菅沼天虎 さん プロフィール

  •  
菅沼天虎さん: 菅沼天虎の紙屑談義
ハンドル名菅沼天虎 さん
ブログタイトル菅沼天虎の紙屑談義
ブログURLhttp://ameblo.jp/suganuma-tenko/
サイト紹介文交通機関を利用する為の切符に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/11/02 01:13

菅沼天虎 さんのブログ記事

  • [大垣]→樽見鉄道会社線 190円区間 自動券売機券
  • 東海道本線大垣駅の自動券売機で発行されました、「[大垣]→樽見鉄道会社線 190円区間」の乗車券です。 JRC地紋券となります。 JR東海が管理する自動券売機で発売された券で、様式はJR券に準じておりますが、路線名が「樽見鉄道会社線」となり、「東海会社線」の表記よりも記載位置が上に寄っていて、発駅[大垣]の枠囲みの上まで掛かっています。 JR東日本が管理する自動券売機で発行される社線区間単独の乗車券で [続きを読む]
  • 幕張本郷→津田沼 補充片道乗車券
  • 昭和57年に総武本線幕張本郷駅で発行されました、「幕張本郷→津田沼」の補充片道乗車券です。 東京印刷調製の券となります。 当時の補充片道乗車券は、券面左上に発行箇所を管轄する鉄道管理局の略号が、○囲みで記載されるのが普通でしたが、この券は本来ならば幕張本郷駅を管轄する、「千葉鉄道管理局」の略号の「○千」が記載されるべきところ、全く記載がありません。 [続きを読む]
  • 練馬駅発行 (西武鉄道) 西武秩父→池袋 矢印式乗車券
  • 昭和61年に西武鉄道池袋線の練馬駅で発行されました、「西武秩父→池袋」の矢印式乗車券です。 せいぶてつどう緑地紋券となります。 区間表記の下に「 月 日から有効」と有効開始日の記載欄が設けられ、その左側には(急)の記号が記載されておりますので、この券は特急券と同時に発行する復路用の乗車券と推察され、往路用となる「池袋→西武秩父」の乗車券も、この券とは別に設備されていたものと考えられます。 [続きを読む]
  • 急行券・グリーン券 高山→名古屋
  • 昭和52年10月に高山本線高山駅で発行されました、「高山→名古屋」の急行券・グリーン券です。 名古屋印刷調製の券となります。 区間の「高山→名古屋」は印刷となっており、列車名は記入式で記載が漏れてしまっておりますが、発車時刻が(1時45分発車)と記載されておりますので、列車名は当時金沢発名古屋ゆきの夜行急行であった「のりくら7号」となります。 [続きを読む]
  • 蒲原鉄道 ○社 五泉から ○社 加茂 準常備式片道乗車券
  • 昭和57年に蒲原鉄道の「○社」五泉駅で発行されました、「○社 五泉から ○社 加茂」の準常備式片道乗車券です。 TTD/てつどう/TETUDO青地紋券で、原型はA型券と推察されます。 蒲原鉄道は社線内の準常備式乗車券の設備が多かった会社で、区間によっては常備券と準常備券の両方の設備がありました。また、五泉駅は国鉄とは別に蒲原鉄道の駅舎があり、出改札口が設けられておりましたが、ここで発行された券の発 [続きを読む]
  • 矢上から 大阪市内ゆき
  • 昭和60年に国鉄バス江津線の矢上駅で発行されました、「矢上から 大阪市内ゆき」の常備片道乗車券です。 広島印刷調製の券となります。 経由表記は「大朝・広島・山陽本線経由」で、矢上〜石見中野を江津線、石見中野〜大朝を川本線、大朝〜広島を広浜線を経由し、広島から山陽本線に接続する乗車券で、当時は矢上から広島へ直通するバスも運行されており、矢上〜広島の所要時間は3時間程で、広島から山陽新幹線を利用すれば [続きを読む]
  • (東武鉄道) 北千住から 新三河島/青砥 ゆき
  • 昭和44年8月に東武鉄道伊勢崎線北千住駅で発行されました、「北千住から 新三河島/青砥 ゆき」の乗車券です。 TRC/とぶてつ青地紋券となります。 牛田・京成関屋接続の京成電鉄線への連絡乗車券で、接続駅の京成関屋から「新三河島」は京成上野方向、「青砥」は逆の京成成田方向の着駅で、この券は一般式の乗車券ながら、接続駅からの方向が逆になる着駅が併記されている事になります。 東武鉄道線から、牛田・京成関 [続きを読む]
  • 福岡市交通局 博多から [姪浜]→九州会社線160円区間
  • 福岡市交通局空港線博多駅の自動券売機で発行されました、「博多から [姪浜]→九州会社線160円区間」のJR線連絡乗車券です。 ふくおかしこうつうきょく黄地紋券となります。 JRの旅客連絡運輸取扱基準規程別表の「福岡市交通局高速鉄道線」の駅名を見ますと、「博多」は「地下鉄博多」となっておりますが、この券はJR連絡乗車券であるにもかかわらず、「地下鉄」の記載は無く「博多から」となっています。 同じ自 [続きを読む]
  • 武蔵高萩⇔上野 相互式乗車券
  • 昭和48年に川越線武蔵高萩駅で発行されました、「武蔵高萩⇔上野」の相互式乗車券です。 東京印刷調製の券となります。 経由表記は「東上線経由」となり、この乗車券は川越〜池袋間で東武鉄道東上線を経由する、通過連絡乗車券となります。 当時、武蔵高萩から国鉄線だけで上野へ向かった場合、大宮・東北本線経由でも高麗川・昭島・中央本線経由でも、東京駅までの営業キロが50キロを越えますので「東京山手線内」の適用と [続きを読む]
  • 中軽井沢駅発行 軽井沢号 乗車整理券
  • 昭和50年8月に信越本線中軽井沢駅で発行されました、「軽井沢号」の乗車整理券です。 新潟印刷調製の券となります。 繁忙期に発売されていた乗車整理券で、まだ当時は常備硬券の乗車整理券も存在いたしましたが、この券は軟券となっており、券番の記載方と下部のミシン目から察するに、冊子式の券であったものと推察されます。 当時の「軽井沢号」は季節運転の普通急行列車で、高崎〜上野間は「ゆけむり号」と併結運転され、 [続きを読む]
  • 泉崎から 宇都宮ゆき
  • 昭和57年に東北本線泉崎駅で発行されました、「泉崎から 宇都宮ゆき」の常備片道乗車券です。 仙台印刷調製のA型赤地紋券となります。 当時、着駅の宇都宮駅を管轄する東京印刷場では、A型赤地紋券で一般式となる常備片道乗車券は、地下鉄線などの社線通過連絡となる乗車券以外には存在しておりませんので、A型赤地紋券の一般式で着駅が「宇都宮」と印刷されている券は、何となく新鮮に見えます。 こ [続きを読む]
  • 伊予宮野下駅発行 連絡船グリーン券 (讃)高松→宇野
  • 昭和46年7月に宇和島線(当時)の伊予宮野下駅で発行されました、「(讃)高松→宇野」の連絡船グリーン券です。 高松印刷調製の券となります。 宇高航路用の常備券となりますが、区間は記入式となっており、これは同じ券で「宇野→(讃)高松」の復路用の券も発売出来るようにしたためと考えられます。 券番は0037となります。 等級制が廃止されてグリーン料金の制度 [続きを読む]
  • (下津井電鉄) 児島から 倉敷ゆき
  • 廃札券となりますが、下津井電鉄の児島駅発行の「児島から 倉敷ゆき」の乗車券です。 見づらいですが、しもついでんてつ青地紋券となります。 経由表記は「帯江経由」と記載されており、「帯江」は宇野線茶屋町駅と山陽本線倉敷駅を結んでおりました、国鉄バス茶屋町線の途中駅となりますから、この乗車券は児島から下津井電鉄線で茶屋町へ出て、茶屋町から国鉄バスに乗り換えて倉敷へ向かう券となります。 [続きを読む]
  • [北] [奈井江]→北海道会社線220円区間 自動券売機券
  • 平成27年9月に、函館本線奈井江駅の自動券売機で発行されました、「[奈井江]→北海道会社線220円区間」の普通乗車券です。 JR北赤地紋券で、地紋の流れは券を正位に見て垂直方向となっています。 拙ブログの2016年7月28日のエントリ、「函館本線 奈井江駅 常備軟券〜普通乗車券」でご紹介いたしましたように、奈井江駅は平成28年5月1日に無人化されて簡易委託駅となりましたが、無人化の際に [続きを読む]
  • (東京都交通局) 普通入場券 巣鴨駅
  • 東京都交通局の普通入場券ネタが連続しておりますが、乗りかかった船?とばかりに、もう1回エントリさせて戴きます。 昭和53年3月20日に、都営地下鉄6号線の巣鴨駅で発行されました普通入場券です。 大人用と小児用の券となります。 料金は大人80円、小児40円となり、これ以降の額面となる普通入場券は未見ですので、恐らくは東京都交通局の普通入場券はこの料金の券が最後で、この [続きを読む]
  • 都営地下鉄の券に見るダッチングの違い
  • 昨日のエントリ、「(東京都交通局) 普通入場券 志村駅」にて、ダッチングの日付のフォントに気づかれた方はいらっしゃいますでしょうか? 昭和43年の発行ながら、当時の国鉄等で盛んに用いられておりました「菅沼式」のダッチングでは無く、「天虎式」のダッチングのフォントと見受けられます。 これを踏まえて、都営地下鉄の他の駅の普通入場券を見ておりましたら、ある事に気づき [続きを読む]
  • (東京都交通局) 普通入場券 志村駅
  • 昭和43年12月27日に、東京都交通局都営地下鉄6号線の志村駅(当時)で発行されました普通入場券です。 無地紋券で橙色の太線が横方向に印刷されています。 当時の都営地下鉄は、営団地下鉄とは異なって普通入場券の制度があり、各駅で硬券の普通入場券の発売がありました。 志村駅は、昭和43年12月27日に都営地下鉄6号線の巣鴨〜志村間の開業により、当初は終着駅として開業した駅で、この普通 [続きを読む]
  • 新庄から 山形ゆき/急行券 新庄→山形 連綴券 小児専用券
  • 昭和56年に奥羽本線新庄駅で発行されました、「新庄から 山形ゆき/急行券 新庄→山形」の連綴券で、小児専用券となります。 新潟印刷調製の券となります。 新庄〜山形間の営業キロ程は61.5kmとなり、通常であれば普通急行料金は100km帯の料金が適用されますが、当時の同区間は「特定の急行料金」の適用区間であり、急行券の有効区間もキロ帯表示では無く、下車駅の「山形」の表記となっています [続きを読む]
  • 島原鉄道 愛野駅 無人化
  • 島原鉄道の愛野駅の窓口業務が、6月1日から月曜日と金曜日の朝の6:50から8:10までとなり、発売券種も定期券と回数券のみの発売に改められて、実質的に無人化されてしまいました。 同駅には昨年11月に訪問した際に、若干ながら券を購入しておりました。 社線内の片道乗車券です。 しまてつ青地紋券で、いずれの券も裏面の券番が5ケタとなる写植製版券です。 この [続きを読む]
  • 近江長岡から 東京都区内 準常備式片道乗車券
  • 昭和60年に東海道本線近江長岡駅で発行されました、「近江長岡から 東京都区内」の準常備式片道乗車券です。 名古屋印刷調製の券となります。 着駅は東海道本線上り方向で、「菊川」の次は一挙に「東京都区内」まで飛んでいます。この準常備式片道乗車券は原型がD型の券ですから、「東京都区内」の下にも着駅が記載されていた可能性もありますが、あるいは拙ブログの2010年12月10日のエントリでご紹 [続きを読む]