シバッチ さん プロフィール

  •  
シバッチさん: シバッチの世間話
ハンドル名シバッチ さん
ブログタイトルシバッチの世間話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shibachi1/
サイト紹介文アニメ・漫画・ゲームの感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2006/12/01 11:35

シバッチ さんのブログ記事

  • 夏の新作アニメ
  • 7月から新作アニメが始まるので、それのチェックです。情報元は、毎度お馴染みMOON PHASEさん。放送日時などは、私の視聴環境ですのでご注意下さいませ。「Fate/Apocrypha」(07/01 土 24:00 TOKYO MX)Fateの新作なので観ますです。FGOの方もやってますしね。今回は素敵なルーラーさんが出るので、その活躍に期待です。って、すでに真名を知ってる訳ですが、そこら辺が分からないのもポイントになっていると思うので、隠して [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その20
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(12話)ルミアが事情を説明し、それに対してグレンが「任せろ」と告げたシーン・・・「姿を消してしまったのです」という台詞で、そのまま逃げたような感じになったので笑ってしまった。スゲェ酷いヤツですがな(笑)今回出てきたレオスは、グレンの敵が化けたものだったという。本人は予想通り麻薬をやっていたので、保たなくなってしまったようで。麻薬は怖いですねぇ。グレンが容赦なくゾン [続きを読む]
  • 鬼滅の刃 1〜6巻
  • 鬼滅の刃 1ジャンプ漫画という事で、戦闘中心の作品です。こういう漫画は久々に読んだので、何やら懐かしく感じました。話的には、鬼と、鬼を退治する組織の戦いで、主人公は鬼に家族を殺された事から、鬼退治の組織へと入っていく、という内容になっています。話のテンポが良く、次から次へと戦いが続いていき、しかも気になる引き方をしているので続きが読みたくなるという、週刊連載としてのポイントを押さえて作っている感じで [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その19
  • 「Re:CREATORS」(11話)何このリア充自慢。ネットで自分の上手くもない絵を好きになってくれた人がいて、仲良くなって、会ってみたら美少女だった。さらに会ってもこちらに幻滅せず、そのまま仲良くなっていった。これはもうそれだけで幸せな話ですね。普通に絵なんかどうでも良くなって、彼女とのラブを何とか成し遂げようと張り切るでしょう。私ならそうする。しかし颯太は、彼女を絵のライバルとして捉えてしまった。レベル [続きを読む]
  • マジシャンズ
  • huluにあったので観てみました。内容的には、大人版「ハリー・ポッター」という感じで、魔法の大学院での話です。主人公は、「『ハリー・ポッター』みたいな児童文学にハマっているオタクの青年」という、あまりカッコ良くない設定で、普段はオドオドしていて人付き合いが下手なのに、その児童文学の事となるとベラベラ喋り出し、解説者の解説が間違っていると、空気読まずに「そこ間違ってます」とか駄目だしするような痛い人にな [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その18
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(11話)指揮での勝負開始。というのは良いのだが、いきなり訓練無しでやるってのには無理がある気が。指揮の腕以前に、何か運が左右しそうですからねぇ。一人だけ規格外が居るので、リィエルに単独で攻めさせた方が簡単に勝負がつきそうです。まあ、さすがにそれはやらなかったみたいですけど。レオスの目的は、家柄の良い白猫と結婚し、その権威を手に入れること。何か酷すぎですが、麻薬をや [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その17
  • 「Re:CREATORS」(10話)不意打ちはなかったけど、予想通りまみかを殺したのだと決めつけられ、メテオラが攻撃されてます。何故信用出来ない人間の言葉を真に受けて、相手に確認すらとらないのか。そこら辺はどうでもいいからでしょうな。アリステリアって、今の状況に対する苛つきをぶつけているだけに思えますからね。自分のやっている事が「間違っている」って気づいても止まれないというか。自暴自棄ってやつですな。要は迷 [続きを読む]
  • マーベル・シネマティック・ユニバース
  • アベンジャーズ先日huluに、マーベルのヒーローシリーズが特集として大量にありました。以前からマーベルのシリーズは気になっていたので、良い機会だとばかりに観てみた訳です。単発の映画だったら興味無かったのですが、このシリーズは、それぞれの作品の主人公達が集い、共通の敵と戦う内容の作品もあるので、そこが気になっていたんですよね。スパロボみたいですからねぇ。huluには、第1作の「アイアンマン」から第13作の「 [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その16
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(10話)ついに白猫さんがメインの回ですよ。でもすでにルミアの方がメインヒロイン感が出まくっていて手遅れですが。何と悲しいヒロインなのか。白猫さんは表情の変化が激しいので観ていて可愛くて宜しいです。でも扱いが悪くて実に不憫。今回メインになるようですが、「グレンの昔の女に似ている」という、自分を見てくれない悲惨要素が発動です。やっぱり不憫ですな。良さ気な婚約者が出てき [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その15
  • 「Re:CREATORS」(9話)まみかさん、遺言頼むにしても相手が悪すぎです。真がねはどう考えても状況を悪化させようとする人間じゃないですか。まあ、まみかって人を見る目が無いので仕方ないですけど。そんでアリステリアがまた、思慮深くない単細胞なので、何も考えず短絡的に結論づけている辺りが最悪です。真がねの事を信用してないくせに、言われたままに解釈するってどうなのかと。まあ、アリステリアもそういう人間だからア [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その14
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(9話)ルミアが吊されて喘いで、大変宜しゅうございますな。この状態だとおっぱいも強調されるので、さらに素晴らしいことでござんす。今回はこれで満足だ。リィエルはクローンだったようで。なるほど、兄との思い出話をやらなかったのはそういう事ですか。オリジナルの妹は死んでいて、その記憶を引き継いだ存在な訳ですな。兄の偽者は、単に偽者ってだけじゃなく仇だったりもするという酷さ。 [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その13
  • 「Re:CREATORS」(8話)前回に続いて、手に触れられると喋るスイッチが入る颯太に吹いた(笑)こりゃ、風俗とか詐欺とかで酷い目に遭わされるタイプですね。どうやら颯太は、アルタイルの作者がネットで叩かれた頃に、冷たい態度をとったっぽいですね。それで作者のお嬢さんは絶望して自殺しちゃったとか。アルタイルは、一部の人間がやった事で世界を滅ぼす気になったという、よくある駄目悪役なようですな。何でこう短絡的なの [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その12
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(8話)反抗期リィエルちゃん。何か知らんが、急に不機嫌になりまくりなので、事情が分からないこちらとしては困惑しまくりですね。不機嫌な様子があまり可愛くないので残念だ。ボーッとしているのが可愛さなのに、それが無くなってますことよ。特に喋り方が普通になってるのが悲しい。研究所の所長がルミアを意識してるので、きっとこの人、悪役なんだろうと推測しておきます(笑)急に出てきた [続きを読む]
  • 転生したら剣でした 1巻
  • 転生したら剣でした (1)最近流行りの転生モノです。ありがちな設定ではあるのですが、この作品が面白いのは、転生したのが無機物、つまり剣って事ですか。剣なんて動けないし、それでどう面白く描くんだろう? と思っていたら、自分でも動ける設定だったので納得。しかも意思の疎通も出来るので、特に不便な面は無い感じでした。それだけならば読まないんですけど、この作品が良いのは、相棒として出てくるお嬢さん。獣人で猫族の [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その11
  • 「Re:CREATORS」(7話)「考え方が合わなければ、お互い触れなければいい」というのはまさにそうなんですが、相手が世界を壊そうとしてるとしたら、自分が酷い事になるから関わらざるを得ませんわね。まみかにしても「まみかの世界を壊すのが良い」という考えに基づいて活動している人間が居たら、止めようとするに決まってるでしょうから。そこら辺で何か他人事な意見にしか聞こえないのでした。どうにもまだ現状の理解が足りて [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その10
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(7話)リィエルちゃんキタ〜〜。いきなり次の回で転入ですよ。何と嬉しい。世間知らずな暴走ぶりが実に宜しい可愛い。脈絡もなく水着回。やはりおっぱいルミアさんが最高です。何気に大胆娘なのもポイント高し。リィエルに兄のことを告げたら錯乱状態に。どうやら心に傷を負っているようです。グレンに執着しているのも、依存することで安定を保っているという感じですか。益々可愛くなっちゃい [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その9
  • 「Re:CREATORS」(6話)軍服ちゃんの作者の情報があるのに、それを話さない颯太。死んだ知り合いだからってのでショックなのは分かるが、現状酷いことになっている訳だから、とっとと話した方が良いですわな。隠したところで何の利点も無い訳だし。何気に颯太と関わる時のセレジアって、お姉さんぶりを示すので、萌えられて宜しいです。ヒロインなんだし、ラブ展開になっていくと嬉しいんですが。怪しい女子高生登場。声は真綾ち [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その8
  • 「Re:CREATORS」(5話)ロボ登場。何かギガスマキナとかアイオーンとか主人公機らしからぬ黒いカラーリングとか、思い切りデモンベインを思い出しましたわ。って、何でロリババァの相棒が居ないのだ。それでは全く駄目ではないか〜〜。そういやこの作品って、私の萌え琴線に触れるキャラが出ないんですよね。そこが何とも寂しい。セレジアさん、お姉さん誘惑するものの、年下好きとか言われて撃沈。何と勿体ない。っていうか、セ [続きを読む]
  • 黒子のバスケ Replace PLUS 1巻
  • 黒子のバスケ Replace PLUS 1アニメ版を、劇場版まで2、3週間で一気に観てしまった私。面白い作品だったので、観ている間は凄く幸せだった訳ですが、もう観るものが無い状況になった事で、ひどく寂しい想いを抱くことに。何しろ短期間で観たために、楽しめていた時間も短かった訳ですよ。ゆえに何かあっと言う間に楽しい時間が過ぎ去ってしまった訳です。いや、待つことなく楽しめたのは非常に幸せなことなのですが、やはり寂し [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その7
  • 「Re:CREATORS」(4話)二次元から出てきたら、普通は絵のはずなのにちゃんと肉体がある。それは世界の修復力によるもの。なるほど確かに考えてみれば、絵が肉体持ってるのって変ですもんね。今までそういう事を気にした作品ってなかったので珍しいですな。しかしあまりに関わる世界が多すぎると、さすがの修復力にも限界がくるらしい。予測でしかないですけど。こうした「世界の限界」って設定はたまに出てくるけど、本当にそう [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その6
  • 「Re:CREATORS」(3話)この魔法少女さん、かなり自分勝手な感じですね。自分がやった事を「知らない」とか言っちゃう、現状を受け入れられない性格というのは、とても主人公とは思えない感じです。たまにそういう主人公も居ますけど、基本的に主人公って素直で現状を受け入れる性格の方が多いですから。この魔法少女は一見後者な感じなはずなのに、実際は前者という、子供向けアニメの主人公としては、結構キツめの性格設定にさ [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その5
  • 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(3話)今回も白猫ちゃんはエロ要員。恥ずかしがる顔がエロスです。このお嬢さんは表情の変化が可愛いので宜しいですな。おっぱいちゃんは魔力増幅能力があるようで。なるほど、色々使えそうなので攫われた訳ですか。王家から追放されたのも、そういう存在が気持ち悪いかららしい。こんなに可愛いのにおっぱいなのに。ホント差別意識って馬鹿ですね。いい最終回でした。続きは要らない感じですが [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その4
  • 「Re:CREATORS」(2話)おっぱいが気になってしょうがねぇ。この主人公は、目の前に美少女の生おっぱいが常に見えているというのに、どうしてこんな冷静で居られるのか。いやいや、内心凄まじく動揺しているが、それを必死になって隠しているのだ。うむ、そうに違いない。そうだと信じているぞ。やはり主人公が動揺してくれないと感情移入的にエロスの楽しみが減りますからな。押しつけがましい魔法少女登場。自分の正義が絶対ゆ [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その3
  • 「ゼロから始める魔法の書」(1話)ロリババァっぽいヒロインに狂喜乱舞。偉そうな喋り方も素敵です。ああ、良いヒロインだ。主人公は獣人な傭兵。何やら魔法のせいでこういう姿に生まれてきただけで、ちゃんとした人間ではあるみたいですね。まさに獣の皮をかぶらされているだけって事なのかも知れませんな。会話のやり取りが面白く、ヒロインが凄い存在で活躍していきそうなのが良い感じです。今後主人公がどう活躍していくのか [続きを読む]
  • 2017春 視聴アニメの感想 その2
  • 「Re:CREATORS」(1話)アニメの世界へ行っちゃった、と思ったら、今度は現実世界へアニメキャラが出てきちゃった。という訳で、「月光条例」アニメバージョンの始まりです(笑)何ですか、このアニメファンにとって夢の設定は。私もお気に入りのキャラを実物として見てみたいれす。こういう作品で刃物を突きつけられる事はよくあるが、同時に股間も潰されそうになるというのは珍しいのではないかと。ある意味ご褒美ではあるが( [続きを読む]