tearecipe さん プロフィール

  •  
tearecipeさん: tearecipe
ハンドル名tearecipe さん
ブログタイトルtearecipe
ブログURLhttp://chinatea.blog2.fc2.com/
サイト紹介文お茶好きサラリーマンの中国茶の日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/02/03 20:41

tearecipe さんのブログ記事

  • 熟成烏龍茶?
  • コカコーラから、国産茶葉を熟成させた「熟成烏龍茶」なるものが出た。国産の茶葉を半発行で止めた後、じっくり熟成させましたとのこと。熟成って、要するに老茶路線を狙ったということなのだろうか。いろいろ考えるなあ(笑)。確かに火入れした直後はとんがっているからそれを寝かせると丸くなるよね。そこで再度火入れをして抽出したということか?そのうちコンビニで見かけたら飲んでみることにしよう。https://secure-c.cocacol [続きを読む]
  • 中華街のがぶ飲み烏龍茶
  • 久しぶりに横浜中華街へ。ここに来ると大抵萬珍楼、聘珍樓、四五六菜館、そして菜香新館へ行くことになるのだが、今回もやっぱり菜香新館。ここははずれがないので、安心して食べられるのが嬉しい。で、ごはんの内容は普通のブログで。で、ここで飲んだのは冷たい烏龍茶。焙煎の濃い目の烏龍茶なのだが意外とがぶ飲みするにはいい感じだ。丁寧にいれたお茶ばかり飲んできたのだけれどこういうがぶ飲み烏龍茶をそれなりの水準で淹れ [続きを読む]
  • 横浜でもバブルティー
  • 中華街をブラブラしていたら、バブルティーの店を見つけた。台北でバブルティー飲み比べしまくったので結構バブルティーにはうるさい(笑)で、ここのはどんなだろうとオーソドックスなやつを頼んでみたなかなか美味しいミルクティーにブラックタピオカももちもちでおいしい。なかなかいい感じのバブルティーだった。処でこの店、台湾茶も沢山売っている。鼎雲茶倉という名前の茶荘らしい。茶缶が赤くて、王徳傳みたいだったがどんな [続きを読む]
  • 木柵鉄観音
  • こちらは本当の?!木柵「ざ!木柵」という感じ。本当は木柵の張さんの店で買いたかったのだけれどこれは新純香のものリーズナブルで美味しいので◎ [続きを読む]
  • 鳳凰単叢 蜜蘭香
  • Cantonese 燕 KEN TAKASEミシュラン一つ星シェフ高瀬健一の店『アンチエイジング・ヘルシー』がコンセプトらしい。何種類かの中国茶も抑えている。白牡丹、凍頂烏龍茶、そして鳳凰単叢。ワンポット2500円は、ちょっと高いしやや薄めのお茶だったけれどここの中国茶にはとっても合っていた。遊茶のお茶だそうだ。美味しい中華だった。 [続きを読む]
  • 吉田山大茶会 初参戦
  • 今年で8回を迎えるという中国茶イベントそれが京都の吉田山大茶会だ。岩茶房の左能さんを中心に、関西の中国茶店や中国茶関係者が一堂に会して年に2日のお茶のイベント。初回からイベント自体は知っていたけれど初めて訪問してみた。10年以上ぶりの左能さんとの再会同じくとても久しぶりの亀岡紀子さんとの再会 [続きを読む]
  • 獅峰明前龍井を飲む
  • 久しぶりに獅峰の明前龍井を飲んだ。何年振りだろう。最近は春に雲南の緑茶ばかりだったのだがやはり龍井は美味しいお茶だ。日本では美味しい龍井がなかなか入手できないのでこうして知人が送ってくれるお茶が貴重でありとてもありがたい。なんだか一人で飲むのがもったいないので、そのうち、久しぶりに高校からの遊び仲間を招いてお茶会でもしようかな。他に幾つか緑茶が届いたのでまたゆっくりと飲んでみたい。 [続きを読む]
  • 節句の餅:柏餅
  • 端午の節句は、我が家は「柏餅」。関西では「ちまき」らしいが関東は柏餅だ。古代、柏の葉は、神様へのお供え物を盛る器だった。柏は神聖な木だったからだ。では何故神聖だと考えられたのか?それは柏の葉が次の新芽が出るまで葉を落さないからだ。そんな神聖な葉を跡継ぎが途絶えない葉とみなし「子孫繁栄」の意味が柏餅に具現化されているわけだ。ちなみに柏の葉の表で巻いてあるのが味噌餡。裏で巻いているものが小豆餡だという [続きを読む]
  • 珍珠奶茶@春水堂(新光三越南西店)
  • 台北に15年ぶりに行った。息子のリクエストで珍珠奶茶の飲み比べをするのが一つの目的。(もう一つは小籠包の食べ比べ(笑))。まずは、有名な元祖ともいうべき春水堂だ。中山にホテルをとったので近隣にある三越の店舗にいってみた。お茶の味わいがいい感じの珍珠奶茶だった。確かにこれを飲み比べするのはなかなかにおもしろい。 [続きを読む]
  • ノリタケ
  • ノリタケの森で素敵なティーカップに出会った。ティーカップは、外国製しかなくてそれでもいいと思ってたのだけれど、やっぱりノリタケはいい。価格も手の届かないものではなく手が届くところもいい感じだ。 [続きを読む]
  • 『現代中国茶文化考』
  • 真面目な論文集?たまたま丸善で見つけて手にとってみた。大阪観光大学専任講師の王静という方のお仕事。1983年生まれとは、お若い方なんだなあ。台湾の茶藝の発展も研究の対象みたいで、じっくりちゃんと読んでみたい。『現代中国茶文化考』著者:王静出版:思文閣出版発行:2017.03.01価格:5,940 [続きを読む]
  • BRUTUS New wave of Tea
  • 本屋で見つけた。ティーバッグのカタログみたいなのが面白かった。この発想パクろうかな(笑)でも、選ぶお茶が違いそう。お茶のお店も、知らないところばかり。最近お茶の世界、足を踏み入れてなかったものね。茶友が買ってたのでちょっと興味があった。でも、横の赤塚不二夫!!!にちょっと負けてる(笑) [続きを読む]
  • 『茶楽』
  • ジョセフ・ウェズリー・ウールのThe art and craft of TEAという茶の本の翻訳原本持ってた写真がなかなか面白いけど、日本の本ではないなあ(笑)紅茶の人が入門で読むには良いのかもしれない。『茶楽』著者:ジョセフ・ウェズリー・ウール発行:2017.1.26出版:ガイアブックス価格:3,024円 [続きを読む]
  • 福茶
  • 節分には毎年福茶を淹れる。福茶といえば、正月など節目節目の時に飲む風習が昔からあるようだが、地方によってその中身も違うようだ。黒豆、昆布、梅干し、山椒といった具に煎茶や湯を注ぐのが一般的らしい。茶の効用を重んじて、節目に咽というのはさもありなんというところだろうか。さらに茶にいろいろ入れる風習ももともと中国ではあったので(今もライ茶などに残っている)、それが伝えられていると考えると面白い。我が家の [続きを読む]
  • エシレのサブレ
  • このところ嵌っているのがエシレのサブレ。これ、お茶にめちゃくちゃ会うんだよね。エシレバターたっぷりなので一枚たべると結構なボリュームなのだが、紅茶もしくは濃い目の烏龍茶にあう。僕はシ真紅とともに楽しんでいる。エシレ・メゾン デュ ブール住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F営業 10:00〜20:00(無休)電話:03-6269-9840 [続きを読む]
  • 大益普洱茶の品質鑑定
  • 最近中国茶の本は、放置してた。たまたま年末御節を買いに多摩センターに行った際に丸善でたまたま見つけたのがこの本。知る限りにおいて普シ耳茶について体系的に書かれた日本語の本はこれが初めてではないか?井上さんの本とかはあるのだが、流石普シ耳茶のメーカー大益がまとめただけはある。プーアル茶の歴史、地理、文学、社会的意義から、化学成分、健康作用、加工技術など自然科学の分野までを総合的に概括しており、プーア [続きを読む]
  • 富山で御抹茶をいただく
  • 12月1日から富山大学の仕事で富山訪問。富山湾鮨三昧だったのだけれど、その途中で、御抹茶と和菓子も。柚子を模した生菓子は、美味しいお抹茶とマッチしました。幸い天気も良くて、遠くに大きく立山連峰が望めたのがいい感じだでした。 [続きを読む]
  • 杉林渓高山陳年茶
  • 台湾茶を商っていたアイシスが2016年いっぱいで閉店。とっても残念ですが、仕入れをお願いしていた茶荘が高齢のためみせじまいなんだとか。アイシスさんからは、いつも美味しい新鮮なお茶を届けていただきました。この陳年茶が最後のお茶になりました。杉林渓はとっても好きなお茶ですが、その陳年茶もとてもやわらかく深みのある味わい。もったいないのでちびちびといただいています。瀬津さん、お疲れ様でした。 [続きを読む]
  • 凍頂烏龍茶2016年冬茶
  • 人形町の小梅茶荘さんからこの季節の凍頂烏龍茶のサンプルが届いた。香りのよい煎の立つ美味しいお茶だった。なんか、最近ちゃんとお茶を飲んでいないなあ。こういう美味しいお茶を飲むと、ちゃんと入れたお茶を飲みたくなる。 [続きを読む]
  • 長野でそば茶
  • 長野といえば蕎麦。長野人の血が半分入っている僕としてはやっぱり長野の蕎麦が好き。で、そのそばを使ったそば茶が好きだ。手打ちそば十割の大善の蕎麦。そして大善のそば茶。ご馳走様でした。 [続きを読む]