りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 大徳寺 本山の伽藍と大仙院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。この春、何回か大徳寺の塔頭を記事にしましたが、今日は大徳寺の伽藍を紹介します。この記事は作成中です。完成までしばらくかかりますが、お帰りの前に、ブログランキングの応援の ↓をよろしくお願いします。  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→ ------------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • 深泥池 地蔵堂と貴船神社
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日大田神社にカキツバタを見に行ったときに、深泥池(みぞろがいけ)にゆかりの地蔵堂と神社を訪れました。どちらも以前から気になっていたのですが、今回初めて記事にします。宝ヶ池通から左に曲がって山沿いにしばらく行くと深泥池があります。池の南にある深泥池公園、秋はいち早く銀杏がきれいに色づきます。深泥池は、氷河期から [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭・高桐院 緑の参道と庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の大徳寺塔頭・瑞峯院を出て、高桐院を訪れました。こちらも通年公開している3塔頭の一つです。高桐院は、安土・桃山時代の慶長7年(1602)に細川忠興(三斎)が、叔父の玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)を開山として、父・幽斎の菩提所を建立したのが始まりです。創立年については別の説もあります。忠興は正保2年(1645)に [続きを読む]
  • 興聖寺 曹洞宗の名刹
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。ツツジの咲く三室戸寺から始まり、宇治で最後に訪れたのは興聖寺です。恵心院から宇治川をしばらく遡ると、興聖寺の「表門」があります。表門は、江戸時代の慶安年間(1648-1651)に建立されました。「琴坂」 山門までの緩やかな参道には桜や楓が植えられ、春と秋には観光客でにぎわいます。「興聖寺」は、山号を仏徳山(ぶっとくさん)、 [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭・瑞峯院 キリシタン大名と庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。大徳寺塔頭の瑞峯院(ずいほういん)に行ってきました。「瑞峯院」は、通年公開している大徳寺塔頭の一つで、先月記事にした興臨院(春の特別公開)の隣にあります。瑞峯院は、室町時代の天文4年(1535)キリシタン大名として知られる大友宗麟が、大徳寺第91世・徹岫宗九(てっしゅうそうきゅう)禅師を開祖として、菩提寺を創建したのが [続きを読む]
  • 南禅寺塔頭・最勝院 駒大僧正と奥の院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。桜の頃に南禅寺に行ったときに、塔頭の最勝院も訪れました。桜がほとんどなかったので、記事が後回しになってしまいました。ここは、南禅寺創建にまつわる不思議な話の舞台となった場所です。南禅寺の本坊の方から水路閣をくぐると、石碑に「駒ヶ瀧 不動尊 最勝院」への矢印があります。水路閣に沿って矢印の方向にしばらく坂道を上り [続きを読む]
  • 光明寺 緑の西山浄土宗総本山
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日長岡天満宮と乙訓寺を訪れた後、光明寺まで歩きました。上は総門で、江戸時代後期の天保16年(1845)に建てられた高麗門です。「光明寺」は山号を報国山、院号を念仏三昧院という西山浄土宗総本山です。京都市左京区吉田山にある「金戒光明寺」に対して、こちらは「粟生(あお)光明寺」ともよばれます。総門をくぐると、女人坂とも [続きを読む]
  • 恵心院 宇治の花の寺
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日、宇治上神社と宇治神社を記事にしましたが、そこから宇治川を少し遡ると、宇治茶工房・福寿園の横に恵心院の参道入口があります。参道の山吹が美しいのですが、今は緑になっています。「恵心(えしん)院」は、山号を朝日山という真言宗智山派の寺院です。平安時代初期の821年、真言宗開祖の弘法大師・空海(774-835)によって開かれ [続きを読む]
  • 比叡山延暦寺 東塔地域 2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の比叡山延暦寺・西塔からシャトルバスで延暦寺バスターミナルまで来ました。ここは東塔地域とよばれ、伝教大師最澄が延暦寺を開いた「延暦寺発祥の地」で、根本中堂、阿弥陀堂、大講堂など重要な建物が集まっています。この日は最初に阿弥陀堂に向かいました。坂道を上る途中に「戒壇院」があります。 天台宗の僧侶が受戒するお [続きを読む]
  • 大田神社 カキツバタ回復中
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。カキツバタを身に大田神社に行ってきました。ここ2年間、鹿による被害などで花が減ってしまい、気になっていました。道路をはさんで大田神社の向かいにある「福徳社」、上賀茂神社の境外末社で、福徳神を祀ります。最初に、参道右手にあるカキツバタの群生地「大田の沢」に入りました。昨年から鹿の侵入を防ぐために沢がネットで囲まれて [続きを読む]
  • 比叡山延暦寺 西塔地域 2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。葵祭の記事が2日続きましたが、その前に比叡山延暦寺の浄土院御まで来ました。そこから山道を通って西塔地区を訪れました。杉木立の中のほぼ水平な道には、寄進された石灯籠が並んでいます。しばらく歩くと、シャトルバスの停留所からの道が合流します。その先に西塔地域の拝観受付があります。西塔は第2世天台座主寂光大師円澄によって [続きを読む]
  • 葵祭2017 賀茂街道から上賀茂神社へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の葵祭の続きです。葵祭の行列は京都御所を出て下鴨神社で「社頭の儀」が行われます。下鴨神社は大変混雑するので、午後に上賀茂神社に向かう行列を賀茂街道で待ち受けました。平安騎馬隊が行列を先導します。先頭は6騎の乗尻(のりじり)で、本列を先導するとともに、前方の警護に当たります。今日は列の説明はありません。お [続きを読む]
  • 葵祭2017 京都御所を出発
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日行われた葵祭を見てきました。最初に京都御所の建礼門前を出発する行列を見送ります。「葵祭」は上賀茂神社、下鴨神社の例祭で古くは「賀茂祭」といい、その起源は1400年前に遡ります。最初に、京都府警・平安騎馬隊の皆さんが順路の安全を確かめます。欽明天皇(在位539〜571)の頃に、国内は風雨がはげしく、五穀が実らなかっ [続きを読む]
  • 新緑の比叡山 八瀬から延暦寺・浄土院へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。少し前のことになりましたが、ゴールデンウィークの最後に比叡山に行ってきました。いつものように叡電の八瀬駅からケーブルカーに乗ります。高野川の河原ではバーベキューをしていました。川で泳いでいる子供もいて、楽しそうでした。この日はケーブルカーで登る方が多くて、「ケーブル八瀬駅」には行列ができています。「叡山ケーブル [続きを読む]
  • 宇治神社 兎と創建悲話
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の宇治上神社を出て、さわらびの道を西(宇治川の方)に行くと、宇治神社があります。上は宇治川に面している一の鳥居で、最後にくぐります。さわらびの道には「式内宇治神社」の石標があります。江戸時代までは宇治上神社と宇治神社は一つの神社で、それが式内社(延喜式で認定された社)だったことを示しています。こちらか [続きを読む]
  • 宇治上神社 源氏物語と世界文化資産
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の三室戸寺を後に、宇治に来ました。この日は平等院には寄らず、宇治川の対岸にある寺社を訪れました。「さわらびの道」を宇治上神社に向かいます。途中に源氏物語ミュージアムがありますが、休館日でした。「早蕨(さわらび)」は源氏物語の宇治十帖の一つで、このあたりがその舞台だったので散策路(右)の名になっています [続きを読む]
  • 三室戸寺 満開のつつじと秘仏
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。つつじが満開の三室戸寺を訪れました(5月8日)。実は4月30日にも訪れましたが、つつじの開花が例年よりかなり遅れていて、改めて出直しました。「三室戸寺」は、山号を明星山という本山修験宗の別格本山で、西国三十三所観音霊場第10番札所としても知られています。三室戸寺は、奈良時代の宝亀元年(770)、光仁天皇の勅願により、南都 [続きを読む]
  • 日向大神宮 シャガの花咲く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の蹴上浄水場を出て、向かいの山の斜面にある日向大神宮を訪れました。下は一の鳥居で、京の七口の一つ・粟田口にあたります。このあたりには弓屋、井筒屋、藤屋という京では有名な茶屋があって、旅人や送り迎えの人々で賑わいました。日向大神宮は旅人の道中の安全祈願の神社として栄えました。「日向(ひむかい)大神宮」 [続きを読む]
  • 天授庵 緑あふれる庭園 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。南禅寺の塔頭 天授庵の青もみじです。天授庵の庭園は、本堂前庭(東庭)の枯山水庭園と、書院南庭の池泉回遊式庭園に分かれます。今日は緑あふれる天授庵の庭園です。天授庵の門を入ると目に飛び込んでくるのが書院の窓の向こうに見える景色です。紅葉の頃は真っ赤に、そして今は青もみじと1本の赤い紅葉がアクセント。天授庵は暦応2 [続きを読む]
  • 蹴上浄水場一般公開 つつじの通り抜け
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。蹴上浄水場の一般公開に行ってきました(5月7日)。つつじが見頃の5月3日〜7日の期間、つつじの通り抜けや施設の見学ツアーがあり、4〜6日には様々なイベントもありました。参考のためにパンフレットの見取り図を載せておきます。下の道が三条通で、浄水場の仕組みが少しでも理解しやすいかもと思って東の正門から入りました。「蹴上浄水 [続きを読む]
  • 新緑の南禅寺 三門 水路閣 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。新緑の美しい季節になりました。先日桜の南禅寺をお届けしたばかりですが、大豊神社の氏子祭の日に南禅寺界隈を訪れたので、今日は緑鮮やかな「青もみじ」をお届けします。野村美術館(現在休館中)の横から南禅寺お屋敷街に向かいます。水面もキラキラ輝いています。大きな枝垂れ桜が見事。花の頃に今年は来なかったことが心残りです。 [続きを読む]
  • 大原の遅い春 寂光院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。ゴールデンウィークも最後の日になりましたね。少し前のことですが、まだ桜が咲いていた大原の最後に訪れたのは寂光院です。「寂光院」は山号を清香山、寺号を玉泉寺という天台宗の尼寺です。その創建は古く、飛鳥時代初期の推古2年(594)に聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔うために建立したと伝えられています。(工事中で山門が閉じて [続きを読む]
  • 平等院 鳳凰堂と藤の花2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。藤の花がそろそろ見頃とのことで平等院を訪れました(4月30日)。満開まではもう少しでしたが、一時期の元気のない状態よりはずいぶん回復したようでした。平等院は、ときの権力者、関白藤原道長の別業(別荘)を、道長の死後永承7年(1052)にその子頼通が仏堂に改めて平等院としたのが始まりです。「表門」は江戸時代初期に塔頭・浄土 [続きを読む]
  • 新緑 大豊神社の氏子祭 
  • 県←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。ゴールデンウイークの京都はお祭り三昧。今日は昨日の4日に行われた「大豊神社氏子祭」をお届けします。10時半に行列は哲学の道沿いの大豊神社を出発しますが、私は順路にあたる南禅寺にお昼にやって来ました。行列は休憩後、まさに南禅寺境内を出発するところでした。大豊神社の氏子祭には4基の剣鉾が巡行に参加します。剣鉾は「 [続きを読む]
  • 下鴨神社 流鏑馬神事 2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日行われた下鴨神社の流鏑馬神事に行ってきました。今年は例年よりも人出があり、的への的中も多くて盛り上がりました。下鴨神社に着くと、行列が楼門の方に向かっていました。流鏑馬に先立って、午後1時から本殿祭が行われます。これから流鏑馬を執り行うことを祭神に報告し、無事に終了することを祈願します。1時間近く本殿祭が行わ [続きを読む]