ヒギリ さん プロフィール

  •  
ヒギリさん: MELANCHOLIDEA
ハンドル名ヒギリ さん
ブログタイトルMELANCHOLIDEA
ブログURLhttp://melancholidea.seesaa.net/
サイト紹介文ひきこもり系アセクシャルの考えること。多様性を認めない社会や教育にアンチです。たまに書評。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2006/12/04 04:10

ヒギリ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 漫画を買ったことと読まない僕
  • 久しぶりに図書館に行った。5年ごとに更新するカードの期限がだいぶ前に切れてた。前回は更新開始と同時に手続きするくらい日常の中に図書館があったのに、今はカード番号すら忘れてる。(たいていの人は図書カードの番号なんて覚えてないと思うけど、私は自然に覚えちゃうくらい毎日使ってた)依存しなくなった。だけなのかな。久しぶりに図書館に入って、なつかしさになんかがこみあげてきそうで意外とこない。いつも必ず見る新 [続きを読む]
  • 定刻発車の世界
  • ここしばらく毎日電車が遅延してる。分単位から1時間単位まで、いつものに乗っても違う時間にのっても違う路線を使っても、はかったように行き帰り遅れる。先日は、帰り道で疲れてて体調も良くなくて、このままうっかり立ちくらみとかしてホームから落っこちないかなって思ってたのに電車が来なかった。私より前に落っこちた人がいたらしい。うっかりさんとか酔っ払いとか急病とか辛い人とか、なんでそんなに多いの。5月病にはま [続きを読む]
  • パラリン特集と健康CM
  • 昼過ぎにテレビをつけたらパラリンピックに向けて有望な選手の特集をやってた。障害についても話してた。直後のCMは酵素だかグルコサミンだか健康サプリのもので、体験者の声をやっていた。「いつまでも元気でいたい」「介護される側になりたくない」そして「歩けなくなったら終わり」痛いのとか不便なのとかつらいとか苦しいとかをできればさけたいってのは人情だ。健康でいたいと思うのはいけないことじゃないし、健康じゃない状 [続きを読む]
  • 身心一如
  • 先月のメンタルがやばかった。自覚あったけど吐き出し用に書き散らしたメモを読んだら改めてやばかった。ここ数年はそういうのやってなかったんだけど、吐き出す必要がある時点でよくない状態になってる。なんかもう最近、薬物に手を出す人とかの気持ちがちょっとわかる気がしてきた。そんなんに手を出すのは馬鹿だと思うけど、でも今がつらくて今を楽にしてくれる手軽な誘惑があったらのるし、のっちゃったら手放せなくなるだろう [続きを読む]
  • 救いの手の格差
  • しにたくなったらこころの健康相談統一ダイヤルを、ぼへっと眺めてた。東京以外は土日祝日年末年始はお休みで、会社員が働いてる時間内が運用時間らしい。多分、相談に乗れる人を集められるかとか資金とか色々あるんだろうけど。土日祝日年末年始夜から朝が一番死にたい時間だと思うんだけどな。助けてもらえる可能性の数に地域差が出てしまうのは悲しい。生きる支える相談窓口 [続きを読む]
  • 年末メンタル
  • 盆暮れ正月と冠婚葬祭の前に読むべきは、『ムーミン谷の夏まつり』わたしたちみんなが楽しくないと思っているならあの人たちとむりにあわなくたっていいのよ。神経質で弱くて頭が固くて臆病なくせに気づきを立派に行動に移すフィリフヨンカさんだいすき。フィリフヨンカというのは、ムーミンシリーズにでてくるいきものの一種。フィリフヨンカたちの特徴は、やせ型神経質で強迫傾向の女性。(男性はフィリフヨンク)『夏まつり』に [続きを読む]
  • 『普通』化のための手術と本人の意思
  • 多指症のニュース記事を読んだ。多指症というのは文字通り生まれつき指が大抵の人より多い症状。先進国では幼児のうちに『余計な指』を切り取るのが一般的らしい。検索したけど『治療』しなきゃいけないもんなのかよくわからなかった。結合してたり遊離してたりで機能的に不便だから。というならまだわかる。人と違うといじめられやすいから物心つく前にってのも想像できる。けど、ただ多いだけのものを本人の同意なしに切り取って [続きを読む]
  • 災害のたびに思うこと
  •  私は、「ハーパーズ・バザー(Harper’s Bazaar)」誌の友人フランシス・マクファーデンと一緒にテーブルについて、第二次世界大戦の地獄から生き延びた人々が、本当に関心のあることはなんだろうかと頭をひねっていました。「『ハーパーズ・バザー』のモード写真でないことは確かね」といって、フランシスは賢そうな額にしわを寄せました。「あら、そうかしら」と、私は答えました。 「それだって考えられるわ。麻袋の布地で服 [続きを読む]
  • 死んでない人は生きている
  • 自分のなかで落としどころを見つけられていない部分にふれる質問をされた。折り合えてないから答えられないけど折り合えてないからごまかすこともできない。で、はあまあこんなような感じといった具合ということも無きにしも非ずといった風で…のような、嘘ではないけど明確でないむにゃむにゃした返答をした。そしたら、「ああ、そうやって生き延びてきたんだね」と言われた。ああー。そうか。私は、自分がなんもしてないから言う [続きを読む]
  • 国民的アニメと国営放送の成人の日(フライング)
  • 成人の日まえの昨日、ひさしぶりに「サザエさん」を見た。クリーニング屋の娘が自分の成人式そっちのけで店の手伝いをしていて、父親である店主は本当は晴れ姿がみたいと思っている。それを聞いたイソノさんちが協力して晴れ姿をみせてあげるのも親孝行とかなんとかいって、娘を説得してめでたしめでたし。てな話だった。古き良き昭和の話だし、晴れ着をきせてやることが間違ってるわけじゃない。だけどアニメの善良なるイソノさん [続きを読む]
  • 手間と無駄の狭間
  • コードレスの掃除機がほしい。だしたりコンセント抜き差ししたりコードをのばしりひっかけたりする手間がはぶけたら掃除ストレスが大分へる気がする。あと軽いのがいい。と、電気屋に行ってみた。そしたら機種により多少は差があるけれど、おおむね四時間充電して三十分使用なふうだった。なんだかものすごくロスが多く感じる。ううん、コンセントのない場所で使うわけじゃないしなあ。 [続きを読む]
  • みんなのみんなのうた
  • テレビをつけたら「みんなのうた」が流れてた。なんだかすごく耳に残った。絵と歌詞にセクマイセンサーが反応した。「ドミソはハーモニー」という曲らしい。かわいい。ちらっとしか聞けなかったんだけど、多様性っぽいテーマだった気がする。みんな違うからハモれるんだよ的な…歌詞をみたい。もう一回ききたいのでメモメモ。 [続きを読む]
  • 読めない達筆より読める下手な字
  • 近頃ひさしぶりに電車をつかうようになった。そしたら車内アナウンスが気になる。今まで乗ったことのない路線のせいか、他もそうなのか、近頃の流行りなのか。なにって英語アナウンスの話。ねくすとすてーしょんいずナンチャラカンチャラ〜とかってアレの、駅名の発音。あれ昔はたとえば渋谷なら「し・ぶー↑や」って発音だったと思うんだ。でも今のってる路線では、「The next station is 渋谷」ってなってる。英語発音の文章の [続きを読む]
  • 図書館はみんなの逃げ場 鎌倉市図書館のツイート
  • 鎌倉市の図書館が新学期を前に子供へ向けたメッセージをツイートして話題になっているらしい。もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。— 鎌倉市図書館 (@kamakura_tosyok) 2015, 8月 26 もうずいぶん遠くなってしまっ [続きを読む]
  • 前提:みんな未完成
  • コミュニケーションのハウツー的なコラムを読んでいたらなんだか怖くなってきた。こういうのが良い反応です、こういうのが悪い反応です、こういう風にしましょう。自分の動き方がわからないときの参考にはなるけれど、これ全部覚えてこなすなんて無理だし、その通りに動いちゃったらそれはもう私じゃない。あくまで参考であって鵜呑みにするものではないのはわかっているけれど、「正解」以外をすべて拒まれているような気がした。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …