タカナシクリニック さん プロフィール

  •  
タカナシクリニックさん: 中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG!
ハンドル名タカナシクリニック さん
ブログタイトル中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG!
ブログURLhttp://takanashi.livedoor.biz/
サイト紹介文作家中村うさぎさんとタカナシクリニック高梨院長が美容整形について、体験談、術後経過等々を更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/02/02 11:53

タカナシクリニック さんのブログ記事

  • 60歳の還暦パーティーは楽しみにしているけど…。
  • うさぎさんの引越しも落ち着きましたか?僕の方は引越しが一段落しましたが、豊島区の家がまだ売れてません。本来2世帯住宅だったので、その需要に合う人がいれば、お買い得な価格設定だとは思うのですが、2世帯住宅という需要が何せ少ない。ただ、相続税の面から考えると、2世帯住宅にして税金を低く抑えようと思う人はいると思うんだけどな。 まぁ、60歳の還暦パーティーは楽しみにしているけど、ゴージャスに仕上げられるかどう [続きを読む]
  • それなのになぜ?引っ越したかと言えば。
  • やっと引越しが終わりました。以前まで住んでいた一戸建て二世帯住宅はこれから売却しようと思っています。今後はマンションですが、戸建てよりも値段的には高額です。戸建てよりも建築年数も少し古いんですが、広さも半分くらい。それなのになぜ引っ越したのかと言えば、近くなるのと、住宅ローンの為なんです。戸建ての住宅ローンはまだ2000万位残っていたんですが、今死んじゃって、返さなくてよくなる金額も2000万なわけです。 [続きを読む]
  • 風邪が長引くのはステロイドを飲んでいるせいかしら?
  • 引越し、大変だね。 私はこのところ風邪が長引いて、咳と鼻水のおかげで夜もろくろく眠れないわ。鼻をかみ過ぎて鼻血が出て、その血の塊が鼻に詰まるもんだから苦しいのなんの。喉の痛みはだいぶ治まったけど、問題は咳ね。 ねぇ、咳ってさ、起きてる時より横になった方が激しいのって何故?起きてる時にも出るんだけど、横になった途端に止まらなくなるの。胸がゼイゼイいって、痰の塊が気管に引っかかって呼吸が出来なくなる。で [続きを読む]
  • 男は自分の彼女にコスプレエッチを要求されたら応じるの?
  • ヒアルロン酸豊胸でコスプレエッチに目覚めた女医さんの話、最初は誰だかわかんなかったんだけど、「うさぎさんは誰のことだか見当ついてるでしょ」の一文に「ああ! 彼女のことだったのか!」とハッと気づき、それから想像しちゃってしばらく笑い続けたわ。 でも、彼女の気持ちはすっごくわかるの!私も最初の豊胸手術した時は、鏡で見るたびに「ああ、これ! 憧れのアニメのオッパイだー!」って嬉しかったもん!わざと胸の開 [続きを読む]
  • コンプレックス解消でコスプレエッチ?
  • たぶんイベントに参加した彼女には心当たりがある。昔からの知り合いです。今は主婦で、去年に手術をして、気持ちが大きくなってセックスの相手を紹介してくれとの事だったので、知人を紹介したんだけど、知人は電話とかで仕事を受けてるんだけど、彼女からの着信が多すぎて仕事にならないとボヤいていた。 年明けて彼女が来院して知人とさらにその知人ともしちゃったんだけど・・・と聞かされました。まぁ、程ほどにしておかない [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。正確には今年の2月で満19年、それから20年目になります。20年近く続けてこれたことは、皆様のお陰でもあり、感謝しています。 僕の引越し先はもう決まっているのですが、内装の最中なので具体的な引越しは、来月になってしまうと思います。以前、目黒区に住んでいたこともあり、今度の渋谷区は以前の帰り道の途中という感覚なので、生活スタイルも寄り道の場所も数年前に戻るだけかもしれませんね [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます!
  • あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。 タカナシクリニックは今年で開業20周年なのね!おめでとう!私は来月末に59歳になるわ。還暦まであと1年、ワクワクしちゃうわ!還暦パーティやらないとね! タカナシの「仕事上でもプライベートでも、ひと区切りつけたい」って言葉は意味深ね。どんな「ひと区切り」を考えてるのかしら。まさか引退するとか、そんなんじゃないよね? 私、年末年始は自費出版ム [続きを読む]
  • 来年もよろしくお願いいたします。
  • 僕は30日が仕事納めで、来年は4日が仕事始めです。休みも短く、引越しの為の内装やらあるので、伊豆あたりで年を越す予定です。来年の抱負は、来年で開業して満20年になるので、仕事上もプライベートでも、何か一つの区切りを考えています。年明けの『不幸な恋愛当事者会議』は楽しみにしています。それでは、皆様来年もよろしくお願いします。東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2階タカナシクリニックは新宿南口、新宿新南 [続きを読む]
  • クリスマスなんて祝ってる場合じゃないのかな?
  • 風邪ひいたわ!頭痛いし、身体がガチガチに固まって腕が上がらないし、最悪よ!クリスマスにこんな状態になっちゃうなんて、日頃の行いに対する天罰かしら?でも、ケーキは食べたけどね。いひ! こないだ報告したムックの件、さっそく難航してるわ。「表現規制反対」の方は誌上討論会を開こうとして規制派の論客の方々に声を掛けたんだけど断られ、「売春非犯罪化」のほうは寄稿をお願いしてた方々に断られ、つくづく私って人望な [続きを読む]
  • 僕は職業によっての偏見はかなり少ない方だと思う。
  • 風俗嬢やAV女優やある意味あいで、水商売で働く女の人に過敏に偏見を持っているのは、男性よりも女性側に強いのではないかと思いっている。女性社会の中での階級意識が、同性であるが故の競争やプライド、偏見に満ちていると思う。 僕は職業によっての偏見はかなり少ない方だと思う。彼女遍歴をさかのぼると、水商売や風俗経験者や女医やら、全く意に介していないもの。ただ、風俗やAV業界で働いている女性の中には、自由な意思で [続きを読む]
  • 自分にとって不快な物をこの世から駆逐しようという姿勢には賛同できない
  • 23時門限については、仲介の不動産会社も知らなかったみたいなの。管理会社も知らなかったって言うし、知ってたのは大家と住人だけらしい。この場合、知らなかった仲介不動産屋や管理会社に非があるのか、その情報を公開しなかった大家に非があるのか、今度、弁護士さんに訊いてみるつもり。 タカナシは「新しい転居にかかる引っ越し費用と手数料、および今回の敷金礼金・手数料は返してくれるんじゃないか」って言うけど、どうや [続きを読む]
  • 美容の事はうさぎさんの体調とステロイド量が安定してからですね。
  • 正面玄関の門限が23時という事項が、契約書に出ていないか認識不足の場合、仲介不動産業者の重要事項の説明義務に違反していると思いますよ。管理会社ではなく、不動産業者にクレームするべきです。うさぎさんの車椅子の事情は入居前から分かっていた事態なのだから・・・。引越し費用や新たな入居先でかかる手数料と、今回の敷金礼金・手数料は返してくれるんじゃないですかね? アルコールに関しては全面禁止なんてありえないけ [続きを読む]
  • アルコール規制に関しては、強い抵抗があるんじゃないかな?
  • アルコールに対する締め付けが世界的な傾向になってきて、大麻と立場が逆転するかもって話、面白かったわ!でも、アルコール規制に関しては、強い抵抗があるんじゃないかな?お酒好きな人、多いじゃん? まぁ、私のように大してお酒好きじゃない人間は、酒飲みも喫煙者ほど迫害されればざまぁみろって感じだけどさ(笑)。タバコは副流煙の害がどうこう言うけど、酔っ払いの害もなかなかのものよ。タバコ吸って暴力的になる人はいな [続きを読む]
  • 激太りでもしなきゃ、タカナシがついてる限り安心だわ!
  • わぁ、私の「美」や「若さ」にできる限り協力してくれるなんて嬉しいお言葉!もうこんなデブのババアに用はないかと思ってたわ(笑)。だって最近の私、顔も身体も丸々してきて、冬毛に生え変わった鳥みたいにムクムクよ。ただ決定的に鳥と違うのは、全然かわいくないことかしら。ははは。 とはいえ、こんな私でも、まだまだ「美」と「若さ」への執着はあるし、還暦美女を目指して(これ、何度も言ってるわね)奮闘努力は惜しみませ [続きを読む]
  • 女性の場合、何歳になっても「美」や「若さ」を追い求める人も多い。
  • まあ、マリファナの日本での合法化とかは、アメリカの連邦法が改正になって、アメリカの圧力によってということになるだろうからね。だから、早くても数年はかかるとは思いますよ。あと、うさぎさんに限って言えば、ステロイドは病気そのものの進行や改善のためでしょ。マリファナの成分は痙攣や硬直不安といった症状の緩和のみに効果があるので、ステロイドよりホリゾンの役割をするんだと思います。なので、ステロイドは症状の改 [続きを読む]
  • 苦しいダイエットを一生やり続ける必要はないのかもしれませんよ。
  • 前回のブログで高樹沙耶さんの話題を出して、3日後に逮捕されてしまいましたね。予言みたいになってしまいました。もし、参院選で当選していたら、もっと一大事になってましたね。日本では現在、非合法である覚醒剤も、戦後日本の復興や高度成長期時代には、眠らないで労働できる様にするために、ヒロポンという商品名で薬局に売られていました。マリファナは労働意欲が低下し、競争力が低下してしまうので、合法化されるのは、日 [続きを読む]