K さん プロフィール

  •  
Kさん: Kブログ
ハンドル名K さん
ブログタイトルKブログ
ブログURLhttp://hp-i.sblo.jp/
サイト紹介文管理人プロフィール http://cari.jp/pr/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2007/01/19 16:42

K さんのブログ記事

  • 2017年7月中旬
  • 方違へ(かたたがへ):天一神(なかがみ)などのいる方角を避けること春のいそぎ・春のまうけ:正月の準備ジェントリフィケーション:高所得者が再び都心部に流入する現象ドイツ南部とポーランドはカトリック-----------------------------かりるーむ株式会社(cariroom)http://cari.jp/空室一覧 http://cari.jp/room/TEL090-8487-4851(鈴木)----------------------------- [続きを読む]
  • 母得・誘拐得・拉致得・監禁得・児童虐待黙認批判2017年7月
  • 日本の警察は子供の連れ去り・誘拐・拉致・監禁の支援団体と化しており、即時是正が必要である。親権・監護権の帰属のついて子供の意思を考慮しないというのは子供の逃げる自由(逃亡の自由)を否定することであり、現在の日本ではそれが悲惨な児童虐待や児童虐待死を多数引き起こしている。家庭裁判所の子の利益は、社会主義諸国が(人民の)虐殺の正当化に使った人民の利益と似た概念。戦後70年以上経つのだからファシズム的プロパガ [続きを読む]
  • 2017年07月上旬
  • 山地:山脈・高原・高地・丘陵熱帯:熱帯雨林気候・サバナ気候乾燥帯:砂漠気候・ステップ気候寒帯:氷雪気候・ツンドラ気候8日(土)朝早く起きたので水やりや土の採取などもやる。プランター容器を一つ持っていき、実家前庭で半ズボンで土を迅速に採取し、ふっと左足を見ると蚊が三匹はとまっている・・恐ろしい・・。自宅庭で猫のハナが寄ってきたので写真をとったりする。自給で野菜を作っても経済的には誤差の範囲だけど、所得 [続きを読む]
  • 子供の自由保障要求(誘拐・拉致・監禁批判)2017年7月中旬
  • 日本の子供連れ去り保護・優遇は児童虐待・児童虐待死の温床であり、即時是正が必要である。現在の日本では司法(裁判所)が最大・最強の児童虐待支援機関になっている。子供の逃亡・逃走の自由(自由権・自己決定権)を保障する必要がある。かつて日本が五族協和のスローガンで五族にしたことと、今家裁が子供の福祉のスローガンで子供にしている仕打ちは似ている。国(公権力)の体質はたいして変わっていない。逃げ出したい子供がいて [続きを読む]
  • 2017年6月下旬
  • ゆくりなし:思いがけない・突然だ目安し:見苦しくない・感じがよいなつかし:心がひかれる・親しみやすいなまめく:優美だ・上品だ天然ゴムの原産地はアマゾン低地高地:コーヒー・茶。低地:天然ゴム・カカオ・油ヤシ。アグロフォレストリー:熱帯林を伐採し農業を行う場合、耕地や樹園地の間に植林をして、森林の育成も行うこと[1921年設立]日本労働総同盟剰余の定理:整式P(x)をx-kで割った余りはP(k)26日(月)午前中Mさんがバ [続きを読む]
  • 子の誘拐・拉致・監禁批判(面会・逃亡の自由保障要求)2017
  • 今の日本の家裁・役所・警察など公的機関は子供の誘拐・拉致・監禁を支援(保護)する全体主義的な非人道的機関であり、即時是正が必要。別居親に子供の通う学校などを知る権利を認めるべきである。公的機関(公権力)は税金を使って誘拐・拉致・監禁支援をするのをやめるべきである。兄弟姉妹の中で一部の子供が特にひどい虐待を受けることもある。兄弟不分離の原則という悲惨な連帯責任は廃止すべきである。個々人が自己の居所を決め [続きを読む]
  • 2017年6月中旬
  • 歴史データベースhttp://cari.jp/?k=%97%F0%8Ejhttp://cari.jp/1/?k=%97%F0%8Ejhttp://cari.jp/a/?k=%97%F0%8Ejhttp://cari.jp/b/?k=%97%F0%8Ej人無惨な(1637)島原の乱開始。人無惨や(1638)島原の乱終結。嫌不幸(1825)異国船打払令・デカブリストの乱20日(火)難民排斥国ニッポン―収容施設で医療を受けさせず死亡事例もhttps://news.yahoo.co... [続きを読む]
  • 児童虐待ハウスへの公的支援是正要求2017年6月下旬
  • 家庭裁判所(家裁・司法)の監護実績は、監禁してまだ死んでいないこととほぼ同義。保育園等公共機関は誘拐親・拉致親・監禁親の言いなりになるのをやめるべきである。現在の家庭裁判所(家裁・司法)は片親の子供誘拐・拉致・監禁を積極的に保護し、児童虐待を大量生産している有害司法。今の司法(家裁)の運用(監護継続性原則・現状維持ルール)では、子供の監禁・虐待も監護実績。死ななければ監護実績。子供は逃げ出す自由を持たず、 [続きを読む]
  • 2017年6月上旬
  • 買取データベースhttp://cari.jp/?k=%C7%E3%BC%E8http://cari.jp/1/?k=%C7%E3%BC%E8http://cari.jp/a/?k=%C7%E3%BC%E8http://cari.jp/b/?k=%C7%E3%BC%E8律詩は3・4句目と5・6句目のどちらかは対句10日(土)ピザを注文しようとしたら、よく使っていたピザハットがなくなっていたり、時間帯的な問題からかネットからは予約のみだったりしたので、しょうがないので自転車で店舗.. [続きを読む]
  • 虐待ハウス保護・児童虐待支援批判2017年6月中旬
  • 連れ去り・引き離しされた子供はそのままその支配に服さなければならず、逃げる権利も認められない。子供の意思は考慮しないとして、子供の逃亡の自由を否定する公的機関。虐待ハウスの支援機関と化しており、即時是正が必要である。現在の運用は虐待ハウスからの子供の逃亡を防止したり禁止する悲惨な運用である。子供が連絡先を含め別居親の情報を正しく取得し、面会・逃亡を認めるだけで防げる児童虐待・児童虐待死が多く存在す [続きを読む]
  • 2017年5月下旬
  • 歴史データベースhttp://cari.jp/?k=%97%F0%8Ejhttp://cari.jp/1/?k=%97%F0%8Ejhttp://cari.jp/a/?k=%97%F0%8Ejhttp://cari.jp/b/?k=%97%F0%8Ej一苦難さ(1973)尊属殺重罰規定違憲判決否サ無(1736)サファヴィー朝滅亡31日(水)日付が変わった0時台に横になりつつYのことを思い出す。赤ん坊の頃、僕の膝にYを横たわらせ、「自分で持つ、自分で持つ」と言って、哺乳瓶に両手.. [続きを読む]
  • 母優先・誘拐有利・拉致監禁親保護是正要求2017年6月上旬
  • 事実婚における子供への権利義務を男女平等にして、法律婚への誘導をやめるべきである。事実婚(非法律婚)の場合でも認知した子に対する権利は男女が平等に扱われるよう要求致します。現在の家裁(家庭裁判所)は自由主義の敵・私有財産制(資本主義)の敵、拉致・監禁の味方。是正すべきである。子供が行方をくらまして銀行口座にお金の入金だけしろと要求し、ひたすら入金し続けるのは異常なのに、配偶者がそれを要求するのは認める日 [続きを読む]