せいざん さん プロフィール

  •  
せいざんさん: 潮風
ハンドル名せいざん さん
ブログタイトル潮風
ブログURLhttp://seizan.cocolog-izu.com/blog/
サイト紹介文身辺雑事、ニュースなどにつれづれの感想を記して参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/02/14 11:07

せいざん さんのブログ記事

  • タブノキ
  • いずれも写真を すると拡大椨木。我が家に自生して年々大きくなる樹があるが、名前が判らなかった。新葉が赤いのが特徴で、里山を歩こうさんに問い合わせたら、読者の回答の一つに、タブノキではないかという事に。早速図鑑を見たら、やはり出だしの葉は赤かった。ところで、近くの伊東線の踏切近くにある大木、実が生っており、図鑑で正しくタブノキであった。海岸地方に多い樹だそうだ。沖縄から青森まで分布し、常緑広葉 [続きを読む]
  • カタカナ語
  • 小池都知事が豊洲市場移転問題で、豊洲も築地も生かすという事で、「アウフヘーベン」と言った。ドイツの哲学者ヘーゲルの言葉で、訳は止揚。あれかこれかでなく、あれもこれもという事らしい。前から聞いていたが、難しい哲学用語とて何の事か解らず関心も無かった。その語がこんな時に出て来るとは。私等二者択一、二兎を追うものは一兎も得ず、などを思い浮かべている。カナ好きと言えば有名なのは安倍総理の「戦後レジームから [続きを読む]
  • パンダ
  • 上野のパンダが子を産んだと又騒ぎが始まった。早速黒柳が出て来て、私が生んだ訳ではありませんがとか言っている。公園近くの株がストップ高とか。私など来た時の押すな押すなの大騒ぎに恐れをなし、当時東京に居ながら見に行かず、それっきりだ。大体恐ろしい鳴き声と言い、何処が良いのか伺いたいものだ。汚れると薄汚いし。動作が愛らしいのは認めるが。レッサーパンダの方が良い。こちらは熱川バナナワニ園で初めて見たが、大 [続きを読む]
  • サツキ
  • いずれも写真を すると拡大サツキツツジ:金采。ツツジは挿し木で活着しやすいが、日当たりがあまり良くないと覿面に咲かない。強さと気難しさを備えている。 [続きを読む]
  • 坐骨神経痛
  • 歩いていると足腰がだるく、痛くなり、途中で休み休みとなり、それが段々酷くなって来た。そこで整形外科へ。去年行った時は、レントゲン異常なしで歩くこと。今は寒いのでこれをと勧められた足腰を鍛える体操のパンフレットを頂く。1年続けたが最近上記のような様となって来た。それでまた整形に行くと、レントゲンを。結果は前とあまり変わらないと。そこで精密検査をしてみようと、伊東市民病院に紹介状を頂きMRI検査をした [続きを読む]
  • ホオノキ
  • 写真を すると拡大朴の木。向かいの尾根に沢山咲いている。花は大きいのだが、高木に加えて上向きなので、ここからではちゃちなデジカメの望遠では駄目だった。上の林道から見下ろす位置にあったホオノキ、若木ながら去年実を着けていた。今年花をを逃さず、笹がいささか邪魔だが何とか撮れた。 [続きを読む]
  • 戴帽式
  • 鈴木学園戴帽式何日か前テレビで戴帽式を見た。看護師が看護帽を付ける儀式だが、私は看護婦さんと言うとこの帽子を被っているのが好きだ。男の看護師もいて、これはコックの出来損ないみたいで似合わない気がした。日本では聖路加病院が初めだそうだ。ところで、この帽子だんだん廃れてここ伊東でも、今は一部の小さい医院で見られる位になってしまった。理由は形を整えるのに使う糊が、院内感染源となるというのらしい。今では大 [続きを読む]
  • ミズキ
  • いずれも写真を すると拡大水木。何年か白い蛾が大発生し、毛虫によりミズキは葉を徹底的に食い荒らされ無残だったが、去年は激減、今年はそれらしい落ちた幼虫を道で1匹見たのみだ。従って久しぶりのミズキの花盛りとなった。大発生時はこの辺の山何Kmにわたり惨憺たるもので、国道事務所が薬剤散布を行ったが、まるで焼け石に水だった。 [続きを読む]
  • 物置
  • 「100人乗っても大丈夫」のイナバ物置を買って早や18年になろうか。開け閉めがしにくくなってから大分になる。コツがあり、私だと何とか開けられるが、家内だとお手上げ。そこでイナバに電話したが、修理は地元業者でと紹介される。やって来た業者が、鍵は何ともないと。戸の部分がひずんでおり、鍵穴に引っ掛からないそうだ。穴を削ればよいが、がたがたになる恐れありと。諦めとなり、業者は一旦帰ったが再び来て、イナバに問 [続きを読む]
  • ツバメ
  • ツバメの飛来する季節となった。我が家の南は、前方の尾根を挟んで、下に谷川が流れており、ここを数羽が飛び交う事となる。伊東駅より発着する東海バスのターミナルの一角にバス待合所があり、一部を仕切って案内所となっている。案内の女性は英語が出来、外人の応対も多い。ここの自動扉の内側の上にツバメが巣を作ったのは、3年前だったか。糞の落下を防ぐため板を取り付けたりした。閉めてしまったらどうするのかと思っていた [続きを読む]
  • 緊張続く朝鮮情勢
  • 独裁者正恩と読めぬトランプの対決、囲む中、露、韓、日それぞれの思惑があり纏まらない。韓国は空襲訓練をするだけあって、核シェルター完備のビルが多いとか。ソウルだけと思うが。翻って日本はなんの碌な防備策も無い。警報が出ても、地震と違って逃げる間も無かろう。斬首作戦、アメリカは否定している。作戦そのものは比較的簡単に遂行できるかもしれないが、後処理がまずいだろう。適格者韓国は過去実施直前で親北の金大中と [続きを読む]