いじめから子供を守ろう!ネットワーク さん プロフィール

  •  
いじめから子供を守ろう!ネットワークさん: いじめから子供を守ろう!ネットワーク
ハンドル名いじめから子供を守ろう!ネットワーク さん
ブログタイトルいじめから子供を守ろう!ネットワーク
ブログURLhttp://mamoro.blog86.fc2.com/
サイト紹介文「いじめ」と学校や教育委員会による「いじめ隠し」から子供たちを救うための、父母による市民団体です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2006/12/28 09:58

いじめから子供を守ろう!ネットワーク さんのブログ記事

  • ★☆ ストレス・マネジメント解決法 ★☆
  • ★☆ ストレス・マネジメント解決法 ★☆ 「ストレス・マネジメント」 という言葉を前回のメルマガで使いました。主に精神医学的、臨床心理学的見地からの解説は、文部科学省ホームページ 「心のケア」 に詳しく掲載されていますから、興味のある方はご覧になってください。震災やテロなどのストレスや子どもが受けるPTSDなど専門的な用語での説明があります。<HP:http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1353633.htm [続きを読む]
  • ◇◆ 学校ストレスをのり越えるためには ◇◆
  • ◇◆ 学校ストレスをのり越えるためには ◇◆ ゴールデンウィークを間近にして、夕方の中学校の校門前では、それぞれが異なる制服を着た、先月卒業したばかりの女子高校生たちの姿を見かけることがたびたびあります。 下校時の声かけや部活指導中の馴染みの先生に声をかけ、嬉しそうに新しく始まった高校生活を報告しているのです。その成長した姿を観て、頼もしく感じています。 しかしなかには、独りで校門の壁に寄りかかりな [続きを読む]
  • ◇ 事務長メッセージ ◆◇ 確認したい 「いじめのサイン」 ◆◇
  • ◇事務長メッセージ◇◆◇ 確認したい 「いじめのサイン」 ◆◇新学期が始まって10日余りがたちました。子供たちも新しい環境に徐々に慣れ、だんだんと自分らしさを出していくようになります。大体、この1か月の間に、クラスの勢力図、今のはやりの言葉で言うとスクールカーストが作られていき、少しずつ、いじめが始まっていきます。この大事なスタートにあたって、保護者の方々には、「いじめのサイン」 について確認していた [続きを読む]
  • ◇ 代表メッセージ (2017年 4月) ◇◆ 教育は自由であるべきだ ◇◆
  • ◇ 代表メッセージ ◇◆◇ 教育は自由であるべきだ ◇◆4月、桜が満開です。入学式、始業式が始まり、希望にあふれる新年度がはじまりました。しかし残念ですが、学校に通えない子たちも数多くいます。この子達の支援を目的にした法律、「教育機会確保法」 が昨年末に成立し、2月から施行されています。この法律は、「不登校の子の支援」を目的に議員立法によって制定されました。主な内容としては、・全ての子供が安心して教 [続きを読む]
  • ◆◇ 魂の奴隷制度と戦う ◇◆
  • ◆◇ 魂の奴隷制度と戦う ◇◆「みんなもやっているんだからやりなさい。」「みんなも我慢しているんだから我慢しなさい。」 子育ての過程で大人が多く口にする言葉だ。これでは子供に対して、みんなと同じことが正しいことだという判断基準を教えることになる。みんながどうかに関わらず、「それが大切なことだから」、「それがあなたにとって必要なことだから」。そう教えなくてはならない。 みんなを基準にして我慢を強いられ [続きを読む]
  • ◆◇ 第三者委員会の限界 ◇◆
  • ◆◇ 第三者委員会の限界 ◇◆ 3月、今年度もあと1週間あまり。 卒業式も終わり今週末から春休みになる学校も少なくありません。 そんな中、3月上旬、札幌市の第三者委員会が、男子中学生のいじめ不登校について、「いじめが原因とはいえない」 と結論づけました。 このいじめ事件は、2014年3月に重大事態として申し立てられ、札幌市では初めて、いじめ防止対策推進法の 「重大事態」 の疑いがあるとして、第三者委員 [続きを読む]
  • ◇ 事務長メッセージ ◇◆ 学年末にやるべきこと ◆◇
  • ◇事務長メッセージ◇◇◆ 学年末にやるべきこと ◆◇先週末3月11日で、東日本大震災から6年が経ちました。復興も進む中、まだ避難生活を送っている方々も大勢いらっしゃいます。こうした方々が一日も早く、自分の生活が送れるようになればと思います。そうした一方、昨年より原発避難いじめが問題になりました。文部科学省も、昨年12月、福島から避難している児童や生徒を受け入れている学校に、いじめがないか確認するよう [続きを読む]
  • ◆◇ 「逃げるは恥だが役に立つ」 ◇◆
  • ◆◇ 「逃げるは恥だが役に立つ」 ◇◆「逃げるは恥だが役に立つ」 というテレビドラマが話題となりました。同名のマンガが原作の、どうやら恋愛ものの作品だったようですね。しかし、そちらの方面には全く縁のない私にすれば、恋愛など、他の惑星の話のようですので、内容に立ち入ることは遠慮いたしまして、言葉の響きのみを対象に、考察してみることと致します。しかしこの題名は、なんとも意味深いものです。兵法的観点で考え [続きを読む]
  • 東京都議会に陳情、東京都教育庁に請願。 産経新聞が報道
  • 東京都議会に陳情、東京都教育庁に請願産経新聞が報道 3月9日(木)、東京都議会に 「東京都いじめ防止対策推進条例等の改正を求める陳情」、「いじめ防止対策推進法の改正を求める意見書の提出に関する陳情」 を提出、また、東京都教育庁に 「東京都いじめ防止対策推進条例等の改正を求める請願」 を提出いたしました。【写真】 東京都議会に陳情書を提出 (栗岡真由美いじめから子供を守ろうネットワーク東京代表)【写真】 [続きを読む]
  • ◇ 事務長メッセージ ◇◆ いじめの認定 ◆◇
  • ◇事務長メッセージ◇◆◇ いじめの認定 ◆◇先週、遺族が起こしたいじめ自殺の裁判が、6年の歳月をかけて、ようやく和解したという報道がありました。今回和解した裁判は、群馬県桐生市で、小学6年生の女の子が自殺したことをめぐり、「学校でのいじめが原因だ」 として遺族が死亡見舞金の支払いを求めた裁判です。遺族は他にも市や県、加害者の家族を相手取って裁判を起こしていましたが、これらは2014年までに和解が成立 [続きを読む]
  • ★☆ 解決志向アプローチ ☆★
  • ★☆ 解決志向アプローチ ☆★ 今回は、従来の 「いじめ解決法」 や司法的な枠組みでの考え方とは別に、ソーシャル・ワーク的な発想からのいじめ解決法を考えたいと思います。 いじめの相談者の中には、子供に不登校やひきこり、非行などの問題行動が起きてから、実は1年も2年も前に大きないじめ被害に遭っていた、という事実に初めて気が付いて愕然とした、といったエピソードを聴くことがあります。 また、親御さん自身も、 [続きを読む]