BUNTA さん プロフィール

  •  
BUNTAさん: 男同士の国際結婚生活 -We're Here ! -
ハンドル名BUNTA さん
ブログタイトル男同士の国際結婚生活 -We're Here ! -
ブログURLhttp://quriquri.exblog.jp
サイト紹介文マジメな僕ら。男2人のひっそり生活・・・ 読んでタメにならない話題満載、凸凸同士おとぼけ夫夫生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2006/11/11 13:12

BUNTA さんのブログ記事

  • バンコク
  • 連投です。バンコクでのホテルも。行きにバンコクで仕事があったこともあり帰りもタイ航空利用となり、自動的にバンコク経由になりました。南周りなんで時間かかりますw。TOKYO−BANGKOK - LONDONTOKYO−BANGKOK - LONDONの全肯定がA380 ,あの2階建て機材だったのでちょっとお得感ありました。A380自体は、ルフトハンザとかシンガポール航空利用の際にここでもアップしたと思うけど、今回はファーストクラス利用しちゃいましたが [続きを読む]
  • Paddintton Green Apartment - London
  • 数日前にロンドンより帰国して、帰国した翌日にロンドンの地下鉄でテロがあって、帰国した翌朝にミサイルが北海道上空を通過という、もうどこに行っても物騒なわけだけですが。さて、コメントやメールで今回のロンドンの滞在先についての問い合わせが何件があったので改めて書くことにします。もー、僕が泊まったホテルとか温泉や旅館とか、僕の匂い臭いを求める人が多くてホント困ります(アホ)。今回泊まったのは、Concept Apar [続きを読む]
  • ロンドンにいますー
  • この間、投稿したのが8月末でもう2週間近く更新していなかったということに大変驚いている僕です。まさに、日々が矢のように過ぎ去っていた感。たしかにばたばたしてたしなあ。で、表題にもあるように僕はバンコクに行ってから、ロンドンに来ています。ルート的には南回りってことになるけど、なんか南回りの欧州行って学生の頃のバックパッカー旅行を思い出すなあ、と。当時はネットとかなかったから、AB-Roadって雑誌で格安チケ [続きを読む]
  • LGBT用のトイレ?
  • 東京オリンピックに向けて建設中のメインスタジアムとなる新国立競技場。「そこには身障者をはじめLGBTなど性的マイノリティの人達を対象にしたトイレも設置される」って、NHKのニュースでサラリと言ってるんだけど。当事者の僕からすると、「なに?今後は俺は男子トイレ使っちゃいけないわけ?なんで???」(笑)まあ、例えるならこの画像の男の子2人に、特別なゲイ用トイレが必要かどうかって話です。税金使ってそんなもん創る [続きを読む]
  • 明日のブルー
  • 読む人にとっては面白くもない口腔外科治療レポート。手術をいつやるかは仕事の都合を見て、年内か4月くらいまでにはやりたいなとは思っているんだけど、先週火曜日に手術の方法を考えるための「患部組織の採取のための軽い手術」は、いやあ、その後なかなか苦しい1週間を余儀なくされました。手術とはいえ、まあいわゆる抜歯をイメージする感じのレベルなので大袈裟ではないのだけど(部分麻酔だし、いわゆる歯医者の椅子に座った [続きを読む]
  • 臭い
  • ネットで見たんだけど「柔軟剤の香りが臭い!」という声が多いらしいけど、実はコレ僕もかねがね思っていて、もういい匂い通り越して近寄りたくないんですよね。結構な人が、頭が痛くなったり気分悪くなって吐き気をもよおすとか、深刻みたい。さりげなく石鹸の香りくらいならまだしも、そもそも人工的に香りなんてつけなくてもいいのに、、、、記事によると、そうした強い香りの柔軟剤を着ている人に対するものだけじゃなくて、「 [続きを読む]
  • 米が食いたい
  • 大の米好きなわけですが。昨日、口腔外科野郎に口ん中切られたので(って失礼)、やっぱり痛いわけですよ。まあ、頓服は処方されていて割と効くので騒ぐような日常的な術後の痛みはさほどなかったのだけど、やはり例えば「飲み込むとき」とか、切開した左側とかは縫ったわけだし、それに今便宜的に小さな管を入れてるらしく、そういうこともあって今も僅かに出血しているし(これは意図的なものらしい)で、要は痛いので左側で噛む [続きを読む]
  • 運命の日がヒタヒタと。
  • 本日は久々のジャパンなのですが、もうしばらく続いていた曇と涼しさが一転して、晴れてしかも蒸し暑いなのだけど、それがどうにも気持ちいいM体質の僕です。やっぱり夏はこうじゃなくちゃね。ですが、本日は某大学病院に。前に書いたように歯科関係。簡単に言えばオヤシラズを抜くんだけど、どちらかというとそれよりも埋没しているオヤシラズによって、それが悪さをする環境がもう最高潮!になっているらしい。骨を削ったり(も [続きを読む]
  • 本日の栗文
  • サンフランシスコといえばイメージ的にもアムステルラムと並ぶゲイの都♪って感じがするけれど、まあ観光客とか出張レベルで街を歩いていると、それほどそんな感じはしない。でも、住宅地に行くと誇らしげにレインボーフラッグが掲げてある住宅やアパートなどがあったり、実際の生活の中にはごくごく普通にゲイカップルがいたり、あるいは多くの人の意識に「人のパートナーは異性とは限らない」という概念がある、という意味ではや [続きを読む]
  • 体に夏がほしい
  • サンフランシスコをちょっと離れれば、ぞれこそ日本人がイメージするカリフォルニアの青空&気温。明るい陽射しの中で心着なく(というか自然に)半袖になれる感じ。こういう環境だと、自然に明るい気持ちでポジティブに仕事をしようとか、1日を過ごそう、という気になるよなあ。。今回は、僕は日本から来ているけど、他は全米各地からやってきているアメリカ人たち。8月のこの時期といえば、東海岸のボストンやNYはもちろん、五大 [続きを読む]
  • サンフランシスコ散歩
  • 僕が留守の間の東京は何やら気温は低くて雨続き、、、みたいなことを聞いてほくそ笑んでます、腹黒なんで。そして帰った暁には、また再び夏が再来するものと固く信じているわけなんだけど。栗助と合流してからは、夜は部屋に暖房入れてます。まあ、13度とかだから暖房はほしくはなりますけどね。でも、今日水曜日は結構j早くから霧が晴れて気持ちのよい晴れ。久しぶりに半袖を来て外出をしてもいいかな?って感じの天気。僕の仕事 [続きを読む]
  • 栗文@ナパバレー
  • さて、僕は仕事で先々週ぶりのサンフランシスコ。栗助も合流して束の間の休日を1時間ほどのドライブでナパバレーへ。ってドライブだから、思い存分の「試飲」ができないのだけど、1つのワイナリーに狙いを定めて割とゆっくりしたので、本当にちょっと舐める程度の「試舐」はしてきました。ソノマとかナパにまで足を延ばしたのは僕も初めてで、古株読者さんはご存知だけど一応僕らも欧州にブドウ畑持ってるので(笑)、競合他社の [続きを読む]
  • 残念!アシアナ航空
  • アシアナ航空で久しぶりの韓国です。韓国系キャリアも久しぶりで、僕は久しく乗らない間にアシアナは、サンフランシスコで着地失敗で機材大破の大事故や日本国内でも着陸失敗事故を起こしたり、大韓航空は「ナッツ姫」によるイメージ悪化とか、とかくいいニュースがありませんでした。 僕の中では、アシアナは割といいイメージがあったのだけど、今回乗ったらなんだかいまいちだったなあ。やはり事故の影響とか、中国との関係悪化 [続きを読む]
  • 安房小湊
  • なんかある意味この夏は天候不順と言えるんですかね、特に東日本。台風が来たりでそういう影響もあるんだろうけど、意外に涼しい日が多かったりすみたいで。そんな中、カラリと晴れて暑くなった某日、平日ながら僕は友人A子と2人で房総の海へドライブ。なんかやはり東京からのアクセスだと、海というと湘南や三浦半島など神奈川に向かってしまう中で、房総、特に外房の風景は本当にのんびりしていて「夏休み!」って感じがする風景 [続きを読む]
  • お粗末マレーシア航空
  • シンガポールから帰国はもうトラブル続きで。もともとANAだったのですが、帰りは直行便がとれなくて隣国のクアラルンプールー羽田便のANAなら空いているということで、シンガポールークアラルンプールー東京のフライトと取ったのです。クアラルンプールまではマレーシア航空(ANAとのコードシェア)だったのだけど、これが出発が1時間近く遅れて、クアラルンプールに着いたときには無情にも本来搭乗するはずのANAは既に飛び立った [続きを読む]
  • チキンライスって。
  • 正直言うけどシンガポールを代表する料理?としてチキンライスがあるけど、そんなに旨いもんじゃないよね?という長年の疑念が今回改めて正しかったと確信しました。今回は、仕事の後にシンガポール人の友人(注:女子)がおいしいチキンライスの店ってとこに連れてってくれて、そこは確かにローカルで満席でにぎわっている店。ちなみにチキンライスを知らない方にご説明申し上げると、軽く味付けして炊いたライスに、いわゆ北京ダ [続きを読む]
  • お疲れレポート
  • バタバタしているうちにいつの間にか8月。サンフランシスコでは栗助と落ちあい、町の中を手をつないで歩いたりして、思いっきりお上りさんゲイをしたり。時々、手をつないで歩いているゲイはいるけれど、そうはいってもやはりそんなによく見かけるわけじゃない。街の場所柄もあるし、少なくともビジネス街あたりじゃ当然ないw。ピアと言われるベイエリアの美術館やらいろんな施設が集まるエリア(フィッシャーマンズワーフの南岸 [続きを読む]
  • 寒いんですけど。
  • サンフランシスコに来てます。サンフランシスコの夏って基本的に「寒い」んですけど、やっぱりあんだけ日本が暑いと真夏に20度とかってある種想像つかないんですよね。一応長袖Tシャツとか長袖シャツとかも持ってきたんだけど、なんか複数枚持ってきたハーフパンツなんかは1枚でよかったかな、と(笑)。っていうか、長袖が薄手のものばっかりもってきたけど、朝晩は薄手のダウンとか、しっかりしたコートなんかがほしくなるような [続きを読む]
  • 暑中見舞い from LA
  • スイスやらフィンランドやら、聞いてるだけだとまるで納涼の旅のような感じだったわけですが、日本に帰国して改めて「あぢーーっ!」と蒸し暑さに悶え苦しんだのも数日(とはいえ、暑いのは好き)、本当に短い日本滞在の後、僕は羽田からロサンゼルスに飛びました。ん?日本語のカタカナ表記は「ロサンゼルス」でいいの?「ロスアンジェルス」?まあいいや。なんか最近の飛行機は飛行中もたいがいWiFiが使えるから、結構機内の過ご [続きを読む]
  • そういえば昔は
  • そういえば醤油っていつからペットボトルになったんだっけ?僕の子供の頃は醤油って一升瓶に入ってたよなあ、なんて、なぜかそんなことを今日料理しながら考えました。かつお節だって、使うたびに母親に頼まれて(いわゆるお手伝い)カンナのような鰹節削り器で使う分だけの鰹節を削っていたものだけど、今はパックで既に削られたものが売っていたりとか。ちなみに我が家はすぐ近くに24時間営業のスーパーがあるので、半ば冷蔵庫代 [続きを読む]
  • フィンランド帰り
  • フィンランド経由で帰国しました。10年くらい前だったかな、年末年始を栗助とヘルシンキで過ごしたことがあってカウントダウンを市内中心部の教会の前で鐘の音を聞きながら迎え、新年が明けたとたんに目の前の男の子2人がキスしてたのが印象的だったなあ、、、帰国して4日くらい経過してるけど、てか暑すぎ。。。疲れに加えて時差ぼけもあるけれど、やはりこの気候差に疲れてしまうような。それに加えて飛行機の中の冷房ね。なんだ [続きを読む]
  • 弟の夫
  • 田亀源五郎といゲイ漫画家の方がいて(国内外のゲイの間では有名)基本、彼の作風はいわゆるBL(ボーイズラブ)のような世界ではなくて、男臭く、かつ、かなりきわどいSMの世界が主なんですが、そんな彼が一般誌で書きおろして話題になった「弟の夫(全4巻)」が発刊されました。内容は、いわゆるいつもの田亀ワールドではなく、ゲイを題材にこそしているものの一般社会の中でのほのぼのとしたストーリーとキャスティングであり、皆 [続きを読む]
  • ジュネーブ散歩
  • 今回ジュネーブに来て初めてフリーでちょっと街歩き。初めての街ではないけれど、一応まずはジュネーブの象徴とも言える湖の大噴水を眺めて湖岸を歩き。界隈の高級ブランドやホテル、商店が立ち並ぶエリアをあてもなくブラブラと歩き。ジュネーブの特徴はやっぱり高級ブランドといっても時計の高級ブランドショップが多くて、時計好きな僕にはちょっと高揚する感じ(笑)。街のビルの上の看板なんかも時計ブランドばっかり。運河や [続きを読む]
  • 美味しいもの
  • 栗助が僕よりも数日先にロンドンに出張に出ていて、そして今日栗助が僕のいるジュネーブに合流しました。こういう芸当ができるのも僕がサラリーマンでなく、かつ仕事やクライアント網が日本に限らないからこそできる特典みたいなものだなあ、と思います。役得ですね。多分二人ともサラリーマンだったら、夏休みや年末年始でもないときに相手の出張先に合わせて仕事をつくったり(あるいは休んだり)とかできないし。かといって、職 [続きを読む]
  • 衰退する日本
  • 「礼儀正しい日本人」、「清潔な街並み」「おもてなし」「マンガとアニメ」でも、こんなんじゃ国の未来は築けない。もう少し自国に自信を持てよ!ということなのか、そういう趣旨のメディアの報道や番組って多いです。実際、日本人には自虐的すぎる側面もあって、もう少し自らを肯定して自信をもっていい部分もあったりします。とはいえ、やはり世界の潮流の中での多角的な自事実を情報として知る必要がある。それは、やはりメディ [続きを読む]