ニュータケダマル さん プロフィール

  •  
ニュータケダマルさん: ニュータケダマル船頭のブログ
ハンドル名ニュータケダマル さん
ブログタイトルニュータケダマル船頭のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/newtakedamaru/
サイト紹介文徳島市の沖合いに浮かぶ津田一文字波止と大神子磯に釣り人を渡すニュータケダ丸、小島船長のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 07:57

ニュータケダマル さんのブログ記事

  • 船頭さんから重大発表があるかも知れないので
  • 3月22日、水曜日、長潮、晴れ。今日は天気が快復したものの、釣り客は昨日に予約のあった三人だけでした。黒ダイの釣果がそれなりにあがっていてもこの人数、そろそろこの稼業に見切りを付けなければならなくなって来たようです。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った徳島大学釣り同好会の一行三人は、ルアーでスズキとガシラ狙いとの事でした。午後3時までの釣行で40cmスズキを一匹とハリ外れが何回か、ガシラの方はまった [続きを読む]
  • 現実は厳しそうです
  • 3月21日、火曜日、小潮、雨のち曇りのち晴れ。今日は朝から雨と言う事で、釣り客は一人もなく本日の釣果はありませんとなるところでした。が、8時に山川町の北谷君から電話があり、雨で仕事が休みになったので送って欲しいと言って来ました。エサの段取りがあるので10時には行けると思うので、出来れば午後4時ぐらいまで釣らせて下さいとの事でした。まぁ、正直なところ考えてしまいました。幾ら渡船業が仕事とは言っても、雨 [続きを読む]
  • 春眠暁を覚えず
  • 3月20日、月曜日、小潮、晴れのち曇りのち雨。昨夜は飲み友達の送別会と言う事で、二日続きで夜更しとなってしまった船頭さんです。幸いにも釣り客はそう多くなく、一番船と二番船での出船ですみました。それを喜ぶべきか悲しむべきかと言うと、やはり悲しむべきなんでしょうね。ですが、おかげで昼の迎えまで一口も二口も寝る時間がありました.彼岸を迎えたと言う事で、日当たりの良い場所で寝ていると寝汗をかくほどでした。 [続きを読む]
  • あちらこちらで目につく気節
  • 3月19日、日曜日、小潮、晴れ。昨夜のメバル釣りですが、なんと船頭さんは一匹も釣り上げる事は出来ませんでした。ガシラを六匹釣っただけで、北風は冷たく途中でふてくされて寝てしまいました。同行の七條君も今一だったようですが、吉岡君と陰本君の二人は20−27cmのメバルを十匹余りずつ。日暮れにはベタ凪ぎになると思っていたのですが、少しウネリがあり日没後も暫く北の風が吹いていました。船頭さんと七條君はキャスティ [続きを読む]
  • 月曜日の朝は起きられるか心配
  • 3月18日、土曜日、中潮、晴れ時々曇り。大相撲春場所、新横綱の稀勢の里関が全勝で七日目を終えました。明日の一番に勝つと、勝ち越しが決り横綱としての責任がとりあえず果たせます。弟分の高安関も7戦全勝と続き、同部屋の優勝決定戦も夢ではなくなって来ました。また、大関を陥落した琴将菊関も気迫の一番で勝ち、大関に復帰するための10勝に着実に勝ち星を重ねています。日本の国技として栄えた大相撲、外国人力士に頼るよ [続きを読む]
  • 乗っ込みのシーズンは短いので
  • 3月17日、金曜日、中潮、晴れ。朝夕はまだ少し冷え込みますが、段々と春らしい陽気になって来ました。そうなって来ると気になるのが桜の開花予想、大神子の山桜も薄くピンク色なって来ているようです。あと一週間もすれば、チラホラと咲き出すのではと思います。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った阿波市の北尾君親子は沖アミのふかせ釣り、38cmの回遊性ではないかと思われる銀ピカの黒ダイを一匹。同所に渡った島田さんも [続きを読む]
  • 4月にはまた新しい出合いもあり
  • 3月16日、水曜日、中潮、晴れ。強かった風も治まり、今日はまずまずの釣り日和でした。メバルの夜釣りに吉岡君を誘ったのですが今日と明日は夜勤で、土曜日に七條君も誘って三人で行きましょうと言う事になりました。年と共に夜目が利かなくなって来ているので、仕掛けが切れたら助っ人が必要となっています。と言う訳で、今夜のメバル釣りは諦める事にしました。さて本日の釣果ですが、中央に渡った鴨島町の木村さんは探り釣り [続きを読む]
  • やれやれと言った船頭さん
  • 3月15日、火曜日、中潮、晴れ。徳島県の沿岸に強風波浪注意報が出ていたのですが、それでも今日は一番船で二人と二番船でも二人の釣り客がありました。北西から北北西の風が陸上で10m超、海上では15m以上は吹いていて風波が立ち大荒れでした。と言う訳で、今日は四人の釣り客をコーナー周辺に渡す事にしました。釣り客を分散して渡していると、万が一の時に撤収するのに時間がかかってしまいます。そうしたリスクを避けるため、 [続きを読む]
  • 年々釣り客が少なくなっているのが良くわかります
  • 3月14日、火曜日、大潮、雨のち曇りのち晴れ。今日は朝から電卓とにらめっこ、机に向かってボールペン片手にねじりハチマキです。このような船頭さんの光景は、釣り客の皆さんには創造は出来ないではと思います。まず最初に取って置いた一年間分の領収書を、品目別に色分けをする作業から始めました。損害保険料や通信費などは毎年ほぼ一定額なのですが、今年も燃料費と修理代が昨年より少なくなっていました。一昨年よりは昨年 [続きを読む]
  • 唯一のアタリが43cmの黒ダイ
  • 3月13日、月曜日、大潮、曇り時々雨。今日は朝から曇り空、午前中は雨具が必要ない程度の雨でした。午後も少し雨粒が大きくなりましたが、本降りになる事はなく夕方には雨も上がってしまいました。さて本日の釣果ですが、今日はそんな空模様と言う事で釣り客は一人しか居ませんでした。赤灯台に渡った北島町の国安さんは沖アミのふかせ釣り、唯一のアタリが43cmの黒ダイ一匹と言う事でした。釣りの予定をしていた日に天候が悪く [続きを読む]
  • 次の土・日あたりから出船時間を30分ほど早くしようかと思っています
  • 3月12日、日曜日、大潮、晴れ。昨日が休みと言う事だったので、土曜日の常連客も一緒になり今日は忙しかったです。日中は北東の風が一時やや強く吹いたものの、良く晴れてようやく春らしい陽気になって来ました。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った藍住町の多田さんは探り釣り、マムシをエサに使い26−33cmのアイナメを二匹と18cm前後のガシラを八匹。同所に渡った美馬市の作昌さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で35 [続きを読む]
  • 休む機会が増えるのではと
  • 3月11日、土曜日、大潮、晴れ。今日は父親の13回忌と言う事で、渡船を休ませて頂きました。先週から口頭で釣り客に伝たり、ブログにも再三アップしていたのですが、何人かの釣り客は知らずにやって来ていたようです。年中無休でやっているので当然とは思いますが、冠婚葬祭だけは仕方なく了承願いたいと思っています。午前11時から12時まで、椿町にある吉祥寺で法用を行いました。幸いにも好転に恵まれて、法用後に全員でお墓の [続きを読む]
  • 日曜日は通常の営業
  • 3月10日、金曜日、中潮、曇りのち晴れ一時雨。今朝は霧雨のような雨が降っていましたが、日中は晴れて気温も上がって来ました。寒い日が三日間続いたので、明日からの四日間は暖かい日が続くのではと思います。さて本日の釣果ですが、三本に渡った竹内さんは沖アミのふかせ釣り、よそ見をしていた時にアタリがありバラシてしまったそうです。同所に渡った角野さんも同釣りと探り釣り、ふかせ釣りはバラシが一回で探り釣りは20cm [続きを読む]
  • 一文字にカレーを作りに行きます
  • 3月9日、木曜日、中潮、晴れのち夜一時雨。今朝も晴れていたのですが、西の方から雪雲と思われる雲がだんだんと空を覆って来ました。そして10時になると定番の強い風、雪こそは降りませんでしたが夜には一時雨となりました。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った松茂町の斉中さんは投げ釣り、アオイソメを使ってカレイを狙ったのですが、カレイどころかエサすら取られなかったとの事でした。同所に渡った小松島市の村瀬さんは [続きを読む]
  • 雪化粧
  • 3月8日、水曜日、若潮、晴れのち夜一時雨。寒い筈です。昨夜にでも降ったのでしょうか、渡船乗り場から見える山並みは雪化粧をしていました。浜までの同中でも、時折ですが白い物が晴れているにも関わらずちらほらしていました。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った石井町の坂東君は沖アミのふかせ釣り、コーナーは一人だけと言う事でしたが35cmの黒ダイを一匹。赤灯台に渡った滝口さんも同釣り、寒の時期は初めてと言う事で [続きを読む]
  • スズキ狙い
  • 3月7日、火曜日、長潮、晴れ。寒の戻りと言うのでしょうか。今日は終日、北西の風が強い一日で海は荒れ模様でした。一番船での釣り客はなかったので、焚き火をして暖を取る事にしました。すると藍住町の陰本君から電話があり、8時半ぐらいに行けると思うので送って下さいとの事でした。それから少しすると徳元君からも電話があり、昼前に行くのでこちらも送って欲しいとの事でした。さて本日の釣果ですが、三人は共にルアーでス [続きを読む]
  • 今週の土曜日の11日は休ませて頂ます
  • 3月6日、月曜日、小潮、曇り。今日は雨の予報だったのですが、一粒の雨もなく終日曇り空の一日でした。昨夜の船頭さんのメバル釣りは、20−23cmを三匹と20cmのガシラが一匹。同行の吉岡君と七條君は18−25cmのメバルを二人で三十匹、20cm前後のガシラを一匹ずつ釣っていました。潮回りが小潮と言う事で、日没の地合いに干潮だったのが痛かったです。その上に風が北から吹いていたので、ライトタックルではポイントを攻めつらかっ [続きを読む]
  • イカナゴの稚魚が、徳島港沖に回遊してくる季節
  • 3月5日、日曜日、小潮、晴れのち曇り。今日も昨日と同様で、春らしい陽気が続き釣り客も十二人。二〜三日前から一文字周辺の海域では、海鳥が海面に上下行を頻繁に繰り返す光景が見られるようになっています。イワシかイカナゴの群れが、 湾内に入って来ているのではと思われます。そう言えばそろそろ、淡路島や大阪湾でくぎ煮にするイカナゴ漁が最盛期を迎えます。そのくぎ煮にするイカナゴの稚魚が、徳島港沖に回遊してくる季 [続きを読む]
  • 早ければ桜の花が咲く頃には乘っ込みシーズンが終わってしまう可能性も
  • 3月4日、土曜日、小潮、晴れ時々曇り。今日は春らしい陽気になり、釣り客も十人ほどいました。複数人が渡るとそれなりに釣果があるもので、サイズの方もまずまずだったように思います。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った板野町の高畑さんは沖アミのふかせ釣り、一投目で35cmの黒ダイを釣り昼までに33cmの黒ダイを一匹追加。中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、35−47cmの黒ダイを八匹とハリ外れとハリス切れのバ [続きを読む]
  • 沈む船からは早めに降りるのが賢明かも知れないですね。
  • 3月3日、金曜日、中潮、晴れのち曇り。今日は雛祭り、女の子の健やかな成長を願う桃の節句です。船頭さんが生まれ育った阿南市椿町は、この時期はタケノコ掘りや田植えの準備で忙しく、雛祭りは確か旧暦で行っていたような記憶があります。さて本日の釣果ですが、釣り客は竹内さん一人だけでした。三本に渡った竹内さんは沖アミのふかせ釣り、午後1時までの釣行で根ズレによるバラシが一回あっただけで、黒ダイを釣り上げる事は [続きを読む]
  • さすがに雨ともなると
  • 3月2日、木曜日、中潮、雨のち晴れ時々曇り。今日は一番船の出船時間帯に小量の雨、さすがに雨ともなると釣り客は一人もなく本日の釣果はありません。2月は10日間ほど釣り客がなく、本日の釣果のない日がありました。3月も早々に釣り客がなく、本日の釣果はありませんとなってしまいました。昨年は一部のメーカーさんの発表で、釣り人口減少が増加に転じたと言う事でしたが、黒ダイ釣り客は依然減り続けているように思います。 [続きを読む]
  • さてさて本日の釣果は
  • 3月1日、水曜日、中潮、曇り時々晴れのち曇り。今日から3月、どちらかと言えば雲が優勢な一日で少し肌寒かったです。春は名のみと言った感ですが、今日、奈良東大寺二月堂で「お水取り」の本行が始まりました。14日までお松明が毎晩ともされ、行が終わる頃には本格的な春の訪れとなるのではと思っています。そんな今日、NHKの人気番組「ためしてガッテン」で番組の冒頭、小野文恵アナウンサーから2月22日放送に対し、説明が不 [続きを読む]
  • 花見カレイもこれから旬を迎える魚
  • 2月28日、火曜日、中潮、晴れ。寒かった2月も今日で終わり、明日からは春本番を迎える3月となります。今日も日中は北の風が吹き肌寒かったものの、年末年始から比べると日照時間は随分と長くなって来ています。明日は県内の各高校で一斉に卒業式が行われると言う事で、旅立ちと別れのシーズンでもあります。そんな今日の釣り客は、鳴門市の松浦さんと鴨島町の木村さんの二人でした。さて本日の釣果ですが、松浦さんも木村さん [続きを読む]
  • ためしてガッテン
  • 2月27日、月曜日、大潮、晴れ。何と今日になって、NHKから「ためしてガッテン」の再放送を中止すると発表がありました。過去にプロジェクトトXやクローズアップ現代で、やらせがあったという事で番組自体が終了してしまった経緯があります。NHK公式HPによると、睡眠薬の使用を推薦してしまうような表現になり、また副作用はほとんど無いとの事でしたが、悪夢や頭痛と言った報告がり大変不適切でしたとあります。今回の混乱を招 [続きを読む]
  • 今日の水温は9.8度
  • 2月26日、日曜日、大潮、晴れのち曇り。愛煙家に取っては、有り難くない東京五輪になりそうです。五輪開催による外国人の急増に対し、政府与党は居酒屋や焼き鳥屋などでの禁煙を今国会に法案を提出する予定だそうです。これによって、小規模の飲食店まで例外なくすべて禁煙となってしまいます。船頭さんは15才の夏にタバコの味を覚え、34才の秋に思うところあってタバコを吸うのを止めました。それ以来27年間、まったくと言うか [続きを読む]