奥信濃の花屋 さん プロフィール

  •  
奥信濃の花屋さん: 奥信濃から〜花農家のフォトスケッチ
ハンドル名奥信濃の花屋 さん
ブログタイトル奥信濃から〜花農家のフォトスケッチ
ブログURLhttp://nashimoto.exblog.jp
サイト紹介文奥信濃の切花栽培農家のブログです。栽培している花、野山の花、そして農場と家族の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2006/12/14 19:06

奥信濃の花屋 さんのブログ記事

  • 今日のお姫サマ
  • 今週の初めに、個人的にではありますが大変な不幸がありまして、落ち込みっぱなしで重い体を引きずりながらなんとか仕事だけはしていたのですが、そろそろシャクヤクも始まりそう...ということで、気持ちを切り替えて邁進します。平地の自然栽培の早生系のシャクヤクはぼちぼち収穫が始まりました。お姫様たちは来週の半ばくらいからか....今日のように暑い日が続くともう少し早めに始まるかもしれません。織姫かぐや姫白雪姫 [続きを読む]
  • 山へ!
  • 国営開発農地通いが始まりました。遠いうえに、さらに遠く、やっぱり遠いので、行く前は本当に億劫で面倒だったりするのですが、標高が高く冬季積雪が5,6メートルになろうかという畑なので、宿根草・花木の類は出荷時期が平地と2〜4週間くらいずれることになり、やっぱり現状で大事なのです。気象が厳しい土地の自然は、美しい。畑の周囲にあるブナ林に入り込むと、時が止まったかのような感があります。林床に咲くユキツバキ [続きを読む]
  • 雨上がり
  • 久しぶりに良い雨をもらいました。ゴールデンウィーク明けから色々植えた苗にも、もちろん今月に出荷を控えたシャクヤクにも十分な水分をいただきました。シャクヤクは昨日から芽かき作業(脇芽を摘む作業)をしています。さらにお盆用のオリエンタルのルーティング作業なども。お盆は白のみ。標高の高い畑への植え付けです。 [続きを読む]
  • 竜ヶ窪温泉
  • 小雨の日。こんな日はゆっくり。まだ百合の収穫も少なく、ゴールデンウィークで直売所のお客さんも激増していることもあって、すべて直売所で売れてしまう。今だけではないが、直売所にはスーパーでは売られていないような地場のものがたくさん。これが田舎の直売所の魅力なんだろうね。もちろんアスパラも。一番の人気商品でしょう。午後から奥様と津南の竜ヶ窪温泉へ。まだ雪が融けたばかりの、竜ヶ窪を散策。 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク
  • 今日からしばしお休みをいただいています。とは言え、とくにこの混んだなかをどこかに遊びに行くということでもなく、動物病院にうちのお犬様を連れて行ったり、バアさんの野菜畑の畑起しをしたり、ジャガイモを植えたりなどした一日でした。ベッチーズブルー。元気が出てきました。タケシマユリ。数回、霜に遭いましたがとくに生長点まで凍ることなく大丈夫だったようです。昨年春に植えた切り花用のスズランの養成畑。来年から? [続きを読む]
  • シャクヤクの今
  • 清々しい春の日が続きます。シャクヤクもぐいぐいと成長してきています。この力強さが何とも頼もしく、畑を見るのが楽しくなります。織姫かぐや姫白雪姫スズランの繁忙もほぼ終わり、春の景色も目に優しく映ります。 [続きを読む]
  • 「スズランの日」まであと1週間
  • スズランの日まであと1週間。切り花も始まり、根つきや鉢も毎日たくさん旅立っていきます。「幸福をもたらす花」のメッセージを多くの人が知り、そして十分にお応えできないくらいたくさんのご注文をいただくようになりました。出荷ももう一息。長く続いたスズランシーズンも最終盤です。 [続きを読む]
  • スズランの日にむけて
  • スズラン栽培のシーズン最期にしてクライマックスとなるのが、5月1日の「スズランの日」。切り花のご注文が非常に多く、露地のスズラン畑にビニールハウスをかけ、保温をして調整しながらちょうど良い販売日に合わせるのですが、早くてもよろしくないし、一日遅ければ、もうダメ。出荷労力にも限界があるので、なかなかに難しいことなのであります(ちょっと言い訳)。今日現在の切り花ハウスのなかはこんな感じ。とりあえずちょ [続きを読む]
  • めでたい日
  • もう2日も前のことになりますが....樋口政幸君の結婚式に、嫁ともども呼んでもらって東京までいそいそと行ってきました。品川駅から近くの八芳園。ロケーションも素晴らしく、また、感動的な心に残る結婚式でした。本当におめでとうございます。うちのスズランも300本も使っていただきました。花を担当されたデザイナーさんがあいさつに来ていただいて、「こんなにたくさんのスズランを使ったのは初めて!とても良い経験をさせ [続きを読む]
  • 外仕事が始まりました
  • 平地の雪もすっかり消えて、日中15℃を超える暖かい春の日が続いています。まだ温室のなかの仕事も多くて、外の畑に出られずにいたのですが、ようやく今日から外仕事を始めました。ここのところ忙しすぎてストレスが溜まっていたのがウソのように、晴れ晴れとした気分になりました。やっぱり自分は仕事もアウトドア派です。シャクヤクの芽もほんの少し膨らんできたでしょうか。先日も書いた、東京の花屋さん「Botanic]さんが始め [続きを読む]
  • そして、4月。
  • 3月、忙しかった...。2月の半ばからほとんど休みもなく仕事に明け暮れ、さらに長男・次男の入試、卒業式や引っ越し。引っ越しはおろか、その他の行事にもほとんど出席できない始末。こんなときは、毎日のように些細なミスを犯し、反省する毎日。良くないですね。今年は、村の農家組合長。先週は神社の「春祭り」に出席。今日は温室のなかで、ブプレウラムの定植。従業員さんたちも、久しぶりの全員集合でした。春休み中の次男と [続きを読む]
  • 雪融け間近
  • 水田も見え始め、そろそろ雪融けかというところです。それでも、ここのところまだ雪が新たに降ったりしていますので、順調に暖かくなるというわけにもいきそうにありません。雪の融けた土手ですぐに花を咲かせるオオイヌノフグリ。一番早い「春の色」です。 [続きを読む]
  • 芽生え
  • 次男の高校合格も今日ようやく決まり、胸のつかえもなくなりました。ブプレウラムの発芽が始まりました。例年、タネをまくのは、このブプレのみ。宿根草や花木を専門でやっている花農家なんてこんなもんです。普段の増殖方式は、もっぱら株分けや挿し芽。種子からの発芽を見るのは、毎年新鮮な感慨を覚えます。チューリップのギフト発送は、昨日と今日がピーク。来週もそれなりにご注文をいただいていますが、地元での花束需要も多 [続きを読む]
  • チューリップ繚乱
  • チューリップの収穫品種数はたぶん現在がMAX。ぜひチューリップを楽しんでいただきたい時期です。マンゴーチャーム。この柔らかい色合いが好き。今日のチューリップギフト(24本)の発送例。こちらでお求めいただけます。http://www.rakuten.co.jp/nashimoto/tulip24new 3350円(送料込み) [続きを読む]
  • 春の陽射し
  • 雪国でも晴れた良い天気の日が続くようになり、日差しにもほんの少し暖かさを感じるようになりました。こうなってくると温室のなかの花々も進んできます。チューリップ「ホワイトデザイヤー」。チビちゃんですがお気に入り。トップリップス、モンテオレンジ、リジョイスしばらくスズランの根つきは少なめでしたが、また元通り増えてきました。今年は4月下旬にピークをもってきています。 [続きを読む]
  • 忙しいぞ!
  • 今週末は長男の大学入試(二次試験)で、カミさんもとりあえず確保している学生寮の見学がてら京都に行っています。チューリップのご注文も毎日かなりいただいて、何とか間に合わせるのに精いっぱい状態ですが、彼岸明けまでの一か月間、気をしっかり持って対処していきたいと思います。こちらは部屋のなかのフリージアの鉢物。栽培に手を出したわけではありません。ハイキーで撮るとあらステキ。 [続きを読む]
  • ナルコの収穫を始めました!
  • 気が滅入ってしまうことが多発しつつも、仕事の方は容赦なく忙しくなってきます。忙しさに気が紛れてちょうどいいのかもしれません。今日からナルコの収穫を開始。それから百合を植え、補助金のヒアリングを受けに地方事務所に出向き、帰ってきてスズランの調整。そろそろ3月ですね。 [続きを読む]
  • 追悼
  • 昨日、「戸狩温泉スキー場で雪崩、パトロール員の一人が心肺停止」の報が全国放送で流れました。その時は、「まさか?」とも思いませんでした。夕刻になって観光協会から連絡があり、犠牲者がお亡くなりになられたこと、そして、その人は円谷英二さんだと知らされました。嘘であってほしい、としか考えられませんでした。円谷さん、昨年の春からうちの農場で働いていただいていて、温厚で頼りになる、アニキのような存在でした。ま [続きを読む]
  • チューリップの季節
  • 早い品種であと1週間ちょっと、というところまで来ました。チューリップの切り花栽培を始めて20年余。始めたのは、チューリップに冬の時代が訪れようとしていた頃でした。闇雲に様々な技術を導入し、花をつくるよりシステムをつくることに腐心していたような気がします。世間知らずの若気の至りってものですね。世間の相場の下落も相まって赤字が続き、その後、市場相手に頑張るよりも地元含む一般のお客様に直接お届けすること [続きを読む]
  • Minolta 50mm macro f3.5
  • おかしなタイトルですが、いまメインで使用しているマクロレンズの名前。ミノルタ時代のハーフマクロ。ヤフオクや中古で、数千円で売られているお安いレンズですが、さすがマクロレンズでキリッと写ります。ほかにミノルタ100mmマクロ(New)も持っていて、こちらは抜群に良いにもかかわらず自分が花撮りするときには長すぎて防湿庫の肥やし化しています。もったいない。本体は昨年春にようやくフルサイズ化を達成。SONY α99 [続きを読む]
  • 雪のち晴れ
  • 今年の初百合植え。2,3か月の間しゃがんで仕事をすることがなかったので、足腰が少々痛んでいます。運動不足もあるんでしょうね。ナルコは天頂部まで展葉しました。花も下からしぼんできて、予定通り今月20日頃からぼちぼちと収穫をはじめます。今年は草丈もしっかりとれそうです。昨年の夏に10年ぶりに温室の被覆材を張り替えました。以前はシクスライトだったのですが、やはり10年くらいで破れがあちらこちらで出てきま [続きを読む]
  • 1月も終わり
  • 早いもので、もう1月も終わりです。この間、何だか色々な課題を抱え込み過ぎていて、少し気持ちを切り替えないといかんなあと思う毎日です。チューリップの芽が伸びてきています。今年は新しい(自分にとって、ですが)品種も多く入れ、ちょっと楽しみに思う布陣です。長野市中心に配布されているフリーペーパー「ホットパル」の最新号に記事が掲載されました。リオは温室や作業場のなかで一日ぼんやり。目を離すとなんでも拾い食 [続きを読む]