キース さん プロフィール

  •  
キースさん: 日進月歩新聞 news-nisshingeppo
ハンドル名キース さん
ブログタイトル日進月歩新聞 news-nisshingeppo
ブログURLhttps://nisshingeppo5.wordpress.com/
サイト紹介文趣味の写真(HDR・魚眼・宙玉・マクロ・インターバル)や雑感を取り留めなく綴る自分のための新聞
自由文登場人物・ペングリハルキース(キース:自分, ハルキー:パートナー, グリン:愛娘, ペンジ:カメラPENTAX K-50)
・窓際ガーデンズ(ノリナ:トックリラン, エル:時計草カエルレア,ミニー:アマリリスミネルバ)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2006/12/31 17:35

キース さんのブログ記事

  • 荻生駅と黒部市役所
  • 建て替えられることが発表になった荻生駅。報道によると歴史的価値はないとの辛口コメント。お隣は2015年に新築された黒部市役所。なかなモダンな佇まいである。看板は姉妹都市の方向と距離を示したものだろう。グリンは、あんぱんマンとしょくぱんマンがお気に入りのようだ。 [続きを読む]
  • 射水市小杉地区の洋風建築とドラえもん
  • 旧小杉町役場。現在は竹内源造記念館となっている。竹内源造は優れた、こて絵を残したことで知られる。中央上のペディメントがこて絵なんだそうだ。旧市街の方へ行くと、旧小杉郵便局が視界に入ってきた。現在は文化スペースとして使われている。着物姿の人々が手紙を出しに訪れたんだろうなぁと想像を膨らます。2つの建築物に共通するのがペディメント(郵便局でいう〒マーク付近)の装飾で、凝っているなぁと思った。高岡 [続きを読む]
  • 国宝瑞龍寺と富山空港
  • 富山県唯一の国宝というと、高岡市にある瑞龍寺のことになる。加賀百万石の財力を知らしめる、堂々とした寺院。扉の取っ手や小物も凝ったものが多いと感じられた。城端線の列車、ボロボロ。面白そうな古本見つけた。日は変わり、所用で実家に立ち寄る。グリンを預け向かったのは富山空港。昔は、このスポットでよく飛行機を撮ったなぁと久々にペンジを構えた。離陸に入ったボーイング737-800。若干センターから外 [続きを読む]
  • 新湊と富山の水辺にて
  • 新湊にある東橋。ヨーロッパの町にでも来たかのよう。屋根の上に飾ってある太陽と月のオブジェも気に入った。橋の周りを散歩して次に向かったのは。山王橋。力強い手の彫刻が印象的。道の駅新湊では土日限定で富山湾の魚を展示している。触ることもできる。休憩ついでに立ち寄った。環水公園へ。富山駅北口に広がる広大な親水地。近くの駐車場に車を停め、グリンと散歩。近くには美術館も整備され、都市公園としての [続きを読む]
  • 北陸新幹線と分水槽
  • したがら散歩道から見下ろす北陸新幹線。こんなベストスポットから北陸新幹線を狙ったのは初めてで心躍った。村木小学校に大切に保管されているミニSL。小学校敷地内で近づけないけどピカピカさが伝わってきた。魚津漁港に停泊中の漁船と砂利運搬船。ぼうさいフェスタで展示されていたはしご車と水陸両用車。東山円筒分水槽へ水資源が豊かな富山県にあって、産業遺産と呼べるのがこの分水槽ではなかろうか。豊富な雪 [続きを読む]
  • 魚津水族館と石田浜
  • 魚津水族館で優しいそうな顔のゴマフアザラシとフンボルトペンギンに癒された。その後は図書館でグリンと読書。隣に座ってと椅子の横をとんとん叩く姿が愛らしかった。石田浜海水浴場に立ち寄った。石田浜と言うだけに色んな石が転がっていて、面白かった。ガーデニングショップとペットショップを散策して帰ってきた。 [続きを読む]
  • 立山カルデラ砂防博物館へ
  • 朝は天候が優れなかったけど昼に近づくにつれ快晴に。立山大橋から多分立山だと思うが綺麗に見えた。道中、モダンな立山国際ホテルに立ち寄る。立山駅に寄ってみたけど、冬季だからかガランとしていた。そんな中訪れたのは、立山カルデラ砂防博物館。災害が少ないといわれる富山県。それは過去の記憶が薄れている証拠なのかと思わせてくれた。いまでも、この周辺には富山平野を2mの厚さで埋め尽くせるほどの土砂があること [続きを読む]
  • 岩峅寺駅で電車三昧
  • 岩峅寺駅、富山地方鉄道の立山線と上滝線が合流する駅で、4番ホームまである大きな駅。駅舎はレトロ感いっぱい。待合室で暖をとっていると、駅員さんに「ホームに入ってもいいよ」と言われ、グリンと撮影タイム。「この時間はたくさん電車がくるよ」とも教えてくれた。そこで過ごした時間はどことなくゆっくり感じた。東急や京阪で活躍した車両が第二の人生を地方で頑張っている。都会程、慌ただしくなかろう、のんびりとした [続きを読む]
  • 富山新港乗り物三昧
  • 朝、散髪を済ませ、晴れ間が覗いた。出かけねば。向かった先は富山新港。新湊大橋が完成していた。立派だなぁ。大きいなぁ。埠頭には海上保安庁の巡視船やひこが停泊していた。二本の煙突がかっこいい。北陸の海を守る。新湊大橋、二層構造になっていて上部は道路、下部は歩道で悪天でもへっちゃらで歩ける。橋脚に備え付けのエレベーターで登り徒歩にて渡り切る。眺めもいいなぁ。このまま、橋をUターンしても良かったけど、 [続きを読む]
  • ダイヤと星のダスト
  • 朝から雪が降りしきり、ここであれば天気も関係無かろうと訪れた、富山市科学博物館。リニューアルしてからは初めてだ。グリン、初めてのプラネタリウム。泣き出したら会場から出なければいけないかもとか考えながらだったけど、40分間、時々「キラキラ星」を歌う程度で済み、概ね静かに膝の上で見ていた。プラネタリウムに行けることが分かった。大きな収穫だった。 [続きを読む]
  • 富山交通安全博物館のレトロカー
  • 交通安全博物館へ。レトロカーと白バイ昭和初期の運転免許証。パスポートみたいに見開き型だったようだ。近くのアルペンスタジアム。晴れた日にまた撮りにこよう。グリンが発した言葉「もも、バナナ、あお、あか、きいろ、ぐー、パー、コッペ(コップのこと)」。取材:ペンジ・コルティ・グリン・キース [続きを読む]
  • 経田駅と経田マリーナ
  • 富山地方鉄道経田駅へレトロな駅舎。関東から戻ってくるとこういう雰囲気に特別さを感じる。経田漁港に併設されているマリーナ。海から眺める立山連峰も格別。グリンがパパ、ママ、とうちゃん、かぁちゃんと言えるようになった。取材:ペンジ・コルティ・グリン・キース [続きを読む]
  • 高岡城址の風景と動物園
  • 貴重な晴れ間、満を持して高岡市へ。中心部に建つ富山銀行本店。県内唯一の本格西洋建築とされる。通り沿いには井波屋仏壇店を筆頭に雰囲気のある建物が並ぶ。空襲で焼け野原になった富山市に比べ高岡市は歴史的な街並みが残されている。これからも通うことになるだろう。高岡古城公園に場所を移した。C11の出迎えを受け向かった先は動物園。そうか、以前訪れたのは約10年前、その時いたゴリラには会えずがっかりだっ [続きを読む]
  • 銅色の新高岡駅
  • イオン高岡店の近くにドーンと出来た北陸新幹線新高岡駅。名産の高岡銅器をイメージした外壁が印象的。向かい合わせになったイオン。こちらも銅色だ。グリンに絵本を買ってあげた。ちょっと太り気味。雪国では仕方ないか。取材:ペンジ・コルティ・グリン・キース [続きを読む]
  • 富山県中央植物園の温室にて
  • 雪が降る中、温室がある富山県中央植物園へ。パイナップルの実と大きな竹。結構立派な温室。ダクトむき出しの室内。好みの分かれる所かもしれないがメカメカしい感じがいい味出してる。里芋カズラ、気根を出して木によじ登るんだそうだ。動物みたい。こちらにもできていたサブウェイにて生ハムとマスカルポーネ、ローストビーフのサンドイッチ。久々で美味しかった。取材:ペンジ・コルティ・グリン・キース [続きを読む]
  • 富山城とセントラム
  • 富山県に生まれ、そんなことも知らなかったのかと思う事。それは富山城の秘密。現在富山城址公園に建つ城は実際の物とは大きくかけ離れているということのようだ。歴史書にこのような天守閣があった記録はなく、戦後復興のシンボルとして城のイメージで一番ピンとくるこんなデザインになったとか。とは言うものの、築城は1954年ということで、今や国の登録有形文化財に登録され、県民の心の拠り所としての役目を立派に果たしてくれ [続きを読む]
  • 富山きときと空港の展望台にて
  • 動物園に行こうと早起きして向かったが、冬季は開園が一時間遅く、開園前に到着したはいいが、時間がもったいない。そこで、予定を変更し富山きときと空港へ行ってみた。北陸新幹線が開業し、航空便は打撃を受けたようだ。機体の小型化、便数の削減が進められた。以前は展望台が有料だったけど、無料に。駐車場も無料だし、気軽に訪れることが出来る。羽田便、エンジン全開で飛び立った。グリンを見ながらで大変だったけど [続きを読む]
  • 生地鼻灯台と黒部漁港
  • 生地鼻灯台を訪れる。青空を背景に白黒の灯台が際立っていた。近くには生地台場の史跡が。鎖国の名残。黒部漁港へ。中橋は船が通る時旋回する可動橋。まだ動いているところは見たことがない。魚の駅「生地」では新鮮な魚が売られていた。生きているものも多かった。家族全員、胃腸炎にかかる。特に自分は失神も経験した。知らない間に洗面所で倒れていて、未体験のことにびっくりした。取材:ペンジ・コルティ・グリン [続きを読む]
  • 黒部宇奈月温泉駅のトロッコ電車
  • 昨日の夕方、ブラッと出かけ撮ってきた黒部宇奈月温泉駅前に展示してある、黒部峡谷鉄道のトロッコ電車。いつか乗せてやりたいなぁ。日を改めてグリンと駅構内と地域観光ギャラリーを探検。ブリのぬいぐるみや動物の頭を持つちょっと怖い人形が展示してあった。取材:ペンジ・コルティ・グリン・キース [続きを読む]
  • 魚津神社と魚津水族館
  • 魚津神社に初詣。始めて行ったけど綺麗な境内でよかった。心の拠り所がまた増えた。 参拝を終え、魚津水族館へ。 何十年ぶりの訪問。 当時の記憶はほとんどなく、 新鮮な気持ちで見て回ることが出来た。 グリンの自己主張が激しくなってきて、抱っこして無理やり連れて行こうとすると暴れるようになった。もうクタクタである。取材:ペンジ・コルティ・グリン・キー [続きを読む]
  • 寺田驛と立山連峰
  • 実家に顔を出す途中、立ち寄った寺田駅。古めかしい駅舎を撮りたかったが、最近建屋が新しくなったようだ。駅名の右から表記と駅の旧字はそのままにした様子。お隣は、帰路撮った立山連峰。若かったころ、あまり天気予報なんて注意して見ていなかったのかもしれない。今程、写真に気合が入っていなかったし、天気なんてあまり気にしていなかった。こうして地元に戻って、関東に比べこうも天気が変わるものかと、少しまごついてい [続きを読む]