「玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること」「梔子の女」「黒川主」「蟇」「鬼のみちゆき」「白比丘尼」、以上6編収録。 シリーズ一冊目。安定していなくて逆に面白い。まず、一編一編そこそこの分量があるってのが今となっては新鮮。結構本筋と無関係な寄り道に尺割いている話もある。導入も毎回凝ってるしな。 一話目に相当する「玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること」がやはり興味深い。晴明初登場回だけあって、キャラがま [続きを読む]
  • ■8月まとめ/100冊読書/2017年
  • ■2017年8月/読書 047:夢枕獏「獅子の門 2」(光文社文庫)08/05読了 048:御影瑛路「僕らはどこにも開かない」(電撃文庫)08/05読了 049:入間人間「電波女と青春男 6」(電撃文庫)08/11読了 050:夢枕獏「陰陽師 醍醐ノ巻」(文春文庫)08/12読了 051:師走トオル「僕と彼女のゲーム戦争 6」(電撃文庫)08/13読了 052:松枝蔵人「パンゲア 3」(角川スニーカー文庫)08/20読了 053:夢枕獏「獅子の門 3」(光 [続きを読む]