せいざん さん プロフィール

  •  
せいざんさん: 潮風
ハンドル名せいざん さん
ブログタイトル潮風
ブログURLhttp://seizan.cocolog-izu.com/blog/
サイト紹介文身辺雑事、ニュースなどにつれづれの感想を記して参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/02/14 11:07

せいざん さんのブログ記事

  • 緊張続く朝鮮情勢
  • 独裁者正恩と読めぬトランプの対決、囲む中、露、韓、日それぞれの思惑があり纏まらない。韓国は空襲訓練をするだけあって、核シェルター完備のビルが多いとか。ソウルだけと思うが。翻って日本はなんの碌な防備策も無い。警報が出ても、地震と違って逃げる間も無かろう。斬首作戦、アメリカは否定している。作戦そのものは比較的簡単に遂行できるかもしれないが、後処理がまずいだろう。適格者韓国は過去実施直前で親北の金大中と [続きを読む]
  • シャガ
  • いずれも写真を すると拡大射干。松戸市のベトナム人9歳女児殺害事件、子供の登校見守り責任者が犯人とは何という事だろう。父が名付けたニャット・リンとは、日本・輝きの意味だそうだ。 [続きを読む]
  • アマゾン
  • アマゾンでは年会費3900円の有料会員に、当日配達のサービスをしている。私等も10回に1回位か、これを申し込む画面になり、しないという選択をさせられる。そそっかしい人が、うっかり 、後で会費請求となったりするようで、可成り悪質とも言える。これで爆発的に注文が増え、運送会社が音を上げているらしい。色々な面でアマゾンのインターネット通販は、他と比べ優れていると思うが、現状は配送業者が可哀想だ。留 [続きを読む]
  • 世界の平和を願って
  • 愛子様は修学旅行で、アメリカのオバマ前大統領が広島訪問の2週間前に行かれ、その御感想を発表された。確りした文章で、深い感銘を受けたので、全文を載せさせて頂く。 宮内庁は22日、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)が学習院女子中等科を卒業されるのに合わせ、愛子さまが卒業記念文集に寄せた作文を公表した。「世界の平和を願って」との題で、昨年5月の修学旅行で広島市を訪れた際に感じたことや、平和への思いがつづ [続きを読む]
  • 尿路感染症、心房細動、気管支炎
  • 1月22日発熱、尿路感染症とのことで、薬を服用5日ほどで治ったのだが、2月6日また高熱が出る。前回は5分おきの頻尿で参ったが、今回それは無く翌日医者へ。2回も続けては珍しい、薬で取り切れなかったかと、心臓に入っている恐れもあり場合によっては入院検査かと脅かされる。結果、血液検査では心臓異常なしでホッとする。ところが先生は心臓に聴診器を当てた結果、心房細動が認められると。不整脈以前からあったが治療す [続きを読む]
  • キブシ
  • 写真を すると拡大木五倍子。林道にて。この所、2週間ばかり寝たり起きたりだ。気管支炎だそうだ。1週間がめどらしいが、年取ると治りが悪いのだろう。もう少し掛るかも。今日は起きて久し振りにスーパーに行って来たが割と良かった。 [続きを読む]
  • アロエ
  • 写真を すると拡大キダチアロエ。我が家のは崖から吊る下がった大株だが、何故か今年は1花のみ。公園や国道のは沢山咲いているのだが。ほったらかしのせいだろう。 [続きを読む]
  • オオイヌノフグリ
  • 写真を すると拡大大犬の陰嚢。春だ、ウグイスが初鳴きした。去年に比べ今年は大分上手。国外ではトランプ、正男暗殺、朴大統領罷免。国内では豊洲と石原、瑞穂の國小學院とマスコミも俄然忙しい事だ。小學院は土地の問題であっさり手を引いたが、問題なのは教育内容であり、余りにも戦争中の雰囲気の判らない人間が多くなって来たようだ。我々でも教育勅語などろくに覚えていないというのに、幼児に暗唱させるというのだか [続きを読む]
  • 松田瓊子
  • 古本屋の小僧から店を持ち、後に作家となった出久根達郎だが、その「作家の値段」を見ていると、野村胡堂の項で、23歳で亡くなった松田瓊(ケイ)子という少女小説家がいたのを知る。美智子皇后が中学時代、クラスで回し読みして親しんだ本が瓊子の「七つの蕾」であった。他に「紫苑の園」「香澄」などがあり、瓊子の父親は野村胡堂であり、後ハナ夫人に頼んで借り、再読されたという。お礼にプリンセスミチコのバラが贈られ、胡 [続きを読む]
  • 日本丸
  • いずれも写真を すると拡大昨日伊東に来航した海技教育機構の練習船、日本丸。110m、2570t。今日の日本丸。↓高台の展望地より。前部マスト(というのか)に2名ばかり登ってます。 [続きを読む]
  • 錦光星
  • いずれも写真を すると拡大錦光星。冬でも開花中。「座して死を待つ気はございません」とか「果し合いに出掛ける侍の気持ち」とか勇ましい文句を言いながら記者会見を開いた石原元都知事だが、真先に謝るべき自分を置いて、人に責任を擦り付けるばかりで、最低の会見だった。最期は小池都知事は早く豊洲転入を決めるべきとは呆れ果てる。科学者が安全と言っているとか。いったい誰なのか。 [続きを読む]
  • 禁煙
  • タバコ税収は年間2兆1400億になるそうで、これが止められない原因とか。だが、受動喫煙での肺がん死が1万5000人出ており、喫煙原因の医療費は1兆7000億と言われる。ポイ捨て煙草による火災による損害は4兆3000億、総額5兆9000億、差し引きすればどちらが良いか判り切ったことだが、なかなか踏み切れない。煙草好きが国会議員に多いせいだろう。飲食店は客が減ると反対らしい。そこで居酒屋や焼き鳥店は喫 [続きを読む]
  • 瑞風
  • JRが東西対抗で豪華列車を発表しているが、瑞風とかいう列車は頂けない。前面に格子がはまっているのだ。素晴らしいデザインだというが、何処が?と言いたい。豪華競争、収入を上げる算段だろうが、一方ローカル線はみじめ一方だ。続々廃線の憂き目を見るらしい。北海道など鉄道は函館〜札幌以外無くなってしまうのではと思ってしまう。貨物輸送は盛り返しているそうだ。自動車に奪われた鉄道輸送だが、巨視的視点がないと禍根を [続きを読む]
  • 教育勅語
  • 学校法人森友学園が、大阪で塚本幼稚園をやっているそうだが、ここでは呆れたことに、園児に「教育勅語」を暗唱させているそうだ。近頃方々で右傾化が見られるが、これは驚くべきことで、こんなことは北朝鮮式のやり方と結局同じだ。私の小学校時は戦争中とて、毎月8日は「大詔奉戴日」となり、全生徒は講堂に集まり、御真影拝礼に始まり、校長が恭しく紫の袱紗を開いて取り出した「教育勅語」を読み始める。その間頭を下げている [続きを読む]