りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 随心院 歴史と史跡を訪ねて
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。随心院のはねず踊りを見たあと、境内の梅園とお堂や史跡を見て歩きました。昨日の記事では紹介しなかった随心院の歴史も紹介します。下ははねず踊りの舞台があった薬医門の前にある「小野梅園」の入り口。かってこの付近は小野郷(おののごう)と呼ばれ、小野氏が勢力を持っていた土地でした。小野氏は、孝昭天皇の皇子を祖とする春日氏 [続きを読む]
  • はねず踊りと今様 随心院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。3月の最終日曜日は随心院ではねず踊りが行われます。はねず(朱華)とはうす紅色のことで、随心院の紅梅もこの名で呼ばれています。最初に昨年11月に選考された「ミズ小野小町」の3人の女性が紹介されました。随心院の法会や公式行事で活動して小野小町ゆかりの地をアピールしていくそうです。一番右は女優の風谷南友さんです。「はねず [続きを読む]
  • 豊国神社 秀吉没後から神社創建まで
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。智積院を出て、京都国立博物館の西の大和大路通を北に行くと豊国神社があります。「豊国(とよくに)神社」は、豊臣秀吉を祀る神社で、京都十六社朱印めぐりの一つです。以下では境内を散策しながら、秀吉が亡くなってからこの神社が創建されるまでの歴史をたどります。下は東西の正面通から。天下人となった豊臣秀吉は、二度目の朝鮮出 [続きを読む]
  • 智積院 名勝庭園と講堂
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。智積院の境内を回って、名勝庭園まで来ました。上は唐門。拝観受付を過ぎると右手に宝物館があり、長谷川等伯らによって描かれた金碧障壁画があり、そのうち、「楓図」、「桜図」、「松と葵の図」、「松に秋草図」等は国宝に指定されています。「講堂」 灌頂(かんじょう)道場や各種研修の道場として使用されています。灌頂とは受戒や [続きを読む]
  • 智積院 梅咲く境内とその歴史
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日から梅の開花状況が気になっていた智積院に行ってきました。「智積院(ちしゃくいん)」は東山七条にある真言宗智山派の総本山です。下は「総門」で、江戸時代に御所の東福門院より移築しました。真言宗智山派は、総本山・智積院のもと、成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院の大本山、東京都の高幡山金剛寺、名古屋市の大須 [続きを読む]
  • 京都御苑 黒木の梅が見頃
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。出町柳のおかめ桜を見た後、京都御苑を訪れました(3月1日の記事では梅林がちらほら咲きでした)。途中の開花状況を見ながら、御苑の南にある黒木の梅を見に行きます。いつものように御苑の北東にある石薬師御門から入ります。しばらく西に歩くと、右手(北)に「中山邸跡」があります。明治天皇は、嘉永5(1852)年、孝明天皇を父に、権 [続きを読む]
  • 鴨河原のおかめ桜と富士山
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。出町柳の長徳寺のおかめ桜を見た後、鴨川の対岸の桜を見に行きました。それと、連休中のプチ旅行の写真を少し。出町三角州の上を通る、河合橋と出町橋を渡り河原を南に行きます。植木屋さんの前からは、手前に湧き水、奥は大文字山。三角州の向こうに昨日の記事の長徳寺とおかめ桜が見えます。出町三角州はいつの頃からかトンビが集まる [続きを読む]
  • 長徳寺 おかめ桜満開
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。出町柳にある長徳寺に行ってきました。非公開の寺院ですが、今の時期だけ大勢の方がおかめ桜を見物に訪れます。「長徳寺」は、京阪と京福の出町柳駅の南、川端通に面しています。隣の常林寺、正定院とともに、浄土宗の「砂川の三軒寺」と呼ばれていました。上の呼び名は、かって背後に流れていた小川がこの付近で鴨川に合流して、3寺が [続きを読む]
  • 神泉苑 平安の面影を求めて
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日、二条城とともに神泉苑も訪れました。この日は御池通の鳥居から入りました。延暦13年(794)、桓武天皇が平安京の造営に際して、大内裏の南の沼沢を開いて苑池を設けました。その池は、常に清泉が湧き出すことから神泉苑と名づけられました。その範囲は南北に四町、東西に二町という広大なもので、苑内には大池と中の島のほか、乾臨 [続きを読む]
  • 河津桜咲く 東寺 五重塔 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。早咲きの桜を求めて・・・今日は河津桜咲く東寺をお届けします。そろそろ河津桜は咲いているかな? と、思って出かけた東寺です。咲いているどころか満開を過ぎかけているのもありました。春、桜の季節は着実に訪れていました。(撮影:3月16日)東寺は世界文化遺産に登録された真言宗総本山。平安京造営時に国家鎮護のために創建さ [続きを読む]
  • 二条城 梅林と清流園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で二条城の二の丸と本丸を見て、本丸の西にある橋まで来ました。橋の上から南の方に梅林が見えます(上)。下の写真では内堀に沿って梅林の端まで来ました。ここは二条城の南西隅になります。東西の道が二本あり、その外側(南側)を歩きます。二条城にはおおよそ130本の梅があり、そのほとんどがこの梅林に植えられています。 [続きを読む]
  • 二条城 二の丸から天守閣跡へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。梅の名所のひとつとされる二条城を訪れました。今日は二の丸と本丸を通り、梅林が見える天守閣跡まで行きます。上は東南隅櫓(やぐら) 拝観入り口になっていた「東大手門」は工事中で通ることはできません。二条城は正式名称を元離宮二条城といい、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が1603年に造営、3代将軍・家光が増築を行い1626年に現 [続きを読む]
  • 城南宮 枝垂れ梅咲く神苑
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の続きで、城南宮の神苑「楽水苑」に入りました。『源氏物語』に描かれた80種あまりの草木が植栽され、源氏物語花の庭ともいわれています。趣の異なる5つの庭から構成されていて、最初に訪れるのは「春の山」です。この庭はお椀を伏せたような築山になっていて、散策路は一旦上に登った後、斜面に沿って緩やかに回りながら [続きを読む]
  • 城南宮 梅咲く境内と摂社たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。神苑のしだれ梅が見頃とのことで、城南宮を訪れました。今日は、摂社や社殿を見て回りながら城南宮の歴史を振り返ります。平安京以前からこのあたりは秦氏の勢力圏で、その氏神を祀る「真幡寸(まはたき)神社」という式内社がありました。式内社とは、神社一覧である「延喜式神名帳」に記載されている由緒のある神社のことです。下は東 [続きを読む]
  • 北野天満宮 別離の庭と梅苑
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の続きで、北野天満宮の梅苑に入りました。二つる入り口のうち、楼門の西にある絵馬舎の横から入ると、まず境内の西にある庭を通ります。数年前からこのあたりは整備が行われ、昨年一段落したようです。北野天満宮では、菅原道真が亡くなってから50年毎に「大萬燈祭」、25年毎に「半萬燈祭」という式年祭を斎行してきました。 [続きを読む]
  • 北野天満宮 飛梅伝説と摂社たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。梅が見頃とのことで北野天満宮に行ってきました(3月10日)。まだ蕾も多くあり、今日も見頃の状態が続いていると思われます。参道の途中にある「伴氏社(ともうじしゃ)」 菅原道真の母を祀り、彼女が大伴氏の出身だったのでこの名で呼ばれています。誠実で優秀な学者を育てたことにちなんで、子どもの成長と学業成就を願う母親に信仰さ [続きを読む]
  • 東山花灯路 清水寺から八坂の塔へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東山花灯路は今日(12日)が最終日、私の記事も最終回です。昨日の記事でねねの道から産寧坂まで来ました。坂を上ったところにある七味屋さんはまだ営業中でした。清水道(松原通)に来ると、清水寺のサーチライトが見えてきました。清水寺塔頭の「大日堂」 かつての本尊の大日如来坐像(重文)は清水寺・宝蔵殿に遷されました。東日本 [続きを読む]
  • 東山花灯路 圓徳院から産寧坂へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で高台寺のライトアップを見た後、石段下にある塔頭の圓徳院を訪れました。圓徳院も高台寺と同じく3月3日(金)〜5月7日(日)の期間ライトアップをしています。その前に、高台寺の駐車場からの夜景を。豊臣秀吉の死後、正室のねねは「高台院」の号を賜ったのを機に高台寺の建立を発願し、秀吉との思い出深い伏見城の化粧御殿とそ [続きを読む]
  • 東山花灯路 八坂神社から高台寺へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事では、東山花灯路が行われている知恩院から円山公園を通って大谷祖廟の参道まで来ました。その次の日に、改めて八坂神社を通って続きの道を行くことにしました。西楼門がライトアップされています。西の参道沿いにはこの日も露店が出ていました。花灯路の期間中に五花街の舞妓さんの舞踊の奉納があります。3月4日(土)、祇 [続きを読む]
  • 金地院 東照宮と名勝庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東山花灯路の記事はまだ続きますが、今日は一休みして別のところにしました。先日南禅寺三門西にある塔頭を記事にしましたが、その後で最後に金地院を訪れました。「金地院」は、室町時代の応永年間(1400年頃)足利義持が、南禅寺68世大業徳基を迎えて北山に創建したのが始まりです。江戸時代初めの慶長10年(1605)に南禅寺270世以心崇 [続きを読む]
  • 東山花灯路 知恩院から円山公園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の続きで、、東山花灯路が行われている神宮道を知恩院の前まで来ました。下はライトアップ中の三門。知恩院では東山花灯路の期間中、友禅苑の夜間特別拝観を行っています。久しぶりなので入ることにしました。「友禅苑」は友禅染の始祖宮崎友禅の生誕300年を記念して、昭和29年に改修造園されました。門を入ると、目の前に「補 [続きを読む]
  • 東山花灯路 青蓮院ライトアップ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日「京都 東山花灯路」に行って来ました。3月3日(金)から12日(日)の期間、午後6時〜9時30分の時間帯に東山一帯に花灯路(露地行灯)がともります。下は神宮道の粟田口から北の平安神宮の方。粟田口から南が歩行者天国になります。直ぐに「あおくすの庭」があり、ここに案内所があり地図を配っています。正面に嵐山花灯路でも見た [続きを読む]
  • 南禅寺西の塔頭たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。南禅寺の西北にある大寂門から三門の西にかけていくつかの塔頭があります。最初に、山門の外(北)にある「正的院」鎌倉時代の1332年に亡くなった元翁本元(げんのうほんげん)の塔所として弟子により建立されました。かつては僧堂の北にあったといわれています。大寂門を入ると左は南禅寺境内、右には白塀が続きます。手前はゆどうふの奥 [続きを読む]
  • 光琳の梅と浦の廻廊 下鴨神社
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。3月1日に下鴨神社の「光琳の梅」を見てきました。一昨日の流しびなのときにも満開の状態が続いていましたので、後で訪れた「浦の廻廊」と合わせて記事にすることにしました。「光琳の梅」とは御手洗川にかかる輪(そり)橋のたもとにある紅梅のことです。「琳派」の名の由来となった尾形光琳が描いた国宝「紅白梅図屏風」のモデルとも伝 [続きを読む]
  • 京の流しびな 下鴨神社
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の桃の節句、「京の流しびな」を見に下鴨神社を訪れました。御手洗川の南側で行事が行われ、北側に観客席があります。少し出遅れたら、既に多くの人が詰めかけていました。公募で選ばれた男女が十二単と衣冠装束姿に身を包んで、お雛様とお内裏様に扮します。最初に行事を主催する「京人形商工業組合」の代表が挨拶をします。このよ [続きを読む]