菅沼天虎 さん プロフィール

  •  
菅沼天虎さん: 菅沼天虎の紙屑談義
ハンドル名菅沼天虎 さん
ブログタイトル菅沼天虎の紙屑談義
ブログURLhttps://ameblo.jp/suganuma-tenko/
サイト紹介文交通機関を利用する為の切符に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/11/02 01:13

菅沼天虎 さんのブログ記事

  • 東武鉄道 SL座席指定券
  • 去る8月10日から、東武鉄道鬼怒川線の下今市〜鬼怒川温泉間で運転が開始されました、「SL大樹」のSL座席指定券です。 SL座席指定券は「下今市→鬼怒川温泉」または「鬼怒川温泉→下今市」の区間のみで発売され、途中停車駅の「東武ワールドスクウェア」については、券面に「東武ワールドスクウェア駅にも停車いたします。」と記載されるのみで、乗下車駅に「東武ワールドスクウェア」が記載される事はありません。 [続きを読む]
  • 有田から 博多 準常備式片道乗車券
  • 昭和46年に佐世保線有田駅で発行されました、「有田から 博多」の準常備式片道乗車券です。 門司印刷調製の券となります。 経由は「伊万里経由」と記載され、この乗車券は有田から松浦線・筑肥線を経由する券となりますが、着駅のうち上段の「鏡」や「浜崎」はともかく、「博多」は鳥栖経由が最短経路であり、「姪浜」については伊万里経由の方が最短経路となりますが、優等列車が運転されていた鳥栖・博多経由で乗車した方が [続きを読む]
  • 養老鉄道 普通手回り品切符
  • 養老鉄道の桑名駅の自動券売機で発行されました、「普通手回り品切符」です。 養老鉄道と伊賀鉄道の社章の連続した青地紋券となります。 自動券売機発行の「普通手回り品切符」では、券売機で持込区間と持込列車を指定する事は出来ませんから、これらの記載は券面にありませんが、養老鉄道の券売機発行券では発行箇所についても記載が無く、券を見ただけでは発行箇所を判断する事が出来ません。 [続きを読む]
  • 朝倉駅発行 なんごく16号指定券
  • 昭和52年に土讃本線朝倉駅で発行されました、国鉄バス松山高知急行線の「なんごく16号指定券」です。 高松印刷調製の券となります。 朝倉駅には国鉄バス「なんごく号」の発着はありませんが、高知発や佐川発、この券のように松山発で発行する需要が存在したようで、直接は「なんごく号」が発着しない鉄道駅でも、このような常備券を設備している駅がありました。 [続きを読む]
  • (小田急電鉄) 本鵠沼から 東京電環ゆき 往復乗車券
  • 昭和40年に小田急電鉄江ノ島線の本鵠沼駅で発行されました、「本鵠沼から 東京電環ゆき」の往復乗車券です。 JPR/てつどう青地紋券のA型券で、左側の復路片は青色のベタ刷がされて濃調となっています。 藤沢接続の国鉄線連絡乗車券で、当時は小田急電鉄線の藤沢接続は「東京電環」の適用を受け、片道乗車券の有効日数は2日間で、往復乗車券の有効日数は片道乗車券の2倍の4日間となっています。 裏面です。 裏面 [続きを読む]
  • 高木から 広島ゆき 常備軟券
  • 昭和47年に福塩線高木駅の乗車券類簡易委託発売所で発行されました、「高木から 広島ゆき」の普通乗車券です。 広島印刷調製の連綴式常備軟券となります。 発行箇所は管理駅名を含めた「府中駅(高木)発行」と記載され、簡易委託発売の乗車券となりますが、券面に「○ム」の記号の記載はありません。 [続きを読む]
  • (近江鉄道) 高宮から 新大阪 天王寺ゆき
  • 昭和52年に近江鉄道の高宮駅で発行されました、「高宮から 新大阪 天王寺ゆき」の乗車券です。 近江鉄道社章連続青地紋券となります。 彦根接続の国鉄線連絡乗車券で、近江鉄道線と国鉄線の接続駅は「近江八幡」の方が大阪寄りの接続駅となりますが、高宮駅は彦根から2つ目(当時、ひこね芹川駅は未開業)であり、近江鉄道線で近江八幡へ出るよりも、彦根へ出て国鉄東海道本線を利用した方が、大阪への所要時間は短かったもの [続きを読む]
  • あおもり51号 急行券 指定席券 名古屋→弘前
  • 昭和49年7月に東海道本線名古屋駅で発行されました、「あおもり51号」の急行券 指定席券です。 名古屋印刷調製の券で、列車名、乗車駅、下車駅とも印刷された券となります。 急行「あおもり51号」は盆暮れの帰省シーズンに運転されておりました臨時急行列車で、名古屋から青森まで米原、北陸、羽越、奥羽本線経由で運転されておりました。 当時は指定席券類の前売りは1週間前からだったのですが、この券は乗車日の20 [続きを読む]
  • (上信電鉄)根小屋から (高崎)→東日本会社線190円区間
  • 平成10年に上信電鉄根小屋駅で発行されました、「根小屋から (高崎)→東日本会社線190円区間」のJR東日本会社線連絡乗車券です。 JPR/てつどう橙地紋券となります。 社線発の金額式連絡乗車券の「国鉄線○○○円区間」の「国鉄線」部分の表記方は、JR東日本となってからは鉄道会社によって表記方が微妙に異なるようになり、「東日本線」となる例が最も多かったように思われ、わたらせ渓谷鉄道のように「東日本旅客 [続きを読む]
  • 新日本橋→国鉄線30円区間 金額式乗車券
  • 昭和51年2月に総武本線新日本橋駅で発行されました、「新日本橋→国鉄線30円区間」の金額式乗車券です。 東京印刷調製の券となります。 総武本線新日本橋駅は、昭和47年7月15日の開業時から自動券売機と窓口の印刷発行機が設置されており、通常時は普通乗車券が硬券で発売される事は無かったのですが、停電や機器故障などの非常時や、機械発券だけでは対応出来ない多客時等の発売用に、通常は発売しない常備硬券の設備 [続きを読む]
  • 宮城中央交通 普通入場券 石越駅
  • 昭和47年8月に栗原電鉄(当時)石越駅で発行されました普通入場券です。 駅名記入式の券で、印刷された料金は10円となりますが、「40」のゴム印が押印されています。 裏面です。 「宮城中央交通」と印刷されておりますが、昭和44年2月25日に「宮城中央交通」はバス部門を分離して鉄道部門は「栗原電鉄」となり、この普通入場券が発行された当時は既に「栗原電鉄」となっておりましたが、旧社名券を継続して発売し [続きを読む]
  • (日東交通)金束から 東京電環ゆき
  • 廃札券となりますが、千葉県の日東交通の「金束から 東京電環ゆき」の国鉄線連絡乗車券です。 JPR/てつどう青地紋券で、上段の券は「上総湊経由」、下段の券は「安房鴨川経由」となります。 かつて日東交通は、上総湊駅〜安房鴨川駅を結ぶ大山線で国鉄線との連絡運輸を行っており、国鉄線との接続駅は「上総湊」と「安房鴨川」の2駅、社線内では「環」、「関豊」、「金束」、「吉尾」、「主基」の5駅が連絡運輸取扱駅と [続きを読む]
  • 大阪から 近江今津ゆき
  • 昭和44年に東海道本線大阪駅で発行されました、「大阪から 近江今津ゆき」の常備片道乗車券です。 大阪印刷調製の券となります。 この券が発行された当時、まだ国鉄湖西線は開業しておらず、この乗車券は大津〜浜大津接続となる江若鉄道線への連絡乗車券となります。 [続きを読む]
  • 伊勢鉄道 地紋エラー券
  • 伊勢鉄道の鈴鹿駅で発行されました、「鈴鹿から 河原田ゆき」と「鈴鹿から 桑名ゆき」の乗車券です。 双方の券とも、地紋が「さんりくてつどう」地紋となっています。 「伊勢鉄道」、「三陸鉄道」ともに、乗車券類の調製は「日本交通印刷」が受注しておりますので、印刷会社で券面表記事項を印刷する際に、誤って「さんりくてつどう地紋」の原紙を用いてしまったものと推察されます。 こちらは同じ区間の乗車券の、 [続きを読む]
  • 黒松内駅発行 特定特急券 黒松内→札幌
  • 昭和59年に函館本線黒松内駅で発行されました、「黒松内→札幌」の特定特急券です。 札幌印刷調製の券となります。 下車駅の「札幌」は印刷となっておりますが、乗車駅名は記入式で「黒松内」のゴム印が押印されており、乗車駅名が記入式となっておりますのは、発行駅の黒松内乗車の他に、「長万部→札幌」の室蘭本線経由の特定特急券の発行にも対応するためと考えられます。 [続きを読む]
  • (東京モノレール) 都営バス 振替乗車票
  • 昨日に引き続「東京モノレールの振替乗車票で、今回は同じく羽田空港駅発行の「都営バス 振替乗車票」です。 無地紋券で緑色の横線が印刷されています。 昨日のエントリでご紹介いたしました「京浜急行バス用」の振替乗車票は赤線でしたが、「都営バス用」は緑線となっており、旅客に交付する際に見分けやすくなっています。 裏面です。 「都営バスのみ有効」と記載され、「京浜急行バス用」と裏面からでも見分ける事が可 [続きを読む]
  • [東] [小川町]→東日本会社線190円区間 自動券売機券
  • JR八高線小川町駅の自動券売機で発行されました、「[小川町]→東日本会社線190円区間」の普通乗車券です。 PJR/橙地紋券となります。 八高線小川町駅の出改札業務は東武鉄道に委託されており、東武鉄道管理の自動券売機でJR線の普通乗車券が発売されており、PJR地紋券で発行されます。 券面記載事項は、JRの通常の自動券売機発行の券の様式に準じておりますが、発駅の枠囲みの[小川町]の部分などに違和感があり [続きを読む]
  • (沼尻鉄道)沼尻から 會津樋ノ口ゆき
  • 昭和34年に日本硫黄沼尻鉄道部の終点であった沼尻駅で発行されました、「沼尻から 會津樋ノ口ゆき」の乗車券で、小児専用券となります。 JPR/してつ赤地紋券となります。 この券が発行された当時、同線の正式名称は冒頭に記しました通り「日本硫黄沼尻鉄道部」だったのですが、券面の記載は(沼尻鉄道)と略記され、着駅の「會津樋ノ口」の「會」に旧字体の活字が用いられています。 子細に見ますと、この券は入鋏の右側 [続きを読む]
  • 熊野市駅発行 南紀号 B寝台券
  • 昭和53年7月に紀勢本線熊野市駅で発行されました、「南紀号」のB寝台券です。 大阪印刷調製の券で、列車名の「南紀号」と乗車駅の「新宮」は印刷となっています。 当時の921列車「南紀号」は名古屋発天王寺ゆきの夜行運転の普通列車で、B寝台車の連結区間は新宮〜天王寺間となり、このB寝台券が発行された熊野市駅を発車する段階では、まだB寝台車は連結されていないのですが、熊野市から新宮まで普通車に乗車し、新宮 [続きを読む]
  • [北] 手稲から 大浜海水浴場ゆき
  • 昭和63年に函館本線手稲駅で発行されました、「手稲から 大浜海水浴場ゆき」の常備片道乗車券です。 JR北赤地紋のA型券となります。 経由は「星置接続」と記載されており、この乗車券は函館本線星置駅と大浜海水浴場の間で海水浴シーズンに運行されておりました、北海道旅客鉄道バスの臨時バスへの鉄道からの通し乗車券で、このような常備券を設備した駅は札幌近郊では多数存在したようです。 後に着駅の「大浜海水浴場」 [続きを読む]
  • 石崎汽船 呉港から 松山市駅ゆき
  • 昭和53年に石崎汽船の呉港で発行されました、「呉港から 松山市駅ゆき」の乗車券です。 高浜接続の伊予鉄道線への連絡乗車券で、乗車区間は印刷されておりますが、運賃は記入式となっており、紙質は半硬券のような通常の硬券よりも若干薄く、券の左側にはミシン目がありますので、左側には恐らく航路区間の上陸券が連綴されていたものと思われます。 この券の地紋です。 「IKK/いしざききせん」と「SKK/せとない [続きを読む]