とんとんみ さん プロフィール

  •  
とんとんみさん: 本の虫、中毒日記
ハンドル名とんとんみ さん
ブログタイトル本の虫、中毒日記
ブログURLhttp://tontonme.blog85.fc2.com/
サイト紹介文推理、雑学、純文学…。 乱れるように読書中毒中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/02/08 20:47

とんとんみ さんのブログ記事

  • 性格は変えられる―ホームズとワトスンに学ぶ心理学講座/小林 司
  • ホームズという名前を見かけたので、心理学の本を読んでみました。■ どんな本?ホームズとワトスンの対話という形式を取って、性格や人の心理について話し合う本です。タイトルにもあるように、性格を変える為にはどうすれば良いのか…といった事が主題となります。この本自体は、まさにTHE心理学の本であり、たとえばホームズやワトスンがこの本の中で何かの事件を解決する訳ではありませんし、それにかけて心理学を学ぼう…と [続きを読む]
  • あなたの仕事に革命を起こす!「つたえることリスト」/中島孝志
  • 普段の仕事で使うメモを少し整えたいなと思って、こんな本を読んでみました。■ どんな本?この本、タイトルにリストという名前がついているものの決してメモの取り方に関する本ではありません。4つの章から成り立つ本で、メモに関する項目は第1章のみです。他は喋って伝えることであり、メモ的な意味というよりは言い回しなどの喋り方の内容になります。充分に参考にはなるものの、後半はリストって関係ないだろと思ってしまい [続きを読む]
  • シャッターシャワー/池沢さとし
  • カメラを題材にしているマンガと言う事で興味を引かれて、シャッターシャワーというマンガを読んでみました。■ どんなマンガ?主人公は元々、カメラの巨匠の元で働くカメラマンでした。順調に仕事をこなしていましたが、ある日…女性トラブルから仕事をすっぽかす形になってしまい、クビになり、更には巨匠の圧力で業界からも追い出されてしまう事態に陥りました。シャッターシャワーは主人公がその状況から、カメラマンとして再 [続きを読む]
  • やる気を引き出すモノの言い方48/播磨早苗
  • 人のやる気を引き出すには…そんな喋り方の本を読んでみました。■ どんな本?この本のメインターゲットは【管理職】です。サブタイトルに『部下を動かす一言、ヘコます一言』とある通り、上からの立場でどのように伝えるのかという本です。例文も全て部下からの報告、会話へ対する反応の仕方です。一つのシチュエーションに対して、悪い対応のしかた、良い対応のしかたが例題としてそれぞれ書いてあります。その対比から、どこが [続きを読む]
  • フルオートでしか洗濯できない人の 男の家事/五藤隆介
  • 男性の家事分担は、恐らくもう当たり前になってきているのではないでしょうか。まだ奥様にまかせっきり…という人には、こんな本がお勧めです。■ どんな本?タイトルにある通り、家事の本です。男性がたまに家事を手伝っても、余り奥さんに感謝されなかった…。そんな体験はありませんか?その時に読んでおきたいのがこの本です。タイトルにある洗濯を例にとれば、例えば一緒に洗うものは無いのか?大きい・長いなどで絡まるもの [続きを読む]
  • しわく騒動記/角田直一
  • ちょっと貴重な本を入手できました。塩飽漁協と下津井漁協の間で起こった【塩飽騒動】に記録です。■ どんな本?塩飽騒動の事件の詳細を記した本です。まだ主要な関係者の一部が存命の内に取材をして書かれた本なので、内容は非常に詳細です。瀬戸内海に特権的な海域を持つ塩飽諸島と、その海域に入会で漁業をしていた下津井との間に起こった事件について、この一冊があればかなり理解できると思います。事件の概要だけを見ると、 [続きを読む]
  • 日本の領土 離島が危ない!
  • 尖閣諸島などの問題もあって、島と言うのは国際問題になるんだなぁと思っていた時に、電子書籍でちょうどそれらしいタイトルを見かけたので呼んで見ました。■ どんな本タ イ ト ル に 偽 り ア リ以上。■ 内容についてこの本は色々な島の歴史や伝説について紹介した本です。はっきり言うと、この本と日本の領土問題は全く無関係ですし、内容を読む限り離島に危険は及んでいません。唯一、沖ノ島の記事に多少政治がらみの話題が [続きを読む]
  • 日本人なら知っておきたい 苗字のいわれ・成り立ち/大野敏明
  • 僕は地名の由来を調べるのが好きです。そして、日本人の苗字は地名から来ていることが多いという事を読んだので、苗字の本も読んでみました。■ どんな本?日本人の苗字の由来を紹介している本です。佐藤、鈴木…といった、人数の多い苗字を中心に由来を紹介しています。それに加えて、各都道府県ではこの苗字が多い、こんな苗字がある…といった苗字の事情を紹介しています。■ 感想巻末部分では苗字の全国ランキング、そしてラ [続きを読む]
  • ダンナが今日からラーメン屋-立志編/野広実由
  • サラリーマンなら一度は夢見る、脱サラ。今回はラーメン屋を開業する為に、ラーメン修行をした男性の漫画を読んでみました。■ どんな本?この本は漫画家の著者、野広実由さんの旦那さんが独立を目指してラーメン屋に就職、修行をする様子を描いた作品です。旦那さんのひろしさんは、元々はサラリーマンというよりは奥様と同じで漫画のお仕事をされていて、アシスタントとして複数の現場を掛け持ちして、それなりに安定した暮らし [続きを読む]
  • 40歳の誕生日までに必ずやっておきたいこと/中島孝志
  • 僕もいい年齢になってきたので、将来のことを考えてこんな本を読んでみました。■ どんな本?40歳になるまでに何をしておくべきか?を考える本です。要約してしまえば、・40歳までにどうなりたいかの目標を立てる・その目標の為に必要な人脈を考える・作者の経験による人脈の作り方…こうした内容がつづられている本です。■ どんな人向け?どちらかといえば、独立志向の高い人向けの本だと思います。それは著者自身が意識して書 [続きを読む]
  • チキンクラブ/石山東吉
  • 携帯のアプリで、ふと見かけた漫画。この絵…、車田正美か!?と思ってしまった作品を読んでみました。■ どんな作品?ヤンキーチーム同士の抗争を描いた作品です。そういった作品は数多いですが、特徴としては下記のものが挙げられます。・主人公は昼はエリート学生、夜はヤンキーチームの頭・舞台は大阪の南・ヤンキーを指揮できるという大阪の紋章敵キャラは必殺技を使ったり、怪物じみた人物もいますが、逆に主人公側は必殺技 [続きを読む]
  • どこまで行けるかな?/藤末さくら
  • 僕もヒョンなことから二輪の免許を取得したのですが、教習所に通う顛末を扱った漫画を見つけたので、懐かしさもあって読んでみました。■ どんな本?身長150cmの小柄な女性が、普通自動二輪免許を取得する経緯を紹介した本です。教習所での内容も含まれていますが、基本的には教本になる本ではありません。どちらかと言えば、教習所に通って二輪免許を取得した人が懐かしむのに適した内容だと思います。後、体格的な部分で小柄な [続きを読む]
  • さぼリーマン 飴谷甘太朗2/アビディ井上、萩原天晴
  • WEB広告で見かけて、思い切りハマってしまった飴谷甘太郎。2巻も電子書籍を予約して購入しました。■ どんな本?親に甘い食べ物を禁止されていた反動から、極度の甘党になってしまった主人公。営業の合間に様々なスイーツを食べ歩く事を楽しみにするさぼリーマンとして、日々を楽しんでいました。甘いものに対する、極度ともいえるリアクション、ハイな世界へのトランス。そして彼を取り巻く同僚や親との関係…。異色のサラリーマ [続きを読む]
  • 1万円で買える裏グッズ/ラジオライフ編
  • ちょっと怪しげなタイトルの本って、惹かれますよね。昔はレジにもって行くのも気が引けたものですが、今では通販や電子書籍があるので心置きなく楽しめるようになりました。…という事で、1万円で買える裏グッズという本も読んでみました。■ どんな本?様々なジャンルの道具を紹介する本で、元々はラジオライフの特集だった部分を切り取ったものです。コンセプトはタイトル通り、予算1万円以内である物に限る事です。扱っている [続きを読む]
  • 封印された日本の村/歴史ミステリー研究会
  • 僕、どうもこういうコンビニのペーパーバック系の本に弱いんだよな…という事で、封印された日本の村というミステリアスな本を読んでみました。■ どんな本?ザックリといえば、日本各地の様々な集落の紹介をした本です。マイナーなところから、メジャーなところまで様々です。封印されたというと、少し大げさ。どの集落も別に封印はされていませんし、歴史上から抹殺されたような場所もありません。特に後半に進むと、現在も普通 [続きを読む]
  • さぼリーマン 飴谷甘太郎/アビディ井上、萩原天晴
  • Web広告で、漫画のってあるじゃないですか。大抵はBLだったり、ちょっと卑猥な感じのだったりで、スルーしてしまうのですが、初めて引っかかりました!(笑)その名も、さぼリーマン 飴谷甘太郎!■ どんな本?端的に言うと、甘味どころの食べ歩きの作品です。それを真面目なサラリーマンが、営業の合間に時間を作りながらこなしていく。…という、ギャグ漫画です。真面目一辺倒な主人公と甘い物の係わり方、サラリーマンの裏の顔と [続きを読む]
  • あなたも殺人犯になれる!/赤川次郎
  • 久し振りに赤川次郎さんの作品を読んでみました。■ あらすじ護送される途中の犯罪者がチャンスを伺い、脱走に成功して山中に逃げ込んだ。一方、近辺では漫画合宿が行われており、そこへ犯人を追跡している途中の刑事が訪れ、嵐で陸の孤島となったロッジで犯人を迎え撃つのだが…?■ どんな作品?クローズド・サークルのシチュエーションでの事件です。外界との情報が途切れている事を小気味よく生かした作品で、叙述トリックの [続きを読む]
  • 桃太郎は今も元気だ/おかやま桃太郎研究会
  • 岡山県は桃太郎伝説発祥の地として知られる県です。他にも幾つか発祥地説の場所はありますが、岡山県ほど県全体に桃太郎色を出している県も無いのではないでしょうか。…という事で、岡山県と桃太郎のかかわりについて調べた本を読んでみました。■ どんな本?岡山県と桃太郎伝説のかかわり…その起源とされる、よく似た温羅伝説などについて調べた本です。著者は大きく4名と、後コラム形式の短い文章が幾つか掲載されています。 [続きを読む]
  • 路面電車の走る街№4 広島電鉄、岡山電気軌道
  • 子供の頃、路面電車は都会の象徴でした。岡山市の市街地に行けばありますし、身近な都会である隣の広島県にも路面電車がある。テレビを見れば、東京にも走っているわけです。子供ですから、他の様子は判らないですから、きっと都会には路面電車が走っているのだと思っていました。閑話休題。今回は路面電車が走る街を紹介するシリーズ、【路面電車の走る街】の広島、岡山編を読んでみました。■ どんな本?本のタイトルから、いわ [続きを読む]
  • 我慢しない!立つだけで痩せるダイエット/秋葉るき
  • ダイエットをしようと思いたったわけではないのですが、最近、人から立つだけのダイエットというものを聞いて、ちょっと興味を引かれたので読んでみました。■ どんな本?横書きで、文字数は少なめ。イラストは多いですが、ディフォルメされた可愛らしいもので、その為に余り実際の姿勢などを確認する役に立つものではありません。ただやるべき事はコンパクトに纏められていて、イラストに頼らなくても充分。ダイエットブログを見 [続きを読む]
  • 写真家65人のレンズテクニック/インプレス
  • ボクは一眼レフのレンズはそんなに種類は持っていませんが、先々増やす事があれば参考になるかなと思って、レンズの使い方に関する本を読んでみました。■ どんな本?レンズごとの特徴にあわせた写真の撮り方を紹介する本です。大きく、広角、標準、マクロ、大口径、望遠に分けられています。作例を挙げた上で、その写真をどのような設定で撮ったのか、何故そのレンズでその撮り方をするのか…といった事を紹介する内容です。メイ [続きを読む]