大谷 さん プロフィール

  •  
大谷さん: バンコクの日々
ハンドル名大谷 さん
ブログタイトルバンコクの日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/pts999/
サイト紹介文バンコクに滞在し日本人とタイ人の国際結婚をお手伝いする日本人の日常生活をつづる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2006/12/14 18:32

大谷 さんのブログ記事

  • タイ人の根っこにあるもの。
  •  それは何をするにも、その判断基準が「楽しいか、楽しくないか」であること。仕事でも勉強でも「これは楽しいから、する」、「これは楽しくないから、やらない」で 判断するのである。 だから日本語の勉強でも「ちょっと難しい事や沢山、単語を覚えなければいけない」となると、途端に「楽しくないから、嫌だ。勉強したくない」となる。 日本人的感覚で「辛くとも、ここは我慢して、頑張って!」と言っても、頭の中は「これは [続きを読む]
  • タイ人女性からお見合いをしたいと思われる日本人男性像とは。
  • 「髪の毛が薄いし50歳過ぎているから、日本国内で結婚相手を探すのは難しいんですよ」と、弊社のタイ人女性会員とカップルになった男性が漏らした言葉である。 私の経験からいって、日本人男性と国際結婚をしたいと考えているタイ人女性は、 男性の髪の毛が薄いとか、太っているということを余り気にしない人が多い。 そこでBRINGLUCKのタイ人女性会員?の場合、「日本人男性とお見合いをしたいと 考えるポイントは?」をご紹 [続きを読む]
  • 本当に繊細な話なんですよ。
  •  弊社は日本人男性とタイ人女性のお見合いをしている会社である。だから私達が通訳する場合、工場通訳、会議通訳、会社の業務通訳とは違う物が求められる。 それはお二人の心を繋げる通訳をすることである。お見合いは、お二人とも初対面で二人では何を話して良いのかも分からない状況から始まる。 だからお二人が相手に対し、いかに興味を持って頂けるかを通訳するのが大切である。同時にお二人が相手の人と結婚をした時、日本 [続きを読む]
  • タイで働くのに忘れてはいけないこと。
  •  私がバンコクへ移り住んだ20年前は、駐在員でもない30代の男が「タイ語の語学学校で、タイ語を勉強しています。将来はタイ語の翻訳の仕事をしたいです」というのは、とても珍しかった。 そして周囲の日本人からは「働き盛りの男が、何寝ぼけたこと言っているの」という冷めた目で見られていた。特に私の場合は、女房と一緒に語学学校へ通っていたので、余計そう見られたのかもしれない。 だからタイ人社長経営の翻訳会社へ勤め [続きを読む]
  • 何をもってして、残酷と思うか。
  •  約30年前に一人で中国を旅していた時、ロータリーの交差点に交通事故の写真が張り出されていた。それは事故で怪我をした人や死亡した人の写真であった。 当時、私はそれを見て「嫌な写真だな。えげつない」と思った。そして20数年前に バンコクへ来た時、交差点には事故写真こそ貼り出されていなかったが、新聞にはモザイクもかけていない事故写真や死体の写真が載り、それらの写真をまとめた雑誌が販売されていた。 今、タイ [続きを読む]
  • 農家に嫁いだタイ人お嫁さんたち-2
  • 「農家へ嫁いだタイ人お嫁さんたち-2」です。今回登場頂いたご夫妻は、今年2人目のお子さんが生まれました。ご家族でタイへ帰省される際は、必ずBRINGLUCKの事務所へ来てくださいます。私もお二人の結婚生活の様子やお子様の成長を見られて、嬉しい時間となります。秋田県お住いのA様ご夫妻日本人ご主人 年齢:57歳 職業:兼業農家タイ人奥様  年齢:37歳 職業:主婦と農業の手伝い結婚生活:2年 娘が2人(2歳と6か月)タイ [続きを読む]
  • タイに住むために大切なことは。
  •  最近、日本人現地採用者の給料の方が、日本にいる日本人の給料より、高くなって いるという記事を見た。何年間に一度は、こういう記事を見るのだが、いつも思うのは幅のない内容だなということ。 同じことが言えるのは、タイは物価が安いので日本の年金受給者は、タイで快適な 生活ができるというもの。実際、タイで生活をしていると、様々なストレスや社会保障制度の未弱さ、日本より生活費が掛かるんじゃないのと思う。 私 [続きを読む]
  • 何とも不思議なコンビニのサービス
  •  私はコンビニで買い物をするのが、結構好きである。それはコンビニによって独自のプロモーションを行っており、それが楽しみで、毎日、会社の近くにあるS−コンビニを覗いている。 今日も昼ご飯を食べてからS−コンビニへ寄り、アイスクリームを買おうとして、 冷蔵庫の前に立ち、タイ文字で書かれたプロモーションを読んでいた。 「今なら**の15バーツアイスが10バーツにディスカウント」と書いてあった。それは私が好きな [続きを読む]
  • ちょっと待て、そのひと筆が眉を濃くする。
  •  民族や国によって、人の美醜の基準が違うのは良くわかる。だからタイ人女性が、 眉毛を濃くかこうが、厚化粧をしようが、それはタイ人女性の美意識なのだから、私がとやかく言う筋合いではない。 私の父は、母が化粧をすることを嫌い、いつも「すっぴんでいろ」と言っていた。 母は「せめて外へ出かける時は、化粧したい」と言っても、父は「何を色気づいているんだ」と訳の分からないことを言って、母に化粧をさせなかった。 [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」20170630を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「タイ人との国際結婚手続は、どうすれば良いの?-2」です。  タイ人女性のお見合いと結婚、婚姻手続の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧頂き、お問い合わせください。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。               [続きを読む]
  • 農家に嫁いだタイ人お嫁さんたち-1
  •   今回から数回に分けて、BRING LUCKが農家へ嫁いだタイ人お嫁さん達に日本の生活や夫婦生活について質問し、その回答を掲載します。  日本へ入国したタイ人お嫁さん達が、何を思い、感じているかをご覧ください。                    岩手県お住いのT様ご夫妻日本人ご主人 年齢:50歳 職業:兼業農家 タイ人奥様  年齢:34歳 職業:主婦と農業の手伝い結婚生活:3年 息子が一人タイ人奥様の日本へ [続きを読む]
  • BRING LUCKのタイ人女性会員にもてる日本人男性とは?
  •  タイ人女性と日本人男性のお見合い、結婚相談所を経営していると、様々なお客様に出会う。日本人男性が、タイ人女性との結婚に求める理由も様々だし、結婚生活についても色々な考え方がある。 しかし一つ言えることは、日本人男性とお見合いし日本で生活をしようと考えるタイ人女性にとって、自分の夫として選ぶ男性は、将来の生活設計をきちんと見せてくれる人である。 こうした将来の生活設計を提示できる日本人男性は、弊社 [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」20170618を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「タイ人との国際結婚手続は、どうすれば良いの?」です。  タイ人女性のお見合いと結婚、婚姻手続の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧頂き、お問い合わせください。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                [続きを読む]
  • 気持ちは見透かされるのです。
  •  6月の初めから2週続けてお見合いがあり、2組のカップルが誕生した。いづれの お見合いにも私が出席し、司会をしたり、司会者の補助をしたりした。 お二人の日本人男性に共通していたのは、BRINGLUCKのタイ人女性会員と結婚したら、日本でどのような夫婦生活をするか?をきちんと弊社の女性会員に伝えてくれた ことである。 だからBRINGLUCKのタイ人女性会員も、自分の将来の日本での生活が想像でき、 生活設計を立ててく [続きを読む]
  • 「こんな人になりたい」という目標は大切です。
  •  タイのCMを見ていると時々、ハッとするような良いCMがある。特にタイの保険会社のCMは良作が揃っており、内容も家族愛、恩返し、人の徳について描いている。 私が子供の時から青年にかけて、映画、本、漫画、音楽から色々な影響を受け、自分なりにこんな人になりたい、こんな職業に就きたいと夢を描いていた。 特に梶原一騎氏原作の漫画には強く影響を受け「男としてこう生きるべきだ」というのを学んだ。最近、その漫画を読み [続きを読む]
  • 楽して手に入る物は何もないです。
  •  タイ人女性の良い点は、働き者であるということ。両親のため、子供のため、兄弟のため、夫のために身を粉にして働くところがある。 だから日本人男性と結婚して日本へ入国してからも、日本の生活に慣れたらパートに出たいと考える。 それはタイ国の習慣で男性も女性も、結婚したら女性は家で「専業主婦」になると いう感覚が殆どない。だから結婚しても女性は外へ働きに行くし、働きながら夫と二人で夫婦生活と結婚生活を創っ [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」20170522を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「国際結婚漂流」です。  タイ人女性のお見合いと結婚の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                        ↓↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村弊社のフェイス [続きを読む]
  • 厳しい時代を迎えたもんです。
  •  某結婚相談所のバンコク支店長をしていた時、日本語ができるタイ人を社員として 募集していたのだが、中々集まらず苦労した覚えがある。 もう5年前の話だが、仕事ができるできないは関係なく、日本語検定の資格を所持しているタイ人が、高い給料を提示して採用されていた。 その時感じたのは「日本人でタイ語が話せて、読み書きもできるというだけで、高い給料がもらえる時代は終わったな。タイの人で日本語を話せ、読み書き [続きを読む]
  • いらんお節介ですが、決断は慎重に。
  •  日本人とタイ人の結婚手続きをしている中で、日本人男性から良く相談を受けるのは「結婚した後タイに住み、お店を開きたいけれど、どうしたら良いですか?」である。 日本人がタイで商売をする時、タイ人配偶者が一緒に仕事をしてくれるのは、心強い面もあれば、気をつけなければいけない面もある。 それは「マイペンライ」という言葉を信用してしまうことである。例えタイで小さなカフェショップやマッサージ店を開くとしても [続きを読む]
  • きっと世界共通の顔だと思う。
  •  先週より朝と夜に雨が降るようになったバンコク。もう雨季になったと思うが、  この時期はトゥリアンが市場に出回る。 タイの人はこのトゥリアンを好きな人が多く、会社の近くの市場でも昼休みには、 トゥリアンを売る屋台の前に行列ができている。 昨年、ガーンヤオという種類のトゥリアンに出会い、その余りの美味しさに衝撃を 受けたのだが、今はまだ市場に出回っていないようである。 今市場で良く見るのは、モントー [続きを読む]
  • 甲斐性の問題かな?
  •  私はバンコクで暮らしてから、ずっと賃貸アパートや家に住んでいる。タイの人から良く「家賃はいくら?」と聞かれ答えると、「それだけ支払っているなら、買った方が良いよ。どうして買わないの?」と言われる。 私は引っ越し魔ではないのだが、一つの場所にじっとしていられない。それと一番 大きな理由は、何十年もローンを背負いたくないからである。 それを励みとして、仕事を頑張るんだという人もいるが、私はそういうタ [続きを読む]
  • 変わりゆくバンコクを目の当たりにして。
  •  それを本当に自分の目で見たのか、或いは情報番組で見たのかは記憶が定かではないのだが、名古屋の伏見辺りに屋台が出ていた光景を思い出すことがある。 私が小さい頃、父が私の手を引いて伏見辺りの歩道に出ていた屋台へ行き、何かを 食べているのである。そしてそれが撤去されるというニュースを聞いて、悲しくなった気持ちを覚えている。 その頃私の周りにいた大人は、仕事は真面目にする男もいれば、職もなくウロウロして [続きを読む]
  • 隣が売れているからって、自分も売れるという訳ではない。
  •  路上で屋台を営業するのが規制されて、歩道が歩きやすくなったバンコク。でも「 何だかな〜」と思いながらそんな場所を歩いているのだが、シーロム通の朝は、まだ 屋台が出ている。 この屋台がなくなったら、みんな朝ご飯をどこで食べるのだろうか?と思うのだが、そんな中で繁盛している屋台の隣りは、大体同じような屋台が並んでいる。 今の流行りは、コーヒーのエスプレッソマシンを置いた屋台。そしてプラスチック 容器 [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」01042017を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「BRINGLUCKのタイ人女性会員が、 求める日本人男性像。」です。  タイ人女性のお見合いと結婚の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                        ↓↓ [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」30032017を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「日本人男性に相応しい女性を育てれば良い。」です。  タイ人女性のお見合いと結婚の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                        ↓↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]