ケント さん プロフィール

  •  
ケントさん: ケントのたそがれ劇場
ハンドル名ケント さん
ブログタイトルケントのたそがれ劇場
ブログURLhttp://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文映画や本が好きで、特に時間をテーマにしたお話が好きです。温泉やグルメもいいですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2006/11/18 17:37

ケント さんのブログ記事

  • アリーキャット
  • ★★★☆製作:2016年 日本 上映時間:129分 監督:榊英雄 タイトルのアリーキャット(alley cat)とは、(裏通りをうろつく)のら猫のことだ。この作品もまさに猫が縁で知り合い、まともな職業につけない変わり者二人の奇妙な連帯を描いた一風変わった映画なのである。 元ボクサーで東洋チャンピオンだった朝秀晃ことマル(窪塚洋介)は、警備会社でアルバイトをしている。そんなある日、飼い猫が行方不明になったのをきっかけ [続きを読む]
  • 忍びの国
  • ★★★☆製作:2017年日本 上映時間:125分 監督:中村義洋 原作は、『村上海賊の娘』、『のぼうの城』の和田竜である。主演は嵐の大野智くんで、主題歌を嵐が歌っている、となれば嵐ファンは必見であろう。私自身は別に嵐ファンでも何でもないが、久々の忍者ものであり、ネットの評価もまあまあだったので、近くのシネコンに出かけて観たのである。 オープニングの忍者同士の小競り合いと、大野くんと敵首領の次男との「川」 [続きを読む]
  • トゥー・ウィークス・ノーティス
  • ★★★☆製作:2002年 米国 上映時間:101分 監督:マーク・ローレンス もう15年も前のことですが、久しぶりに会社帰りに有楽町で映画を観ました。それも笑われそうだけど「トゥー・ウィークス・ノーティス」というバリバリのラブコメをおじさん1人で観たのです。 実はこうしたお金持ち系のラブコメ映画は、余り趣味ではないのですが、松竹の株主優待券が使えるぎりぎりの日で、観ていない映画は、この映画と「ハンテッド」 [続きを読む]
  • しあわせな人生の選択
  • ★★★☆製作:2015年 スペイン,アルゼンチン 上映時間:108分 監督:セスク・ガイ なんだかおおらかな邦題に惹かれてこの映画を観てしまったが、原題は『TRUMAN』と言い、本作で主人公が飼っている老犬の名前なのである。そしてなぜかR15指定なのだが、終盤になってそのサプライズな理由が分かるだろう。 離婚して老犬とひっそりとスペインで暮らすフリアンのもとへ、長い付き合いのあるトマスがカナダから訪ねてくる。実 [続きを読む]
  • マックス・スティール
  • ★★☆製作:2016年 米国 上映時間:92分 監督:スチュワート・ヘンドラー マックス・スティールとは、米国マテル社が1997年に発売し、いまだに人気を維持している人気アクションフィギュアだという。そしてそれを実写映画化したのが本作であり、これまでのヒーローたちとは異なり、エイリアンと合体することにより変身するという”ツーマンセルヒーロー”だということである。 まあその設定やヒーローの風貌などには不満はな [続きを読む]
  • 想いのこし
  • ★★★製作:2014年日本 上映時間:118分 監督:平川雄一朗 末広涼子扮するところのポールダンサー・ユウコのほか、仲間のポールダンサー二人と年配の運転手が、夜の街で交通事故を起こして全員死んでしまう。だが4人ともそれぞれが、この世に想いのこしていることがあって成仏できず、幽霊として街の中を彷徨い歩いているのだった。 当然幽霊なので人間には見えないし、ぶつかっても通り抜けてしまうのだが、ある男にだけは [続きを読む]
  • エクス・マキナ
  • ★★★☆製作:2015年 英国 上映時間:108分 監督:アレックス・ガーランド 米国映画の『モーガン プロトタイプ L-9』が本作と似ている(本作のほうが先に製作されているがDVD化は後)というレビューを読んで、順序は逆になったが早速本作をレンタルしてしまった。 山奥にある研究所に本社の従業員が派遣されてくるというくだりと、女性の形をした人工生命体がガラスの仕切りがある部屋に閉じ込められているという設定は [続きを読む]
  • ガール・オン・ザ・トレイン
  • ★★★☆製作:2016年 米国 上映時間:113分 監督:テイト・テイラー なかなかスタイリッシュなスリラー映画である。アル中のため職と夫を失ったレイチェルは、毎日あてもなく電車に乗り続けていた。そして毎日のように車窓から、離婚前に住んでいた家を眺めていた。そこから別れた元夫のトムと新妻アナとの生々しい生活や、近所に住むヒップウェル夫妻の暮らしぶりなどを覗き見ていた。 そもそもレイチェルがアル中に陥った [続きを読む]
  • 鴨川ホルモー 
  • ★★★製作:2009年日本 上映時間:113分 監督:本木克英 タイトルも意味不明だが、内容はさらに訳の判らんお話である。ジャンルとしては、コメディーであり、ファンタジーであり、青春・恋愛ものと言っても良いというか、どうでも良いと言ったほうが良いのやら…。とにかく出鱈目で中途半端な映画である。 実はこの映画の原作は、実在の事物や日常の中に奇想天外な非日常性を持ち込むファンタジー小説家「万城目学」のデビュ [続きを読む]
  • 著者:小山田浩子 本作『穴』は第150回芥川龍之介賞を受賞している。最近の芥川賞は有名人や若い女性の受賞が多く、内容的にも分かりづらく読みにくい作品が多かった。そんな中で本作は、久々に分かりづらいが読みやすい作品であった。 話のあらすじは、主人公が夫の転勤で、田舎にある夫の実家隣に引っ越してきたところからはじまる。 とある日、姑に頼まれてコンビニに支払いに行く途中で、不思議な黒い獣と遭遇し、河原 [続きを読む]
  • モーガン プロトタイプ L-9
  • ★★★☆製作:2016年 米国 上映時間:92分 監督:ルーク・スコット あの『エイリアン』で一躍一流監督にのし上がったリドリー・スコットが製作し、息子のルーク・スコットがメガホンをとったSF系サスペンス映画である。タイトルは、モーガンの次にプロトタイプ L-9が付与されているが、実はそこのところが秘密の鍵なのである。終盤になるとその意味がはっきりとしてくるのだが、ここではネタバレになるので伏せておこう。  [続きを読む]
  • ゆったり山形3日間の旅
  •  東北新幹線で福島へ行き、そこから先は山形交通の観光バスに乗りっぱなしのぶらり旅である。バスガイドさんは50がらみだが、ズーズー弁を交えた漫談のような面白楽しい会話、それでいて親切で気の利いたベテランならではの味わい深い名ガイドぶりであった。 とにかく朝早いツアーは沢山と言うことで、今回はゆったりプランだ。従って見学場所も1日1〜2箇所という少なさで、旅館到着も16時前で翌朝も9時出発という旅程で [続きを読む]
  • スウィート17モンスター
  • ★★★☆製作:2016年 米国 上映時間:104分 監督:ケリー・フレモン・クレイグ ジャンルとしては青春ラブコメといったところだが、観客はイライラ感と苦笑にまみれるはずである。またPG12指定になっているのは、かなり下品な言葉や下ネタが飛び交うからであろう。 17歳のネイディーンは、唯一救いの主だった父親が急死し、情緒不安定気味の母親と優等生で気に入らない兄との三人暮らし。彼女は容姿は可愛いのだが、素直 [続きを読む]
  • ヘヴン 
  • ★★★☆製作:2002年 独・英・米・仏 上映時間:96分 監督:トム・ティクヴァ 一言ではなかなか表現しづらい映画です。余計な会話と派手なアクションをあえてカットし、シンプルさにこだわった手法がいやに新鮮に感じました。それに意外なストーリー展開と、美しい映像がマッチして、ミステリアスなラブを見事に演出していました。 また主演のケイト・ブランシェットがとても魅力的な役割を演じていたのが印象的でしたが、彼 [続きを読む]
  • シュリ
  • ★★★☆製作:1999年 韓国 上映時間:124分 監督:カン・ジェギュ 過去にビデオを借りたことがありましたが、時間に追われ観ないまま返却したことのある作品です。その後も気になっていましたが、なかなかレンタルをする機会がないままTV放映を迎えてしまいました。 この作品は、韓国映画が国際化されるきっかけになった映画といわれています。また南北朝鮮半島のエージェント同士の戦いと、そこで芽生える非恋を描く大作と [続きを読む]
  • PARKS パークス
  • ★★★☆製作:2016年 日本 上映時間:118分 監督:瀬田なつき 東京都下にある『井の頭公園』開園100周年を記念してつくられた映画だという。従って舞台のほとんどは井の頭公園と吉祥寺の駅前が中心となる。 それにしても井の頭公園の桜は見応えがある。また武蔵野の緑に囲まれたこの公園が、こんなにも美しかったのかと再認識してしまった。 主な登場人物は、吉祥寺で一人暮らしをしているが留年寸前の大学生の純(橋本愛) [続きを読む]
  • かげろう
  • ★★★★製作:2003年 フランス 上映時間:95分 監督:アンドレ・テシネ 銀座和光の近くにある『銀座シネスイッチ』というミニシアターを知っていますか? ここは昔『銀座文化劇場』というダサイ名前の映画館だったのですが、1997年にリニューアルして二館併合となり、女性がよく集るお洒落な映画館になりました。 もう10年以上前の話ですが、当時ずっと気になっていた『かげろう』という映画を観に行ったのですが、観 [続きを読む]
  • ツレがうつになりまして。
  • ★★★★製作:2011年日本 上映時間:121分 監督:佐々部清 原作は細川貂々のベストセラーコミックエッセイなのだが、まだ未読でそれほど興味も湧かなかった。だが意外といっては失礼だが、本作を観たら、原作のほうも読んでみたくなってしまったから不思議である。 それはもしかすると、主演の宮崎あおいと堺雅人が、とても感じの良い演技をしていたからかもしれない。本作では『うつ』という重いテーマを扱っているのだが、 [続きを読む]
  • チョコレート・ソルジャー
  • ★★☆製作:2009年 タイ 上映時間:109分 監督:ラーチェン・リムタラクーン 大好評だった『チョコレート・ファイター』で主役を演じたジージャ・ヤーニンを引っ張り出して、まるで『チョコレート』シリーズのように見せかけたアクション映画である。と言っても、映画会社も監督も違うし、かなりの低予算映画なのだ。 そのうえストーリー性もほとんどなく、アクション・アクション・アクションだけなのだ。それも同じようなパ [続きを読む]
  • わたしは、ダニエル・ブレイク
  • ★★★☆製作:2016年 イギリス・フランス・ベルギー 上映時間:100分 監督:ケン・ローチ 妻に先立たれた頑固爺さんが主人公で、ポスターも似ていたので、てっきり本年1月頃に公開されたスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』と同じような作品かと思い込んでしまった。まあ主人公と若い女性や子供たちとのふれ合いなどを通じて、働けなくなった老人が社会の片隅で必死に生きようと奮闘する人間ドラマという面ではそっくりなのだが、本 [続きを読む]
  • コラテラル
  • ★★★★製作:2004年 米国 上映時間:120分 監督:マイケル・マン  コラテラルとは、『巻き添え』という意味だそうです。 本作は、ロスの夜街を走るタクシーに偶然乗り合わせた冷徹な殺し屋ヴィンセント(トム・クルーズ)と、ドライバー役のマックス(ジェイミー・フォックス)の魔化不思議な関係を描いた一風変わったサスペンス映画であります。 トムが初めて演ずる殺し屋役は、ターミネーターのような無類の強さと、非情 [続きを読む]
  • 3月のライオン 前編
  • ★★★★製作:2017年 日本 上映時間:138分 監督:大友啓史 原作が少女マンガで、将棋の青年プロ棋士を描いている作品だということだけは知っていたが、原作未読で事前知識は全くないまま映画を鑑賞した。囲碁の『ヒカルの碁』では、囲碁を全く知らない少年がプロになるまでの過程を中心に描いていたが、本作は初めから将棋のプロ棋士というところが異なっている。 またヒカルには藤原佐為という幽霊の師匠兼友人がとりつい [続きを読む]
  • NOVO ノボ
  • 製作:2002年 フランス 上映時間:98分 監督:ジャン=ピエール・リモザン もう14年前の話になります。当時評価の高かった『北京ヴァイオリン』を、会社帰りに渋谷で観るつもりでした。しかしチケット屋に前売り券がなかったため、シネセゾン渋谷というミニホールで「NOVO」というフランス映画を観ることに変更しました。 それにしても渋谷で映画を観たのは、なんと今はなき「全線座」以来25年ぶりのことでした [続きを読む]
  • バリスティック
  • ★★★製作:2002年 米国 上映時間:90分 監督:カオス ルーシー・リューとアントニオ・バンデラスのバリバリアクションで、ことに女ターミネーターばりのルーシー・リューがクールでスピーディーな演技でがんばっていました。 ただこの映画には全く艶っぽさがなく、せっかくのバンデラスとリューの共演が色あせた感光紙のようでもったいない感がありました。 またストリーがはちゃめちゃで、全く前後の辻褄が合わず、際立っ [続きを読む]