りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 宗忠神社と竹中稲荷 桜の競演
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。桜が見ごろの吉田山に行ってきました。神楽坂通りから宗忠神社の参道を上ります。この記事は作成中です。完成までしばらくかかりますが、お帰りの前に、ブログランキングの応援の ↓をよろしくお願いします。  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→ ------------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • 南禅寺 春の伽藍と3人の開山
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。南禅寺の春景色です。この日は三門に上がってから桜を求めて境内を一回りしました。「南禅寺」は鎌倉時代中期の正応4年(1291)に、亀山法皇がこの地にあった離宮を無関普門禅師(大明国師)に下賜し、開山として迎えて開創したのが始まりです。無関禅師はその年に亡くなり、法皇の命により規庵祖円禅師(南院国師) が31歳の若さで南禅寺第 [続きを読む]
  • 大河内山荘 2017春
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の天龍寺の北門を出て、竹林の道を大河内山荘に向かいました。「大河内山荘」は映画俳優・大河内傳次郎(でんじろう)が別荘として造営して、現在その回遊式庭園が「大河内山荘庭園」として公開されています。竹林の道の突き当りに大河内山荘の入り口があります。竹林では混雑していても、ここに入る人は多くありません。拝 [続きを読む]
  • 龍安寺 春の石庭と鏡容池
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事は嵐山の天龍寺でしたが、今日は別の日に訪れた龍安寺にしました。現在では石庭が有名ですが、昔から池を中心とした池泉回遊式庭園も名所として知られています。「龍安寺」は、山号を大雲山という臨済宗妙心寺派の寺院です。石庭に行く途中に池の横を通りますが、後で回ることにします。このあたりは、平安時代中期の永観元年 [続きを読む]
  • 天龍寺 春の花咲く2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。渡月橋を渡り、天龍寺にきました。総門には、枝垂れ桜と三つ葉つつじが見頃の看板が出ていました。向こうに見える中門は工事中です。「天龍寺」は、室町時代の暦応2年(1339)足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として創建したのが始まりです。春は山内に様々な花が咲き華やかになります。総門の左にある「勅使門」の [続きを読む]
  • 桜 額縁門の天寧寺 閑臥庵
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。早咲きの枝垂れ桜の本満寺から、北に上がると鞍馬口通りの手前に「天寧寺」があります。境内にある紅の枝垂れ桜の咲く頃には必ず、と思いながら何年経ったでしょうか、今年は忘れずに行ってきました。天寧寺の山門からの眺めは絵画のようで比叡山の「額縁の門」と呼ばれています(天寧寺は拝観寺院ではありませんが、門の中には入れます [続きを読む]
  • 嵐山公園 2017春
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の法輪寺を出て、中の島に来ました。正式には嵐山公園中ノ島地区という京都府の公園です。桂川に沿って東西に長い中ノ島一帯に桜や松が植えられ、南部には茶店が並んでいます。このあたりには比較的若い紅枝垂桜が目立ちます。しばらく行くとソメイヨシノもあり、向こうに渡月橋が見えます。平成25年の8月の台風18号による大 [続きを読む]
  • 祇園白川 夜桜2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。ずいぶん前のことになってしまいましたが(4月3日)、祇園白川の夜桜を見てきました。川端通から白川南通に入ります。道の端に地蔵尊(左)と弁財天(右)が祀られていて、このあたりの鎮守だと思われます。料亭「京新山」実は、3月末に「祇園白川さくらライトアップ」が今年は中止になったというニュースがありました。だだし、街灯りで [続きを読む]
  • 嵐山 法輪寺 2017春
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。渡月橋を渡り、法輪寺に来ました。今年の1月の大雪の日に訪れましたが、桜の頃が一番華やかになります。(山門)「法輪寺」 奈良時代の和銅6年(713)行基が開創して、木上山葛井寺(かずのいでら)と呼ばれました。以後、歴代天皇の勅願所として国家安泰、五穀豊穣、産業興隆などの信仰を集めました。平安時代の天長6年(829)、空海の [続きを読む]
  • 渡月橋 2017春
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。市内より遅れて桜が見頃になった嵐山に行ってきました。嵐電の嵐山駅を出て、渡月橋に向かいます。渡月橋の北に来ました。法輪寺の桜も見頃のようです。中ノ島(嵐山公園)の桜も満開で、大勢の人出が見えます。後で立ち寄ります。・橋の上から、正面は嵐山。向こうは保津川下りの船着き場。中ノ島の渡月亭の横。渡月小橋の上から 左の [続きを読む]
  • 勧修寺 桜咲く庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日醍醐寺に行く前に、勧修寺を訪れました。杜若や睡蓮の名所として知られていますが、参道や境内には沢山の桜が咲いていました。「勧修寺(かじゅうじ)」は、山号を亀甲山といい、山科・来栖野(くるすの)にある真言宗山階(やましな)派の大本山です。平安時代前期の900年、醍醐天皇が若くして亡くなった生母の藤原胤子(いんし)追 [続きを読む]
  • 桜の下鴨神社と高野川の桜並木
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。今日の「京都の桜」は下鴨神社の桜と高野川の満開の桜並木です。下鴨神社の楼門の桜を楽しみにしているので、4日にも訪れましたが蕾は膨らみ始めたばかり。今日は満開かな?・・・と再度訪れたのが9日。満開を期待していたのですが・・・「3日見ぬ間の桜かな」、楼門前のヤマザクラ、早くも散り始めていました。ソメイヨシノと比べる [続きを読む]
  • 千本釈迦堂 本堂とお亀桜
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。枝垂桜が満開の千本釈迦堂に行ってきました。節分の日におかめ節分を見に行ったばかりですが、今日は本堂を拝観するなど境内をゆっくり見て回りました。「千本釈迦堂」は、正式名称を大報恩寺(だいほうおんじ)、山号を瑞応山(ずいおうざん)という真言宗智山派の寺院です。鎌倉時代前期の1221年、天台宗の義空上人により開創されました。 [続きを読む]
  • 伏見 十石舟と桜の濠川 長建寺も 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。今日は酒蔵の街・伏見の濠川沿いの桜と十石舟、春の長建寺をお届けします。やはり花曇りのぼんやりした空の元、散り始めた桜の花びらが濠川に浮かんでいます。その中を十石舟が運航しています。二艘ロープで繋がれている十石舟はいつもここに置かれています。ここの桜並木がそれは見事、幻想的にさえ思えます。月桂冠の大倉酒造の後ろを [続きを読む]
  • 満開の桜 哲学の道 2017 桜
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。時折り小雨も降る7日、せっかく満開を迎えたのにうっとおしい空模様でしたが、哲学の道は溢れるばかりの人々で賑わっていました。哲学の道の桜は「関雪桜」(かんせつざくら)ともよばれるそうです。これは大正時代の京都の画家・橋本関雪と、妻のヨネさんが大正11年に京都市に360本寄贈した桜の苗木を、京都市が哲学の道沿いに植 [続きを読む]
  • 醍醐寺・霊宝館 桜と国宝
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日(4月7日)に醍醐寺の霊宝館を訪れました。4月3日に三宝院を訪れたときには霊宝館の桜はまだ満開ではなかったので、改めて出直しました。醍醐寺の総門を入って、三宝院の前から右に入る道沿いに霊宝館の入り口があります。霊宝館には、醍醐寺が所有する仏像や絵画、工芸品、文書などが管理・保存され、公開・展示を行っています。 [続きを読む]
  • 上品蓮台寺 2017春
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。千本通にある上品蓮台寺を訪れました(4月5日)。ソメイヨシノの開花が遅れ、まだ見頃には程遠いときに、枝垂桜が満開になっていました。「上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)」は、蓮華金宝山九品三昧(れんげこんぽうざんくぼんざんまい)院という真言宗智山派の寺です。飛鳥時代に聖徳太子が母の菩提を弔うために建立した香隆寺(こ [続きを読む]
  • 松ヶ崎疏水の桜 2017 桜
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。京都のソメイヨシノもかなり咲きだしてきました。天気は下り坂、花曇りというのかうっとおしい空模様でしたが、昨日は松ヶ崎疏水の桜を見に行ってきました。(撮影:4月6日)松ヶ崎疏水は北大路通りの1つ上の通りを、東は高野川の西、松ヶ崎浄水場の南の辺りから白川疏水は顔を出します。下鴨本通りを越えて府立大学の近くまで続きま [続きを読む]
  • 醍醐寺・三宝院 紅枝垂桜と憲深林苑
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一足早く枝垂桜が見頃となっている醍醐寺・三宝院を訪れました。「三宝院」は平安時代末の永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在で、歴代座主が居住する坊です。(三宝院の山門)豊臣秀吉が自ら設計をした庭園とそれを見渡せる表書院が三宝院の見どころの一つです。今まで写真撮影ができ [続きを読む]
  • 哲学の道 早咲き桜めぐり
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日哲学の道を訪れました。3月31日に桜の開花宣言が出てから4日目でしたが、ソメイヨシノはまだ満開にはほど遠い状態でした。一足早く見頃になっていた枝垂桜をお送りします。哲学の道ではないのですが、同じ琵琶湖疏水(分線)が北白川疏水として北に流れていきます。その中ほどの伊織町にある「銀月アパートメント」は戦前からのレト [続きを読む]
  • 御所の桜 近衛邸跡の糸桜ほか 2017 桜
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。桜満開の声がなかなかきけない京都ですが、御所近衛邸跡の糸桜は満開を迎えています。御苑北西部のこの場所は、五摂家の一つ、摂政や関白を多く出した近衞家の邸宅跡で、枝垂れ桜の大木が多く植わっています。御苑で一番早く咲き始める桜で、3月中旬にはほころび始めます。昨日、すでにこの状態です。 御所らしいところも1枚。撮影は [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭・興臨院 春の特別公開 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の大徳寺塔頭の龍源院を出て、もう一筋西の通りの興臨院を訪れました。通常は非公開の塔頭ですが、3月18日(土)から6月11日(日)の期間に特別公開されています。「興臨院」は、足利時代の大永年間(1521- 1528)に、能登国の大名・畠山義総が大徳寺86世の小渓紹怤(しょうけいじょうふ、仏智大通禅師)を開山として迎えて建立 [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭・龍源院 庭園と方丈
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。大徳寺の塔頭の中で、通年公開されている龍源院を訪れました。大徳寺の東の総門を入って左の道沿いにあります。下はパンフレットの見取図で、線が引いてある廊下・縁側が拝観の順路です。、「龍源院」は、戦国時代の文亀2年(1502)に能登の領主・畠山義元、豊後の大友義長、周防の大内義興らが、大徳寺72世・東溪宗牧(とうけいそうぼく [続きを読む]
  • 恵光寺と市原野の寺たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日、京都でも桜(ソメイヨシノ)の開花が発表されました。例年より3日遅く、昨年より8日遅い開花宣言です。見頃は5〜8日後ということで、もう少しお待ちください。昨日の記事の小町寺(上の写真)を出て向かいの恵光寺を訪れました。二つの寺は篠坂峠を挟んだ崖の上に向かい合って立っています。恵光寺は山号を慈雲山(じうんざん)とい [続きを読む]
  • 補陀洛寺 小野小町終焉の地
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。鞍馬へ向かう府道40号が市原を通るあたりに、江戸時代に切り拓かれた「篠原の切り通し」といわれる峠道があります。峠の崖の上に「補陀落(ふだらく)寺」があります。山号を如意山(にょいさん)といい、小町寺(こまちでら)とも呼ばれています。1999年に再建された本堂には、鎌倉時代作の本尊・阿弥陀三尊像を祀っています。そのうち、阿 [続きを読む]