yumily さん プロフィール

  •  
yumilyさん: yumily_sketch
ハンドル名yumily さん
ブログタイトルyumily_sketch
ブログURLhttp://yumily.exblog.jp/
サイト紹介文建築が好きです・ 建物探訪・建築写真が趣味です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2006/11/17 10:14

yumily さんのブログ記事

  • FLW ツアー ⑲  ロビー邸 家具
  • ライトの建築の特徴のひとつにcantileverがあります。どこのライト建築ツアーガイドさんからもこの言葉が出るので建築関係ではないKfamilyもすぐに覚えマスターした建築用語です。キャンティレバーは片側だけで持ち出す片持ち梁のことです。ライトは建築だけでなく家具にも使っていました。キッチンのテーブルこんな風に片方からぐーんと出てるのがキャンティレバー。ライトは作り付け家具も多く作っています。この引出は和を感じ [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑱  ロビー邸 リビング&ダイニング
  • ライトの創る住宅は内部も今までのアメリカにはなかったものでした。今までとんがり屋根の中にあった召使いのお部屋をキッチンのそばに置きました。動線良いですよね。そして壁と扉に囲まれたたくさんの箱を嫌いました。キッチンの箱。ダイニングの箱。リビングの箱。接客の箱。読書のための箱。寝室以外は箱の意味を見いだせないと言っています。多くの壁と扉を取り払いそれぞれの機能を満たす大きな空間を作りました。狭く明るくな [続きを読む]
  • FLW ツアー⑰  ロビー邸 外観
  • ロビー邸は草原住宅(プレーリーハウス)と言われるライトの住宅のスタイルです。西部のプレーリーのために建設されたのびやかな大地に調和する住宅です。長く低いラインが特徴です。深い庇となだらかな勾配屋根。これまでのアメリカの住宅には屋根裏と地下室がありました。ライトはそれらを死んだ空間と言い排除したんですね。ライトの住宅は大地から建っているのです。これって今では普通ですよね。でも当時のアメリカでは変わっ [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑯ ロビー邸 照明 
  • ライトは建築だけでなく照明や家具も名作を残しています。時々見られる有名な照明ですがこの照明が生まれた空間に立つことはとても楽しみなことでした。こちらはロビー2邸名が名前になっています。 ロビー1はロビー2に比べてシンプルです。リビングルームのロビー1 圧巻!!夜の灯り見たいですね。この照明は他の住宅でもよく使われていました。□がライトだな。何気に素敵。流石ライト。今フランク・ロイド・ライト生誕150周年 [続きを読む]
  • 母の誕生日  寿し処やましろ
  • 昨日は母の誕生日だったので家族で寿し処やましろでお祝いしました。母はやましろのお寿司が大好き。開店15年だそうです。昨日お店で古い知人に会いましてびっくりしました。全然繋がりがないのに偶然で知人も10年くらい通われているそうです。ここはお寿司へのこだわりはもちろん大将の物静かで優しいお人柄と奥様の細やかな気配りも魅力なのです。母は声が大きくてよく笑います。そしてよく動きとても元気。疲れということを知ら [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑮ ユニティ・テンプル
  • ユニティ・テンプルはユニバーサリスト派の教会です。ライトが独立して間もないころこの教会の設計の依頼が来ました。この建築は予算が4万5千ドル。当時石造なら2倍はかかる時代だったということで大変厳しい予算だったことがわかります。どのような形にするかは材料にあったとライトは言っています。そしてこの予算4万5千ドルがこの材料を決めました。その材料はコンクリートです。ローコストにするために正方形の形にして3面は同 [続きを読む]
  • サガワユーイチさんのジャム
  • 昨日の【Harbor NIPPON SAKE CLUB vol.01】は最高にオシャレなパーティでした。楽しみすぎて写真がほとんどありません。そこでgetしてきた噂のスイーツクリエイターのサガワユーイチさんのジャムを紹介しますね。木苺とピスタチオミルクが美しすぎる二層になっています。ロゴも素敵ですべてがセンスありすぎです。今日ちょこっと混ぜてトーストに塗りましたが混ぜちゃうのが惜しいようなでもがっつり混ぜて食べたいようななんて幸 [続きを読む]
  • 「Haber NIPPON SAKE CLUB」
  • 今夜はクラブパーティ♪友人が仕掛けてるイベントで届く案内にやたらイケメンが登場するし美味しそうなフードもあるみたいで大好きなDJもいるってことは素敵な音楽もありで空間はオシャレなクラシックアメリカンその上私は日本酒好き。って行くしかないでしょ♪【Harbor NIPPON SAKE CLUB vol.01】 2017.6.10(sat) 港の倉庫街に突然現れたアメリカンクラシックなここ HarborCLUBで 広島の日本酒業界の未来を創りだす次世代の蔵元達 [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑭  ルッカリービル バーナムライブラリー 
  • バーナム&ルート事務所はオフィスをここルッカリービルの11階に移しました。こんな高層でも安全なんだよと証明するためとガイドさんが言われていました。この暖炉の前でのお二人の写真がお部屋に飾ってありました。1890年のバーナムさん(左)とルートさん(右)127年後の人々にもこの建築が愛されていることを想像したでしょうか。そしてもっともっと先まで大切にされるんですよ〜。素晴らしいです!ここはかなりの改装が繰り返 [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑬  ルッカリービル外観 
  • シカゴの大火のあとシカゴ派と言われる建築家たちが新しい技術で高層の建物を創り街を再建します。シカゴはニューヨークより先に摩天楼の建設が始まっています。そしてここルッカリービルが世界最古の摩天楼と言われているビルです。シカゴ派の中でもルッカリーを設計したバーナム&ルート事務所は代表と言える設計事務所です。このビルが当時どれだけ注目を集めたか想像できますよね。ライトのデザインもですが摩天楼の元祖として [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑫  ルッカリービルロビー 
  • ルッカリービルは1888年にダニエル・バーナムとジョン。ウェルボーン・ルートの設計で建てられました。その後1905年にライトが改修しています。この照明器具のインパクト大でこれでライトオーラを醸しだしています。この空間圧巻です。階段のポットふたつ。ライトがデザインした印のようなものです。ガイドさんが改修前の写真を見せて下さいました。階段下の部分の植木鉢のポットはライト建築にはよく出てきます。ライトの建築の印 [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑫  ルッカリービルロビー
  • ルッカリービルは188年にダニエル・バーナムとジョン。ウェルボーン・ルートの設計で建てられました。その後1905年にライトが改修しています。この照明器具のインパクト大でこれでライトオーラを醸しだしています。この空間圧巻です。階段のポットふたつ。ライトがデザインした印のようなものです。ガイドさんが改修前の写真を見せて下さいました。階段下の部分の植木鉢のポットはライト建築にはよく出てきます。ライトの建築の印 [続きを読む]
  • 三瀧荘③ お料理
  • 私たちのお部屋は樹齢400年の樅木が見えるお部屋「樅の間」でした。お料理もおもてなしも素敵でした。私が建物についての質問したらお店の方はわからないことも調べて下さったりお店の歴史の書いてあるパンフレットを持ってきてくださったり他の方に訪ねて下さったりと本当に親切にしていただきました。ホスピタリティ素晴らしいです。勉強しますと言われましたがホント建物自慢もされるといいのになと思いました。大好きなたても [続きを読む]
  • 三瀧荘② お庭
  • ここはお庭も素敵なのです。お手入れされているけどとても自然な風景で気持ちがいい。もみじが素晴らしい。緑の紅葉も好きだけど紅葉した景色も見てみたいわ。お部屋も廊下もどこの窓からもお庭が見れます。それぞれ違う表情のお庭で廊下を歩くのが楽しい。2階からは昭和チックな瓦も楽しめます。サイズの小さいかわいい瓦です。これは樹齢400年以上と言われている樅木。風格あり。カープ鯉がいましたよ(^▽^)きっと人気者ですね♪ [続きを読む]
  • 三瀧荘① 建築
  • 前から行ってみたいと思ってた三瀧荘に行きました。建築関係の人と一緒だったので建物についてあれやこれや質問していたらこの日はお客さまが少なくて建物内を案内してくださることになりました。ラッキー♪この建物はフマキラーの社長さんが迎賓館として建てられたそうです。洋館が明治の終わりに建てられ昭和初期に和風の本館が増築されました。1946年に料亭旅館としてスタートし2009年に結婚式場と料亭のゲストハウスとして生ま [続きを読む]
  • 村野藤吾のスワンチェア  広島市現代美術館
  • 家具や照明器具などもデザインしている村野藤吾の展覧会では建築の展示だけでなく椅子の展示もあります。箱根プリンスホテルのためにデザインした椅子スワンチェアには座れます。ジャパニーズモダンな椅子。後姿も愛らしい。とてもかいわいらしいそして上品な椅子です。お隣はTMD MIYAKO。都ホテルのためにデザインされた椅子箱根プリンスホテルでのスワンチェアこの子は脚長ですね。「村野藤吾の建築 世界平和記念聖堂を起点に」@ [続きを読む]
  • 「神殿か獄舎か」長谷川堯著
  • 今日の2冊 「神殿か獄舎か」長谷川堯著ずいぶん前にINAXREPORTで長谷川堯長谷川先生と内藤廣先生と対談されている記事を読み気になっていた本だけどその時はまだ読めなかった。時を経て今手元に。図書館には長谷川先生35歳の時に出版された1972年の相模書房の本とそれから35年後の2007年の鹿島出版会のSD選書とが揃っていた。1972年の方の写真が魅力で2007年の方は長谷川先生のまえがきとあとがきと藤森照信先生の解題が魅力で2冊 [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑩  Dana-Thomas House② 
  • ダナ邸のある街 イリノイ州の州都スプリングフィールドこのあたりは高級住宅街だったのでしょう。その中でもこのダナ邸はは目をみはる豪邸。ダナさんは仕事や社交の場としてもこの家を使われていましたが近所の子どもたちに対しても開かれていて本の読み聞かせなどをしていたそうです。そのお部屋にはアイスクリームを入れる冷蔵庫があり子どもたちへプレゼントしてたとガイドさんが言われていました。あの時代にアイスクリーム! [続きを読む]
  • FLWツアー⑨   Dana-Thomas House①
  • ライトがスーザン・ローレンス・ダナのために設計した住宅。初めはローレンス家の改築から始まった設計ですが結局は旧家は隠れてしまいライト建築になっています。ダナは社会的・政治的名声の高い家族にあり彼女自身も社会活動を活発にされていた 人でした。ライトは同居しているダナの母親のヴィクトリアン様式のお部屋を近代的なライト風建築の中に改修せず残しています。これは高齢の母親に敬意を表し伝統的なものを好むだろう [続きを読む]
  • FLW ツアー ⑧  アメリカンフード
  • アメリカんフード食べまくり♪着いた夜は早速BIGなハンバーガー。すんごいボリューム。ハンバーグはしっかりお肉でぎゅっとしてて美味しかった。ウイング鶏のから揚げに酸っぱい味がついてるの。初めての味で美味しかった♪アメリカのイタリアンPizzaでっかーーーい。でもアメリカは残ったものはお持ち帰りできるんだよね。アメリカのpizzaはクリスピーではなくて台がふっくらでチーズがじゅわわー―んとしみ込んでるんだと聞いて [続きを読む]
  • FLWツアー⑦   アメリカのモーテル  
  • FLWツアーはドライブの旅で行く先々でモーテルに泊まりました。モーテル初体験です。リーズナブルなのにお部屋は広いし清潔だしベッドも広いし大満足♪ここは湖の近くのモーテル。ここは郊外のモーテルお部屋の中はこんな感じ。大体どこのモーテルも同じような作り方。ダブルベッドにむき出しの洗面台とトイレとバスが一緒になってる。チェアもあるしデスクがあるところもあり。冷蔵庫はあったりなかったり。バスタブはほとんどあ [続きを読む]
  • 改築完成感謝会
  • 先日引渡しが終った教会で今日「改築完成感謝会」があった。 近所の方々もお招きしてプチオープンチャーチ。 オープニングセレモニーあり テープカットあり、 バザーあり、 出店あり、 子供も大人も入り交ざりにぎやかで楽しいお祭りだった。 牧師先生が設計者の私を皆さんに紹介して下さり、 私は照れながら短い挨拶をした。 たくさんの人たちの笑顔に囲まれいろんな人たちから暖かい声をかけていただきうれしい時を過ごした。 [続きを読む]