おじぷな さん プロフィール

  •  
おじぷなさん: この間見た映画の。
ハンドル名おじぷな さん
ブログタイトルこの間見た映画の。
ブログURLhttp://ojipuna.blog7.fc2.com
サイト紹介文3日1本5行レビュー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/02/08 13:30

おじぷな さんのブログ記事

  • 劇場版 PSYCHO-PASS/サイコパス DVD (2014年)
  • POINT:− なんとなく平板な感じ。あらすじ:近い未来、日本はシヴュラシステムの支配のもと、犯罪係数(犯罪の犯しやすさ)を数値化され監視されて生活していた。東南アジアのある国がシステムを導入することとなり、監察官常守朱が担当として赴任する。監督:本広克行アニメ未見、漫画既読。一応世界観の説明は冒頭にあるので、所見でも全く分らないこともないと思う、よくある設定だし。IG制作なのでキャラデザとか作画はまん [続きを読む]
  • ウェア -破滅- DVD (2013年)
  • POINT:★ 唐突なジャンルチェンジ。あらすじ:旅行中の一家が惨殺される。当初獣の仕業と思われたが、生き残りの母親の証言から殺人事件として捜査が開始される。監督:ウィリアム・ブレント・ベル キャスト:A・J・クック、サイモン・クォーターマン、ブライアン・スコット・オコナー、テイラン・グウィネク、セバスチャン・ロッシェ一家惨殺の報道シーンから始まるテレビ画面を通じたプロローグは短い上にわかりやすくていい [続きを読む]
  • ババドック〜暗闇の魔物〜 DVD (2014年)
  • POINT:★★ ゆっくりホラー。あらすじ:アメリアは一人での子育てに疲れ果てていた。ある日息子のサミュエルが読んでと「ミスター・ババドック」という絵本を持って来た。その日から、サミュエルはババドッグに怯えるようになる。監督:ジェニファー・ケント キャスト:エシー・デイヴィス、ノア・ワイズマン、ヘイリー・マケルヒニー、ダニエル・ヘンシュオールグロくもないし、激しくもないし、逃げたりもしない。恐ろしくス [続きを読む]
  • エンカウンターズ −侵略− DVD (2014年)
  • POINT:− 投げっぱなしすぎ。あらすじ:森に映画を撮りに出かけていったら変なものがいっぱいいたPOV。監督:アンダース・ヨハネス・ブック キャスト:クリスチャン・フィヨルド、ヤーコプ・ヴァグネル・グルダエル、カスパー・スロット、シーネ・マチルド・ソーレンセンなんだか中途半端な感じ。最初にブレアウィッチっぽい振りがあるんだけど、そこに絡めて二転三転する話かと思ったら、展開しなかった。来るぞ来るぞ来るぞ・ [続きを読む]
  • 劇場版 零〜ゼロ〜 DVD (2014年)
  • POINT: 怖くはないです。あらすじ:カスミ(女)は同級生の美少女アヤ(女)にひかれていた。そのころ、真夜中に写真にキスすると消えるという噂があり、女子がどんどん行方不明になっていた。監督:安里麻里 キャスト:中条あやみ、森川葵、小島藤子、美山加恋、山谷花純小説未読、ゲームはちょっとやったことがある。ゲーム版は結構なアクションホラー作品だったんだけど、本作は全然怖くはなくて百合映画路線。ゲームを期待 [続きを読む]
  • グリズリー・レイジ DVD (2007年)
  • POINT:― クマの全体像が不明。あらすじ:立ち入り禁止を無視して車でグリズリーの子供をひいてしまう。監督:デヴィッド・デコトー キャスト:タイラー・ホークリン、ケイト・トッド、グラハム・コサコスキーこのクマ、全体が見えない。まあリアルクマをキャストにするわけにもいかず、CGで賄うにも技術不足とすると、クマの顔をを下から映したシーンとか、ぶっとぶ人とか、クマの手だけが人を殴る様とか、パズル的な感じでひ [続きを読む]
  • クルードさんちのはじめての冒険 DVD (2013年)
  • POINT:― うーんバイオレンス。あらすじ:クルードさんちは原始時代に暮らす一家で、外は危険だからなるべく外に出ないように暮らしていた。しかし天変地異が起き、家が壊れてしまったため、クルードさん一家は旅にでることになった。監督:クリス・サンダース洞窟人の原始的な感じがパなく、粗暴すぎて凄い。女の子が主人公(たぶん)なんだけど、かわいいという感じは全くなく、むしろ動物的。映像(CG)としてはなかなかいい。 [続きを読む]
  • 終の信託 DVD (2012年)
  • POINT:★☆ 近年珍しい重いドラマ。あらすじ:綾乃はかつての医者時代のことを思い出していた。綾乃は患者であった江木の希望で生命維持装置の電源を切ったが、意識のない江木は暴れ始めたため、鎮痛剤を投与し、安楽死(?)させたのである。監督:周防正行 キャスト:草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ安楽死は結構興味がある話題。どちらが悪いというスタンスではなく、検事にも医者にもどちらにも言 [続きを読む]
  • 亡国のイージス DVD (2005年)
  • POINT:― 邦画大作的な映画。あらすじ:特殊兵器で武装したイージス艦がテロリストに占拠された。監督:阪本順治 キャスト:真田広之、寺尾聰、中井貴一、勝地涼、吉田栄作原作未読。邦画は女の人を入れないとなりたたないのか。原作にも女の人が入っているかは知らないけど、なんか女の人を入れるために女の人が入ってる感がある。ところでテロリストの話ですが、浅い。テロリストって、宗教とか、どうしようもないパワーバラ [続きを読む]
  • 口裂け女 リターンズ DVD (2012年)
  • POINT:― 音が大きい系。あらすじ:民俗学の研究に女の子たちが寒村に訪れます。監督:山本淳一 キャスト:大堀恵、里久鳴祐果、小澤真利奈、山下まみ民俗学→女の子いっぱい→襲われる、という実にありふれた枠組みのお話しです。せっかく昔からの話にするなら掘り下げればいいのに、女の子がキャーキャーする話で終始してます。内容としてはよくある範囲で、たいして面白くない。基本的にどうでもいいところで大きな音を立て [続きを読む]
  • LEGO ムービー DVD (2014年)
  • POINT:― レゴっぽさが乏しい。あらすじ:レゴでつくられたブロックシティに住むエメットは穴に落ちた。エメットは穴の先に住んでいたレゴたちに「選ばれた者」と勘違いされてしまう。監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー全体的にレゴばかりだけれども、あんまりレゴっぽくない気がする。レゴというと小さいブロックをチマチマ組み立てるイメージなのだが、舞台全体に広がりがあるので、どうも「レゴ」っていう雰囲気 [続きを読む]
  • チレラマ CHILLERAMA DVD (2011年)
  • POINT:★★ これは見事なZ級。あらすじ:精子怪獣ワジラ、ヤング・クマ男の絶叫、アンネ・フランケンシュタインの日記、大便がいっぱい、の4本をお送りします。監督:アダム・リフキン、ティム・サリヴァン、アダム・グリーン、ジョー・リンチ キャスト:アダム・リフキン、セーラ・マッチ、オーウェン・ベンジャミン、レイ・ワイズなんかもう作品タイトルからアレよね。このタイトルだけで好きな人は好きだろうけど、ダメな人 [続きを読む]
  • オキュラス/怨霊鏡 DVD (2013年)
  • POINT:☆ 地味だがよい。あらすじ:ケリーは、父母が亡くなり弟が精神病院に入院した原因は、家においてあった鏡のせいだと思っていた。ティムが退院後、ケリーは鏡を買い戻し、二人で謎を解こうと弟に持ち掛ける。監督:マイク・フラナガン キャスト:カレン・ギラン、ケイリー・ラッセル、ブレントン・スウェイツ、ティム・ラッセル、ケイティー・サッコフ、マリー・ラッセル、ロリー・コクレイン家族に起きた不可解且つ不幸 [続きを読む]
  • ベイマックス DVD (2014年)
  • POINT:★★☆ ぷにぷに加点。あらすじ:中学生のヒロは自分の作ったロボットを地下賭博で戦わせていた。ある日ヒロは、ヒロを心配する兄のタダシに連れられて大学の先端技術の研究室にいくが、その直後にタダシは車にひかれて亡くなってしまう。監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ賭けの雰囲気が妙に日本(アニメ・ゲーム)的。というか登場人物も日本人名が多く、神田っぽい街並みだし設定は海外のようだが日本っぽい雰 [続きを読む]
  • 美女と野獣 映画 (2017年)
  • POINT:☆ 王道的もりあげ。あらすじ:ベルは美人だったけど、本ばっかり読んでたので浮いていた。そんなベルをガストンが狙っていたが、まったく相手にされない。ある日ベルの父が遠くの町の市場に買いに出かけたが、その帰りに迷い込んだのは野獣の城だった。監督:ビル・コンドン キャスト:エマ・ワトソン、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ユアン・マクレガー美女と野獣な感じ。中盤からラストにかけての盛り上が [続きを読む]
  • AAAH!ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている DVD (2007年)
  • POINT:☆ ゆるふわゾンビ。あらすじ:なんだか周りにもの凄く早く動いているものがあります。アイスもすぐ溶けます。他の人と話し合ったけど、なんだかよくわかりません。監督:マシュー・コーネン キャスト:マシュー・デイヴィス、コルビー・フレンチ、ジュリアンナ・ロビンソン、マイケル・グラント・テリーゾンビ視点のゾンビ映画というのはなかなか斬新。ゾンビ視点の時はカラーで人間視点がモノクロというのも素敵。白黒 [続きを読む]
  • ゴーストメイカー DVD (2011年)
  • POINT:− ジャンルはホラーなのかな。あらすじ:清掃のバイトをしていたら、ある家で幽霊になれる機械をみつける。監督:マウロ・ボレッリ キャスト:アーロン・ディーン・アイゼンバーグ、リズ・フェニング、J・ウォルター・ホランド金魚で臨死体験を試すとか新しい。金魚でOKだったら自分でやってみようとか短絡的だな。全体的に小粒感はありますが、見てる分にはまあまあ面白かったです。途中までは普通のサスペンス的な話だ [続きを読む]
  • 塔の上のラプンツェル DVD (2010年)
  • POINT:☆ のりがよい。あらすじ:ラプンツェルは長い間塔の中でそれなりに楽しく暮らしていた。でも年に1回、夜空にあがる灯籠をいつか見てみたいと夢見ていた。監督:バイロン・ハワードノリがとてもいい作品で、明るく楽しく軽くて面白い。CGもいつも通り綺麗。ただ飛び抜けて面白いというほどではない。他のディズニー作品と比べて歌の尺が少し長いかも。ストーリーとしては基本のラプンツェルの話にゴテゴテと付け加えた感 [続きを読む]
  • ザ・ヘラクレス DVD (2014年)
  • POINT:− 英雄?なにそれ?あらすじ:古代ギリシャ、ティレンスは他国を侵略し、領土を拡大していた。ティリンスの王妃は王の姿に疑問を感じ、神に祈った結果(略)、ヘラクレスが生まれる。王は当然ヘラクレスを嫌っており、ヘラクレスの恋の邪魔をしたり激戦地に赴かせたりするのだった。監督:レニー・ハーリン キャスト:ケラン・ラッツ、スコット・アドキンス、ジョナサン・シェック、ラデ・シェルベッジア、ケネス・クラ [続きを読む]
  • 高速ばぁば DVD (2012年)
  • POINT:- むしろ滑稽。あらすじ:アイドルが心霊スポットで肝試しをすると、足の速い婆さんに襲われる。監督:内藤瑛亮 キャスト:未来穂香、中村愛美、大家由祐子、中村有志高速ではないと思った。ちなみに高速道路で追いかけられる話でもなかった。そもそも襲ってきているのが婆なのかなんなのかよくわからないが、全体的に滑稽な感じがある。それにばぁばが高速になる意味もわからない。全体的に(ばぁばも含めて)造形はお化 [続きを読む]
  • シーウルフ DVD (2008年)
  • POINT:− なんか軽い。あらすじ:海で遭難したハンフリー(文学青年)はアザラシ猟船に拾われ、そこで無理矢理働かされてマッチョになる。ある日アザラシ猟船は新たな女性の遭難者を拾う。監督:クリストフ・シュラーエ キャスト:トーマス・クレッチマン、フロリアン・シュテッター、ペトラ・シュミット=シャラー、ヘニング・バウム文学青年が拾われた船が蟹工船みたいなところで、暴力で働かされる見たいな話、だけど最後は [続きを読む]
  • SING シング 映画  (2016年)
  • POINT:− 動物が躍ります。あらすじ:コアラのバスターは劇場の支配人をしていたが、人が入らず困り果てていた。起死回生の策として、なけなしのお金をかき集めて用意した1000ドルを賞金にして歌のコンテストを企画する。ところがチラシにはなんと10万ドルと記載されており、さあ大変。監督:ガース・ジェニングス一番の難点が、素人の歌のコンテストという企画に観客が集まるのか(賞金が10万円でも1000万円にして [続きを読む]