Edwardian_Dreams さん プロフィール

  •  
Edwardian_Dreamsさん: Living with Antiques〜英国銀器の集めかた
ハンドル名Edwardian_Dreams さん
ブログタイトルLiving with Antiques〜英国銀器の集めかた
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/edwardian_dreams
サイト紹介文英国在住,銀器を勉強中&販売しています. アンティークと自然 そして愉快な人々に囲まれた生活をご紹介。
自由文イギリスに住んで8年、初めは語学学校だけのつもりがアンティークや美術に見せられ、オークション会社の美術&装飾美術の修士ディプロマコースに通い、そしてこちらで結婚し。。
気づけばシンプルだけど奥深いUK生活にどっぷりはまっていました。

アンティーク銀器のお店 Edwardian Dreams Antiques運営しています。

どうぞ宜しくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/02/08 22:26

Edwardian_Dreams さんのブログ記事

  • 絵画の中の銀器 2
  • 絵画の中の銀器テートブリテンにて、Edward Elgar Hicksの絵画の中に銀のサルヴァ(お盆)を見つけました。豪華なアフタヌーンティーのセッティングだけでなく日常の何気ない風景の中にある銀器、偶然見つけると嬉しくなります♪Edward Elgar Hicksは1824年から1914年に生きたイギリス人画家。 1824年といえばまだジョージアン期ですから、ジョージアン期→ヴィクトリア期→エドワーディアン期の3時代を生きた方なのですね。(長生き [続きを読む]
  • 絵画の中の銀器 2
  • 絵画の中の銀器テートブリテンにて、Edward Elgar Hicksの絵画の中に銀のサルヴァ(お盆)を見つけました。豪華なアフタヌーンティーのセッティングだけでなく日常の何気ない風景の中にある銀器、偶然見つけると嬉しくなります♪Edward Elgar Hicksは1824年から1914年に生きたイギリス人画家。 1824年といえばまだジョージアン期ですから、ジョージアン期→ヴィクトリア期→エドワーディアン期の3時代を生きた方なのですね。(長生き [続きを読む]
  • アンティークフランス銀器のティーセット
  • 先日のシュガーポットと少し似たテイストの、フランス銀器らしいティーセットが入りました♪ 先日のシュガーポットに引き続き、バラの摘みの銀器とのご縁です。 ボディの、流れのある縦溝模様がいかにもフランスっぽい♪ 個人的には、ハンドルやティーポット注ぎ口の装飾が特に気に入っています。 やはりフランスの銀器は、優美でロマンティックなデザインが多いですね^^アンティーク雑貨ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • アンティークフランス銀器のティーセット
  • 先日のシュガーポットと少し似たテイストの、フランス銀器らしいティーセットが入りました♪ 先日のシュガーポットに引き続き、バラの摘みの銀器とのご縁です。 ボディの、流れのある縦溝模様がいかにもフランスっぽい♪ 個人的には、ハンドルやティーポット注ぎ口の装飾が特に気に入っています。 やはりフランスの銀器は、優美でロマンティックなデザインが多いですね^^アンティーク雑貨ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 銀器やさんみたい〜♪
  • 今運営しているウェブショップを作成・管理するのに使っているネットショップ作成・運営システム、以前使っていた購入・パソコンにインストールして使用するソフトからウェブ上で管理するものに変えて、かなり更新も楽になりました。前はシステム自体を購入するソフトにてショップを運営していたのですが、問題はこのソフト、Windowsのみ対応な所・・・私のメインのPCは常にMacですから、まず撮影した画像を一度Macで編集してからU [続きを読む]
  • 銀器やさんみたい〜♪
  • 今運営しているウェブショップを作成・管理するのに使っているネットショップ作成・運営システム、以前使っていた購入・パソコンにインストールして使用するソフトからウェブ上で管理するものに変えて、かなり更新も楽になりました。前はシステム自体を購入するソフトにてショップを運営していたのですが、問題はこのソフト、Windowsのみ対応な所・・・私のメインのPCは常にMacですから、まず撮影した画像を一度Macで編集してからU [続きを読む]
  • シルバープレート製のティーキャディ James Dixon&Sons
  • 先ほどSoldとなったお品ですが、シルバープレートとしては割と珍しいお品ですのでご紹介させていただきます。シルバープレート製のティーキャディ、メーカーはJames Dixon&Sonsです。  純銀製品の、主に透かし細工などの繊細なワークで人気の高いJames Dixon&Sonsですが、シルバープレートのお品も結構沢山作っています。             やっぱりさすがはJames Dixon&Sonsね〜                    [続きを読む]
  • シルバープレート製のティーキャディ James Dixon&Sons
  • 先ほどSoldとなったお品ですが、シルバープレートとしては割と珍しいお品ですのでご紹介させていただきます。シルバープレート製のティーキャディ、メーカーはJames Dixon&Sonsです。  純銀製品の、主に透かし細工などの繊細なワークで人気の高いJames Dixon&Sonsですが、シルバープレートのお品も結構沢山作っています。             やっぱりさすがはJames Dixon&Sonsね〜                    [続きを読む]
  • 素敵なティーセット4pcとヴィクトリアントレー
  • やはりこのシェイプのティーポットとご縁があるような気がしてなりません♪横長のオーバルシェイプに緻密な装飾が打ち出されたティーセット。今までに純銀のお品も含めていくつか扱いました。 探しては買っているものですから、(一番くらいに珍しい!)と仕入れていたものが、いつのまにか定期的に扱うように。うーん、引き寄せているのかしら、と思うくらい集まって来ています。それでも、一般的には珍しい部類のお品だと思いま [続きを読む]
  • 素敵なティーセット4pcとヴィクトリアントレー
  • やはりこのシェイプのティーポットとご縁があるような気がしてなりません♪横長のオーバルシェイプに緻密な装飾が打ち出されたティーセット。今までに純銀のお品も含めていくつか扱いました。 探しては買っているものですから、(一番くらいに珍しい!)と仕入れていたものが、いつのまにか定期的に扱うように。うーん、引き寄せているのかしら、と思うくらい集まって来ています。それでも、一般的には珍しい部類のお品だと思いま [続きを読む]
  • リボン×薔薇の摘みのシュガーポット
  • とってもチャーミングな銀器に出会いました。フランス製、純銀950(95%)製のシュガーポット。彫刻的なリボンのサイドに、ファーストミネルヴァのマークが刻印されています。メーカーズマークはVBV.voivin 1897年からParisで活動していたメーカーのようです。フランスの銀器は英国銀器のように正確な製造年がわかりませんが、c.1900という事にしておきます。とにかく、この彫刻的な薔薇の花の摘みがとっても美しくて愛らしくて♪ [続きを読む]
  • リボン×薔薇の摘みのシュガーポット
  • とってもチャーミングな銀器に出会いました。フランス製、純銀950(95%)製のシュガーポット。彫刻的なリボンのサイドに、ファーストミネルヴァのマークが刻印されています。メーカーズマークはVBV.voivin 1897年からParisで活動していたメーカーのようです。フランスの銀器は英国銀器のように正確な製造年がわかりませんが、c.1900という事にしておきます。とにかく、この彫刻的な薔薇の花の摘みがとっても美しくて愛らしくて♪ [続きを読む]
  • 純銀製 白蝶貝ハンドルのデザートカトラリー
  • 久しぶりに、素晴らしい白蝶貝ハンドルのデザートカトラリーとご縁がありました♪(是非画像を して、拡大してご覧ください♪)1890年SheffieldMartin Hall&Coこれは裏面。個人的に、この角度で見た時のナイフの彫りがエレガントで気に入りました。ショップを新装オープンしました。アドレスも新しくなりましてedwardiandreams.com宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • 純銀製 白蝶貝ハンドルのデザートカトラリー
  • 久しぶりに、素晴らしい白蝶貝ハンドルのデザートカトラリーとご縁がありました♪(是非画像を して、拡大してご覧ください♪)1890年SheffieldMartin Hall&Coこれは裏面。個人的に、この角度で見た時のナイフの彫りがエレガントで気に入りました。ショップを新装オープンしました。アドレスも新しくなりましてedwardiandreams.com宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • ティータイムが描かれた絵画 その1
  • コレクションするだけでなく、実際に使用して楽しめるアンティーク銀器のティーセットや陶磁器達。女性達のティータイム全盛期であろうヴィクトリア期だけでなく、それ以前、そしてその後、どのようなセッティングで、どのような人々に、どのようにして使われていたのでしょう。人気のテレビドラマ ダウントンアビーや英国を舞台にした映画など、映像からその時の風景を垣間見る事も出来ますが、当時の様子を知るのに大きく貢献し [続きを読む]
  • ティータイムが描かれた絵画 その1
  • コレクションするだけでなく、実際に使用して楽しめるアンティーク銀器のティーセットや陶磁器達。女性達のティータイム全盛期であろうヴィクトリア期だけでなく、それ以前、そしてその後、どのようなセッティングで、どのような人々に、どのようにして使われていたのでしょう。人気のテレビドラマ ダウントンアビーや英国を舞台にした映画など、映像からその時の風景を垣間見る事も出来ますが、当時の様子を知るのに大きく貢献し [続きを読む]
  • 純銀製 1880年 鳥摘みのティーポット
  • 鳥摘みのティーポット 1880年 シェフィールドザ・ヴィクトリアン な雰囲気がある、素敵なティーポットです。Maker:William Wheatcroft Harrisonヴィクトリアンのティーポットはお花の摘みのものもとても人気ですが、私は初めて手にしたものが鳥摘みだったせいか、今でも鳥摘みに特に親しみを感じます。あの初めて見つけた鳥摘みのポットを見つけた時は確か記事にした気が・・・と思って過去記事をさかのぼってみましたら、あり [続きを読む]
  • 純銀製 1880年 鳥摘みのティーポット
  • 鳥摘みのティーポット 1880年 シェフィールドザ・ヴィクトリアン な雰囲気がある、素敵なティーポットです。Maker:William Wheatcroft Harrisonヴィクトリアンのティーポットはお花の摘みのものもとても人気ですが、私は初めて手にしたものが鳥摘みだったせいか、今でも鳥摘みに特に親しみを感じます。あの初めて見つけた鳥摘みのポットを見つけた時は確か記事にした気が・・・と思って過去記事をさかのぼってみましたら、あり [続きを読む]
  • 戦時中のキッチンとエドワーディアン期のキッチン
  • レトロなミュージアム、「How we lived then」で私が一番興味を持った展示                  それは              戦時中のキッチンとエドワーディアン期のキッチン の展示でした^^戦時中のキッチン、正面からティーストレーナーやベビースプーン、発見^^ティーコゼーに、シュガーにかける縁取りつきの布カバーも。         お茶に関するアイテムが今も昔もいかにイギリス人の生活 [続きを読む]
  • 戦時中のキッチンとエドワーディアン期のキッチン
  • レトロなミュージアム、「How we lived then」で私が一番興味を持った展示                  それは              戦時中のキッチンとエドワーディアン期のキッチン の展示でした^^戦時中のキッチン、正面からティーストレーナーやベビースプーン、発見^^ティーコゼーに、シュガーにかける縁取りつきの布カバーも。         お茶に関するアイテムが今も昔もいかにイギリス人の生活 [続きを読む]
  • How we lived then-Museum of shops レトロなミュージアム
  • 少し時間が空いてしまいましたが・・・イーストボーン旅行の個人的なハイライトは実は前記事でご紹介したビーチーヘッドではなく、街の中心からそれほど遠くない所にあるミュージアム「How we lived then(その時私たちはどう生活していたのか?)」でした。ここはオーナーさんやその周りの人たちが過去50年ほどかけて集めた雑貨やアンティークが昔の生活やお店のテーマに沿って展示されている、古いもの好きの私にとって大変興味 [続きを読む]
  • 白石灰岩の崖、ビーチーヘッド
  • ヴィクトリア時代に開発が始まったリゾート地イーストボーン。その一番の見所は実は街の中でなく・・・バスで街中から20分くらい行ったところにあるビーチーヘッドという崖、なんだそう。                                    今回は特にビーチーヘッドお目当てで来たわけではなかったのですが、やはり一番の見所を逃しても、ということでさっそく観光バスで向かいます。           [続きを読む]
  • Elkington&Co ユニークな木×銀のティーポットつまみ・・
  • 今週ヤフオクに出品しているティーポットにとっても面白い特徴がありますのでここに覚書的に掲載しておく事にします。こちらのティーポットです。     つまみがとってもユニーク‼? 私は、今回初めて見ました。アップで見るとこんな感じです。ウッド×シルバープレートのフレームなんですね。よく見ると、大小で二段になっています。芸が細かい??といっても、これだけ見たところで、わぁ、ディテールまで細かくデザインさ [続きを読む]
  • シルバープレート製の素敵なティーキャディ
  • 先日出会った、シルバープレート製のティーキャディです。底にPhilip Ashberry & Sons という刻印があります。初めて聞いたメーカー名だったのですが、調べてみると1867-1935年まで活動していたようです。1900年にはPhilip Ashberry&Sons Ltdになったそうですから、Ltdがついていないだけで1800年代のお品であるとは限定出来ます。デザインからして割と初期のもの(個人的推定は1860−80年代頃)ではないかと思います。こういう形 [続きを読む]