myums さん プロフィール

  •  
myumsさん: どうなんかね、国際結婚
ハンドル名myums さん
ブログタイトルどうなんかね、国際結婚
ブログURLhttp://mayums.exblog.jp/
サイト紹介文旦那はカナダ人Boo。得意な日本語は「ヨッパラチャッタ〜」。妻、Myums。2人のあぁんLOVEな生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/01/04 22:25

myums さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 英語で恥をかく Worm
  • みなさん、温かいという意味の英語はなんですか?ウォーム(Worm)です。え?そのくらい知ってる?実は、私、ずっとワームと発音してました。そして、ワーム(Warm)はミミズだということを最近知りました。It's worm today. 「今日はミミズだねー」Can I have worm water please?「ミミズ水をください」ぎゃー、キモイ。ミミズ水って!!この致命的なミス、なぜ今まで誰も直してくれなかったのだろう。 [続きを読む]
  • 自己流スリープトレーニング
  • みなさん、我が子をどうやって寝かしつけてますか?ミッシャンが赤ちゃんの頃は、おっぱいでした。授乳中に寝たミッシャンをそーっとそーっとベッドに置いて、置いた途端にギャー!仕方なく抱っこでユラユラ。1時間も2時間もかけて寝かしつけ、寝付いたと思ったら、もう次の授乳時間なんてこともざらでした。断乳後は絵本の読み聞かせ。5冊以上読んでも寝てくれないときは、隣で寝たフリ。やっと寝てくれたと思っても、すぐにベッ [続きを読む]
  • 2人目育児は楽か
  • 第二子が生まれたら、週1でシッターさんを雇って、自分時間やBooとの時間を作ろう。そしてなるたけ手をかけないで育てよう。頑張らない子育てするんだ。なーんて思ってはずなのに、エメチャン誕生の瞬間チョーーーーーーーーかわいいいいいいいいいいいいいい。ほよほよふにょふにょで、ちっこくて、ほぎゃほぎゃ泣いてて、かわいすぎるーーーー。一瞬にして骨抜きにされた初日以降、5ヶ月の今まで日に日に可愛くなり、結局どっぷ [続きを読む]
  • 眉毛のアートメイク
  • 3月初旬から日本に一時帰国しておりました。家族や友達に会って、お洋服も爆買いして、かなり有意義な滞在となったのですが、ひとつだけ無念なこと。それは、眉毛のアートメイク。5年ほど前にシンガポールで日本人の方にやってもらったのが薄れてきちゃったので、リタッチしたかった。(その話はこちら)今回はBOO抜きでの帰国だったので、さすがに、子ども2人を父に預けてアートメイクってわけにいかず。バンクーバーでもチラ [続きを読む]
  • バンクーバーで初出産
  • 予定日の2日前。朝からお腹に鈍痛が。ちょうど検診だったのでドクターに診てもらい、そのまま病院へ。(カナダは検診のクリニックとお産の病院が別)病院に着くころには、あー、これ陣痛だわーと分かるくらいの間隔で痛みが来るものの、まだ余裕。バンクーバーでの初出産。無痛出産ってどんなもんなのか、ドキドキワクワク。いよいよ分娩室へ。噂には聞いてたけど、分娩室がキレイ!!個室だし!じゃ、そろそろ薬お願いします。「O [続きを読む]
  • マタニティーダイアリーを公開
  • エメちゃん(第二子)を無事出産して5ヶ月が経ちました。子ども2人の世話と次第に強くなるエメちゃんの自我に振り回される、バタバタな日々を送っています。最初の1ヶ月こそミッシャンもストレスフルな様子でしたが、今ではすっかり落ち着いて、妹溺愛。どんな赤ちゃんを見ても、「あの子も可愛いけど、エメが一番可愛い」と、姉バカ街道まっしぐらです。年の差、5歳10ヶ月。私の育児は終わりが見えないし、高齢出産からの高齢育児 [続きを読む]
  • マタニティーダイアリーを公開
  • エメちゃん(第二子)を無事出産して5ヶ月が経ちました。子ども2人の世話と次第に強くなるエメちゃんの自我に振り回される、バタバタな日々を送っています。最初の1ヶ月こそミッシャンもストレスフルな様子でしたが、今ではすっかり落ち着いて、妹溺愛。どんな赤ちゃんを見ても、「あの子も可愛いけど、エメが一番可愛い」と、姉バカ街道まっしぐらです。年の差、5歳10ヶ月。私の育児は終わりが見えないし、高齢出産からの高齢育児 [続きを読む]
  • キンダーガーテンのランチ事情
  • ミッシャン、キンダーに入学し約1ヶ月がすぎました。キンダーというのは、その年に6歳になる子どもたちが1年間通うところで、小学校と同じ敷地内にあります。自立や親離れを主な目的とした小学校入学までの準備期間といったところでしょうか。新しい環境に慣れるまでは夜泣きが復活したり、精神的に荒れたりするのかなぁと覚悟してたのですが、蓋を開けてみれば、なんてこともなく、毎日楽しく通っております。あまりに何事もない [続きを読む]
  • マタニティーダイアリー 38週目
  • 35週目で、糖尿病プログラムから晴れて卒業いたしました。やったー!!大変だったけど、おかげで健康的な食生活とは何かを知ることができたし、妊娠後期に入ってからも太りすぎることなく済んでます。ただし、ここで気を抜いて食べ過ぎたり、運動しなかったりすると、元の木阿弥になっちゃう。以前のようにストイックに励む必要はないけど、なるたけ今の食生活とエクササイズは出産まで続けること。ちなみに、糖尿病にならないため [続きを読む]
  • マタニティーダイアリー 31週目
  • 30週を超えたとたん、便が固くなったり、腰痛、足むずむず病が出てきたりと、体のあちこちが辛くなってきた。お腹も大きくなって重い・・・。それでもミッシャン妊娠後期よりは、なんとなく楽な気がする。ミッシャンのときは便が固くて固くて辛かったし、腰痛も初期からあったし、足むずむず病も毎夜だったし、耳がつまる、口角炎等々、マイナートラブルが多かった。今回は、スムージー+便を柔らかくするお薬でそこまでひどくない [続きを読む]
  • 子供にも譲れないものがある
  • お久しぶりです。今日、ちょっと反省することがありました。うちのテーブルの上には、ミッシャンがほぼ1人でコツコツと完成させたマインクラフトのレゴが置いてあります。5歳のミッシャンにはかなりの大作で、本人も大切にしてるものです。で、今日、男の子のお友達が急遽遊びにきてくれたのですが、、そのレゴを見たとたん、わあーっと盛り上がりました。そりゃそうだ。そして、遊び始めました。まあ、そこまでは良かったんですが [続きを読む]
  • マタニティーダイアリー 27週目
  • 20週の超音波の結果、プラセンタが前付であることが分かった。前置胎盤の兆候はなしで、単に子宮の前側で着床したということ。お腹が大きいのはそのせいもあるかもとのこと。プラセンタがクッションになって赤ちゃんの動きを感じにくいはずなんだけど、やたら胎動を感じる。体調は、さらに苦しさが増して、夜なかなか眠れない。腰痛も始まったので、ヨガに通い始めた。とにかく苦しいのと、食後に胃液の逆流みたいの感じるのが辛い [続きを読む]
  • マタニティーダイアリー 20週目
  • 先日、20週の超音波検診があった。カナダでは、超音波検診は、心音確認と20週目のディティール検査の2回のみが通常。この検診で、ベイビーが奇形ではないか、内臓や骨も含め順調に育っているかを確認する。「good baby」「everything looks good」と先生にも笑顔で太鼓判押され、一安心。検診中にも360℃回転してみせたり、やたら動き回ってて、アクティブベイビーでした。あとは、逆子にならないことを祈る。今回の検診はミッシャ [続きを読む]
  • マタニティーダイアリー 13週目
  • 10週目で超音波検診。無事、心拍確認できた!お腹の中で赤ちゃんがボヨーンボヨーンってはねてる姿を見て、思わず涙。つわりも順調に始まってるしきっと大丈夫と言い聞かせてはいたものの、前回は心拍確認できず流産だったから、この目とこの耳でしっかり確認できるまでは、やっぱり不安がつきまとってた。良かった!育ってくれてありがとう。11週目に、ドクターと初検診。話の長いおじーちゃん先生だけど、母親の気持ちに寄り添っ [続きを読む]
  • ミッシャン虫歯発生
  • ミッシャン虫歯発生。上下奥歯2本、計4本。ミッシャンはアゴが小さいのに歯がでかい。乳歯がギュウギュウに詰まっているのです。せまいよー。そして見事、歯と歯の隙間にできちゃいました。特に下の歯は、なるはやで治療が必要な様子。毎日歯磨きはしていましたが、フロスをさぼっていた・・・。責任を感じます。かかりつけ(と言っても通い始めたばっか)の歯医者さんに、小児歯科を紹介してもらい早速行ったみたところ、「あら、 [続きを読む]
  • 日本滞在を終えて
  • 今回の一時帰国、最後は父の怪我で大変なことになりましたが、友達や家族と多くの時間を共有することができて、全体的にはとっても楽しい滞在でした。日本の冬は毎日晴れてるし、大きな公園がたくさんあるし、公共機関も発達してて、自販機もあるし、コンビニに行けばなんでも揃うし、東京ってほんとに便利。でも、東京にいるとなんだか疲れる。なんでだろう。人が多いから??それも理由の1つだけど、それよりもっと私の心をぐっ [続きを読む]
  • 父、入院
  • 皆様、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。12月から日本に一時帰国しておりました。本来なら1月初旬にカナダに帰る予定でしたが、まさに帰国日その日、みっしゃんと遊んでいた父がジャングルジムから落ち、腰椎圧迫骨折、救急車で病院に運ばれる事態に。Booとみっしゃんはカナダに帰国。私はフライトをキャンセルし、父の看護のため日本に残ることに。圧迫骨折自体は、骨が固まりさえすれば治る怪我です。 [続きを読む]
  • ゴミ問題からの義母グチ
  • 義母の愚痴です。前にもチラッと書きましたが、義母はリサイクルを一切いたしません。先日も、「私、リサイクルはしないの、リラックスしてるのが好きだから」と胸を張って威張る始末でございます。ああ、、、むり、、、私、こういう開き直る人、ほんと無理です。「それはリラックスじゃなくて、レイジー(怠け者)って言うんだよ!!!」と怒鳴りつけてやりました。妄想で・・・。ごめんなさい。度胸がありませんでした。ご両親は [続きを読む]
  • 専業主婦という選択
  • 先日、FBで友達と「育休後に復帰するか、しばらく専業してみるか」てな話になって、私は、「仕事に戻れるときに戻っておいたほうが良いかも。タイミング逃すとズルズル専業になるよ、私のように・・・。子供はいつか巣立つから、そのときにママも仕事があったほうが安心」と言ったんですね。そして友達から返ってきたコメントがこれ。「迷うとこだけど、いずれ巣立つなら、それまでの限られた時間を可能な限りに一緒にいたかったり [続きを読む]
  • 厳しいぜ、ミッシャン
  • 最近、朝勝手に起きて、勝手に自分のアレコレやってくれるようになったミッシャン。それをいいことに、休みの日は寝入る母。親がダメだと子供は自立するみたいです。そして、明日、カナダは祝日でーす♪「お弁当つくんなくていいから、ゆっくりできる〜♪」ルンルン気分の私に、みっしゃん一言。「マミー、明日は8時におきてね」えっ・・・。段ボールでカフェを作るんだそうです。朝一リビング集合です。がんばります。 [続きを読む]
  • Boo、素晴らしい教育法
  • Boo「みっしゃん、これはみっしゃんとダディーの秘密だよ!」ミッシャン「うん!」Boo「よし!じゃあ、後でマミーに教えてあげよう!」マミー現るミッシャン「マミー、あのね、これこれこうでね、これは秘密なんだよ!」という教育法をBooは取っているらしい。なるほど、それでみっしゃんは私に秘密をばらしてくれるのか。私にだけは何でも教えてくれるんだわ、と思い上がっていたけど、実はBooの効用だったのか!家族の中で秘密を [続きを読む]
  • 許さなくていいという選択
  • 物心ついた頃から、「強さ」に憧れていました。逆境に立ち向かい、努力し、幸せを自分の力で手に入れる、そんな人間になりたい。実際の自分は、逆境に目をつぶり、楽な道を選び、幸せを最初から諦めている、ダメで弱い人間でした。というか、そう思い込んでいました。自殺するのも怖い、自立するのも面倒、学校行くのも面倒、でもビビリだから赤点とか怖くて、試験ではそこそこの点数を取る。プライドだけは高いから、一応大学も行 [続きを読む]
  • アリスのままで-still alice-
  • 『アリスのままで』を観ました。言語学者として大学で教鞭をとるアリスは、3人の子供にも恵まれ、夫との仲も良く、幸せいっぱいに人生を謳歌しておりました。ところが、講義中に言葉が出てこなくなったり、ジョギング中に迷子になったりとおかしな現象が続くようになります。「もしかして、脳腫瘍?!」いいえ、違います。あなたは、アルツハイマーです。「ええええええええええっまだ、50歳ですけど!!!」非常にレアケースであ [続きを読む]
  • Boo、虚言
  • Booとみっしゃん、Boo両親とディナーに出かけたときのこと。テーブルに案内され、さてさてとメニューを見始めたとき、「あ!あのスタッフ、Bufala(近所のピザ屋さん)にいた人だ」とBooが声をあげました。「この店はBufalaと同じオーナーなんだ!」言うが早いか、興奮の面持ちで隣の両親にも告げるBoo.「ねえ、この店、Bufalaとオーナーが同じなんだよ」断定したよ、この人!!あの人がBufalaを辞めて、この店に移ってきただけって [続きを読む]
  • 親の愛情って何?
  • 虐待関連の書籍やサイトを読んでいると、「親の愛情不足」というキーワードが必ず出てきます。親からの愛情を感じられずに育った人は、自己否定が強く、親から得られなかった愛情を他人や物で埋めようと依存症になるケースも多い。しごくもっともなご意見なのですが、私はこの文章に出会うといつも違和感を覚えていました。だって、幼い子供が、「私って親に愛されてて幸せ!」と実感したり言葉にしたり、しないですよね。子供のど [続きを読む]
  • 過去の記事 …