ボンビーリーマン さん プロフィール

  •  
ボンビーリーマンさん: 悲喜こもごもなスイングトレード日記
ハンドル名ボンビーリーマン さん
ブログタイトル悲喜こもごもなスイングトレード日記
ブログURLhttp://korekawa.blog80.fc2.com/
サイト紹介文貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語るブログ!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2006/11/11 16:38

ボンビーリーマン さんのブログ記事

  • 権利取り狙いと押し目買いに続伸
  • 円高を嫌気して売りに押されたが、3月決算期末を前に権利・配当取り狙いに押し目買いが優勢となり、日経平均は続伸東証1部騰落銘柄数は、値上がり1559/値下がり351と買い優勢この中、投資ファンドの大量保有を手がかりに東芝が急伸したほかアスカネットが国交省の高速道路の逆走対策として同社の技術が採用されたことから商いを集めて急騰また、抗がん剤を無害化する作業台を発売と報じられたエアーテックがストップ高まで買われ、 [続きを読む]
  • 売られ過ぎ? 日経平均は4日ぶりに小幅反発
  • NY株はまちまちの展開のなか、ドル円が111.40円を挟んだ動きで円高方向に進まなかったことで買い戻しを誘い日経平均は4日ぶりに反発リバウンド狙いの買いや、個別材料株を中心に物色する動きが散見この中、三井不などの不動産株が上昇したほか、食品株や薬品株など内需関連株が堅調に推移また、半導体新会社の2018年度上場を検討と報じられた東芝が大幅上昇し証券会社のレポートを手がかりにSUMCOが大きく買われていたその一 [続きを読む]
  • NYダウ平均も日経平均も今年最大の下げ
  • NY市場の大幅安や原油安などでリスク回避姿勢が一気に高まり為替は111円半ばまで円高ドル安が進行し東京市場は大幅安売り一巡後には押し目買いから下げ渋る場面もあったものの大引けにかけ持ち高調整の売りで下げ幅を拡大日経平均は大幅に3日続落東証1部騰落銘柄数は値上がり107/値下がり1854と幅広く売られたなか上方修正と増配を発表した全国保証や佐藤渡辺が急伸し、常温・常圧・無触媒でアンモニアから高純度水素の製造装置を [続きを読む]
  • 円強含みを嫌気し日経平均は続落
  • NY市場がまちまちのなか、為替が112円台に円が強含んだことを嫌気し利益確定売りが先行売り一巡後は円高一服や押し目買いなどから下げ幅を縮小したものの日経平均は続落この中、ニチレイなどの食品株が3月本決算の権利・配当取り買いで上昇し特に、マルハニチロが大幅高となり年初来高値を更新また、ゲーム関連の材料が相次ぐ任天堂が大商いで4日続伸住友不動産販売はTOB価格にサヤ寄せしてストップ高比例配分反面、上期経常赤字の [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 3月 20日 〜 3月 24日 》20日(月) 【国内】祝日 春分の日東京市場休場 【海外】欧州最大のIT見本市「CeBIT」(独ハノーバー、〜3/24)米2月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)《米決算発表》シンタス休場: メキシコ21日(火) 【国内】−−−−−【海外】米10-12月期経常収支(21:30)《米決算発表》レナー、ナイキ、ゼネラルミルズ、フェデックス休場: 南ア22日(水) 【国内】2月貿易統 [続きを読む]
  • こう着状態が続き日経平均は反落
  • 為替が円高に斜行したことを嫌気し利益確定売りが先行し日経平均は反落一時19,500円台を割り込んだが、日銀のETF買い入れ期待から下げ幅を縮小三連休を前に、見送り姿勢が強まり日中の値動きは約60円とこう着状態この中、年初来高値更新のファナックや、ファストリなどの指数寄与度が高い銘柄がプラスで推移し、コマツやキヤノン、KDDI、花王といった主力大型株の一部が買い人気また、目標株価の引き上げのあったクラリオンが [続きを読む]
  • 日経平均は3日ぶり小幅反発 
  • 円高が進行し、利益確定売りが先行して安寄りして始まったものの押し目買いなどから徐々に下値を切り上げ、日経平均は一時19,600円台を回復し高値圏で引け、3日ぶりに反発東証1部騰落銘柄数は値上がり1235/値下がり630売買代金は2兆1590億円に増加ソフトバンクやファナックなど指数寄与度の高い銘柄が上昇し支えとなったほかコマツや荏原など工作・機械株が上昇。海運や陸運など運輸株が堅調に推移し三菱重が小幅ながら6日続伸明日 [続きを読む]
  • 欧米株安や円高を嫌気し小幅続落
  • 原油安を受けた欧米株安や円高を嫌気し日経平均は一時100円超下落となったが、日銀によるETF買い入れ期待から下値は限定的で小幅続落東証1部騰落銘柄数は値上がり420/値下がり1461売買代金は1兆6771億円と低調だったこの中、アミューズが業績予想を上方修正したことで大幅高となったほか市光工業が外資系証券による目標株価引き上げで上昇率上位となり昨日大幅高となった三菱重工業も上伸その一方で、九州電力はユーロ円建て転換社 [続きを読む]
  • 手掛かり材料に欠け日経平均は4日ぶりに反落
  • 為替がやや円安で推移したことから、日経平均は一時プラス圏に浮上したが長くは続かず利益確定売りに4日ぶりに反落この中、造船分社化観測や米原発に関する仲裁裁定の受領などを手がかりに三菱重が商いを集めて大幅上昇したほか、社長会見を受け業績回復期待が高まったシャープが急伸また、株式分割発表のゲンキーや自己株取得を発表したツガミが大きく買われ政府のフリーランス支援策に関する観測報道を材料にクラウドワークスが [続きを読む]
  • 売買は低水準ながら連日の高値更新
  • 円高が進行したことで輸出主力株中心に売り先行したものの売り一巡後は円高一服や内需関連株中心に買い直されたことで、指数はプラス圏に浮上し日経平均は、19,600円台でこう着状態となり小幅ながら3日続伸東証一部の売買代金は1兆7724億円とかなりの低水準証券会社のレポートを手がかりにリクルートが大幅上昇となったほか1Q決算が好感されたカナモトや大幅増配計画を発表した丹青社が急伸し1Q大幅増益のミロクはストップ高まで買 [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 3月 13日 〜 3月 17日 》13日(月) 【国内】2月国内企業物価指数(8:50)1月機械受注(8:50)1月第三次産業活動指数(13:30)《決算発表》JPNミート、ポールHD、シーズHD、萩原工業、正栄食 【海外】休場: インド14日(火) 【国内】2月首都圏新規マンション発売(13:00)20年国債入札《決算発表》ファーマフーズ、トーエル、ツルハHD、ファーストロジ、ヤーマン、スバル興 【海外】 [続きを読む]
  • 日経平均は大幅続伸となり終値ベースで昨年来高値更新
  • ドル円相場が115円台前半まで円安が進行したことを手掛かりに幅広い銘柄が買われ、日経平均は大幅続伸となり終値ベースで1/4につけた昨年来高値を更新東証1部の売買代金も概算で2兆9400億円と膨らんだデンソーやマツダなど輸出主力株が後場一段高となったほか、金融セクターや食品株など内需関連株も値上がりその半面、新日鉄住金など鉄鋼株がさえない展開で推移し、金属市況安で非鉄金属株や商社株が軟調また、金利上昇による運用 [続きを読む]
  • 円安進行で持ち直し日経平均は5日ぶりに反発
  • NYダウ平均は原油安を背景に続落したものの、東京市場はドル円が114円台半ばまで円安が進んだことで売り買いが交錯し小幅な上昇し日経平均は5日ぶりに反発円安進行で企業業績の改善期待で東京エレクトロンやマブチモーターなど値がさハイテク株の上昇が目立っていたまた、軟調推移が続いていたSUMCOが急反発となったほかスズキが大幅高アルファやダイケンなど宅配ロッカー関連は一段と騰勢を強めたその一方で、東芝が大幅安 [続きを読む]
  • 東京市場は死に体動きなくジリ貧
  • 米雇用統計や米FOMCなど重要イベントを控え見送り気分が強まるなか欧米株安や円高方向へ振れたことから日経平均は4日続落東証1部売買代金はなんとか2兆円に乗った状況有価証券売却により特別利益が発生する見込みとなった田中精密が大幅上昇しフィスコとの提携を発表したソケッツや事業買収を発表したリアルコムが値を飛ばしたほか証券会社のレポートを手がかりにケネディクスや物語コーポが買われていたその一方で、前日急伸のア [続きを読む]
  • こう着状態が続き日経平均は3日続落
  • 米2月雇用統計やFOMCなどの重要イベントを多数控えていることから国内外ともに先行き不透明感が強く東京市場はこう着状態となり日経平均は3日続落し東証一部売買代金は2日連続の2兆円割れこの中、シャープが商いを集めて大幅上昇となったほか、経営説明会の内容が好感されたキヤノンが強い動きオルトプラスが連日のストップ高となり、決算好調の共和工業やBガレージや証券会社の新規カバレッジが入ったJALUXが急伸反面、、韓 [続きを読む]
  • 円高推移が重荷となり日経平均は続落
  • ドル円相場が円高で推移したことが重荷となり、日経平均は一時は100円以上下落する場面があった後は手掛かり材料難から模様眺め気分が強まり続落東証一部の売買代金が1兆7,200億円程度と極めて薄商いこの中、従業員に未払い残業代の支払い観測が流れたヤマト運輸が大幅安となり社長辞任が報じられた三越伊勢丹が急落また、UACJは上方修正発表も公募増資が嫌気されて売り優勢の展開その一方で、コロプラやAimingなどゲー [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 3月 6日 〜 3月 10日 》6日(月) 【国内】《決算発表》日ハウスHD、学情、DyDo、フジコーポ、ピジョン 【海外】米1月製造業受注(3/7 0:00)7日(火) 【国内】30年国債入札《決算発表》ガレージ、不二電機 【海外】米1月貿易収支(22:30)米1月消費者信用残高(3/8 5:00)米3年国債入札《米決算発表》ブラウン・フォーマン、アーバン アウトフィッターズ、H&Rブロック8日(水) 【国 [続きを読む]
  • 持ち高調整の売りに日経平均は4日ぶりに反落
  • NY市場が反落したことに、ドル円相場が円高方向に動いたことが嫌気されFRB議長の講演を控えていたことでポジション調整売りに押され日経平均は4日ぶりに反落月次の受注が悪化した大東建託が大幅安となったほか、長谷工は増配発表も株価は売り優勢の展開また、直近急伸の森尾電機は大幅高から一転大幅安だったその一方で、月次好調のファストリや米国でヨーグルト事業を開始すると発表した森永乳業が上昇したほか、生産拡大に向 [続きを読む]
  • 日経平均は3日続伸し高値更新
  • 米株式が主要3指数そろって最高値更新したことや円安が追い風に全面高日経平均は3日続伸となり、1月5日につけた高値を更新東京エレクやアドテストなど半導体関連が強い動きとなったほか、株高で証券株が買われ、特に光世証券や水戸証券など中堅証券が活況となっていたまた、非自動車部門の売却観測が報じられた洋ゴムが急伸し、証券会社のレポートを手がかりにロームやワコムが値を飛ばしたほか、日本ピストンが年初来高値を更新反 [続きを読む]
  • トランプ大統領の議会演説を通過し東京市場は上昇
  • ドル円相場は乱高下となったが、後場からはイベント通過で先高感が台頭買い戻しが優勢の展開となり円安進行を受け輸出関連株が一段高となり日経平均は大幅続伸トランプ大統領が議会演説で社名を挙げたソフトバンクが一段高に売買代金トップ信越化学やSUMCOなどシリコンウエハー関連も強い動きだったまた、上方修正発表のFJネクストやモロゾフが急伸したほか、自己株取得を発表した粟田工が買い人気となったその一方で、1Q大 [続きを読む]
  • 日経平均は伸び悩んだが5日ぶりに反発
  • ダウ平均の12連騰や円高一服を背景に幅広い銘柄に買いが入ったものの日経平均は19,300円を手前に押し戻されこう着状態が続き、トランプ米大統領の議会演説を控え、見送り姿勢が強まり大引けにかけポジション調整の売りで急速に伸び悩んで5日ぶりに反発固定資産の売却を発表したIHIが防衛関連物色の流れにも乗り昨年来高値を更新し同業を買収すると報じられたメディアドゥがストップ高また、大王製紙がTOBを発表した三浦印刷もス [続きを読む]
  • NYダウ平均は歴史的な上昇だが東京市場は閑散
  • ドル円が111円台後半まで円高が進んだことで日経平均は日中取引として2/9以来の19,000円を下回る場面もあったその後は日銀のETF買い入れ期待から下げ幅を縮小したものの4日続落この中、初値がついて3日目のレノバが全市場の売買代金トップ10入りアスカネットやモバファクなども大商いとなり、騰勢を強めたまた、遺伝子検査薬の販売承認申請を行ったミズホメディや優待導入を発表した城南進研がストップ高まで買われるなど、材料の [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 2月 27日 〜 3月 3日 》27日(月) 【国内】《決算発表》ラクーン、東和フード、ウチダエスコ 【海外】世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス2017」(スペイン・バルセロナ、〜3/2)米1月耐久財受注(22:30)米1月中古住宅販売仮契約(2/28 0:00)米2月ダラス連銀製造業活動(2/28 0:30)《米決算発表》TEGNA、アメリカン・タワー、プライスライン・グループ、アルベマ [続きを読む]
  • 手控え気分が強まり日経平均は3日続落
  • NYダウ平均が10日続伸と堅調を維持したものの、円高が重荷となり日経平均は、一時150円超下落したが、売り一巡後には押し目買いなどで一時プラス圏に転じる場面があったものの週末要因からポジション調整の売りに押され3日続落この中、コマツが5%超の大幅安となり、機械や非鉄金属、鉄鋼などに大きく売られるものが目立った状況また、今期の営業赤字見通しが嫌気されたDWTIや大幅下方修正を発表したコックスが急落その一方で [続きを読む]
  • 昨日のデジャヴ?日経平均は小幅続落
  • 米ダウ平均が9日続伸と堅調推移したものの、為替がやや円強含みで推移したことで、日経平均は一時100円を超える下げとなったが、下値では日銀のETF買い入れ期待から徐々に下げ幅を縮め、大引けではほぼ昨日終値付近まで値を戻したこの中、日経新聞の宅配総量抑制に関する記事を受けヤマトHDが大幅高となり証券会社が投資判断を引き上げたSMCやサイバーエージェントが強い動き連日大幅高が続くJMCは売買代金で全市場のトッ [続きを読む]