りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 大文字送り火 2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。今年の五山送り火は、自宅から大文字を見ることにしました。上の写真は昨日午後4時前で、大の字の左にテントが出ています。下の写真では大の字の中央に弘法大師の祠が見え、火床には薪が積まれています。15日から16日にかけて先祖の霊の供養や生存する人の無事息災を祈る護摩木が銀閣寺山門前(浄土院横)に集められます。護摩木は送り火 [続きを読む]
  • 大谷祖廟 万灯会
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨晩、大谷祖廟に行ってきました。夕方激しい雨が降り、この頃になるとほとんど止んでいますが、石畳の道はかなり濡れています。八坂神社の石の鳥居の前、下河原通に参道の入口があります。「大谷祖廟」は、浄土真宗の宗祖親鸞聖人の墓所で、真宗大谷派(東本願寺)の飛地境内地です。単に東大谷という場合もあります。(しばらく歩くと参 [続きを読む]
  • 夏の夕暮れ 高台寺から八坂通へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事では高台寺前の湖月茶屋で一休みしました。しばらくすると、太陽が西山に沈みかけてきました。東の方を見ると、山の上だけ照らされています。八坂の塔と京都タワー太陽が沈むと空の色が刻々と変化していきます。実際には、西山の上に出てきた雲に太陽が隠れていました。まだ薄明かりがあるうちに、八坂通を下ることにしました [続きを読む]
  • 正法寺・霊明神社から網敷天神へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の霊山護国神社を出て、坂道をさらに上ると鳥居があります。鳥居をくぐると、下に急な石段の参道があります。参道はさらに上にある「正法寺」まで続いています。その途中に「霊明(れいめい)神社」があります。左の崖の下は幕末維新の志士たちが眠る霊山護国神社の墓地です。霊明神社は、江戸時代後期の1809年、村上都愷(くに [続きを読む]
  • 霊山護国神社 維新の志士の墓を訪ねて
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。お墓参りというわけではないのですが、霊山(りょうぜん)護国神社に行ってきました。正式名称を「京都霊山護国神社」といい、明治維新で亡くなった志士、第二次世界大戦までの京都府出身の戦死者などを祀る神社です。坂道の途中に、「維新の道」の石碑があります。戦後荒廃していた神社を整備するために、1968年に霊山顕彰会が発足して [続きを読む]
  • 拾翠亭2017 百日紅咲く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。京都御苑の南西にある拾翠亭に行ってきました。毎週木、金、土曜日に一般公開されています。「拾翠亭(しゅすいてい)」は江戸時代後期に五摂家の一つであった九條家の別邸として建てられ、主として茶会や歌会などの社交の場として使用されました。拾翠とは、緑の草花を拾い集めるという意味で、平安の昔に貴族がのどかな春の日に野辺に [続きを読む]
  • 六波羅蜜寺 萬燈会
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の六道珍皇寺を後に、松原通を西に行くと「西国十七番 六波羅蜜寺」と「六道之辻」の石標があります。ここには西福寺があって、やはり六道まいりが行われていました。西福寺は弘法大師がこの地に地蔵堂を建て、自作の地蔵を安置したのが起源です。大師に深く帰依していた壇林皇后が皇子(後の仁明天皇)の病気平癒を地蔵に祈 [続きを読む]
  • 六道珍皇寺 六道まいり
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の夕方、六道珍皇寺の六道まいりに行ってきました。下は東大路から松原通。平安時代中頃まで、ここから東は鳥辺野という葬送地で、この通りは冥土への通路、六道の辻と呼ばれていました。「六道珍皇寺」は臨済宗建仁寺派の寺院ですが、その創建についてはいくつかの説があります。平安遷都前後の延暦年間(782-806)に空海の師・慶俊が [続きを読む]
  • 京の七夕2017 堀川会場
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。毎年恒例の京の七夕に行ってきました。京の七夕は旧暦の七夕にあたる8月に行われる行事で、今年で8回目です。一昨日は台風で中止になったそうです。今までは出かけたのは鴨川会場だったのですが、今年は堀川会場にしました。会場の入り口近くの二条城東南に来ると、夕空がきれいな紺色に染まっていました。上は、堀川会場の入り口の堀川 [続きを読む]
  • 西本願寺 その歴史と両堂
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東本願寺の渉成園から始まった散策の最後は西本願寺です。東西の本願寺が分立するまでの歴史は同じはずですが、それぞれから見ると少し違うかも知れません。「本願寺」は浄土真宗本願寺派の本山で、その所在地から「西本願寺」ともいわれます。下は「御影堂門」(重文)。親鸞聖人600回、700回、750回大遠忌に修復工事がされ、屋根工事で [続きを読む]
  • 閑院宮邸跡 唯一の公家住宅
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。暑い日でしたが、京都御苑にある閑院宮邸跡に行ってきました。御苑の南西にある「間の町口」から入ると、左手に東門があります。閑院宮家は伏見宮、桂宮、有栖川宮家と並ぶ四親王家の一つで、東山天皇の皇子直仁(なおひと)親王を始祖として1710年に創立され、公家町南西部のこの場所に屋敷を構えました。当時の朝廷では、皇位継承予定 [続きを読む]
  • 風俗博物館 源氏物語・歳暮の衣配り
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。風俗博物館についてもう一日お付き合いください。後編は源氏物語の一場面と平安時代の女性たちの生活です。光源氏35歳の秋に落成した六條院は、平安京の六条京極付近の4町を占める広大な邸宅で、そこに主だった夫人と子女たちを住まわせました。それぞれ四季を象徴し、春の町には源氏と紫の上、明石の姫君が住みました。紫の上は源氏最愛 [続きを読む]
  • 風俗博物館 藤原道長の春日詣
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。西本願寺の近くにある風俗博物館に行ってきました。「風俗博物館」は古代から近代にいたるまでの日本の風俗・衣裳を実物展示する博物館として昭和49年にオープンしました。平成10年からは、「源氏物語」の様々なシーンを題材にしています。一定割合で縮小された建物、衣装、人形を使って立体的に表現する「具現化展示」によって、登場する [続きを読む]
  • 伝道院 本願寺のモダン建築
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の東本願寺を出て花屋町通を西に行きました。この通りには東西の本願寺にお供えする生花店が多かったことからこの名が付いたともいわれています。下は東本願寺の北にある「しんらん交流館」、この日2階のホールで人気の磯田道史氏の講演がありました。南側は白壁となまこ壁の建物が続きます。東本願寺の倉庫だそうです。倉庫の [続きを読む]
  • 東本願寺 その歴史と両堂
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の渉成園を出て、西にある東本願寺を訪れました。上と下は「御影堂門」、以下登場する堂宇はすべて明治時代以降の再建です。噴水は京都市役所などを設計した武田五一によって大正3年(1914 )に造られました。「真宗本廟」は真宗大谷派の本山で東本願寺とも呼ばれます。宗祖・親鸞聖人(1173−1262)の門弟らが、その遺骨を大 [続きを読む]
  • 渉成園  二階建て茶室特別公開
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。「京の夏の旅」として特別公開されている渉成園の二階建て茶室を見学してきました。上は拝観入り口となっている西門。下は入り口正面の「高石垣」、石橋、礎石、石臼など様々な石を積み重ねています。「渉成園」は東本願寺(真宗本廟)の飛地境内で歴代門主の隠居所として使われてきました。周囲に枳殻(からたち)が植えてあったことか [続きを読む]
  • 春光院と石塀小路の謎
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の高台寺御茶所を出て、再びねねの道に戻りました。高台寺駐車場から維新の道と並行に走る道は「高台寺南門通(参道)」と呼ばれ、その先に高台寺南門があります。その手前で右を向けばねねの道です。その交差点の南西に「高台寺塔頭・春光院」(非公開)があります。江戸時代初めの寛永4年(1627)木下勝俊が娘・春光院万花紹 [続きを読む]
  • 夏のねねの道を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日祇園閣と霊山観音を訪れたとき、八坂神社からねねの道を歩きました。梅雨明け直後で、夏らしい一日でした。八坂神社の石段下から出発です。西楼門を入ったところにある八坂神社摂社の「疫神社」で、本日(7月31日)10時から夏越祭が行われます。鳥居に設けられた大茅輪をくぐって厄気を祓い、「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります [続きを読む]
  • 神楽岡に眠る天皇たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日、金戒光明寺塔頭・西雲院と真如堂を訪れたときに、神楽岡(かぐらおか、吉田山)周辺にある四つの天皇陵に立ち寄りました。いつも気になっていたので、それらの天皇たちが、なぜこの地に葬られているのかを調べてみました。金戒光明寺の文殊塔(三重塔)の前まで登り、その裏に回ります。「清和天皇火葬塚」 平安時代前期の第56代 [続きを読む]
  • 真如堂 夏の花めぐり
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の金戒光明寺を後に、「真如堂」を訪れました。上の写真は朱塗りの総門(赤門)で、下に敷居がないのは、夜に神楽岡の神々が寺に集まるときにつまづかないためとか。赤門を入ると、左手にムクゲ(木槿)が咲いていました。ここは駐車場になっているのですが、塀に沿って20本以上のムクゲが植えられています。それぞれが違う [続きを読む]
  • 下鴨神社 御手洗祭2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日、下鴨神社の御手洗(みたらし)祭にいっていきました。今年は土用の丑の日をはさんで7月22日〜7月30日の期間、5:30〜21:00の時間帯に行われています。この日は露店も出ていなく、人出はそれほど多くありませんでした。茶店「さるや」平安時代、貴族が季節の変わり目にみそぎをして、罪、けがれを祓うならわしがありました。これが [続きを読む]
  • 金戒光明寺 蓮池と西雲院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。金戒光明寺の西雲院を訪れました。境内に並んでいる鉢植えの蓮が目当てですが、時期が悪いのかここ何年もまともに咲いているところを見たことがありません。山門の横の道を通り文殊塔(三重塔)へ向かうと、石段の手前に蓮池(上の写真)があります。「兜之池」ともいい、一ノ谷の戦いで平敦盛を討ち取ったことで知られる熊谷次郎直実が [続きを読む]
  • 祇園祭2017 花笠巡行
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。後祭の山笠巡行が河原町御池を通り過ぎた後、八坂神社を出発した花笠巡行がやってきました。行列の先頭は「開智童心太鼓」で後に続く神輿の音頭をとります。地元の開智小学校は洛央小学校に統合されてしまいましたが、今も旧学区が様々な活動の主体になっています。3年前に祇園祭の山鉾巡行は前祭と後祭に別れで巡行するようになりました [続きを読む]
  • 祇園祭2017 後祭山鉾巡行 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日行われた祇園祭山鉾巡行(後祭)を見てきました。前祭と同じく河原町御池の交差点からですが、山鉾は新町御池から来て河原町四条の方に向かいます。巡行の先頭は古来から舁山(かきやま)の中で唯一「くじ取らず」の「橋弁慶山」です。謡曲「橋弁慶」より、弁慶と牛若丸が五条の大橋で戦う姿をあらわしています。舁山はかっては人が [続きを読む]
  • 祇園祭2017 後祭宵山
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。祇園祭の後祭・宵山に行ってきました。2014年に後祭が復活してから初めてです。ほとんどの山鉾が四条通より北にあるので、烏丸御池から南の方に向かいます。烏丸通の三条近くに「鈴鹿山」があります。伊勢国鈴鹿山で悪鬼が道行く人々を苦しめていたそうです。その鬼を退治した鈴鹿権現を、金の烏帽子をかぶり手に大長刀をもつ女人の姿で [続きを読む]