ozy- さん プロフィール

  •  
ozy-さん: 僕らのドラマ
ハンドル名ozy- さん
ブログタイトル僕らのドラマ
ブログURLhttp://ourdorama.seesaa.net/
サイト紹介文TVドラマを見終わった直後に書いた日記です。日本各地の再放送ドラマ情報をお知らせしていたりもします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/02/13 23:08

ozy- さんのブログ記事

  • センキュウ パセリ
  • 真紀さん(松たか子)が団地から走って出てきた時、コケましたでしょ。最終回の演出はやっぱり土井さんだなと、直感でわかりました(1.29)『カルテット』 最終話#脚本:坂元裕二 / 演出・プロデュース:土井裕泰.家森 諭高(高橋一生)「パセリが、(から揚げの横に)ある時と、ない時…。 どう? さみしいでしょ。ないと殺風景でしょう。 この子たち言ってるよね。 "ここにいるよぉ"って」いよいよパセリがしゃべり始めます。世吹 すず [続きを読む]
  • 「長谷くん、だよね」
  • 昨年末、ひとつの映画主題歌版予告編に出会い、“こんなんやられたらワシまいるわ”として紹介しようと思っていました。#ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしているコーナーです.#『一週間フレンズ。』主題歌版トレーラー##主題歌:「奏(かなで) fo 一週間フレンズ。」スキマスイッチただ、私を躊躇させる一抹の不安も感じていました。「この主題歌版予告編を本編は越えられるのだろうか」この作品について何も触れない [続きを読む]
  • ありがとう ショコラ
  • 真紀さんの夫さんが出ていった次の日のパーティーの写真が出るたびに真紀さんの顔を真似してきました。だいぶ様になってきたところですが、今回、真紀さんご本人から、そのコツを聞くことができましたね。世吹 すずめ(満島ひかり)「どんな顔して写真撮ったんですか?」巻 真紀(松たか子)「…クソやろう」これでもう、バッチリです。カルテットのオフ会があるとすれば集合写真はみなさんこの顔になっていることでしょう。『カルテッ [続きを読む]
  • あの 雲の彼方へ
  • 家森 諭高(高橋一生)「あの 僕がせっかくブイヤベース作ったんで 餃子の話しながら食べるのやめません?」巻 真紀(松たか子)「ごめんなさい。ブイヤベースおいしいです」別府 司(松田龍平)「最高です」こういう時、期待に応えてくれるのが すずめちゃんです。世吹 すずめ(満島ひかり)「何味が好きですか? シソとか?」真紀「あぁ、シソとか本当にうまいですよね」家森「シソなんか入れたら」すずめ「あ、あと棒」真紀「棒餃子で [続きを読む]
  • いつか イオンモールで
  • やはり、圧倒的でした。ドラマを見ているというよりも、不思議な時間を過ごしたような、これがきっと、かけがえのない時間になるのでしょう。『カルテット』 第1話#脚本:坂元裕二.ずっと続いている浮遊感。着地しそうになると、ふわっとまた舞い上がって、宙に浮かんでいる。1箱1,600円の紫式部のように。突然、訪れる緊張感。あの、坂元裕二さんが、帰ってきました。おかえりなさい。--- 『Quartet Doughnuts hole』 next [続きを読む]
  • 「また 会えるかな」
  • ある時からずっと彼女のことを考えていた。あの時、どんなことを思っていたんだろう。彼からの言葉を、どんな気持ちで受け止めていたんだろうと。想像するしかなかった。想像するだけで、泣いていた。映画【ぼくは明日、昨日のきみとデートする】#原作:七月隆文 / 脚本:吉田智子 / 監督:三木孝浩.起こる事はわかっているのに、彼女の内面は、その時感じたことであふれていく。行動と内面が交錯する。彼女と彼の運命のように。ぐ [続きを読む]
  • 僕らの2016年秋
  • -特集-『逃げるは恥だが役に立つ』 (TBS) -再放送- 『北の国から(1981年)』 (フジTV) 『僕と彼女と彼女の生きる道(2005年)』 (フジTV) 『新世紀エヴァンゲリオン(1995年)』 (NHK-BSプレミアム/ HDリマスター + 5.1chサラウンド放送) -TV上映画-【鈴木先生 (2013年)】 (BSジャパン)【自虐の詩 (2007年)】 (BS-TBS)【最後の忠臣蔵 (2010年)】 (BS朝日)【手紙 (2006年)】 (BS-TBS)---summer 『ourdorama』 winter [続きを読む]
  • 僕らの2016年
  • 1月〜3月『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 (フジテレビ) ドラマ24『東京センチメンタル』 (テレビ東京) 4月〜6月 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』 (NHK)『ラヴソング』 (フジテレビ) 7月〜9月 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』 (NHK) 10月〜12月『逃げるは恥だが役に立つ』 (TBS) -映画-【僕だけがいない街】 【青空エール】 【聲の形】 ---2015年 『僕らのドラマ』 2017年冬 [続きを読む]
  • 火曜日を超えてゆけ
  • #303カンバニー 第二次経営責任者会議にて.津崎 平匡(星野源)「2週間やってみて、率直な感想、どうですか?」森山みくり(新垣結衣)「率直で良いですか?」平匡「…どうぞ」口調が思わず真田幸村(堺雅人)さんになってますよ。この「どうぞ」を言う前のタメとかね。みくり「小賢しい(コザカシイ)から できる仕事もあるのかもしれません」平匡「小賢しい、って何ですか? 言葉の意味はわかるんです。 小賢しいって、相手を下に見て [続きを読む]
  • あと一駅を越えてゆけ
  • 『資源・ごみ集積所 資源 (火)』火曜日の朝、みくりさん(新垣結衣)はちょっと微笑み、平匡さん(星野源)はメガネを人差し指で整える。いいですね。週に一度のお楽しみ。あと、火曜日の夜にリビングで平匡さんが「マツコの知らない世界」を見ていたのがちょっと面白かったです。#TBSテレビで毎週火曜日夜9時放送(逃げ恥の前番組です)『逃げるは恥だが役に立つ』 第6話みくり"私はひとりで、何をやっているのか。 …いつもいつ [続きを読む]
  • 終劇を越えてゆけ
  • 津崎 平匡(星野源)「働く時は、下を見てはいけないと思います。 抱え込まず、今後は もっと相談してください」さすが雇用主の匠、いえカガミです。みくりさん、【カリオストロの城】エンディングのルパンみたいな顔になってますよ。森山みくり(新垣結衣)「アメリカ人ならよかった。… ここが日本で残念です」平匡「すごく日本でよかったです」このみくりさんのわかりやすいショボンな感じ。もし外国の方が見ていても、きっと伝わ [続きを読む]
  • 追加項目を越えてゆけ
  • 日野 秀司(藤井隆)「ねぇねぇ 津崎さん。行こうぜブドウ狩り。 津崎さん夫婦と、うちの家族で」津崎 平匡(星野源)「行きません」今回もきっと、日野さんは一緒に行けないんだろうなと心のどこかで思っていましたよ。『逃げるは恥だが役に立つ』 第3話平匡"いっそ開き直って、疑似恋愛を楽しむくらいの気持ちでいたらどうだろう。 …ここはひとつ前向きに。彼氏になったつもりで"いけいけー。森山みくり(新垣結衣)「おかえりなさ [続きを読む]
  • ふたりで越えてゆけ
  • 森山 桜(富田靖子)「仕事っていう幸せもあるとは思うけど、私は嬉しかったな。 みくりが結婚する って聞いて」森山みくり(新垣結衣)「…、」桜「幸せになってね」この切なさを、みくりさんは背負っていくことになるんですね。両親に対して嘘をついている。両親との仲が良ければ良いほど、苦しくなる。良い子なほど、後ろめたさは大きいはずです。部屋でひとりになって家事をしている時、ふとこれで良かったのかという疑問が浮かん [続きを読む]
  • 夫婦を越えてゆけ
  • "森山みくり 派遣社員 Mikuri Moriyama_Mou.10003_2016"ナレーションも窪田等さん。TBSさん、気合入ってます。脳内・情熱大陸。私もよくやります。楽しいですよ。仕事中 車の中とかで、なんか良いこと言っちゃった時、情熱大陸のエンディングテーマ「Etupirka」が流れてます。こういうね。ドラマの中で遊んでる感じ、とても心地良いです。『逃げるは恥だが役に立つ』 第1話原作:海野つなみ / 脚本:野木亜紀子 / 演出:金子文 [続きを読む]
  • 僕らの2016年夏
  • 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』 (NHK)#01 (4/10) なんとなく、とと姉ちゃん。#16 (7/23) いよいよ、とと姉ちゃん。 -再放送- 『新世紀エヴァンゲリオン(1995年)』 (NHK-BSプレミアム/ HDリマスター + 5.1chサラウンド放送) 『Q〜こどものための哲学〜(2014年)』 (Eテレ) 『北の国から (1981年)』 (BSフジ) -映画- 【聲の形】 (9/18) みずにながす (9/28) 泣いたのは何度目か 【青空エール】 (8/20) 青春エール -TV上映画 [続きを読む]
  • 泣いたのは何度目か
  • “こんなんやられたらワシまいるわ”ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしているコーナーです。2年9ヶ月ぶりです(前回 '13.12.4)今回はPVです。京都アニメーション/映画『聲の形』主題歌PV(aiko「恋をしたのは」)京都アニメーションが[映画『聲の形』主題歌PV]と題して映像を公開しました。aikoさんが歌う主題歌「恋をしたのは」は一曲の長さは6分2秒です。その中で、今回の動画再生時間は2分30秒。ではどの部分をピック [続きを読む]
  • みずにながす
  • ひさびさです。映画を観終わった後、こんなにも顔がぐしゃぐしゃなのは。新宿ピカデリーさん、お願いです。この上映期間中だけでも結構です。ベンチを下さい。できれば個室で。映画館ロビー内を通りかかる親子連れの方が「お母さん、あの人 なんで泣いてるの?」「あれはね。あの映画を観終わったばかりだからよ。 そっとしておきましょ」って言ってもらえるようなスペースを用意して頂けると、今後この映画を観た後、ぐしゃぐし [続きを読む]
  • 僕らのシネマ
  •  「映画を観終わった直後に書いてるみたいだけど、  あまり内容に触れてないよね」 「勢いだけで書いてるんでしょ。いつものことよ」 「でも、映画をこれから観る人のために気をつかってるんじゃない?」 「憶えてないだけよ」 「そうなんだ」 「そうよ。だってベンチでメモしてる時点でそうよ」 「ベンチじゃねぇ」 「ベンチだもん」-2017年- 【一週間フレンズ。】 (2/25) 「長谷くん、だよね」 【ぼくは明日、昨日の [続きを読む]
  • 青春エール
  • 小野つばさ(土屋太鳳)はいつだって、一生懸命で。山田大介(竹内涼真)も負けないくらい、まっすぐで。水島亜希(葉山奨之)はとにかく、熱いヤツで。脇田陽万里(松井愛莉)はやっぱり、かわいくて。城戸保志(堀井新太)は相変わらず、いいヤツだっ。映画【青空エール】#原作:河原和音 / 監督:三木孝浩.水島「小野さんってさ、 応援となると 人が変わったみたいになるよね」つばさ「頑張ってるの見てたら、自分も一生懸命応援したくな [続きを読む]
  • いよいよ、とと姉ちゃん。
  • 小橋 君子(木村多江)「水田さん、いつも お世話になっております」水田 正平(伊藤淳史)「えっ、あっ。え?」そういえば、初対面でしたね。君子「あぁ。常子、鞠子、美子の母です」水田「えええぇ。鞠子さんのお母さん!」差し入れに持ってきたリンゴをぶちまける水田さん。あなたはいつだって、鞠子さん。なんですね。『とと姉ちゃん』 第16週 “『あなたの暮し』誕生す”小橋 鞠子(相楽樹)「実は、水田さんのことがよくわからな [続きを読む]
  • 僕らの2016年春
  • 『ラヴソング』 (フジテレビ)#02 (4/19) ハムカツにたどり着くまで#03 (4/26) 帰りたい心 抑えて連続テレビ小説『とと姉ちゃん』 (NHK)#01 (4/10) なんとなく、とと姉ちゃん。 -再放送- 『のだめカンタービレ(2006年)』 (関西TV) 『なぞの転校生(2014年)』 (TV東京) 『冬のソナタ(2002年)』 (BSフジ) -映画- 【僕だけがいない街】 (4/08) もしも千葉に住んでいたなら -TV上映画-【海街diary(2015年)】 (フジTV)【舞妓Haaaan [続きを読む]
  • 帰りたい心 抑えて
  • 神代 広平(福山雅治)「黒田(博樹)投手、知ってる? カープの」佐野 さくら(藤原さくら)「なな なめてんすか」広島東洋カープファンとして、正しい反応です。さくら「わわ 私の、は 初恋の人です」広平「へぇー、そうなんだ」さくら「ほほ 本気で結婚したかったぁ。 "黒田さくらです" "黒田さくらでございます" なな なぜか これだけは ちゃんと言える」当時の本気度が伝わるエピソードですね。ちなみに"黒田さくらでございます" [続きを読む]
  • ハムカツにたどり着くまで
  • 神代 広平(福山雅治)「言語聴覚士の宍戸先生、また来てほしいって。 よかったら、今日 仕事終わりで行ってみませんか? もちろん、一緒に」佐野 さくら(藤原さくら)「いい、一緒に?」顔がもう、喜んじゃってます。小さくうなずくことで精いっぱいでした。『ラヴソング』 Story #2#仕事終わりの立ち食いそば屋にて.広平「"ここ コロッケと、はは、ハムカツを。" …7秒」さくら「はい?」広平「佐野さんがコロッケとハムカツそ [続きを読む]