おじぷな さん プロフィール

  •  
おじぷなさん: この間見た映画の。
ハンドル名おじぷな さん
ブログタイトルこの間見た映画の。
ブログURLhttp://ojipuna.blog7.fc2.com
サイト紹介文3日1本5行レビュー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/02/08 13:30

おじぷな さんのブログ記事

  • モアナと伝説の海 映画 (2017年)
  • POINT:★ 3Dで見たら結構怖いんでね?あらすじ:英雄マウイは命の女神テ・フィフィから心を盗み、その結果テ・カーが現れ、闇が世界を少しづつ浸食していった。モアナは小さな島の族長の娘だったが、ある日海でテ・フィフィの心を見つけ、テ・フィフィに心を返しに行く旅に出る。監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ2D鑑賞したけど3Dでみたい感じ。南の島の広がりを感じる映像で、しかも非常に明るく美しい。まさに南の [続きを読む]
  • パニックマーケット3D DVD (2012年)
  • POINT:☆ サメ強い。あらすじ:親友をサメに襲われて亡くしたジョシュはスーパーマーケットで働いていたところ、強盗がやってきて大暴れするなか、巨大津波に襲われてスーパーは水浸しになり、しかもサメだらけです。監督:キンブル・レンドール キャスト:ゼイヴィア・サミュエル、アレックス・ラッセル、ジュリアン・マクマホン3Dといいつついつも通り2D鑑賞。最初のサメの登場から、お笑い含みの作品ということがわかりま [続きを読む]
  • 死者の書 DVD (2005年)
  • POINT:― 全体的におちつかない感じ。あらすじ:奈良時代、都には仏教がもたらされた。郎女は熱心に写経を行っているうち、山頂に光が現れたので、ふらふらと山の入り口に立ち入る。監督:川本喜八郎人形劇のような、クレイアニメのような変な雰囲気。日本人形のようなものが動いているっていうのも妙な感じだし、動きはたどたどしい(動きがスムーズでない)のに妙な迫力というか表現力がある。日本人形の存在感ってなんかすご [続きを読む]
  • 奪還者 DVD (2013年)
  • POINT:★ 車が必要な!ん!で!す!あらすじ:世紀末の世界、荒野のレストランに入った男の車がならず者に奪われた。男は執拗に、それはもう常軌を逸して執拗に車を追う。監督:デヴィッド・ミショッド キャスト:ガイ・ピアース、ロバート・パティンソン、スクート・マクネイリー、デヴィッド・フィールドヒャッハーな感じの世界観は結構好きという前提で、物語の始まり方からもう面白い。普通のオープニングと思いきや、自然 [続きを読む]
  • サカサマのパテマ DVD (2013年)
  • POINT:☆ こういう発想はすき。あらすじ:アイは空が嫌いだった。地下の探検をしていたところ、地下で上下逆の世界に暮らすパテマに出会った。監督:吉浦康裕設定がある意味斬新で、ストーリーは普通に面白かった。小難しい設定はあるものの、小難しいところには焦点をあてずに主人公2人に焦点を当ててストーリーが進んでいったのは面白い。これって二人で同じものたべてたら一緒になったりするのかね?空に落ちるという恐怖も [続きを読む]
  • トーク・トゥ・ザ・デッド DVD (2013年)
  • POINT:☆ ゾンビは出ません。あらすじ:百合は弟を養うためにデリヘルで働いていたが、不注意で弟を死なせてしまう。デリヘル仲間のマユに死者と話ができるというアプリの話を聞くが、「会いたい」といわれて「会う」と答えてはいけないというルールがあった。監督:鶴田法男 キャスト:小松彩夏、加藤和樹、桜井ユキ、須賀貴匡「会いたい」といわなければいいという死亡フラグが非常にわかりやすいあたり、随分良心的なアプリ [続きを読む]
  • 肉 DVD (2013年)
  • POINT:― チケット買うときは「肉一枚」っていうの?あらすじ:パーカーさんちのすむ町の周辺では行方不明者がたくさんいる。パーカーさんちのお母さんのエマが死んでしまって、検死をしたバロー先生はなんだかエマの死体が変なことにきがつきました監督:ジム・ミックル キャスト:アンビル・チルダーズ、ジュリア・ガーナー、ケリー・マクギリスあんま怖くないしグロくないお話です。どういう基準で食べるとか食べないとかし [続きを読む]
  • アナと雪の女王 DVD (2013年)
  • POINT:― 歌はいいなあ。あらすじ:エルサが女王となる戴冠パーティで、アナは初めて会った王子と結婚したいと言い出す。反対するエルザがアナともみ合ううち、秘密にしていたエルサの魔法の力が溢れて国が氷に覆われる(いろいろ中略)。監督:クリス・バック映像と歌はすごくいいのだけど、ストーリーはいまいちというか、短絡的すぎる感じ。まあ一目ぼれっていうのは一目で惚れるから一目ぼれで理由はないんだろうけど、登場 [続きを読む]
  • 不思議の国のアリス DVD (1972年)
  • POINT:― なんか不思議。あらすじ:アリスはパーティの途中、庭で時計を見ながら走り去るウサギをみつけ、おいかけて木のうろから深い穴に落ちる。監督:ウィリアム・スターリング改めてみると不思議な感じ。もともとストーリー自体が不思議というのはあるのですが、そのストーリーに合った映像もずいぶん不思議。動きが面白いし色使いも妙。チェシャ猫の目の色の当て方とか斬新というか、普通のアニメのセオリーにはない。カメ [続きを読む]
  • 豆腐小僧 DVD (2011年)
  • POINT:― なんでまた豆腐小僧。あらすじ:豆腐小僧はちっともこわくないので妖怪仲間に馬鹿にされ、ひょんなことからお堂に封じ込められて200年たった。お堂が開発で壊されて、でてきたらすっかり見知らぬ街だった。監督:河原真明2D鑑賞。豆腐小僧って怖い要素がないよねっていうのはさておき、怖くないといじめられるほど他の妖怪もぶっちゃけ怖くない。泥田坊がなまずなのもちっとも頂けない。明るくなりすぎた現代で妖怪 [続きを読む]
  • マレフィセント DVD (2014年)
  • POINT:☆ マレフィセント・・・・。あらすじ:人間の国の王様にオーロラという女の子の赤ん坊が生まれ、誕生会にたくさんの者がお祝いにかけつけた。お祝いに招かれない妖精の国のマレフィセントはオーロラに16歳の誕生日までに糸車に刺されて死の眠りにつくという呪いをかける。監督:ロバート・ストロンバーグ キャスト:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャールト・コプリー、サム・ライリーマレフィセント [続きを読む]
  • ドラえもん のび太と銀河超特急 DVD (1996年)
  • POINT:☆ わりと無難。あらすじ:ドラえもんが手に入れた22世紀の銀河ミステリー旅行のチケットで、銀河の果てのドリーマーズランドに向かうドラえもんたち。しかし謎の生命体が人類の支配をもくろんでいた。監督:芝山努すごく面白いわけではないのだけれども、後期のドラえもんの作品とすれば、まあまあ面白い。銀河鉄道のミステリーツアーというところで乗ってみたいし行ってもみたいけれども、このネタ自体にオリジナリティ [続きを読む]
  • パズル DVD (2014年)
  • POINT:− 最近はやりのタイプ。あらすじ:高校でマスクをつけた4人の生徒が妊婦の先生を家庭科室に監禁した。その生徒たちは校内放送で先生を助けるためにはジグゾーパズルを完成させろと言う。監督:内藤瑛亮 キャスト:夏帆、野村周平、高橋和也、佐々木心音ジグソーとか最近よくあるギミック謎解きタイプ。R15指定だけど、レーティング的にはそうでもないような。グロイというよりは痛そうというかされたら嫌だなと思う映 [続きを読む]
  • 青鬼 DVD (2014年)
  • POINT:☆ 青鬼が青いわぁ(青鬼の造形加点)。あらすじ:いじめっこ達はいじめられっこのシュンを廃ビルに連れ込み、これを見た杏奈はシュンを心配して廃ビルに侵入する。しかし廃ビルの中には青鬼がいて、追いかけられて囓られる。監督:小林大介 キャスト:入山杏奈、須賀健太、古畑星夏原作ゲーム未プレイ。雑な感じの青鬼の外観からも、B級感が溢れています。青鬼は青いわぁ。こんな青いとは思わんかった。この雑な造形のギ [続きを読む]
  • のび太のねじ巻き都市冒険記 DVD (1997年)
  • POINT:- どことなく宗教臭い。あらすじ:のび太はぬいぐるみの馬をネジで命を吹き込んで空き地で乗馬をしていた。スネ夫やジャイアンに牧場があると言ってしまった手前、ドラえもんに泣きつくけれど、ドラえもんからくじの小宇宙券を貰って牧場にいい小宇宙を探す。監督:芝山努ぬいぐるみだからか、全部モブっぽいというか、特徴のある外形のキャラがない。せめて主要なぬいぐるみとか悪役にくらいは特徴を持たせればよかったの [続きを読む]
  • テルマエ・ロマエⅡ DVD (2014年)
  • POINT:- いい尻。あらすじ:ローマのルシウスは剣闘士用の風呂をつくることを命じられたが、アイデアが出ずに困っていたところ、気がつくといつのまにか平たい顔族の国(現代日本)の風呂にいた監督:武内英樹 キャスト:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開原作既読。登場するローマ人が全部日本人(力士以外)なのになんだこの自然な感じ、というところが前作と同じく第一の驚きポイント。この映画は良い尻と顔芸で成り [続きを読む]
  • 不安の種 DVD (2013年)
  • POINT:- これを映画化しようとしたことは凄い。あらすじ:富沼氏で、奇妙な出来事がおこります。少しづつ、少しづつ。監督:長江俊和 キャスト:石橋杏奈、須賀健太、浅香航大、岩井志麻子、津田寛治原作既読。あなたの知らない世界系で、最終的には呪怨みたいな感じ。にせ(擬態のテーマ)ににた不安感というか、ぞわぞわする話。1話5分くらいのショートショートを連続させた話で、よくこんなとりとめもない話をとりとめもな [続きを読む]
  • 呪怨 白い老女 DVD (2009年)
  • POINT:- 俊雄が赤かったら赤い老女なのかな?あらすじ:呪怨の家に引っ越してきました。呪怨の家の過去と現在(多分)がオムニバス。監督:三宅隆太 キャスト:南明奈、ムロツヨシ、宮川一朗太、鈴木卓爾、中村愛美2部作のもう一方は未見。俊雄はちらっとでてくるけど、伽耶子は出てこない。場所の呪いというのはそうなんだけど、これまでの呪怨シリーズのように伽耶子が襲ってくるわけではなく、人(物理)的な恐怖で攻めてく [続きを読む]
  • パロルのみらい島 DVD (2014年)
  • POINT:- 子ども向け。あらすじ:バロルたちの住んでいる島に花火の写真が流れ着く。バロル達は島の外に出てはいけないときつく言われていたが、花火がみたくて筏を作って乗り出し、人間の町にやってくる。監督:今井一暁基本的には子ども向けの話で、大人が見てもたいして面白くはない。そしてなんかキャラデザが微妙。なんというか、特徴がない。犬なのか猫なのかウサギなのか、或いはオリジナルの生き物なのかもよくわからない [続きを読む]
  • 風立ちぬ DVD (2013年)
  • POINT:― 猫の恩返しを見た時のような不燃焼感。あらすじ:二郎は小さいころから飛行機の設計士になりたかった。大学では設計を学んでいたが、時代は第二次世界大戦(?)へと突き進んでいく+こいばな。監督:宮崎駿二郎は実在の人物を複合したキャラクターというのはあらかじめ知っていたものの、二郎が結局どういう人物かが最後になるまでよくわからないうえ、二郎が何をしたいのかも主観的には語られない。伝記物のような描 [続きを読む]
  • リンカーン弁護士 DVD (2011年)
  • POINT:☆ リンカーンは車の名前。あらすじ:ニックは刑事弁護専門の弁護士をしていて、保釈金業者の知り合いから金になるといわれて保釈事件を引き受ける。被疑者のルーレは自分は無実だと主張し、ニックは以前同じような展開があったなぁと思いだす。監督:ブラッド・ファーマン キャスト:マシュー・マコノヒー、ライアン・フィリップ、マリサ・トメイ、ウィリアム・H・メイシーリンカーンって高級車なんだね。高級車に乗り [続きを読む]
  • 魔女の宅急便 DVD (2014年)
  • POINT:− ジブリとは無関係。あらすじ:キキは魔女になることを選び、13歳の誕生日に家を出て見知らぬ町で一人暮らし始める。監督:清水崇 キャスト:小芝風花、広田亮平、尾野真千子、山本浩司、新井浩文、筒井道隆、宮沢りえなぜ清水崇。ジブリ版よりは原作に近いらしいのですが、どうしてもジブリのイメージがあるのと、ジブリ作品と共通(原作が同じなので当然と言えば当然だが)している部分が多いので、なんだか違和感 [続きを読む]
  • アリーテ姫 DVD (2001年)
  • POINT:− 全体的に地味。あらすじ:アリーテ姫は高い塔に住み、結婚の日を待っていた。姫と結婚するために勇者が魔法の宝物を持ってくるが、姫が求めていたものは世界の広さと知識だった。監督:片渕須直絵柄は古いけれどもCGが多用している不思議なバランスの作品。BGMも牧歌的でよく、全体的に懐かしい感じ。雰囲気的にはナウシカに似ているだろうか。でもアリーテ姫自身が強いわけではないっていうところは面白いところかも。 [続きを読む]
  • かぐや姫の物語 DVD (2013年)
  • POINT:− やたらくるくるまわる。あらすじ:おじいさんはある日竹藪で光る竹を見つけた。中には小さな女の子が入っており、おばあさんと育てることにした、というかぐや姫のお話。監督: 高畑勲かぐや姫というベタな話なわりに盛り上がっている。一般的なかぐや姫に新しい解釈(といっても新規性はないが)が少し入っているが、もの凄く面白いというほどではない。絵柄が柔らかいところは面白いし、動きも面白いのだけど、それ [続きを読む]