BUNTA さん プロフィール

  •  
BUNTAさん: 男同士の国際結婚生活 -We're Here ! -
ハンドル名BUNTA さん
ブログタイトル男同士の国際結婚生活 -We're Here ! -
ブログURLhttp://quriquri.exblog.jp
サイト紹介文マジメな僕ら。男2人のひっそり生活・・・ 読んでタメにならない話題満載、凸凸同士おとぼけ夫夫生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2006/11/11 13:12

BUNTA さんのブログ記事

  • ある日の風呂
  • 栗助も僕も割と風呂フリークで、よほど疲れている時(面倒くさいとき)以外はシャワーではなくお風呂を入れます。それでもって、また2人して入浴剤好きでして。常時5種類以上は入浴剤を常備、白湯で入ることはしない僕らです。僕の一番のお気に入りかつ数年来のリピートは「クナイプ ワコルダ―<杜松の香り>」。あまったるくなく、どこか清々しい香りに癒されてます。スッキリした香りは女性より男性受けするのかもしれません。 [続きを読む]
  • 余暇計画
  • また来週から海外出張です。そして栗助も時期を同じくして同じ方向に出張なので、僕らはここ数日、あちらでの合流計画(数か所での予定)を立てるのに仕事の内容はそっちのけで大忙し。飛行機やらレンタカー、鉄道等々インターネットとにらめっこしながら「この街で会えるんじゃないか?」とか、「休日はこの日でお互いに取ることにしよう」とか、毎晩家族会議絶賛開催中。って、東京でもお互いにこれだけ熱心に時間を合わせようと [続きを読む]
  • メルカリってます
  • 最近よくきく「メリカリ」をスマホのダウンロードしたんですが。いわゆるフリーマーケットアプリとでも言うんですかね。ちょっとモノは試しにって感じで、いくつか衣料品を出品してみたら、これが結構面白くて(汗)。なんていうか、面白さと実益兼ねるっていうんですかね。家の「捨てるには忍びない良品」の類がなくなっていくという意味での断捨離にもなるし、あとは娯楽的に出品したものが「売れた!」っていう疑似商売感覚が楽 [続きを読む]
  • 筑波山
  • 初夏を思わるこの週末、栗助と僕は友人の女の子を誘って筑波山登山♪と思っていたら、栗助急きょ翌日の仕事のために大阪に前日入りするとかで、筑波行キャンセル。「あ、っそー」ってことで(ウソ)、僕は彼女と2人きりで山へ。秋葉原からつくばエキスプレスで「つくば」まで40分。そこまで山麓までの直行バスで40分。いやー、なんかデートって感じで新鮮でした。なんか、女性と一緒の男というか、憧れちゃうわけですよ。なんか、 [続きを読む]
  • もう5月半ばかー
  • なんか気づいたら、前回の更新のまま、まだ僕はどこか欧州を彷徨っている感じなわけだけど、勿論既に帰国して日本での日常です。栗助も僕も忙しくして結構バタバタ。それでもって台風一家は、豪華客船飛鳥での1泊クルーズの後、沖縄の高級リゾートで5日間過ごして後は今バンコクに豪遊中で、いったん日本に戻ってから欧州へ帰るらしい。日欧の往復航空券、沖縄往復、クルーズ、その他もろもろ(×2名)の栗助の経済感覚とそれを全 [続きを読む]
  • 生姜焼き協奏曲
  • 今回の欧州行では数か国訪れた中で、それぞれ仕事で大学を訪れました。その中の1つは、もともと日本での知り合い(32歳の会計士くん)が修士課程にフルタイムで留学しており。そして他に日本の国立大学からの交換留学で来ている現役大学生たち(全ての男子♪←なんだこの♪は!?)と滞在中親しくなり、彼ら全員欧州の料理に飽き飽きしており、中華料理屋に入り浸るもそうはいっても中華も実際のところ飽きている、という状況の陥 [続きを読む]
  • 英国便り
  • まさに新緑の季節のイギリスを訪れることができたのは幸い。そして滞在中もおおよそ晴れ間が広がり、灰色の空をさほど見ることもなく。とはいえ、1日の中に四季があるといわれる気候だけに急に雨が降ったり、時に雹が降ったりとか(笑)。イギリスはロンドン、そしてまた趣に異なるエジンバラなど都市は別として田舎が美しい。古城の城壁を見上げると、そこも青空。中世の建物だけに石枠だけであまり生活感がなかいというか、城砦 [続きを読む]
  • モロッコの街中で。
  • カラフルモロッコ。タジン鍋がかつて大流行したけれど、こうしてみると鍋もアーティスティックでかわいい。皿もカラフル。欧州の民芸調の素焼きの皿なんかに似てますよね。まあ、海峡隔ててすぐスペインだし、影響はお互いに小さくないはず。アラジンのランプ的なものから、ステンドグラスにも見える彩り。アラベスクや万華鏡を見ているような店頭。キャンドル立。幻想的。巨大モスクを内部から見上げれば。緻密な彫刻に贅と技巧を [続きを読む]
  • お元気ですか?
  • 皆様、GWいかがお過ごしですか?四月中旬にブログ更新以来なので、多くの方が「欧州からの大型台風による甚大な被害で音信不通?!」等々不安な夜を過ごされたようで、日々のネット検索数も「北朝鮮」に続き「文太は今」が第2位にランクインするなど世間をお騒がせしているようです。実は、仕事とプライベートも含みつつ2週間前からモロッコと欧州、今回は主に英国とドイツ等々をほっつき歩いております。ちなみに今はミュンヘンに [続きを読む]
  • 再生料理−豚メシの具
  • 先日栗ママがイメージとしては「クリスマスの七面鳥的」な雰囲気の鶏のグリルをつくったようで、ついでにそれはお客さんを家に招いての料理だったらしいのです。それのお裾分けっていうか、僕的には「余っちゃったから食べてくれない?」的な、大きなタッパに入ったものを栗助経由で渡されたわけです。ここまでの段階で、僕にとっては1)人の家に知らないヒト読んでホムパみたいなことしないでよ、、せめて一言ほしい。2)事前にお [続きを読む]
  • お元気です。
  • この週末は、まず金曜日夜は友人が来て家でホムパというほどではないのだけれど、飲んで食べて、、をやりましてほぼ栗助も僕も完徹に近いグロッキーな感じのまま、土曜日は朝から夕方まで栗助の仕事のビジネスパートナーの体で僕も栗助のクライアント先につきあい、夜は栗助の愛しのパパママの待つ家に行って食事。かつ、一応土曜日はイースターってことで教会にでも行きますか、ってことで、普段家族の誰一人として祈りなんて捧げ [続きを読む]
  • 母子@花見クルーズ
  • 今年はどうもすっきりと晴れる時間が少なく、桜が満開とはいえ「お花見日和」と言える日がほとんどないような感じだし、特に週末は天気が崩れるサイクルだけど、まあ、そのお蔭で?気温もあまり上がらなくて花持ちが例年より長いような気がします。新居近くも結構桜があって、僕らに住むところはどこも桜が身近にある環境。ちょっと雰囲気違うのは、今度の家は住宅街ではないだけに昼間はお弁当を広げるサラリーマンやOLの人なども [続きを読む]
  • LA LA LAND -
  • 「ラ・ラ・ランド」を栗助と2人で仕事帰りにナイトショーで見てきました。いやあ、最近観た映画の中では、僕的にはかなりよかったかな。まあ、ストーリー的には切ないので気持ち的にすっきりするものではないけれど、音楽とか男女の心の機微とか、愛と夢、現実の相関関係とか、、、、日本人ではちょっと考えつかない構成だったかなと。1つの物語の見せ方という意味で、こういう形ではなかなか脚本・映像化はできないだろうなあ。 [続きを読む]
  • どこも悪くない元気印に介護気分。
  • この週末は栗パパ・ママ祭でした。何気に来日したのが先月の25日だったかな、昨日までずっと会ってませんでした。昨日は、久々に彼らに貸している本宅?の方に行ったところ、もー、やっぱりなんですよね。クローゼットは当然開けられ、中の引き出しの中からみんなキレイに(ご丁寧に)自分の思うように美しく整頓(見た目だけ)されているものの、僕のものも栗助のものも一緒になってしまっているし、僕は自分の何がどこにあるかわ [続きを読む]
  • 桜・レベル7
  • 沖縄に行っている間に東京の桜が満開になってしまっている、という最悪の事態は免れたようです。今日段階で七分咲きといったところでしょうか。あまり知られていないというか、感覚的にあまり少しエリアが違うように錯覚するだけのことなのですが、東京駅の八重洲口から1キロほどまっすぐ歩けば隅田川になります。隅田川というと、当然東京湾に注いでいるわけだけどイメージとして浅草あたりとか、ちょっと都心より東側にあるイメ [続きを読む]
  • おもてなし?の日本(爆笑)
  • 僕は普通に自分の国が好きですが、ナショナリストではありません。でも、自らが「どうだ、ほら、自分ってこんなにクール(かっこいい)でしょ!?」とアピールする政府の煽動やマスコミのコンテンツには逆に恥ずかしさを感じます。ぜんぜん、日本人の奥ゆかしさとか本質とかけ離れてる。勿論奥ゆかしくあることが、どんな時と場合でも素晴らしいということではないですが。それにいわゆるシルバーシートなんてのも、日本の恥さらし [続きを読む]
  • 沖縄スナップ
  • 沖縄本島スナップ。これは小宇利島の海岸で。長い風雪の中で(って雪なんて降らないだろーw)で穴の開いた岩があちこちに。穴の向こうには、これまたクレーターのような不思議な岩場が広がる。これ、晴れていて真っ蒼な海と空だったらすごくきれいな写真だったろうね。この日はうす曇り。その海岸がこんな感じ。こういうのが一面に広がっている。もしかしたら満潮時には沈むのかもしれず、岩場には海藻が付着。そして、この穴の中 [続きを読む]
  • 沖縄本島ドライブ
  • 昨日から那覇に来ています。東京は真冬の寒さとか。空港からレンタカーを借りて(冷房かけてw)、今回は本島北部の大宜味村へ。那覇を起点に中部の名護まで通じる高速道路を完走してさらに国道を北へ、途中見落としそうな標識を頼りに向かうは「タ―滝」。那覇からはこの行程で2時間くらいかな。「タ―滝に行きたい」というだけであまり情報収集しなかったんですね。でも、結果滝もすごくよくて、滝に向かう行程がすごく僕好みで [続きを読む]
  • 雪山の事故
  • 栃木県の那須で高校生と教員8名が亡くなった雪崩の事故。数年前の軽井沢でのスキーバスの事故で多くの大学生が死亡した事故があったけれど、この若者が不慮の事故で亡くなるというのは本当に心が痛い。そして、やはり当然元気に帰ってくると思っていた息子を失った家族を思うと、僕自身がこの間の連休にスノボの事故で亡くなった同年代の友人と状況と重なります。スキー場のゲレンデで起きた雪崩だと言います。分析すれば雪崩が起 [続きを読む]
  • 同性カップルの里親
  • 大阪市が男性カップルが里親になることを認めたことがニュースになっていて、世間の声としては賛否両論ある中で、まあ特に否定的意見に関しては想定の範囲内での意見ばかり。子供がかわいそう、子供が虐められる、ホモは子育てに関わるな、子供は父と母に育てられるもの等々。あのね、ある種暴言というか極論なんだけど、大阪市が言うように「愛情があり、経済的に安定していれば家族形態は関係ない」ということに尽きると思うわけ [続きを読む]
  • 銭湯探索
  • 今日は新居に移って初、家から一番近い銭湯に行ってみました。もともとの家では徒歩数分のところにあったこともあり1週間に2回は銭湯に行っていて、そこに限らず仕事帰りにもふいと途中で見かけた銭湯によってひとっ風呂なんてことをしてるくらい銭湯好きな僕です。これまでのところは、基本住宅街だし、文教地区でもあったので大学生なども多くなかなか景色もよろしかった(笑)って、それが目的じゃないですけどね。銭湯自体は鉄 [続きを読む]
  • マズい米
  • 我が家の米はいつも5Kgで買うんだけど、特に指定銘柄っていうのはなくて買うときに適当に値段と産地やら米のブランドを選びます。魚沼産こしかりは当然高いので、例えば栃木とか新潟の他の地域のこしひかりにしたり、あきたこまちにしたり、ゆめぴりか?とかが多いかな。なんとなく米どころで美味しそうな東北や北陸あたりのものが多いかもしれない。このあたりはたいがいお手頃価格でおおよそ2300円前後の感覚。で、たいがい買う [続きを読む]
  • いよいよやってきたw
  • 本日成田地方に大型台風が上陸した模様。僕はもともと友人との約束があって終日外出していたため、彼らの愚息様が空港での送迎からお住まいの世話までをご担当。まあ、同じ家で過ごすわけではないのが幸いなれど、何度も書いているように、それはつまり「僕の目が届かない場所で活動できる」という意味において、また部屋の中のモノやありとあらゆるモノが整理整頓から模様替えされるってことを意味しているわけで、それはそれで憂 [続きを読む]
  • 昨日の雨から一転、再び明るい春の日差し戻ってきました。春はやはり生命の息吹の力強さと、そして生きていることの素晴らしさとか、長い冬を抜けただけにひときわそうした感性が花開き季節が輝く時期でもあります。元気だった友人の突然すぎる死は、改めて生きることの意味を考えさせられます。幼い子を残してこの世を去ることの無念や、まったく死を意識することもなく突然死んでしまうという不憫さの一方で、プロ級の腕前で大好 [続きを読む]
  • 突然の別れ
  • 奥さんと幼い娘さんを残し、栗助と僕の友人が亡くなりました。まだ43歳。数日前にも会ったばかり。亡くなったのは自然の斜面を滑るバックカントリーのコースで、スノーボード中に木に激突したらしく胸を強く打っての窒息死だったと。フェイスブックには亡くなる1日前のゲレンデでの元気な姿が。いたたまれない。若すぎる。そして、いいヤツ過ぎた。明るく快活で、人懐っこく、そしてパワフル。今朝、その訃報の電話で目覚め、そし [続きを読む]