かんぞう さん プロフィール

  •  
かんぞうさん: がんばれ!肝臓くん。。
ハンドル名かんぞう さん
ブログタイトルがんばれ!肝臓くん。。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/est_0427/
サイト紹介文予期せぬ劇症肝炎、そして生体肝移植からの壮絶脱出劇!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2006/11/07 14:02

かんぞう さんのブログ記事

  • 居心地
  • 居心地の良さって、生きていく上で重要なことだと思う。それを決める要素は、住環境であったり、食生活だったり、人それぞれいろんな要素が絡み合って決められ、感じていくことなんだと思う。でも第一はやはり人間関係なんだと思う。外で仕事をする妻は、一般... [続きを読む]
  • 普通のこと
  • 明日、間隔が短くなって初めての定期検診。毎週が二週おきになり、毎月に変わり、6周毎が8周毎になり、また6周毎になって、それもこれも抗体値のせい。それ以外の数値は安定していて、内臓的には近々の心配がないままのここ数年。頭が痛かったり、手... [続きを読む]
  • 就活
  • 今年は次男くんの就活の年。申し込みは今月初旬にほぼ終え、あとは今月30日の試験を皮切りに、怒涛の如くこなしていかなければならない。親も親なりに、協力できることは協力しようと、お節介と思われても我関せず、日程表みたいなものを作ってみる。頭が... [続きを読む]
  • タイヤ交換
  • 4月も13日、雪、降ってるし。しかも部分的に積ってるし。わからない天気。明日はまた気温が上がるらしい。車のタイヤ交換は先週したばかり。そもそものタイヤがノーマルではなく、フォーシーズン用なのでこの程度の雪では問題ないのだけれど。で... [続きを読む]
  • 自分の脳は?
  • ヤバい!同じ本が・・・3冊。。先週、いつものようにブック※※で、数冊の文庫本を購入。トイレでだけ読む、文庫本ならぬ「ウンコ本」。その中の一冊、すごく久しぶりに東野圭吾さんの本、「パラレルワールド・ラブストーリー」。非常に面白く読んだ。あっ... [続きを読む]
  • 暖かくなると・・・
  • 札幌もようやく最近暖かくなり、ちょっとだけ春かなぁ、なんて思う。暖かくなれば、やっぱり気持ちは外に向く。冬の間、我慢していたDIYも、これからは少なくとも寒さは気にせずに済む。去年はLDの照明に始まって、階段室壁のしっくい塗り、ポスト交換... [続きを読む]
  • 抗体値
  • B型肝炎再発予防の為に投与し続けているヘブスブリン、その指標となる抗体値の下がり方が大きくなってきた。最近、医師に言われているのは、抗体値200をキープすること。最初の頃は100キープだったように記憶しているが、それが150になり200にな... [続きを読む]
  • 血管痛
  • 胃カメラを受けたのが2月20日だから、そろそろ1か月になる。さすがに刺すような痛みは消えたものの、血管の張り(盛り上がったような感じ)はあまり変わっていない。痛みも、手に力を入れると痛い。結局、あれから病院に電話をし、内視鏡科の先生に確認... [続きを読む]
  • 今年度の「のど自慢」
  • 今年もまた、のど自慢の開催地が発表されている。昨年、隣町の北広島市での開催があったにもかかわらず、結婚式の為断念。やっぱり広い北海道、今年、何処も距離が遠く、最初から戦意喪失。とはいえ、唯一、伊達市、行けないことはない。何とかなる、き... [続きを読む]
  • 痛い×2
  • 痛いその1.昨秋から本格的に痛み始めた左肩が痛い。数年前、一年掛かりで克服した右の四十肩(当時、四捨五入したら五十だけど、強引に四十肩)から、今度は晴れて整形外科公認の五十肩(今、四捨五入したら六十だけど、強引に五十肩)。寝返りに苦労し... [続きを読む]
  • 点滴の・・・
  • 昨日の胃カメラ、軽い鎮静剤を使ってのもの。胃が変形しているから。昨日だけなく、最近、点滴ルートをとる為の注射、まったくうまくいかない(みたい。看護師さん)。入院中は全身どこからでも取り放題だったのに。被注射、優等生だったのに。昨日も3... [続きを読む]
  • 胃カメラ再戦
  • 明日、半年ぶりの胃カメラ。ポリープの良性診断を受けての再検査。胃に関しては、半年単位で状況が変わるって言われているから、少しだけ心配。今さら心配もなにも無いっていえば確かにそうとも思えるけれど、なんかこう、ちょっとしたことがいちいち気にな... [続きを読む]
  • 死ぬときに後悔しないために
  • ずっと前に、ラジオで紹介されているのをメモっておいたのが、【 死ぬときに後悔すること25 】 大津秀一 著 (発行:新潮社)死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)クリエーター情報なし新潮社この25項目。1000人を超える末期患者と向き合い、その... [続きを読む]
  • 人と会うこと
  • 5年後(?)の同期会の幹事を打診され、「だって5年後ならどうなっているかわからいよ。」と答えてしまった。それを言ったら歳も歳なんだからみんなどうなってるかわからない。ただ、危険度は、高い、きっと。生きる死ぬは置いておいて、まず元気でい... [続きを読む]
  • あれから40年
  • 前回1997年からちょうど20年目、20年ぶりの中学校同期会に先週末行ってきた。全町の小学校が集まり、統合されての第7回生。156人の全学年のうち、連絡のつく120余名の約半数、56人が来て、この出席率は結構高い方らしい。見覚えのある... [続きを読む]
  • できること
  • 「倍返しだ!」というセリフが流行ったのはもう何年も前。だけど倍返しならまだいいじゃないかと。間もなくバレンタインデー。っていうことは、その一か月後にきっちりホワイトデーがやってくる。バレンタインデーからのホワイトデー。恐ろし。。毎月が... [続きを読む]
  • 就活
  • 自分の終活もままならないうちに、今年もまた子供の就活が始まった。終活ではなく就活をすることの、希望の大きさがうらやましくもあり、これからの苦難の道に同情したり。2年前の長男くんに続く、次男くんの就活。夜中の2時過ぎまで、エントリーシート対... [続きを読む]
  • 良いことと悪いこと
  • 昨日のH大病院での定期検診。良いこと・・・血液検査の結果、臓器関係の状態。悪いこと・・・抗体値。風邪で長期間の風邪薬服用等がありながらも、肝臓や腎臓の数値はいい、相変わらず。にもかかわらず、肝炎に対する抗体値が、やはり下がり気味。抗... [続きを読む]
  • まだ1月だった・・・
  • 今年の北海道は、もう既に1シーズン分の雪が降ってしまった様な気がしていて、もう少し経ったら春が来そうな感じでいるのに、まだ、1月だ。この時期、どこの会社も同じかもしれないけれど、年度末に向けて忙しくなる。ずっと、寒さに耐えて、雪に耐えて、... [続きを読む]
  • 死に対するハードル
  • 自分たちの歳を考えると当然の事かもしれないけれど、自分の周りでも妻の周りでも、最近、亡くなった方や病気で状態の悪い方がやたらと増えている。昔と、若い時と、、死に対する感じ方が変わってきていて、明らかななのは、そこが鈍くなっているっていうこと。... [続きを読む]
  • 突然
  • 昨年の8月1日に、約30年ぶりにお話しさせていただいて、こちらの体調を気使って下さり桐の木刀まで贈ってくださった高校剣道部の恩師の先生が急逝された。剣道の講師として赴いたロシアのノボシビルスクという街で。まったくの突然のことだった。昨... [続きを読む]