菅沼天虎 さん プロフィール

  •  
菅沼天虎さん: 菅沼天虎の紙屑談義
ハンドル名菅沼天虎 さん
ブログタイトル菅沼天虎の紙屑談義
ブログURLhttp://ameblo.jp/suganuma-tenko/
サイト紹介文交通機関を利用する為の切符に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/11/02 01:13

菅沼天虎 さんのブログ記事

  • 大船から (鎌倉)→江ノ電線110円区間
  • 昭和57年3月に東海道本線大船駅で発行されました、「大船から (鎌倉)→江ノ電線110円区間」の常備片道乗車券です。 東京印刷調製の券となります。 鎌倉接続の江ノ島電鉄線への連絡乗車券で、社線名の表記は「江ノ島線」では無く「江ノ電線」となりますが、昭和56年9月1日に「江ノ島電鉄」に社名が変更される以前の「江ノ島鎌倉観光」の時代から、国鉄線発の金額式の連絡乗車券では、通称の「江ノ電線 [続きを読む]
  • 阪急友の会会員用 能勢妙見回遊券
  • 廃札券と思われますが、「阪急友の会会員用 能勢妙見回遊券」です。 阪急電車の駅から、能勢電鉄、京都交通、妙見ケーブル、妙見リフトを経由して妙見山までの往復券で、利用交通機関ごとに往復の券片が連続されており、阪急電車の乗降駅は特に指定されていないようで、阪急電車の何れの駅でも乗降可能であったものと思われます。 最左端の最終券片部分です。 地紋は社章の [続きを読む]
  • 余市駅発行 北海4号 特急券(乗継)
  • 昭和60年7月に、函館本線余市駅で発行されました「北海4号」の特急券で、乗継割引用の常備券となります。 札幌印刷調製の券となります。 乗車駅の「余市」は印刷となっておりますが、余市から本州の特急・急行列車との乗継割引が適用される下車駅は「函館」だけであったにもかかわらず、下車駅は記入式で「函館」のゴム印が押印されています。 この券が発行された約1年4ヶ月後、昭和61年11月1日 [続きを読む]
  • 荒川→京成線50円区間ゆき 小児専用券
  • 昭和51年に京成電鉄押上線荒川駅で発行されました、「荒川→京成線50円区間ゆき」の乗車券で、小児専用券となります。 JPR/てつどう青地紋券となります。 「荒川駅」は平成6年4月1日に現在の「八広」と駅名が改称されますが、改称以前は墨田区所在であるのに、荒川区所在の駅と勘違いされる事もあったとか?それにしてももう駅名改称から20年以上が経つんですねぇ・・・月日の流れるのは早いもので [続きを読む]
  • 栗原鉄道 岩ヶ崎から 東京都区内ゆき
  • 昭和31年に栗原電鉄の岩ヶ崎駅で発行されました、「岩ヶ崎から 東京都区内ゆき」の乗車券です。 JNR/こくてつ赤地紋券で、券の調製を国鉄に委託し、仙台印刷場で調製された券と推察されます。 最下段左側の社名は「栗原鉄道」と記載されておりますが、「栗原鉄道」は昭和30年11月29日に社名を「栗原電鉄」に改称しており、この券は社名改称から約2ヶ月後の発行となりますので、旧社名表記の券を継続 [続きを読む]
  • 阿波赤石駅 自由席特急券 徳島→100kmまで
  • 牟岐線の阿波赤石駅の乗車券簡易委託発売所で発行されました、「徳島→100kmまで」の自由席特急券です。 JRS赤地紋券となります。 発行箇所は記入式で「阿波赤石駅発行」では無く管理駅の「徳島駅発行」となっており、乗車駅名も記入式となりますが、予め「徳島」のゴム印が押印されており、徳島以外の乗車駅発となる自由席特急券の発行は出来ません。 このような様式の常備軟券の自由席特急券は、 [続きを読む]
  • 上信電鉄 高崎精算所発行 定期券 回数券 購入乗車票
  • 発行日の記載がありませんので、正確な発行時期は不明ですが、上信電鉄高崎精算所発の「定期券 回数券 購入乗車票」です。 無地紋のA型券となります。 有効区間は「南高崎→高崎→南高崎」となり、南高崎から高崎までの往復乗車となりますが、「南高崎駅下車の際集札箱に入れて下さい」の記載がありますので、この乗車票は恐らく南高崎駅が無人化された昭和63年5月1日以降に設備され、南高崎から無札で高崎 [続きを読む]
  • 蘆屋→六甲道 矢印式乗車券
  • 昭和31年に東海道本線芦屋駅で発行されました、「蘆屋→六甲道」の矢印式乗車券です。 大阪印刷調製の券となります。 区間表記、発行箇所、小児断片の「芦屋」の表記に、全て「芦」の旧字体の「蘆」の活字が用いられておりますが、かつて旧字体の活字が用いられていた「発」、「売」、「当」、「駅」などは、全て新字体の活字となっています。 発行日付の下側には横線が印字されておりますが、これは収受 [続きを読む]
  • 加越能電車・バス共通定期券
  • 昭和60年に加越能鉄道の高岡(営)で発行されました、「高岡駅前⇔荻布」の加越能電車・バス共通定期券です。 「加越能鉄道」は「富山地方鉄道」の子会社となるため、富山地方鉄道と同じとなる独特の地紋が印刷されておりますが、この券は地紋の目が細かいものとなっています。 当時の「加越能鉄道高岡軌道線」と「加越能鉄道バス」の双方に、共通で利用できる定期券で、区間表記の中央には共通を現す[共]が赤文 [続きを読む]
  • 日立駅発行 常磐伊豆号 急行券 指定席券
  • 昭和47年4月に常磐線日立駅で発行されました、「常磐伊豆号」の急行券 指定席券です。 東京印刷調製の券で、列車名はペン書きとなります。 急行「常磐伊豆号」は、平〜伊豆急下田・修善寺間に運転された臨時急行で、昭和47年春季の運転の際には、伊豆急行線内と伊豆箱根鉄道駿豆線内は普通列車として運転され、急行区間は国鉄線内のみでしたが、例え社線区間を含めて全区間が急行列車として運転されたとして [続きを読む]
  • 湘南モノレール 特別補充券
  • 湘南モノレール大船駅発行の特別補充券です。 湘南モノレールは補充券類の趣味発行にはハードルの高い会社でしたが、大船駅で特別補充券の趣味発行に応じて戴ける!との情報を耳にいたしまして、現地を訪問して大船駅の定期券発売所で恐る恐る伺ってみますと、2つ返事で発行して戴けました。 JPR/てつどう緑地紋券となります。 領収額記入欄部分の拡大です。 「領 [続きを読む]
  • 石狩月形から 美唄 準常備式片道乗車券
  • 廃札券となりますが、札沼線の石狩月形駅発行の「石狩月形から 美唄」の準常備式片道乗車券です。 札幌印刷調製の券となります。 着駅は函館本線下り方向の苗穂、白石、江別、岩見沢、美唄の5駅となりますが、このうち岩見沢については、現在のように石狩月形駅から路線バスが運行されておりましたので、遠回りとなる上に乗換が伴う札幌回りで向かう旅客は、余り多くは無かったものと思われます。 [続きを読む]
  • 名古屋鉄道 岡崎公園前駅発行 精算切符
  • 日付の記載がありませんので発行時期は不明ですが、名古屋鉄道の岡崎公園前駅発行の精算切符です。 なごやてつどう黄地紋券となります。 金額は「110円」と印刷され、恐らくは運賃を精算した際に、不足する運賃分の金額の精算切符が発行されたのでは無いか?と考えられますが、岡崎公園前駅は昭和46年に無人化されておりますので、この精算切符は花火大会開催時などの多客時に発行されていた可能性が高いも [続きを読む]
  • B自由席特急券 乗継 陸奥市川→150kmまで
  • 昭和58年に東北本線陸奥市川駅で発行されました、「陸奥市川→150kmまで」のB自由席特急券で、乗継割引用の常備券となります。 仙台印刷調製の券となります。 乗車駅は記入式となっておりますが、当時の陸奥市川に停車する特急「はつかり号」は上下とも1本だけでしたので、この券のように発行駅の「陸奥市川」乗車で発売された枚数よりも、特急「はつかり号」の全列車が停車する、隣駅の「八戸」乗車で発 [続きを読む]
  • 高知から 大阪市内ゆき 異級乗車券
  • 昭和43年に土讃本線高知駅で発行されました、「高知から 大阪市内ゆき」の異級乗車券の常備券です。 高松印刷調製の券となります。 「異級」を表す「異」の赤文字が券面中央と小児断片に記載され、「宇野〜大阪市内間2等」の記載がありますので、この乗車券は高知〜高松間と高松〜宇野間は1等、宇野〜大阪市内間は2等を利用する乗車券となります。 小児断片にも「宇野〜大阪市内間2等」を表す(宇・大 [続きを読む]
  • 紀州鉄道 紀伊御坊から 下ノ関 準常備式片道乗車券
  • 廃札券となりますが、紀州鉄道の紀伊御坊駅発行の「 紀伊御坊から 下ノ関」の準常備式片道乗車券です。 TTD/てつどう/TETUDO青地紋券となります。 着駅は、神戸、姫路、岡山、広島、下関となりますが、紀州鉄道線と国鉄線の接続駅の御坊から広島までは、営業キロが400kmを超えるにもかかわらず「広島市内」と表記されておらず、最下段の着駅の「下ノ関」は「ノ」の文字が余計で、こちらは明らか [続きを読む]
  • 秩父鉄道 ソシオ流通センター駅 開業〜2 補充券類
  • 秩父鉄道の「ソシオ流通センター駅」の2回目で、 今回は補充券類をご紹介いたします。 秩父鉄道の各駅には、補充片道券、補充往復券、特別補充券の設備があり、通常は趣味発券は断られる事が多いのですが、今回は開業初日のご祝儀?か、趣味発券が可能でした。 補充片道券です。 JPR/てつどう青地紋券で、現在の秩父鉄道に設備されている補充片道券は、発駅の印刷されていない、いわゆる記補片が殆どで [続きを読む]
  • 東京駅 普通入場券 名古屋印刷券
  • 昭和62年に東海道新幹線東京駅で発行されました普通入場券です。 名古屋印刷調製の券となります。 昨日4月1日で、国鉄からJRとなって30周年を迎えました。分割民営化で東京駅に発着していた路線は、在来線がJR東日本、東海道新幹線がJR東海となり、同一の駅に異なる旅客会社の路線が発着する事になりました。 国鉄時代、東京駅で発売されていた硬券は、全て東京印刷で調製されていた券でしたが [続きを読む]
  • 浪江←[桃内]→小高 矢印式乗車券
  • 昭和48年に常磐線桃内駅で発行されました、「浪江←[桃内]→小高」の矢印式乗車券で、入場券代用として発行されています。 東京印刷調製の券となります。 この乗車券の区間である浪江〜桃内〜小高間が、福島第一原子力発電所事故による避難指示が3月31日に解除され、本日4月1日から約6年半振りに運転を再開いたしました。 これで常磐線の不通区間は竜田〜浪江間に短縮されましたが、本年10 [続きを読む]