おじぷな さん プロフィール

  •  
おじぷなさん: この間見た映画の。
ハンドル名おじぷな さん
ブログタイトルこの間見た映画の。
ブログURLhttp://ojipuna.blog7.fc2.com
サイト紹介文3日1本5行レビュー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/02/08 13:30

おじぷな さんのブログ記事

  • 不思議の国のアリス DVD (1972年)
  • POINT:― なんか不思議。あらすじ:アリスはパーティの途中、庭で時計を見ながら走り去るウサギをみつけ、おいかけて木のうろから深い穴に落ちる。監督:ウィリアム・スターリング改めてみると不思議な感じ。もともとストーリー自体が不思議というのはあるのですが、そのストーリーに合った映像もずいぶん不思議。動きが面白いし色使いも妙。チェシャ猫の目の色の当て方とか斬新というか、普通のアニメのセオリーにはない。カメ [続きを読む]
  • 豆腐小僧 DVD (2011年)
  • POINT:― なんでまた豆腐小僧。あらすじ:豆腐小僧はちっともこわくないので妖怪仲間に馬鹿にされ、ひょんなことからお堂に封じ込められて200年たった。お堂が開発で壊されて、でてきたらすっかり見知らぬ街だった。監督:河原真明2D鑑賞。豆腐小僧って怖い要素がないよねっていうのはさておき、怖くないといじめられるほど他の妖怪もぶっちゃけ怖くない。泥田坊がなまずなのもちっとも頂けない。明るくなりすぎた現代で妖怪 [続きを読む]
  • マレフィセント DVD (2014年)
  • POINT:☆ マレフィセント・・・・。あらすじ:人間の国の王様にオーロラという女の子の赤ん坊が生まれ、誕生会にたくさんの者がお祝いにかけつけた。お祝いに招かれない妖精の国のマレフィセントはオーロラに16歳の誕生日までに糸車に刺されて死の眠りにつくという呪いをかける。監督:ロバート・ストロンバーグ キャスト:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャールト・コプリー、サム・ライリーマレフィセント [続きを読む]
  • ドラえもん のび太と銀河超特急 DVD (1996年)
  • POINT:☆ わりと無難。あらすじ:ドラえもんが手に入れた22世紀の銀河ミステリー旅行のチケットで、銀河の果てのドリーマーズランドに向かうドラえもんたち。しかし謎の生命体が人類の支配をもくろんでいた。監督:芝山努すごく面白いわけではないのだけれども、後期のドラえもんの作品とすれば、まあまあ面白い。銀河鉄道のミステリーツアーというところで乗ってみたいし行ってもみたいけれども、このネタ自体にオリジナリティ [続きを読む]
  • パズル DVD (2014年)
  • POINT:− 最近はやりのタイプ。あらすじ:高校でマスクをつけた4人の生徒が妊婦の先生を家庭科室に監禁した。その生徒たちは校内放送で先生を助けるためにはジグゾーパズルを完成させろと言う。監督:内藤瑛亮 キャスト:夏帆、野村周平、高橋和也、佐々木心音ジグソーとか最近よくあるギミック謎解きタイプ。R15指定だけど、レーティング的にはそうでもないような。グロイというよりは痛そうというかされたら嫌だなと思う映 [続きを読む]
  • 青鬼 DVD (2014年)
  • POINT:☆ 青鬼が青いわぁ(青鬼の造形加点)。あらすじ:いじめっこ達はいじめられっこのシュンを廃ビルに連れ込み、これを見た杏奈はシュンを心配して廃ビルに侵入する。しかし廃ビルの中には青鬼がいて、追いかけられて囓られる。監督:小林大介 キャスト:入山杏奈、須賀健太、古畑星夏原作ゲーム未プレイ。雑な感じの青鬼の外観からも、B級感が溢れています。青鬼は青いわぁ。こんな青いとは思わんかった。この雑な造形のギ [続きを読む]
  • のび太のねじ巻き都市冒険記 DVD (1997年)
  • POINT:- どことなく宗教臭い。あらすじ:のび太はぬいぐるみの馬をネジで命を吹き込んで空き地で乗馬をしていた。スネ夫やジャイアンに牧場があると言ってしまった手前、ドラえもんに泣きつくけれど、ドラえもんからくじの小宇宙券を貰って牧場にいい小宇宙を探す。監督:芝山努ぬいぐるみだからか、全部モブっぽいというか、特徴のある外形のキャラがない。せめて主要なぬいぐるみとか悪役にくらいは特徴を持たせればよかったの [続きを読む]
  • テルマエ・ロマエⅡ DVD (2014年)
  • POINT:- いい尻。あらすじ:ローマのルシウスは剣闘士用の風呂をつくることを命じられたが、アイデアが出ずに困っていたところ、気がつくといつのまにか平たい顔族の国(現代日本)の風呂にいた監督:武内英樹 キャスト:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開原作既読。登場するローマ人が全部日本人(力士以外)なのになんだこの自然な感じ、というところが前作と同じく第一の驚きポイント。この映画は良い尻と顔芸で成り [続きを読む]
  • 不安の種 DVD (2013年)
  • POINT:- これを映画化しようとしたことは凄い。あらすじ:富沼氏で、奇妙な出来事がおこります。少しづつ、少しづつ。監督:長江俊和 キャスト:石橋杏奈、須賀健太、浅香航大、岩井志麻子、津田寛治原作既読。あなたの知らない世界系で、最終的には呪怨みたいな感じ。にせ(擬態のテーマ)ににた不安感というか、ぞわぞわする話。1話5分くらいのショートショートを連続させた話で、よくこんなとりとめもない話をとりとめもな [続きを読む]
  • 呪怨 白い老女 DVD (2009年)
  • POINT:- 俊雄が赤かったら赤い老女なのかな?あらすじ:呪怨の家に引っ越してきました。呪怨の家の過去と現在(多分)がオムニバス。監督:三宅隆太 キャスト:南明奈、ムロツヨシ、宮川一朗太、鈴木卓爾、中村愛美2部作のもう一方は未見。俊雄はちらっとでてくるけど、伽耶子は出てこない。場所の呪いというのはそうなんだけど、これまでの呪怨シリーズのように伽耶子が襲ってくるわけではなく、人(物理)的な恐怖で攻めてく [続きを読む]
  • パロルのみらい島 DVD (2014年)
  • POINT:- 子ども向け。あらすじ:バロルたちの住んでいる島に花火の写真が流れ着く。バロル達は島の外に出てはいけないときつく言われていたが、花火がみたくて筏を作って乗り出し、人間の町にやってくる。監督:今井一暁基本的には子ども向けの話で、大人が見てもたいして面白くはない。そしてなんかキャラデザが微妙。なんというか、特徴がない。犬なのか猫なのかウサギなのか、或いはオリジナルの生き物なのかもよくわからない [続きを読む]
  • 風立ちぬ DVD (2013年)
  • POINT:― 猫の恩返しを見た時のような不燃焼感。あらすじ:二郎は小さいころから飛行機の設計士になりたかった。大学では設計を学んでいたが、時代は第二次世界大戦(?)へと突き進んでいく+こいばな。監督:宮崎駿二郎は実在の人物を複合したキャラクターというのはあらかじめ知っていたものの、二郎が結局どういう人物かが最後になるまでよくわからないうえ、二郎が何をしたいのかも主観的には語られない。伝記物のような描 [続きを読む]
  • リンカーン弁護士 DVD (2011年)
  • POINT:☆ リンカーンは車の名前。あらすじ:ニックは刑事弁護専門の弁護士をしていて、保釈金業者の知り合いから金になるといわれて保釈事件を引き受ける。被疑者のルーレは自分は無実だと主張し、ニックは以前同じような展開があったなぁと思いだす。監督:ブラッド・ファーマン キャスト:マシュー・マコノヒー、ライアン・フィリップ、マリサ・トメイ、ウィリアム・H・メイシーリンカーンって高級車なんだね。高級車に乗り [続きを読む]
  • 魔女の宅急便 DVD (2014年)
  • POINT:− ジブリとは無関係。あらすじ:キキは魔女になることを選び、13歳の誕生日に家を出て見知らぬ町で一人暮らし始める。監督:清水崇 キャスト:小芝風花、広田亮平、尾野真千子、山本浩司、新井浩文、筒井道隆、宮沢りえなぜ清水崇。ジブリ版よりは原作に近いらしいのですが、どうしてもジブリのイメージがあるのと、ジブリ作品と共通(原作が同じなので当然と言えば当然だが)している部分が多いので、なんだか違和感 [続きを読む]
  • アリーテ姫 DVD (2001年)
  • POINT:− 全体的に地味。あらすじ:アリーテ姫は高い塔に住み、結婚の日を待っていた。姫と結婚するために勇者が魔法の宝物を持ってくるが、姫が求めていたものは世界の広さと知識だった。監督:片渕須直絵柄は古いけれどもCGが多用している不思議なバランスの作品。BGMも牧歌的でよく、全体的に懐かしい感じ。雰囲気的にはナウシカに似ているだろうか。でもアリーテ姫自身が強いわけではないっていうところは面白いところかも。 [続きを読む]
  • かぐや姫の物語 DVD (2013年)
  • POINT:− やたらくるくるまわる。あらすじ:おじいさんはある日竹藪で光る竹を見つけた。中には小さな女の子が入っており、おばあさんと育てることにした、というかぐや姫のお話。監督: 高畑勲かぐや姫というベタな話なわりに盛り上がっている。一般的なかぐや姫に新しい解釈(といっても新規性はないが)が少し入っているが、もの凄く面白いというほどではない。絵柄が柔らかいところは面白いし、動きも面白いのだけど、それ [続きを読む]
  • ディノシャーク DVD (2010年)
  • POINT:− 少なくともこれは鮫ではない。あらすじ:クルーザーで観光地の案内をする仕事についたトランスだったが、ある日泳いでいた女の人が、鮫のようなゴツい奴に喰われるのを目撃する。トランスは鮫じゃないと言って回るが、鮫のせいだと片付けられてしまう。監督:ケヴィン・オニール キャスト:エリック・バルフォー、ロジャー・コーマン、ゲイリー・J・タニクリフわかりやすくCGです。鮫というよりはワニのほうが近い [続きを読む]
  • 米百俵 小林虎三郎の天命 DVD (1993年)
  • POINT:− 教育番組的な感じ。あらすじ:戊辰戦争に敗れた長岡藩はその日の食べ物にも事欠く状況だった。見かねた峰山藩は米百俵を長岡藩に送るが、藩主の小林はこれを藩士に配ることなく学校の設立をすると言い始めた。監督:島宏 キャスト:中村嘉葎雄、真行寺君枝、沖田浩之、河原崎健三語り口調がやけに文語的。学問に対する考え方が藩主と藩士で対立しているのは興味深いんだけど、対立している派閥の意見に対する説得とい [続きを読む]
  • 呪怨 終わりの始まり DVD (2014年)
  • POINT:☆ まあうまくまとまってる。あらすじ:白い子ども敏雄とはいにょる女伽耶子が家にやってくる人々を呪う呪う。監督:落合正幸 キャスト:佐々木希、青柳翔、トリンドル玲奈、金澤美穂、黒島結菜大筋の呪怨の話とちょっと違うけど、内容というか方向性はだいたい同じ。時系列をばらばらに配置しているものの、まあうまく配列されている。はじまりというか、日本版もアメリカ版もこれまでのシリーズを全部足してまとめたよ [続きを読む]
  • 痛み DVD (2011年)
  • POINT:− 韓国映画好きな人は好きそう。あらすじ:事故の後遺症で痛みを感じなくなったナムスンは借金取りの手伝いをしていた。ある日借金まみれのドンヒョンと出会って一緒に暮らすようになり、殴られ屋を始める。監督:クァク・キョンテク キャスト:クォン・サンウ、チョン・リョウォン、マ・ドンソク韓国映画って仲の悪い男女がなぜかののしりあって仲良くなるという構図がありますが、こういう絆って日本にはあまりないと [続きを読む]
  • ナイト・ウルフ/人狼憑異 DVD (2010年)
  • POINT:− 下らない会話長い。あらすじ:LAから実家の田舎に里帰りしたサラさんですが、母親はなんか不在で、その夜父親が何者かに惨殺されました。監督:ジョナサン・グレンデニング キャスト:イザベラ・カルソープ、トム・フェルトン、ジェマ・アトキンソン、ジョシュア・ボウマン案外真面目なお笑いのない路線の狼男な話ですが、ダラダラモタモタしていて緊張感がない。というかダラダラタイムが長すぎる。スティーブンは糞 [続きを読む]
  • 猫侍 DVD (2014年)
  • POINT:− いきなり歌?あらすじ:かつて百人切りと恐れられていた斑目久太郎は傘張り浪人として細々と暮らしていた。ある日久太郎のもとに「猫を切ってほしい。」という依頼が舞い込む。監督:山口義高 キャスト:北村一輝、蓮佛美沙子、浅利陽介、戸次重幸、温水洋一、横山めぐみきのこVSたけのこみたいな感じで犬派と猫派は永遠の戦い。それにしても大人の侍が真剣に猫を切るというのは何とも滑稽です。主人公がすっとぼけて [続きを読む]
  • 映画 謎解きはディナーのあとで DVD (2013年)
  • POINT:− オーバーアクションすぎ。あらすじ:ご令嬢且つ新米刑事の宝生は執事と一緒にシンガポール行きの豪華客船に乗り込んだところ、たまたま殺人事件が起こる。監督:土方政人 キャスト:櫻井翔、北川景子、椎名桔平、中村雅俊、宮沢りえ原作未読。登場人物が基本オーバーアクションすぎるので、かえって原作だとどうなってるのか気になるところ。京極の表情はすごくいいです。アメコミ的な演出があったりと演出としては面 [続きを読む]