nagataku さん プロフィール

  •  
nagatakuさん: smilecircle~すてきな先生になる!~
ハンドル名nagataku さん
ブログタイトルsmilecircle~すてきな先生になる!~
ブログURLhttp://smile58.exblog.jp/
サイト紹介文ちょっとしたアイデアで教室がとっても楽しくなる。すてきな先生になるためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2006/12/17 15:05

nagataku さんのブログ記事

  • 今年もお世話になりました。
  • 2016年もあとわずかとなってきました。今年もお世話になりました。娘が生まれ、生活が一変しました。とても幸せなこと。Facebookをやめ、SNSもほとんどしなくなりました。娘が寝ている時に仕事をするといった感じです。時々娘が腕の中ですっと寝てくれて、子育てにおわれる嫁さんに喜んでもらえるのが今、最上の喜びです。嫁さんに感謝感謝。時間が今より限られていますが、その中... [続きを読む]
  • 今日は結婚記念日
  • 今日は結婚記念日1周年です。この時間は挙式会場に向かい、この時間は・・・と1年前を思い出すことが出来ます。そして、1年前には予想もできなかったこと。それは、子どもを授かることができたことです。神様に心から感謝しないといけません。そして、嫁さんに感謝です。子どもがまだ生まれたばかりなので、奥さんと子どもは実家に。僕は仕事があるので自宅。これも1年前には予想できなかった... [続きを読む]
  • 見えないものに目を注ぐ
  • 聖書でつぎのような言葉があります。わたしたちは見えるものにではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。新約聖書 コリントの信徒への手紙Ⅱ 4章18節この言葉を私の学校はとても大切にしています。私自身も好きな言葉です。子ども達の表面的なものではなく、見えないものにいかに目を注ぐか。これは簡単ではありません。でも... [続きを読む]
  • ミライの授業
  • 中学生、高校生に読んでほしい一冊。とにかく、読んでほしい。だまされたと思って読んでほしい。読んだ後、少し遠くをみながら力が湧いてくる一冊。中学校、高校の先生は特に読んでほしい。若手と呼ばれるような20代、30代は必読。 [続きを読む]
  • 履歴書(短いバージョン)
  • 高校生の時、中学校教員だった父親が白血病で他界し、 教師になることを決意し、今に至っています。神奈川県や岐阜県で教員を務め、現在は私立小学校の教員です。初任時代に若い先生の自殺や学級がうまくいかず退職される先生の存在を知り、若い先生を支える活動を仲間としています。また、若い先生向けの書籍を執筆してきました。年に数回、研修会やセミナーを開催しています。専門は社会科教育、学... [続きを読む]
  • FBとマズロー
  • 6月に日本を三分の一ぐらい離れていて、帰ってきてからもバタバタしていました。その時、仕事上Facebookも見えないしアップもできないので、アカウントを止めていました。日本を離れて様々なメディアから離れた中にいて、意外とFacebookがなくても生きていけるんじゃないかと思いました。FBの功罪は何よりも、あの「いいね」です。人は褒められたい、認められたいという承認欲求と... [続きを読む]
  • FBとマズロー
  • 6月に日本を三分の一ぐらい離れていて、帰ってきてからもバタバタしていました。その時、仕事上Facebookも見えないしアップできないので、アカウントを止めていました。日本を離れて様々なメディアから離れた中にいて、意外とFacebookがなくても生きていけるんじゃないかと思いました。FBの功罪は何よりも、あの「いいね」です。人は褒められたい、認められたいという承認欲求と... [続きを読む]
  • カリキュラムメイカーとしての教師
  • メモ【ユーザーとしての教師】・公的カリキュラム    ↓  カリキュラムの計画    ↓    ↓    ↓   カリキュラムの消化    ↓    ↓  カリキュラム内における授業方法の検討 ※カリキュラムをいかに消化させるかで 一単位時間でしか見ていない。            【メイカー(マネジメンタ)としての教師】・公的カリキュラム    ↓   カリ... [続きを読む]
  • 実践をまとめる
  • 毎年、夏の課題を自分自身に課しています。小学校5年から中学校3年までずっと父と一緒に夏の一研究に取り組んできました。「苗木藩における廃仏毀釈論」や「杉原千畝の研究」など、父のお陰でがんばりました。泣きながら取り組んだこともありました。ただ、そうした経験からか、毎年夏休みは何かの研究をしてまとめるということが教師になってからの恒例行事で、何かしら書いています。そ... [続きを読む]
  • FBをやめました
  • Facebookをやめました。心配して声をかけてくれる方がいます。大丈夫です。生きています。でも、あの世界に戻ることはないと思います。教室の子ども達と家族と幸せに暮らします。 [続きを読む]
  • 帰着点を知る
  • 僕は、執筆の依頼を受けた時に基本的に自分の経験や実践であっても裏付けとなるベースとなるものはできるだけ載せるようにしています。つまり、引用や参考文献はできるだけ挙げるようにし、文献がない場合はその先生に連絡をしたり、献本させていただいたりしています。例え、自分がしたことであっても、よくたどっていくと誰かの影響を間違いなく受けています。その影響は誰かをよ... [続きを読む]
  • 0から学べる授業づくりフォーラム
  • ぜひご参加ください。0から学べる授業づくりフォーラムin同志社大学 〜教室内の特別支援の視点から教科指導を考える〜 ※書籍は参加費には含まれません。ご注意ください。 2016年9月頃発刊予定の「ゼロから学べる特別支援教育」「ゼロから学べる小学校図画工作科」(明治図書)の発刊を記念して、セミナーを行います。 申し込みはこちらからhttp://kokucheese... [続きを読む]
  • 「学校でしなやかに生きるということ」を読んで
  • 石川晋さんから「学校でしなやかに生きるということ」(フェミックス)を送っていただきました。僕のようなものに送っていただき、ありがとうございます。ブログや直接お会いして読んでいた部分もあって改めて再読したところもありました。僕は体育祭に応援合戦がなく室町時代から続く踊りをしたり、一年間トマトをつくったりするような地域密着型教師、まあ、田舎教師だったから晋さんの話は納得で... [続きを読む]
  • 僕が今年の社会科授業でやっていること
  • とりあえず、今年やっていること。(1)一単元一実地 いつまでできるかわからないが、自分が住んでいる近くを中心に 実際にその場所に行き、教材研究をしています。 大仙古墳では、古墳が海側から見えていたことを知るなど、授業で 生かせるものが見つかりました。 まずは、遊びに行く感覚で取り組んでいます。毎週嫁と教材研究デートをしています。付き合ってくれる嫁さんに感謝です... [続きを読む]
  • 教員採用試験で大切にしたいこと
  • 教員採用試験で大切にしたいこと1.ネットワークをつくる 採用試験で友達をつくろう。 友達を多くつくり、様々な情報をもらうといい。 受験者はライバルであり、戦友である。2.一次試験(ペーパー)は分析がポイント 一次試験は内容が広いので、分析して取り組む。 採用試験関係の雑誌で知りたい出題の傾向をつかみ 重点的に取り組むこと。3.面接試験は「キーワ... [続きを読む]
  • 山田将由先生の講座を終えて
  • 山田先生に来ていただき、講座をしました。午前中はコーチング、午後からは音読指導でした。コーチングは若い先生に多くきていただきました。とくに、1年目の先生も多く、企画者としてはコンセプトマッチでき、満足いく研修会になりました。音読指導は多様な方に来ていただきました。コーチングでふりかえりをしてさらに深める場になりました。特にうれしかったのはベテラ... [続きを読む]
  • まだ間に合います。4月30日山田将由先生講座
  • 4月30日(土)山田将由先生のコーチング&音読指導入門セミナー 横浜市の小学校の先生をしている山田先生をお招きしてコーチングと音読指導のセミナーをします。子どもの力を高める優れた実践を学ぶことができます。子ども達の力を引き出し、ともに学級や授業を楽しみたい方はぜひご参加ください。もちろん、学生の方も大歓迎! 場所は同志社大学今出川キャンパス 午前の部(コーチング)ht... [続きを読む]