おじぷな さん プロフィール

  •  
おじぷなさん: この間見た映画の。
ハンドル名おじぷな さん
ブログタイトルこの間見た映画の。
ブログURLhttp://ojipuna.blog7.fc2.com
サイト紹介文3日1本5行レビュー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/02/08 13:30

おじぷな さんのブログ記事

  • チレラマ CHILLERAMA DVD (2011年)
  • POINT:★★ これは見事なZ級。あらすじ:精子怪獣ワジラ、ヤング・クマ男の絶叫、アンネ・フランケンシュタインの日記、大便がいっぱい、の4本をお送りします。監督:アダム・リフキン、ティム・サリヴァン、アダム・グリーン、ジョー・リンチ キャスト:アダム・リフキン、セーラ・マッチ、オーウェン・ベンジャミン、レイ・ワイズなんかもう作品タイトルからアレよね。このタイトルだけで好きな人は好きだろうけど、ダメな人 [続きを読む]
  • オキュラス/怨霊鏡 DVD (2013年)
  • POINT:☆ 地味だがよい。あらすじ:ケリーは、父母が亡くなり弟が精神病院に入院した原因は、家においてあった鏡のせいだと思っていた。ティムが退院後、ケリーは鏡を買い戻し、二人で謎を解こうと弟に持ち掛ける。監督:マイク・フラナガン キャスト:カレン・ギラン、ケイリー・ラッセル、ブレントン・スウェイツ、ティム・ラッセル、ケイティー・サッコフ、マリー・ラッセル、ロリー・コクレイン家族に起きた不可解且つ不幸 [続きを読む]
  • ベイマックス DVD (2014年)
  • POINT:★★☆ ぷにぷに加点。あらすじ:中学生のヒロは自分の作ったロボットを地下賭博で戦わせていた。ある日ヒロは、ヒロを心配する兄のタダシに連れられて大学の先端技術の研究室にいくが、その直後にタダシは車にひかれて亡くなってしまう。監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ賭けの雰囲気が妙に日本(アニメ・ゲーム)的。というか登場人物も日本人名が多く、神田っぽい街並みだし設定は海外のようだが日本っぽい雰 [続きを読む]
  • 美女と野獣 映画 (2017年)
  • POINT:☆ 王道的もりあげ。あらすじ:ベルは美人だったけど、本ばっかり読んでたので浮いていた。そんなベルをガストンが狙っていたが、まったく相手にされない。ある日ベルの父が遠くの町の市場に買いに出かけたが、その帰りに迷い込んだのは野獣の城だった。監督:ビル・コンドン キャスト:エマ・ワトソン、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ユアン・マクレガー美女と野獣な感じ。中盤からラストにかけての盛り上が [続きを読む]
  • AAAH!ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている DVD (2007年)
  • POINT:☆ ゆるふわゾンビ。あらすじ:なんだか周りにもの凄く早く動いているものがあります。アイスもすぐ溶けます。他の人と話し合ったけど、なんだかよくわかりません。監督:マシュー・コーネン キャスト:マシュー・デイヴィス、コルビー・フレンチ、ジュリアンナ・ロビンソン、マイケル・グラント・テリーゾンビ視点のゾンビ映画というのはなかなか斬新。ゾンビ視点の時はカラーで人間視点がモノクロというのも素敵。白黒 [続きを読む]
  • ゴーストメイカー DVD (2011年)
  • POINT:− ジャンルはホラーなのかな。あらすじ:清掃のバイトをしていたら、ある家で幽霊になれる機械をみつける。監督:マウロ・ボレッリ キャスト:アーロン・ディーン・アイゼンバーグ、リズ・フェニング、J・ウォルター・ホランド金魚で臨死体験を試すとか新しい。金魚でOKだったら自分でやってみようとか短絡的だな。全体的に小粒感はありますが、見てる分にはまあまあ面白かったです。途中までは普通のサスペンス的な話だ [続きを読む]
  • 塔の上のラプンツェル DVD (2010年)
  • POINT:☆ のりがよい。あらすじ:ラプンツェルは長い間塔の中でそれなりに楽しく暮らしていた。でも年に1回、夜空にあがる灯籠をいつか見てみたいと夢見ていた。監督:バイロン・ハワードノリがとてもいい作品で、明るく楽しく軽くて面白い。CGもいつも通り綺麗。ただ飛び抜けて面白いというほどではない。他のディズニー作品と比べて歌の尺が少し長いかも。ストーリーとしては基本のラプンツェルの話にゴテゴテと付け加えた感 [続きを読む]
  • ザ・ヘラクレス DVD (2014年)
  • POINT:− 英雄?なにそれ?あらすじ:古代ギリシャ、ティレンスは他国を侵略し、領土を拡大していた。ティリンスの王妃は王の姿に疑問を感じ、神に祈った結果(略)、ヘラクレスが生まれる。王は当然ヘラクレスを嫌っており、ヘラクレスの恋の邪魔をしたり激戦地に赴かせたりするのだった。監督:レニー・ハーリン キャスト:ケラン・ラッツ、スコット・アドキンス、ジョナサン・シェック、ラデ・シェルベッジア、ケネス・クラ [続きを読む]
  • 高速ばぁば DVD (2012年)
  • POINT:- むしろ滑稽。あらすじ:アイドルが心霊スポットで肝試しをすると、足の速い婆さんに襲われる。監督:内藤瑛亮 キャスト:未来穂香、中村愛美、大家由祐子、中村有志高速ではないと思った。ちなみに高速道路で追いかけられる話でもなかった。そもそも襲ってきているのが婆なのかなんなのかよくわからないが、全体的に滑稽な感じがある。それにばぁばが高速になる意味もわからない。全体的に(ばぁばも含めて)造形はお化 [続きを読む]
  • シーウルフ DVD (2008年)
  • POINT:− なんか軽い。あらすじ:海で遭難したハンフリー(文学青年)はアザラシ猟船に拾われ、そこで無理矢理働かされてマッチョになる。ある日アザラシ猟船は新たな女性の遭難者を拾う。監督:クリストフ・シュラーエ キャスト:トーマス・クレッチマン、フロリアン・シュテッター、ペトラ・シュミット=シャラー、ヘニング・バウム文学青年が拾われた船が蟹工船みたいなところで、暴力で働かされる見たいな話、だけど最後は [続きを読む]
  • SING シング 映画  (2016年)
  • POINT:− 動物が躍ります。あらすじ:コアラのバスターは劇場の支配人をしていたが、人が入らず困り果てていた。起死回生の策として、なけなしのお金をかき集めて用意した1000ドルを賞金にして歌のコンテストを企画する。ところがチラシにはなんと10万ドルと記載されており、さあ大変。監督:ガース・ジェニングス一番の難点が、素人の歌のコンテストという企画に観客が集まるのか(賞金が10万円でも1000万円にして [続きを読む]
  • ザ・マシーン DVD (2013年)
  • POINT:− ケイティ・ロッツすげえ。あらすじ:近未来、戦闘用アンドロイドの開発が進められていた。ところが、肝心の人工知能の開発が遅れている。そこでエヴァ博士の脳をスキャンして組み込まれたのだが・・・。監督:カラドッグ・ジェームズ キャスト:ケイティ・ロッツ、トビー・スティーヴンス、デニス・ローソン、サム・ヘイゼルダイン全体的にやけに真面目な(面白みのない)映画です。発達した人工知能は人間とは異なる [続きを読む]
  • ヒドラ DVD (2009年)
  • POINT:− ちゃちい。あらすじ:無人島の古代遺跡を探検する一行が消息を絶った。その島に人間狩をするためにセレブがクルーザーで向かっていた。監督:アンドリュー・プレンダーガスト キャスト:ジョージ・スタルツ、ドーン・オリヴィエリ、ポリー・シャノンなんだろう、この混ぜるとつまらなくなりそうな2本の設定。いろんな要素が詰め込まれているけれども、それぞれ微妙に活きているともいえず、結局微妙な感じです。そし [続きを読む]
  • モアナと伝説の海 映画 (2017年)
  • POINT:★ 3Dで見たら結構怖いんでね?あらすじ:英雄マウイは命の女神テ・フィフィから心を盗み、その結果テ・カーが現れ、闇が世界を少しづつ浸食していった。モアナは小さな島の族長の娘だったが、ある日海でテ・フィフィの心を見つけ、テ・フィフィに心を返しに行く旅に出る。監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ2D鑑賞したけど3Dでみたい感じ。南の島の広がりを感じる映像で、しかも非常に明るく美しい。まさに南の [続きを読む]
  • パニックマーケット3D DVD (2012年)
  • POINT:☆ サメ強い。あらすじ:親友をサメに襲われて亡くしたジョシュはスーパーマーケットで働いていたところ、強盗がやってきて大暴れするなか、巨大津波に襲われてスーパーは水浸しになり、しかもサメだらけです。監督:キンブル・レンドール キャスト:ゼイヴィア・サミュエル、アレックス・ラッセル、ジュリアン・マクマホン3Dといいつついつも通り2D鑑賞。最初のサメの登場から、お笑い含みの作品ということがわかりま [続きを読む]
  • 死者の書 DVD (2005年)
  • POINT:― 全体的におちつかない感じ。あらすじ:奈良時代、都には仏教がもたらされた。郎女は熱心に写経を行っているうち、山頂に光が現れたので、ふらふらと山の入り口に立ち入る。監督:川本喜八郎人形劇のような、クレイアニメのような変な雰囲気。日本人形のようなものが動いているっていうのも妙な感じだし、動きはたどたどしい(動きがスムーズでない)のに妙な迫力というか表現力がある。日本人形の存在感ってなんかすご [続きを読む]
  • 奪還者 DVD (2013年)
  • POINT:★ 車が必要な!ん!で!す!あらすじ:世紀末の世界、荒野のレストランに入った男の車がならず者に奪われた。男は執拗に、それはもう常軌を逸して執拗に車を追う。監督:デヴィッド・ミショッド キャスト:ガイ・ピアース、ロバート・パティンソン、スクート・マクネイリー、デヴィッド・フィールドヒャッハーな感じの世界観は結構好きという前提で、物語の始まり方からもう面白い。普通のオープニングと思いきや、自然 [続きを読む]
  • サカサマのパテマ DVD (2013年)
  • POINT:☆ こういう発想はすき。あらすじ:アイは空が嫌いだった。地下の探検をしていたところ、地下で上下逆の世界に暮らすパテマに出会った。監督:吉浦康裕設定がある意味斬新で、ストーリーは普通に面白かった。小難しい設定はあるものの、小難しいところには焦点をあてずに主人公2人に焦点を当ててストーリーが進んでいったのは面白い。これって二人で同じものたべてたら一緒になったりするのかね?空に落ちるという恐怖も [続きを読む]
  • トーク・トゥ・ザ・デッド DVD (2013年)
  • POINT:☆ ゾンビは出ません。あらすじ:百合は弟を養うためにデリヘルで働いていたが、不注意で弟を死なせてしまう。デリヘル仲間のマユに死者と話ができるというアプリの話を聞くが、「会いたい」といわれて「会う」と答えてはいけないというルールがあった。監督:鶴田法男 キャスト:小松彩夏、加藤和樹、桜井ユキ、須賀貴匡「会いたい」といわなければいいという死亡フラグが非常にわかりやすいあたり、随分良心的なアプリ [続きを読む]
  • 肉 DVD (2013年)
  • POINT:― チケット買うときは「肉一枚」っていうの?あらすじ:パーカーさんちのすむ町の周辺では行方不明者がたくさんいる。パーカーさんちのお母さんのエマが死んでしまって、検死をしたバロー先生はなんだかエマの死体が変なことにきがつきました監督:ジム・ミックル キャスト:アンビル・チルダーズ、ジュリア・ガーナー、ケリー・マクギリスあんま怖くないしグロくないお話です。どういう基準で食べるとか食べないとかし [続きを読む]
  • アナと雪の女王 DVD (2013年)
  • POINT:― 歌はいいなあ。あらすじ:エルサが女王となる戴冠パーティで、アナは初めて会った王子と結婚したいと言い出す。反対するエルザがアナともみ合ううち、秘密にしていたエルサの魔法の力が溢れて国が氷に覆われる(いろいろ中略)。監督:クリス・バック映像と歌はすごくいいのだけど、ストーリーはいまいちというか、短絡的すぎる感じ。まあ一目ぼれっていうのは一目で惚れるから一目ぼれで理由はないんだろうけど、登場 [続きを読む]
  • 不思議の国のアリス DVD (1972年)
  • POINT:― なんか不思議。あらすじ:アリスはパーティの途中、庭で時計を見ながら走り去るウサギをみつけ、おいかけて木のうろから深い穴に落ちる。監督:ウィリアム・スターリング改めてみると不思議な感じ。もともとストーリー自体が不思議というのはあるのですが、そのストーリーに合った映像もずいぶん不思議。動きが面白いし色使いも妙。チェシャ猫の目の色の当て方とか斬新というか、普通のアニメのセオリーにはない。カメ [続きを読む]
  • 豆腐小僧 DVD (2011年)
  • POINT:― なんでまた豆腐小僧。あらすじ:豆腐小僧はちっともこわくないので妖怪仲間に馬鹿にされ、ひょんなことからお堂に封じ込められて200年たった。お堂が開発で壊されて、でてきたらすっかり見知らぬ街だった。監督:河原真明2D鑑賞。豆腐小僧って怖い要素がないよねっていうのはさておき、怖くないといじめられるほど他の妖怪もぶっちゃけ怖くない。泥田坊がなまずなのもちっとも頂けない。明るくなりすぎた現代で妖怪 [続きを読む]