ぷるみえ さん プロフィール

  •  
ぷるみえさん: さらたび。〜お皿の中の小さな旅
ハンドル名ぷるみえ さん
ブログタイトルさらたび。〜お皿の中の小さな旅
ブログURLhttp://yaplog.jp/soshoku/
サイト紹介文日本や世界のおいしい料理をいただきます。納豆も大好き。
自由文料理で旅行気分を味わいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2006/12/02 13:59

ぷるみえ さんのブログ記事

  • 小倉でラスト・ラーメン&かき氷
  • 九州最後の日。本来は福岡市内で遅いランチをとる予定でしたが、時間的にタイトで慌ただしいスケジュールだったので、小倉で途中下車することに。こういうフレキシブルに行動できるのが青春18きっぷの良いところです。小倉に訪れたのはなんと約四半世紀ぶり!すっかり綺麗な駅に生まれ変わっていました。駅から歩いて5分ほどのところにある鳥町食堂街へ。こんな味のある小さな通り。看板の文字に泣けます。この洋食屋さんのカーブ [続きを読む]
  • 別府「チョロ松」で名物かも吸いに再会
  • 温泉にハシゴし放題の別府ですが、入りすぎると湯あたりするため1日3回までが適度だそう。夕方宿に戻り、近くのコインランドリーで洗濯する間、別府タワーに登ってみました。ここも1日乗車券の優待で入場料2割引。別府タワーは、東京タワーや通天閣、さっぽろテレビ塔とともに「タワー6兄弟」と呼ばれているそうで、いずれも「塔博士」として有名な内藤多仲早大名誉教授の設計だそうです。窓ガラスにはあちこちにヒビが入ったまま [続きを読む]
  • おんせん県で蒸し料理を堪能
  • 延岡から再び18きっぷで別府へ。6時09分発の佐伯行き各駅停車を逃すとあとはもう特急のみといういさぎよい路線だったので、絶対に寝坊できませんでした。佐伯で乗り換えて別府に着いたのは9時台だったけれど、もう暑いのなんのって宿に荷物を預け、亀の井バスの窓口で「Myべっぷフリー 1日ミニフリー乗車券」を購入。1日900円で別府市内の亀の井バスに乗り放題+割引の優待が受けられる、とてもお得な切符なのです。まず最初に向 [続きを読む]
  • 延岡「麦酒蔵 Hideji」で地ビールに浮かれる
  • 高千穂から再び高速バスのたかちほ号で終点の延岡へ。ちなみに延岡から熊本行きは“あそ号”と名前が変わります。駅からすぐのビジネスホテルくどうさんにチェックインして荷物を預け、高千穂を散々歩いてかなりお疲れ気味だったのに、延岡の繁華街まで歩いて晩ごはんに向かってしまう私って結構スゴイと自分でも思います。向かったのは宮崎のクラフトビール“ひでじビール”の直営店「麦酒蔵 Hideji」さん。この日は団体の宴会が [続きを読む]
  • 暑い暑い九州でサイダー三昧!
  • 神代庵から徒歩で15分くらいのところにある「高千穂がまだせ市場」へ。ここには産直ショップ「鬼八の蔵」のほか、高千穂牛を販売する「ミートセンター」や、高千穂牛のステーキがいただける「レストラン 和(なごみ)」もあります。なんと22万頭の子牛を世に送り出した安平号と、その母きよふく号の像が飾られていました。牛だけでなく鶏もアリ。せせりやたたきなど地元にしか流通していないであろう部位が売られていました。高千 [続きを読む]
  • 高千穂「神代庵」でお蕎麦と山女
  • 熊本のバスターミナルから「特急たかちほ号」というバスに乗って、高千穂へ。阿蘇山の手前には青々とした田んぼが広がっていました。本来通っていた道が地震の影響で不通になっているため、迂回ルートを通っているようです。3時間ちょっとで高千穂バスセンターに到着し、案内所で天岩戸神社へのバスを尋ねたら、すぐにバスが出ることがわかり、大急ぎで荷物をロッカーに預けて路線バスに乗り込みました。まずは天岩戸神社西本宮へ [続きを読む]
  • 熊本ラーメン、赤と黒。
  • 友人と別れて熊本に到着し、ホテルに荷物を預けて向かったのは熊本城。ご存知の通り大地震で瓦や石垣が崩れ、危険な状態のため内部の見学はできませんが、周辺から見学することができます。2003年に約3億円かけて復元された未申櫓(ひつじさるやぐら)の石垣は崩れ落ちている一方で…戦国時代に建築された当時の姿を残す宇土櫓(うとやぐら)は、ほぼ無傷のまま持ちこたえ、見事なまでの美しさを保っていました。崩れた石垣には番 [続きを読む]
  • フェリーで熊本〜「高専ダゴ」でお別れランチ
  • お天気が良ければ島原半島をぐるっと回るプランもあったのですが、あいにくの天気のため風光明媚な風景は望めなさそうだったので、雲仙に向かうことにしました。が、山道を進むとあたり一面霧に包まれ、雲仙に着いた頃には体感湿度120%! 硫黄の匂いが濃霧であおられて、むせこむほど。雲仙の地獄めぐりは温泉の湯気と濃霧が混じってもう何が何だかわからない。これは退散だ〜逃げ込んだのは遠江屋本舗さん。イートインスペース [続きを読む]
  • 島原「東洋九十九ベィホテル」の飲み放題ビュッフェ
  • 今日も雨だった長崎を早々に離れ島原へ向かい、宿泊先の「東洋九十九ベィホテル」へ。ホテルのかたはアロハ着用で、皆さんとても丁寧な対応。ツインの部屋はバス、トイレ、洗面が別、冷蔵庫はツードアで、今回の旅行でいちばんの高級な宿です。本来ならば美しい有明海と九十九島が望めるオーシャンビューの部屋だったのですが、ご覧の通りのグレイな眺めまずは雨で冷えた体を温めるべく温泉へ。エレベーターを乗り換えるのが少々面 [続きを読む]
  • 長崎で名物ちゃんぽんとミルクセーキ
  • 波佐見から長崎市内へ。途中の大村湾が晴れていたら絶景なのに、数メートル先も見えないくらいの大雨 おそらく何千万人に歌われてきたであろう歌を歌うしかありません。ああああ〜、長崎は〜 今日も〜(以下略)長崎原爆資料館に向かったら、雨だから先に屋内で観られるところを…と誰もが思ったらしく、駐車場が長蛇の列。全然進まないことにしびれを切らして、先に浦上天主堂を見学することに。ちょうど直前にNHKの特集で浦上 [続きを読む]
  • 波佐見「くらわん館」でイケメンな丼を
  • 嬉野で美味しい朝ごはんを食べた後は、車で20分くらいのところにある波佐見(はさみ)町へ。ここは私が大好きな“波佐見焼”のふるさとなのですが、お盆の真っ最中だったので目当ての窯元さんは夏季休業中 ということで波佐見町の物産館「くらわん館」に向かいました。中に入ると、いきなりこんなカワイイお皿たちが。うわ、こっちも! こっちもー!って、もうキリがないくらいカワイイ食器の数々。葉っぱの小皿は段重ねにもでき [続きを読む]
  • 嬉野温泉「一休荘」が素晴らしすぎた!
  • 佐賀では嬉野温泉の「一休荘」に泊まりました。お盆のハイシーズンなのに部屋出しの食事が2食付きで1人8,640円という破格のお値段だったのと、旅行サイトの口コミがとにかく高評価だったのが決め手となりました。6畳でトイレが外の部屋でしたが、洗面台、冷蔵庫、金庫付き、床の間や広縁もあって、思っていたよりはずっと広いお部屋でした。お茶はもちろん嬉野茶古いというよりは味のある建物。どこも清潔で、手入れが行き届いて [続きを読む]
  • 佐賀・三瀬のそば街道で蕎麦づくしランチ
  • 今回の旅行の目的は、47都道府県でまだ足を踏み入れていない佐賀県と長崎県に行くこと。佐賀で思いついたのが、以前中林20系さんの記事で知った三瀬のそば街道。いつか行ってみたいという念願がついに叶いました!山の中の一本道を進んで行くと、お蕎麦やさんの看板がぽつぽつと現れます。私たちが選んだのは「木漏れ陽」。友田農園という蕎麦農家さん直営のお店で、のどかな山の中のこの一角だけ大変な賑わいです。何度も“勝手な [続きを読む]
  • 友人と再会〜太宰府天満宮へ
  • 今回の九州旅行を計画したのは5月の終わりくらい。ずっと近所で仲良くしてもらっていた友人がこの春福岡へ引っ越し、「よかったら車出しますよ!とのオファーをいただいたため、ありがたくお受けすることにしたのです。地元の駅で合流し、まずは太宰府天満宮へ。予想はしていましたが、ものっすごい数の大陸からの観光客の方々に圧倒されます。夏の納涼水みくじというのがあったので試してみました。お水に浸して浮き出てきたのは [続きを読む]
  • 九州上陸!やっぱりとんこつラーメン!!
  • 広島〜岩国と乗り換えて山口県の下の方を各駅停車でトコトコと。途中の町が真っ暗でやや不安を覚えつつ、下関に着いたら駅前がギンギラギンでクラクラきました当初は小倉に泊まる予定だったけど、ホテル近辺のストリートビューを見たらめっちゃ妖しげだったのでビビってしまい、ちょっと先の黒崎に泊まることにしたのです。九州で楽しみにしてたのはやっぱりとんこつラーメン! ところが第1候補:遅い時間に着いたのですでに閉店 [続きを読む]
  • 広島であなごめしを探す
  • 福山で粟餅だけにしておいたのは、もしかして広島で“うえののあなごめし”が買えるかも?という淡い期待を寄せたためでした。広島で途中下車し、向かったのは福屋というデパートの地下にある広島のおみやげを売るコーナー。がしかし、夕方に行っても買えるはずはなく、だよね〜。分かってたけどションボリ。まあ、仕方ないね。せっかくなのでデパ地下を回ってみたら、こんな赤ヘル坦々麺とかミルキーや午後の紅茶までカープ仕様だ [続きを読む]
  • 福山「禅と庭のミュージアム」
  • 朝の福山城を見に行ったあとは、福山駅南口にある駅そば「あじわい処 麺」でかけそばを。前日の昼から3食そばです(笑) 。かけそばなのにわかめ、かまぼこ、天かすも入っていました。そしてこの淡い色のおだし!やっぱり西のおだしは美味しいなあ〜。福山駅のバスターミナル6番乗り場から新川線という路線バスで向かったのは、神勝寺というお寺。直行便の時間が合わなかったので、天神山というバス停で降りて15分ほど歩きました。 [続きを読む]
  • 福山「串BAR」で美味な炭火焼
  • 京都から各駅停車で約4時間、広島県の福山に到着。ホテルに荷物を置いて、さあ晩ごはんだ〜〜! 軽いおやつとお蕎麦しか食べてなかったのでおなかペコペコ。ホテルの近くの「串BAR」というお店へ。広島県唯一の地鶏「帝釈地鶏」がいただける炭火串焼き専門店です。プレモルを飲みながらお通しの塩だれキャベツと手作り豆腐をつまみます。プレモルがあるお店は信用できるな〜目の前が炭火ですよ。板みたいなメニューを眺める楽しい [続きを読む]
  • 夏の旅行は波乱のスタート
  • いよいよ待ちに待った夏の旅行がスタート! まずはちょっとでも遠くに進むため、会社帰りに沼津に向かいました。JRよりも新宿から小田急線に乗ったほうが500円安くなることがわかり、18きっぷではなくフツーにPASMOで沼津に到着。沼津といえばやはり海鮮!しかし到着時間に開いているお店は少なく、事前に食べたいものをチェックして目指したお店はなんだかダメなお店で、お通しとお刺身だけで出てしまいましたお腹が空いたので、 [続きを読む]
  • タイっぽいものを創作
  • 近所のスーパーで安く売られていたので買ってあったトムヤムチャーハンの素、これってチャーハンじゃなくて調味料として使ったらどうかな?という好奇心が芽生え、最近お気に入りのタイお惣菜店「チャンロイ」のトムヤム風味春雨炒めを作ってみることに。がしかし!想像していた味とはちょっと違い、やっぱりチャーハンにして丁度いい味にしてあることが判明(当たり前か)。この時使ったのが「永谷園の麻婆春雨」の春雨だったので [続きを読む]
  • 大衆ビストロPINE@所沢
  • 札幌の友人がこちらに滞在中だったので、週末に会う約束をしました。場所は所沢にある「大衆ビストロPINE」。繁華街とは反対側の大通り沿いにあるお店です。まずは常陸野ネストの樽生ホワイトエールで乾杯 ハニーチーズ豆腐、生ハム2種、ポテトのお通しが美味しくて、これはかなり期待できます。たっぷりのオイルでぐつぐつ煮えたつアヒージョは海老とつぶ貝。つぶがコリコリで美味しかったこの旨味たっぷりのオイルを染み込ませ [続きを読む]
  • 続・恵比寿三越のお弁当
  • 恵比寿ガーデンプレイス内にある恵比寿三越のお弁当がお気に入りになった私ですが、中でもハマったのがタイ料理のお惣菜やさん「チャンロイ」のお弁当。夏はエスニックな味を求めてしまうのですが、意外にも辛すぎず野菜もたっぷりで、栄養バランスも良いのです。ガパオと皮付きカリカリ豚野菜炒め弁当690円。彩り豊かな野菜は油っこさもなくサッパリしています。目玉焼きの下にはガパオはないので、ご飯の配分にご注意を。こちら [続きを読む]
  • 母屋サイトを移転しました
  • サイドバーでもご案内している母屋サイト「ランショネッチ*ベーテーエヌ」ですが、公開しているKDDIのサーバのサービス終了にともない、サイトを移転しました。http://www.geocities.jp/lanchonete1er/全く更新していないサイトではありますが閉鎖するとなるとちょっと寂しくなり、移転先を探した末、一番最初にウエブサイトを作り始めたジオシティーズに収まることとなりました。ノスタルジックなサイトですが、よろしければご覧 [続きを読む]
  • 館山で買った野菜たちで。
  • 「海のマルシェたてやま」では館山近辺の特産品のほか新鮮な野菜も売られていて、大きくてつやつやのナス、カラフルなパプリカ、カップにたっぷり入ったバジルなどをあれこれ買い込んで帰宅しました。太くて大ぶりなオクラは湯がいている時点でもうネバネバが溢れ出ていました。輪切りにしたものを館山の地納豆「三浦商店」さんのきざみ(ひきわり)と一緒に和えてみました。スイートバジルとパプリカは、大豆の水煮をひき肉がわり [続きを読む]
  • 館山のピーナッツソフトとロシアケーキ
  • 館山に行ったのは、「“渚の駅”たてやま」の名誉駅長であるさかなクンのギャラリーが見たかったから。かなり広いスペースにさかなクン直筆のイラストがズラ〜リ。お魚にも詳しくて、イラストも上手で、さらに私のハートを掴んだのはスカパラと共演したCMでクールにバスサックスを吹く姿!彼は自分がどうしたら格好良く見えるかをよく知っているな…。いろんな才能があって、ズルいでギョざいます!さて、ラストは“渚の駅”たてや [続きを読む]