mhshadow さん プロフィール

  •  
mhshadowさん: 手作りオタク日記
ハンドル名mhshadow さん
ブログタイトル手作りオタク日記
ブログURLhttp://mhshadow.blog.fc2.com/
サイト紹介文メルヘンシャドーボックス主宰。作り方のコツや作品やキットの紹介、展示会のご案内など情報を発信中。
自由文シャドーボックスに木工、トール、樹脂、スワロフスキービーズ、ステンシル、クラフトパンチ、スタンプ、エンボスパウダー、ガラスエッチング、リボンなど取り入れて身近に飾れる作品をご提案しています。
近年は作家の真理さん、ehinaさん、柘植彩子さん、矢部千尋さんとオリジナルキットを制作しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2006/11/26 12:07

mhshadow さんのブログ記事

  • 心が動いた3日間
  • 3日間の北千住教室展示会を終えて私はしみじみと皆様の温情に触れた喜びをかみ締めております。あっという間に過ぎてしまいましたが多くの方の喜び、笑顔、誇らしい気持ち、ときめき、高揚感が会場に溢れ幸せな時間でした。生徒さんたちも地元なので御家族やお友達も多く観てくださって会場の評判も良かったので何よりでした。海綿を使って背景は色をぼかしいれています。文字は銀のシールです。教室が違っても皆一丸となって働い [続きを読む]
  • 最終日
  • 生憎の冷たい雨の中2日間大変多くの方におこし頂き感謝の気持ちでいっぱいです。残りあと1日となりました。お時間のある方は是非御高覧ください。なお最終日火曜日は3時半終了です。生徒の皆様にも支えられ家族の協力のもと何とか好きなことを続けてこられまた多くの方がたと繋がった喜びを実感しております。シャドーボックスを観たことのない方にもお紹介し、説明したりしていますが時折「これが紙ですかぁ?」と素っ頓狂な声 [続きを読む]
  • 北千住展示会 初日
  • メルヘンシャドーボックス展示会初日はなんとか無事終えることが出来ました。生憎の冷たい雨にも関わらずたくさんの方が御高覧下さって嬉しい限りです。今朝も雨ですね。どうぞ皆様寒くないように身支度して気をつけてお出かけください。皆違う額装でフクロウがずらっと並んでいますので「みんな違ってみんな良い」生徒さんたちと楽しく作った雰囲気が伝えられればと思っています。出来るだけ制作のコツをお話して歩きますので作っ [続きを読む]
  • いよいよ明日から3日間
  • なんとか搬入飾り付けを終えました。生徒さんたちの協力のおかげで素敵な作品がずらっと並び身体は疲れても気持ちは充足感で満ち足りています。本番はこれからですけどね。(笑)私としてはもう成功したような気持ちです。シャドーボックスを好きな方御興味のある方は是非御高覧ください。お会いできることを楽しみにしております。北千住駅からすぐのマルイ 11階Aギャラリーです。10時から7時まで。販売が許された会場なので新作和 [続きを読む]
  • 赤いラナンキュラス作り方
  • 日曜日から開催予定の北千住マルイ展示会では「赤いラナンキュラス」作品の一部をDMに採用しました。原画はルドゥーテの傑作で尚且つ肉筆画という珍しい絵柄。ブーケの場合こんもりした上部と束なった下部の茎の集合があるのでそのイメージを再現すべく立体にしていきます。簡単に言えばただ重ねて層にするのでは下部に違和感があるので茎にはあまり高さに変化をつけないと言うことです。それぞれ花には向きがありますし花の構造も [続きを読む]
  • 梅紋様
  • 紅白の梅も大変好評ですがこのたびはまた少しデザイン化された梅のプリントが新発売となります。紅白の花の花弁が縁取りのようになっています。着物の柄としてはよく見かけますね。中央上の花の場合縁の中(白)を抜いて全体の輪郭の上に重ねるのか輪郭全体の上に白い内側の花弁を乗せるのか悩むわけです。実はどちらでも良いのですが初級向けの教材なので抜かない方式大+小方式にしました。カッターで抜いて縁をドーナッツ状にする [続きを読む]
  • 藤の花のキット
  • 成願義夫氏デザインの新作和柄キットです。これまで御紹介してきた4種はB5プリントに2柄くらいでほぼグリーティングサイズでしたが藤は花が細かいのでA4サイズに印刷しています。分かりにくいのですが立体に作る部分は右上のこの辺りです。周囲に花の部分や重なった葉の下側を取り出すようにして周囲に配しました。プリントは3枚でほぼ作れますが4枚組にしました。余分にあれば層をさらに重ねて藤の連なって咲く風情を表現で [続きを読む]
  • 心配と向き合う
  • 心配になること例えば老後など将来の不安や心配は考え始めたら数限りなくなるのですがとりあえず今日何が出来るかどう暮らすかに立ち返るしかありません。生徒のK様の樹脂作品です。ユニークで素敵なフレーム部分は是非会場で。目下は展示会が無事開催できるか忘れ物をしないか生徒さんたちに迷惑を掛けないように出来るか考え出したらきりがないのですがやるだけやっていつも最後は開き直りで乗り切ります。(笑)日々あれも出来て [続きを読む]
  • 四つ窓作品
  • 私はここ数年大きな作品はなかなか作れず「合わせ技」で展示会作品としています。作りながら思うのはいかにもそれが日本的ということです。ウィリアム・モリスの提唱したアーツアンドクラフト運動の頃モリスは「大芸術」と「小芸術」という言い方で分けていたそうです。立体になったところは是非会場で。春夏秋冬8つの絵を作りました。日本では根付や印籠など身近に生活を彩る小さな物にべっこう、象牙、漆器などを素材にして芸術 [続きを読む]
  • 紅葉と桜
  • 成願義夫氏デザインの新作和柄キットです。プリント1枚を特注額に入れてイメージをお伝えしています。紅葉と桜キット1300円(受注額 8200円)和柄の世界では春と秋が同時に描かれていれば「春秋模様」とされ「1年中の意味」になりいつでも飾れて便利ですね。色調としては秋の趣を感じさせます。B5プリントに2柄収めて再構成しています。上の絵柄を組み立てますがベージュの桜などが白い輪郭線で描かれ白背景では読み取り [続きを読む]
  • 小さい桜紋様
  • 小さいプリントは手軽に作って楽しめるので私も息抜きがてら作りたいなぁと思います。が、しかしどんな絵柄にも難所、急所はあるものでいつまで経ってもシャドーボックスは「ちょちょいのちょい」で作れたりはしないのです。桜の場合は花弁に切り込みを深く入れること。最近は切り込みの入れ方でも全く作りやすさが変わることに気づいて教室ではそのコツをレクチャーしています。この絵柄の急所は花芯でしょうね。いかに美しく繊細 [続きを読む]
  • あやめ 菖蒲 杜若?
  • テキストを書く際は間違いのないよう名称などを調べたりします。この絵は何の植物か分かりますか?「いずれあやめかかきつばた・・」(どちらもすぐれていて、選択に迷うことのたとえ。 )漢字にすれば「何れ菖蒲か杜若」あやめ=菖蒲?紛らわしいことこの上もありません。(笑)正解は花菖蒲だと思います。( 菖蒲湯の菖蒲はまた別物ですって!)見分け方は花の中央が黄色いのが花菖蒲白いのが杜若網目模様があやめ とのことですよ。5 [続きを読む]
  • 絵と額装の関係
  • 特注額の場合絵柄に合わせてテイストが調和するよう額やマットの色、デザイン質感などを選びます。例えばこういったプリントがあったらどうされますか?こちらは多くの女性が好むバラと陶器の絵柄です。構図としても奥行きがありバラの有機的な表情と陶器の左右対称系の形状の対比只管抜く レースなど、教材としても良いプリントです。生徒のKさんが作られました。(色調の違いは印刷ロットの違いです)とても丁寧にきれいに作られ [続きを読む]
  • 芍薬・藤・撫子
  • 成願義夫氏デザインの新作和柄キットです。5月ごろに咲く花が3種描かれています。花は季節感がありますが最も私の好きなシャドーボックスの題材です。牡丹と芍薬の違いは御存知でしょうか?前者は草本、後者は草ほんですので茎の質感で見分けられるとも言われていますが葉っぱの形で見分けています。こちらは芍薬。葉の先が分かれていませんでしょう。B5プリントに2柄印刷されていて6枚で作ります。展示会のお知らせ 詳細☆会場 [続きを読む]
  • 和柄12 小菊と小鳥
  • 成願義夫氏デザインの新作和柄キットです。北千住の展示会で発売し月末からネットショップで販売する予定です。円形のデザインで左下に小菊中央にピンクのバラ上部に小鳥が飛んでいます。B5プリントに2柄収めています。円形の中の花鳥風月の構図は若冲の天井画など和柄ではポピュラーなパターンですね。水色の小鳥とピンクのバラ洋の東西を問わず女性の好むモチーフでしょう。教材として今回は小さく印刷(グリーティング程度)して [続きを読む]
  • 3朝顔 組み立てのガイド
  • 新しいことをすればそれなりに工夫が必要です。シャドーボックスでは土台として絵を貼ることが多いですが立体的に手前側の絵を重ねていく際下の絵柄に合わせて行くので作りやすい。つまりは下の絵柄が組み立て位置のガイドの役割を果たします。今回の朝顔では筏に絵柄を貼る際難しく感じました。すっきりと筏のみが描かれている上に花や葉を良い位置に貼り難いと言うことです。(筏だけの絵ではもっと難しい↓)そこでテキストを修正 [続きを読む]
  • 2朝顔の花の造形は?
  • 朝顔の花はろうと状。☆ラッパのような形ですので案外立体にするのは難しいと思います。今回の絵では2枚で組み立てます。朝顔の花は通常ねじれたつぼみから1枚で立体的な花に開きますがくぼみとふくらみを考慮して造形を2枚で表現することにしました。下の層では五つの放射状のくぼみがあります。(写真左側)その上にふくらみを帯びた花弁を重ねます。ロート状の立体にするために私は下の層で花弁の中央に楔で切り込みを入れて正確 [続きを読む]
  • 花筏 朝顔1
  • 成願義夫氏デザインの新作和柄キットです。「花筏 朝顔」は画像処理してもらい重なり合ったモチーフの下側をきれいに取り出すようになっています。ですからB5プリント2枚(凡そ4シート分)で再構成できます。だいたい切ったところです。シャドーボックスを作っている方ならお分かりになると思いますが例えば蔓の上に葉が2枚重なっていたら下の葉の一部に上の葉が入ってきて上の葉はずれないように貼りますが実際には丸みが付いて小 [続きを読む]
  • 幾つまで?
  • 「人生の折り返し」などは全く考えませんが残りはどんどん減っていく感のある年代です。天命と言うのは人それぞれで寿命も定かではないので毎日しっかり過ごすしかないと思って暮らしています。昨日は小池知事が「あさいち」に出演し前向きなところに共感しました。彼女の活躍は憧れをもって眺めるのみですが応援したいです。それに比べて午後のI氏にはがっかりで「ミスター老害」と呼びたい。(苦笑)新作プリント5種のうちの3種で [続きを読む]
  • 頑張りますが甘えてみます
  • シャドーボックス教室運営では色々な仕事があるので毎日飽きることなく携わることができている気が致します。制作の関しては職人的ですし額装に関してはアーティスト的新作キット制作はプロデューサーの要素があり販売に関してはショップ経営者教室では先生でありおもてなしをするホステス?総じて好きな事をしていますので苦になることはないのですがやりたいことを実現する為の準備は長い時間が必要です。ただ今は一ヵ月後に迫 [続きを読む]
  • ふくろうプロジェクト
  • 今回の北千住教室展のテーマの一つがフクロウです。門下約40名でお一人一点ずつ作っていただきました。素材は2年分のダイアリーからお好きな絵を選んで頂き私がテキストも書いています。実際には多めに用意したので60くらいは書きました。額も絵柄に合わせて特注しデザインマットが楽しいでしょう。こちらは水玉のマフラーに合わせた大き目の水玉模様のマットです。作品は「みんな違ってみんな良い。」そんな風に感じて頂けた [続きを読む]
  • 花海棠のリース
  • 花海棠が咲く春先はその色につられて近所の庭先を覗き込む私です。桜みたいに大きな木はみかけませんが独特のピンクのグラデーションの花色とサクランボ風にコロンと下がった蕾が愛らしい。童女のようなあどけなさを感じて心和みます。大好きな花であり他にプリントとして見たことがなかったので和柄キットに採用しました。生徒さんが作られた花海棠のリース。私の作品見本は大阪のABCクラフト枚方店にありますので関西の愛好者の [続きを読む]
  • さまざまな工夫
  • 私はシャドーボックスを習った経験はアメリカの2時間帰国後樹脂がけの2時間以外独学なので作品展で見せて頂きながらかれこれ25年ほど試行錯誤を続けています。作品毎に工夫が違うため常に新鮮な気持ちで作れるのだと思います。こちらのTさんの作品では下の花の部分の面積が大変少ないのでカードの下側の余白を残して高さ部分に利用しました。紙を横に2回折ることで絵柄を安定して支えているのです。内側を覗き込んでもおかし [続きを読む]
  • 優先順位
  • 毎日暮らしていく中で何を先に片付けるか常に選択を迫られますね。私のふくろう作品です。ビーチには本物の砂を敷き詰めてみました。例えば晴れていれば洗濯してさっさと干し来客があれば部屋を片付けて掃除。優先順位を適切につけそれに沿って行動する人は充実した人生が送れるのかもしれません。仕事も大事。家族も大事。バランスよく配分したいです。展示会までに5年に一度のゴールド免許の更新だの青色申告に49日ガラ携から [続きを読む]
  • 春はもうすぐ
  • 有名なペンギンちゃんのお雛様です。絵柄がシンプルなので背景に装飾を施しました。ピンクの和紙は昨年桜の頃 初孫誕生の手伝いに高知へ行った際買い求めました。和紙作りで耕地ではごくごく薄い物など作っていますね。写真では分かりませんが桜文様の折り紙を菱餅イメージで背景の台にしました。ピンクと一口に言っても色味はさまざまなので調和はずすなど塩梅をはかります。桜の散らし方も並べたら幼稚園みたいだし余白の美学、 [続きを読む]