りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 金戒光明寺 大方丈の庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。金戒光明寺の特別公開に行ってきました。「京の冬の旅」として大方丈とその三つの庭園が公開されています。御影堂から上がり、大方丈に向かいます。建物の内部は撮影できませんのであしからず。今日もご覧いただき、ありがとうございます。励みにしていますので、ブログランキングの応援の ↓をお願いします(一日一回有効です) [続きを読む]
  • 黄昏の宮川町を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。梅宮大社からの帰り道に四条河原町でバスを降り、四条大橋に来ました。もうすでに日が暮れかけていました。待ち合わせの時間まで少しあったので、宮川町に寄ることにしました。南座前の横断歩道から四条大橋の方。宮川町通の北の端に来ました。右に団栗橋公園があります。宮川町は上七軒、祇園、祇園東、先斗町とともに、京都の五つの花 [続きを読む]
  • 梅宮大社 春の神苑2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の続きで、梅宮大社の神苑に入ります。拝観受付と離れたところにある門を自分で開けて入ります。神苑は桂川から水を引いた池泉回遊式になっています。その作庭時期は不明ですが江戸時代には現在の姿になったそうです。入苑券に印刷されていた略図が分かりやいので載せておきます。門を入ったところが東神苑で目の前に「咲耶( [続きを読む]
  • 梅宮大社 2017春の境内
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。梅の花が開花したとこのことで、梅宮(うめのみや)大社に行ってきました。四条通に面する参道入口から少し入ったところに一の鳥居があります。「梅宮大社」の創建については、二つの説があります。一つの説では、飛鳥時代末から奈良時代中期にかけて、県犬養三千代(あがたのいぬかいのみちよ、?−733)、その娘・光明皇后(701-760)、さ [続きを読む]
  • 華頂道を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。華頂道は知恩院の黒門から東大路まで続く東西の道です。両側には知恩院の塔頭寺院や浄土宗の施設が並んでいます。上の石垣の中は「瓜生石 (うりゅうせき) 」とよばれ、昔この石の下から一夜にして瓜の蔓(つる)が伸びて、瓜が実ったといわれています。また、この石は地軸から生えているとの伝説もあります。下は戦国武将・山岡道阿弥が [続きを読む]
  • 知恩院 法然上人と勢至堂
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日、知恩院の大方丈・小方丈・方丈庭園の特別公開に行ってきましたが、今日はそれ以外の伽藍を見ながら法然上人の御廟がある勢至堂まで上ります。「知恩院」は、法然上人が承安5年(1175)、吉水の地に結んだ草庵を起源とし、没後の遺跡に建つ浄土宗の総本山です。第2世源智上人により基礎が築かれ、徳川家康、秀忠、家光らの援助によ [続きを読む]
  • 哲学の道・法然院 冬景色
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の朝も大文字山がうっすらと雪化粧と、寒い日が続く京都です。まだ春の訪れを感じる気分になりませんので、今日も冬景色にしました。1月の大寒波のときに銀閣寺を訪れた後、哲学の道の法然院に向かいました。銀閣寺方面から哲学の道を南に行くと、すぐに「幸せ地蔵尊」があります。昼過ぎになって舗装した道の雪は融けています。右に [続きを読む]
  • 雪の大原 寂光院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。雪の大原で最後に訪れたのが寂光院です。「寂光院」は山号を清香山、寺号を玉泉寺という天台宗の尼寺です。その創建は古く、推古2年(594)に聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔うために建立したと伝えられています。初代住持は聖徳太子の御乳人であった玉照姫(たまてるひめ)です。玉照姫は敏達13年(547)に出家して慧善比丘尼と称し、日本で [続きを読む]
  • 雪の大原の里を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事まで三千院とその近くの寺院を巡ってきました。最後に少し離れた寂光院を訪れるのですが、今日はそこまでの道で気になったものや風景を紹介します。参考のために京都大原観光保勝会による「大原散策MAP」を載せておきます。上の地図で大原のバス停から三千院の参道に入ると直ぐに志ば久さんのしそ畑があります。その前に「女ひ [続きを読む]
  • 雪の大原 出世稲荷神社と念仏寺
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で、三千院の石段下まで来ました。最初に来た大原のバス停からの参道を戻らず、三千院とは逆方向の山沿いの道を行きます。呂川の橋のたもとに出世稲荷神社の標識を見つけて、ちょっと嬉しくなりました。*朝10:30頃まで、私の不注意で記事の最後にあるブログランキングが できないようになっていました。応援して下さる [続きを読む]
  • 雪の大原 来迎院と勝手神社
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の三千院を出て、呂川沿いに来迎院の向かいます。しばらく坂道を上ると、昨日横を通った朱雀門が見えてきます。更に上ると呂川にかかる橋があり、その先に来迎院の支院「蓮成院」があります。いつも非公開なので、先を急ぎます。橋を渡ってさらに上ると、左に淨蓮華院(じょうれんげいん)があり、正面に来迎院の参道入口(門 [続きを読む]
  • 雪の三千院 大根焚きと石仏たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。三千院の往生極楽院とわらべ地蔵を後に、石段を上っていくと途中に京の七福神の一つの「妙音福寿大弁財天」と「宇賀神」が祀られています。芸能や蓄財の功徳があるとされます。(右の石段を上り、帰りは左の石段を降りてきます。)宇賀神と弁財天は神仏習合によってより功徳を増すとして、弁財天の頭に人頭蛇身のとぐろを巻いた宇賀神が [続きを読む]
  • 雪の大原 三千院 客殿からわらべ地蔵へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の実光院を出て三千院を訪れました。下の写真は「御殿門」で、堅牢な城門のような造りと高い石垣は、かっての門跡寺院をしのばせる風格があります。「三千院」は、奈良時代の延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東堂に築いた円融房(えんにゅうぼう)に始まり、その後慈覚大師円仁に引き継がれました。平安後期以来、皇 [続きを読む]
  • 雪の大原 実光院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。勝林院と宝泉院を訪れた後、三千院の方に戻り律川にかかる萱穂橋の手前(北)に実光院があります。「実光院」は山号を魚山という勝林院の支院です。山門の正面は庫裏(拝観入口)で、最初に左にある客殿に上がります。客殿は大正10年(1921)の建造で、仏間には本尊の地蔵菩薩坐像を安置、欄間には江戸時代中期の狩野派による「三十六歌 [続きを読む]
  • 雪の大原 宝泉院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の勝林院の前の通りを左に行くと宝泉院があります。「宝泉院」は、800年前から大原の中心的道場、勝林院の僧坊でした。明治時代(1868年)になって、勝林院がかっての本堂だけを指す呼び名となり、宝泉院はその塔頭寺院となりました。山門を入ると境内が雪に覆われていました。「五葉の松」 近江富士を型どる樹齢700年の五葉松 [続きを読む]
  • 雪の大原 三千院参道から勝林院へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。西日本に再び寒波が訪れた一昨日、大原にやってきました。京都市内では積雪はありませんでしたが、こちらは雪景色です。大原のバス停から三千院参道に入ると、すぐにしばしそ畑があります。「松門(しょうもん)」 お隣のドレッシング「志野」が運営する洛北野菜のレストランです。参道の入り口でゆっくりできないのでまだ入ったことが [続きを読む]
  • 知恩院 冬の方丈庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事では知恩院の拝観入り口の武家門まで来ました。「京の冬の旅 非公開文化財特別公開」の一環として知恩院の大方丈・小方丈・方丈庭園が公開されています。武家門から入り、御影堂工事中の参拝場所の集会堂を通って、大方丈・小方丈を見て回ります。参考のため、途中で見た看板の見取り図を載せておきます。「知恩院」は浄土宗 [続きを読む]
  • 雪降る八坂神社から知恩院へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は京都南部でも積雪があるとの天気予報でした。ところが、日中は雪が降るものの積もるほどではなく、ときどき青空も見える天気でした。そこで、特別公開されている知恩院を訪れることにしました。八坂神社、円山公園を通って知恩院に向かいます。この時は雪が激しく降っていました。この日も八坂神社の参道に露店が出ていました。特 [続きを読む]
  • 両足院 冬の庭園と毘沙門天
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の建仁寺・久昌院を出て、建仁寺境内の東にある両足院を訪れました。こちらは冬の特別公開の最中でした(1月29日まで)。「両足院」は、龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師を開山とする建仁寺の塔頭寺院「知足院」が始まりです。徳見は、建仁寺の開山・明庵栄西(みんなんようさい)禅師の法脈・黄龍派(おうりょうは)を受け継い [続きを読む]
  • 上徳寺 世継地蔵尊大祭
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は河原町五条にある上徳寺で「世継地蔵尊大祭」が行われました。「上徳寺(じょうとくじ)」は、山号を塩竃山(えんそうざん)という浄土宗の寺院で、本堂には本尊・阿弥陀如来を祀っています。境内の地蔵堂に祀られている世継地蔵尊から、上徳寺は「世継(よつぎ)地蔵」と呼ばれています。山門の横では多幸焼(たこ焼き)が無料で振舞 [続きを読む]
  • 建仁寺・久昌院 特別公開
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。少し前のことですが、今年の「京の冬の旅」として特別公開されている久昌(きゅうしょう)院に行ってきました。建仁寺境内の西の通りに面している塔頭寺院です。「久昌院」は、江戸時代初めの慶長13年(1608)美濃加納(いまの岐阜市)城主の奥平美作守(みまさかのかみ)信昌(のぶまさ)が、三江紹益(さんこうじょうえき)を開基とし [続きを読む]
  • 雪景色 宝が池公園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の妙満寺を出て、宝が池公園を通って帰宅することにしました。途中の道がよく分かりませんでしたが、比叡山の方向をたよりにようやく国際会館前の宝ヶ池通に来ました。宝が池公園の広場。公園の正式名称は「宝が池」となっていますが、その他の多くの場合「宝ヶ池」と書くようです。今までの記事で比叡山の頂上付近のアップが [続きを読む]
  • 妙満寺 「雪の庭」と比叡山
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。節分の記事が終わって再び雪景色に戻りますが、あと2回なのでお付き合いください。岩倉の圓通寺を出て妙満寺を訪れました。「妙満寺」は、山号を妙塔山という、日蓮宗京都16本山の一つ、顕本(けんぽん)法華宗総本山です。この寺にはその名も「雪の庭」という庭園があります。妙満寺は、南北朝時代の康応元年(1389)日什(にちじゅう)上 [続きを読む]
  • 千本釈迦堂 おかめ節分
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。聖護院の節分を見た後、千本釈迦堂に来ました。正式名称を大報恩寺という真言宗智山派の寺院です。ここではちょっと珍しい「おかめ福節分会」が行われます。七本末通から入ると、本堂の前には大勢の人が集まっていました。節分会の行事の説明をしていました。大工の棟梁・高次の妻・おかめは、本堂の建立で失敗して困っていた夫に助言し [続きを読む]
  • 聖護院 節分 追儺式と豆まき
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。2月3日は「節分(せつぶん)」。まずはどこの節分会に行こうかなと思案して・・・山伏さんの勇ましい姿と法螺貝の響き、そして甘酒が美味しい聖護院に決めました。聖護院の甘酒は米麹から作られておりとても美味しいのです。(一応は無料ですが、志を置きました)智積院の青葉まつりの大護摩供法要を見て以来、山伏さんの出られるお祭 [続きを読む]