ボンビーリーマン さん プロフィール

  •  
ボンビーリーマンさん: 悲喜こもごもなスイングトレード日記
ハンドル名ボンビーリーマン さん
ブログタイトル悲喜こもごもなスイングトレード日記
ブログURLhttp://korekawa.blog80.fc2.com/
サイト紹介文貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語るブログ!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2006/11/11 16:38

ボンビーリーマン さんのブログ記事

  • 日経平均は5日ぶりに小幅反落
  • ダウ平均が10日ぶりに反落し、東京市場も昨日までの上昇の反動が重石となり日経平均は5日ぶりに小幅反落北朝鮮の金委員長の史上最高の強硬対抗措置を検討と伝わったものの下値は限定的だったこの中、北朝鮮リスク再燃で石川製作所や細谷火工など防衛関連が急伸し上方修正発表のウイルコやアバールデータが大幅高また、子会社のマザーズ上場が承認されたクロップスがストップ高比例配分となり自社株買いを実施したJCRファーマが [続きを読む]
  • 日米中央銀行イベントを通過し続伸
  • FOMCが概ね予想の範囲内の内容となったことで買い安心感が強まりドル円の112円台乗せも好感されたものの、利益確定売りが重石になって日経平均は小幅ながら4日続伸この中、原油価格の上昇を受けて国際帝石や石油資源開発が強い動きとなったほか中国からの訪日客の増加を好感してラオックスなどインバウンド関連に買いが入っていたまた、上方修正と増配を発表したレオン自動機が大幅上昇しFRONTEOやブレインパッドなどAI関連 [続きを読む]
  • 小幅ながら日経平均は3日続伸
  • NY市場が3指数揃って最高値を更新したものの、昨日に2年1カ月ぶりの高値水準まで上昇したことで戻り売り圧力も強まり上値の重い展開日経平均は、小幅ながら3日続伸この中、原油高を背景に、国際帝石など石油・資源株が堅調に推移し出遅れ感の強い証券株や建設株がしっかりまた、欧州地図大手との提携を発表したパイオニアが大幅上昇となりキトーやシードなどが証券会社のリポートを手がかりに非常に強い動き上方修正と増配を発表 [続きを読む]
  • ダウ平均の7日続伸に円安進行で大幅高
  • ダウ平均が7日続伸し最高値を更新したことやドル円の111円台半ばで推移したことで、日経平均は大幅反発し終値ベースで年初来高値更新売り仕掛けていた向きの買い戻しが加速した模様この中、証券会社が投資判断を引き上げた任天堂が商いを集めて大幅上昇しメガバンクや証券、保険など金融株が軒並み買われていたまた、上方修正と増配が好感された旭ダイヤが急伸したほか、子育て支援や教育無償化への思惑から幼児教育研究会や京進な [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 9月 18日 〜 9月 22日 》18日(月) 【国内】祝日 敬老の日東京市場休場 【海外】米9月NAHB住宅市場指数(23:00)19日(火) 【国内】《決算発表》ツルハHD、アークランド 【海外】独9月ZEW景況感指数(18:00)FOMC(〜9/20)米8月住宅着工件数(21:30)米4-6月期経常収支(21:30)米8月輸出入物価(21:30)米8月建設許可件数(21:30)20日(水) 【国内】日銀金融政策決定会合(〜9/21)8月貿易統計(8:50)8 [続きを読む]
  • 地政学リスクの影響は限定的だった
  • 北朝鮮によるミサイル発射で地政学リスクの緊迫化が意識されたが売り一巡後は押し目買いに上げ幅を徐々に拡大し日経平均は反発となり19900円台を回復自動車や電機などの輸出主力株が堅調に推移し金融セクターや機械など幅広く上昇防衛関連では引き続き石川製作所が活況となり、量子コンピューター関連としてフィックスターズに物色が向かい、通期営業利益を上方修正したオハラが大幅高半面、中国での訪日団体旅行制限から、資生堂 [続きを読む]
  • 高値警戒感から利益確定売りに押され反落
  • 米株高や為替が落ち着いていたことから日経平均は一時19900円台を回復一方、直近3日間で600円近く上昇したことで、高値警戒感から4日ぶりに反落東証1部騰落銘柄数は値上がり683/値下がり1231と売り優勢この中、昨日のストップ高の反動で日清紡HDが10%近く下げたほかソニーが大幅安となり、三井金属やコマツなども軟調に推移また、キヤノンが4日ぶりに反落し精密株が軒並み軟調半面、石川製作所や阿波製紙などの防衛関連が北朝鮮 [続きを読む]
  • 欧米株高を追い風に日経平均は3日続伸
  • 欧米株高に、ドル円相場も110円台の底堅い動きで推移したこともあり日経平均は3日続伸この中、ホンダなど自動車株が全面高となったほか、メガバンクなどの金融セクターや商社、機械などが堅調に推移また、白金を使わない燃料電池用の触媒の実用化に成功と報じられた日清紡HDが大量の買い注文にストップ高比例配分となり年初来高値を大幅更新モリテックスチールやカーリット、シンフォニアがリチウムイオン電池関連として物色さ [続きを読む]
  • 欧米株高や円弱含みに大幅高
  • 地政学リスクの後退に欧米株高や円弱含みを受け東京市場は大幅高日経平均は大幅続伸となり、19,700円台を回復この中、リチウムイオン電池関連が全般賑わい、チタン工業が連日でストップ高となったほか、巴川製紙所、ジーエスユアサなども物色されていたまた、証券会社による投資判断引き上げで日本製鋼所が大幅高となり任天堂が後場一段高となり3日続伸し、SMCやキーエンスが年初来高値を更新半面、連結営業利益予想を前年同期 [続きを読む]
  • 北朝鮮リスク後退で大幅反発
  • 北朝鮮情勢の緊迫化の後退を受けて、ドル円も108円台半ばで落ち着いた動きを見せたことで、日経平均は大幅反発し終値ベースで、5営業日ぶりに19500円台回復上げ幅は約3か月ぶりの大きさとなったこの中、ソニーや日本電産、村田製作所などTOPIXの寄与度が大きい電気機器セクターが相場をけん引メガバンクや野村HDなどの証券株の上昇が安心感につながっていた模様また、電気自動車用リチウムイオン電池関連の安永が大幅反発し高値 [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 9月 11日 〜 9月 15日 》11日(月) 【国内】7月機械受注(8:50)8月マネーストック(8:50)7月第三次産業活動指数(13:30)8月工作機械受注(15:00)《決算発表》シーズHD、正栄食、日本ロジ、gumi、シーイーシー 【海外】米3年国債入札12日(火) 【国内】5年国債入札《決算発表》神戸物産、イオンリート、サンバイオ 【海外】米10年国債入札第72回国連総会(〜9/25 NY)13日(水) 【国内】8月 [続きを読む]
  • 円高が進行に日経平均は反落
  • ドル安・円高が進行したことや、9日の北朝鮮の建国記念日を前に地政学リスクが一段と高まったことで、持ち高を整理する売りに押され日経平均は反落終値ベースで、4カ月半ぶりの安値水準まで下落この中、決算が失望を誘ったくらコーポが12.4%安と大幅下落となったほか積水ハウスやアルトナーも決算を受けて大きく売られ、直近で急伸したオリジン電気やフライングガーデンは一転して売り圧力が強まった状況半面、証券会社の新規カバ [続きを読む]
  • 反発はしたものの底打ち感薄し・・・・・
  • 米株高を背景に、債務上限問題などやハリケーン救済でトランプ大統領と議会トップが合意したことが安心感につながり、好業績株を中心に押し目買いに底堅く推移し、日経平均は小幅ながら4日ぶりに反発この中、証券会社が目標株価を引き上げたコマツが大幅上昇となりスズキやホンダなど自動車株に強い動きまた、安永や田中化研などリチウム電池関連が値を飛ばしていたほか決算好調の三井ハイテックはストップ高半面、東京海上やSO [続きを読む]
  • 日経平均は下げたものの買いが優勢
  • NY市場がリスク回避などから大きく下落したことを受け、東京市場も売り先行日経平均は一時4カ月ぶりとなる安値をつけたが、売り一巡後は押し目買い優勢となり大引けにかけ下げ渋ったものの小幅に3日続落東証1部の騰落銘柄数は値上がり1166/値下がり746と買い優勢日経平均構成銘柄に採用されたリクルートが大幅高となったほか、日経新聞で業績に関する記事が報じられたTOKYOBASEが急伸し、ビックカメラのECサイトで宅配回 [続きを読む]
  • 地政学リスクに防衛関連大賑わい
  • 北朝鮮の地政学リスクが意識され、円高・ドル安が進行し終日軟調な展開NY市場が休場で買い材料に欠け、見送り姿勢が強まり日経平均は続落東証1部の売買代金は、概算で1兆9500億円と3日連続で2兆円割れこの中、防衛関連銘柄への物色が広がり、重松製作所や興研など防毒マスク関連銘柄が大幅上昇となったほか、電磁波や放射線技術への思惑から技研興業や東邦金属なども騰勢を強めた半面、ピジョンは上方修正発表も市場の期待に届かず [続きを読む]
  • 日経平均は4日ぶりに反落、ほぼ全面安
  • 北朝鮮の核実験を受け、地政学リスクが意識され終日軟調な展開週明けの欧州市場は手掛かり材料となる経済指標の発表がないことや米国市場が休場なことから見送り姿勢が強まり日経平均は4日ぶりに反落東証1部騰落銘柄数は値上がり153/値下がり1824とほぼ全面安証券会社がレーティングを引き下げたGunosyが大幅安となったほか株式の売り出しを発表したMDVや前受金の一部返金を発表したNutsが急落半面、先週末にストップ [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 9月 4日 〜 9月 8日 》4日(月) 【国内】8月マネタリーベース(8:50)《決算発表》ピジョン 米レーバーデー休場: 米、カナダ、トルコ5日(火) 【国内】10年国債入札 【海外】中国財新8月PMIサービス業(10:45)豪州準備銀行理事会米7月製造業受注(23:00)《米決算発表》ヒュ-レット・パッカード・エンタープライズ6日(水) 【国内】7月毎月勤労統計調査(9:00)《決算発表》三井ハイテク、R−AD [続きを読む]
  • 日経平均は小幅に3日続伸し7週ぶりに週間で上昇
  • 欧米株高を好感し、為替が一時110円台を割り込む場面があったもののその後円高が一服したことで買い安心感が広がったただ、今晩予定されている米8月雇用統計の結果を見極めたいとする向きも多く週末要因などで手控え気分もあり、日経平均は小幅に3日続伸この中、CB発行も自己株取得を併せて発表したANAが買い人気となったほか業績好調観測が報じられたヤーマンや、3Q決算を材料にパーク24が大幅上昇半面、NTTやドコモなど [続きを読む]
  • 円高一服を背景に日経平均は続伸
  • 米株高を受け、為替が110円台半ばまで円安が進んだことに加え米長期金利の低下が一服したことで、これまで下げ基調だった金融セクターなどにも押し目買いが入って日経平均は続伸自動車株がほぼ全面高で推移したほか、商社などの景気敏感株の上昇が目立っていたまた、米IT・ハイテク株の上昇で電機セクターが強かったほか出遅れ感のあった銀行・保険セクターの上昇が指数に寄与その一方で、東京エレクや村田製などの値がさハイテク [続きを読む]
  • 日経平均は3日ぶりに反発し19,500円台を回復
  • 円弱含みを背景にNY株高や好業績株の押し目買いを中心に物色され日経平均は、3日ぶりに反発し9営業日ぶりに19,500円台を回復東証1部売買代金は2兆2200億円と、8日ぶりに2兆円台に乗せこの中、ソニーや日立製作所、富士フイルムなどの上昇が目立ったほかダンロップスポーツを吸収合併すると発表した住友ゴムが大幅反発し投資判断引き上げのあった太平洋金属が買い人気半面、自己株式の取得を中止すると発表したEPSHDが軟調とな [続きを読む]
  • 地政学リスクの一段の高まりに続落
  • 北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過し、太平洋に着弾したことで地政学リスクが一段と高まったことで、日経平均は続落東証1部の売買代金は1兆8100億円と7日連続で2兆円割れこの中、ファーストリテイリングやソフトバンク、京セラなどの下げが日経平均を相対的に押し下げたただ、北朝鮮のミサイル発射でトランプ米大統領の対応を見極めるムードも強くショートカバーなどを通じて売り一辺倒ではなかった模様半面、連結配当性向が最 [続きを読む]
  • 日経平均は小動き小反落
  • 手掛かり材料難から方向感の定まらない展開となり、今晩のロンドン市場が休場となることで、外国人参加者の不在もささやかれ日経平均は小幅反落東証1部売買代金は、概算で1兆7400億円と6日連続で2兆円割れこの中、円強含みで自動車株や値がさハイテク株が軟調だった半面薬品株や繊維株など内需関連がしっかりまた、任天堂が2%超の上昇、KLabやAimingが商いを集めて大幅高とゲーム銘柄が人気となっていたほか、値上げを [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 8月 28日 〜 9月 1日 》28日(月) 【国内】《決算発表》DyDo、ACCESS 【海外】米8月ダラス連銀製造業活動(23:30)米2年国債入札米5年国債入札休場: 英、フィリピン29日(火) 【国内】7月労働力調査・有効求人倍率(8:30)7月失業率(8:30)7月家計調査(8:30) 【海外】米6月S&Pコアロジック/ケース・シラー住宅価格指数(22:00)米8月CB消費者信頼感指数(23:00)米7年国債入札《米決算発表》 [続きを読む]
  • 反発するも限定的!日経平均は6週続落
  • 円弱含みを受け、自動車株中心に買い先行し、懸念だった北朝鮮のミサイル発射がなかったことなどから先物中心に買い戻しが入り日経平均は、一時100円超えの上昇となったが上げは限定的この中、個人向けの宅配料金の値上げと伝えられた日本郵政反発しヤマトHDも業績の改善期待から大幅に上昇となったほか、コマツなどの重機株や非鉄金属株の上昇が目立っていたまた、業務提携を発表したユニー・ファミマとドンキホーテがそろって [続きを読む]
  • 日経平均は、失速し反落
  • 欧米株安や円強含みから売りが先行し、トランプ米政権への先行き不透明感から徐々に下げ幅を拡大し、日経平均は反落となり22日に付けた直近安値を更新新日鉄住金や神戸鋼、日新製鋼など鉄鋼株が軒並み大幅安となったほか株安基調が強まる中、野村HDが年初来安値を更新また、証券会社が投資評価を引き下げたゴールドクレストが大きく売られた半面、証券会社が投資判断を引き上げた東映が大幅上昇したほかデジタルアーツやメイコー [続きを読む]