えこマッキー さん プロフィール

  •  
えこマッキーさん: 農民芸術学校ブログ
ハンドル名えこマッキー さん
ブログタイトル農民芸術学校ブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ecomacky
サイト紹介文北海道農民管弦楽団を主宰、有機農園「えこふぁーむ」を営みながら、農民芸術学校設立を目指す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2007/02/21 06:54

えこマッキー さんのブログ記事

  • 農民芸術学校を創りたい!
  • 「農民芸術学校(仮称)」は、自給的農業および農的生活に必要な技術と哲学を学びながら、芸術によって社会に貢献できる人材を育てることを目的とした学校です。現代は、グローバル資本主義が世界を席巻して物質的には豊かになる一方で、格差はますます広がり、戦争や飢餓といった不幸は一向になくならず、地球環境の危機的状況が迫り、精神的にはかえって貧困になっているようです。 これらは被造物であり自然の一部に過ぎない我 [続きを読む]
  • 余市室内楽協会 第6回団内発表会
  • 第6回 余市室内楽協会 団内発表会 2017.3.11.(土) 13:30〜 仁木町民センター交流ホール 8名ほど日程の都合が合わずに、参加メンバーが少なめでしたが、小樽のオケからホルン2名参加して下さり、3時間半の楽しい演奏会でした。終了後は、仁木町の山川邸にて懇親会も行われ、さらに演奏が続きました。 1.モーツァルト/弦楽四重奏曲 第8番 全4楽章  Vn.1 久保田 睦、Vn.2井坂 有美子、Va.吉岡 華奈子、Vc、越智 恵美 [続きを読む]
  • 東北農民管弦楽団第4回定期演奏会(天童公演)2017/3/3〜6
  • 今年も東北農民管弦楽団の定期演奏会に北海道から6名弦楽器でお手伝い。将棋の駒がいたるところにある天童市サクランボとラ・フランスの町でもある宿泊した舞鶴荘で、ちょうど雛祭りの当日北海道と同様に前夜祭ロビーで農産物販売 えこふぁーむのぶどうジュース7ダース完売しました! 80名のオーケストラに130名の合唱で、日本初演のドヴォルザーク「チェコ農民賛歌」に 佐藤眞のカンタータ「土の歌」。 [続きを読む]
  • 教育勅語の復活を許すな!
  • http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1783265.html?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=nikka  9億円余りする国有地を実質200万円で売却したことも大問題だが、その土地に建てる小学校の名誉校長に安倍首相夫人を据え、安倍晋三記念小学校と名付けて寄付を集めていたのだから何をか言わんや。もはや、うやむやにすることは許されないが、一番の問題はこの学校法人の理念である。この森友学園 [続きを読む]
  • 日本人は、何と馬鹿なのだ! 
  • 嗚呼! 日本人は、何と馬鹿なのだ!  広島と長崎に原爆を落とされて、罪もない数十万の市民が焼き殺されて、天皇のためとかアジアを欧米列強から守るためなどということを信じて戦争していたことの愚かさに、初めて気づく。いや、未だに気づいていない安倍首相を始めとする歴史修正主義者も多く、南京大虐殺や従軍慰安婦などなかったかのようなネトウヨ系のデマを信じ、あの戦争はやはりアジア解放のための戦争であり、戦争をや [続きを読む]
  • 基地で何を守るのか!?
  • 狂犬マティス国防長官が、トランプ政権の閣僚として初来日して超タカ派の稲田防衛相や安倍首相と会談し、普天間基地の辺野古移設が唯一の解決策であることや、尖閣諸島防衛のためアメリカの核の傘を維持することでも合意したという。 翁長沖縄県知事が、辺野古新基地建設について沖縄県民は決して認めないことを訴えにアメリカに出向いている最中の出来事。唯一の被爆国として、有名無実だったとはいえ「核兵器を持たず、作らず、 [続きを読む]
  • 音の更ける町で演奏会です!
  • これから十勝の音更町に向けて出発します。日本を代表する作曲家であり、数多くの作曲家を育てた故伊福部昭氏の故郷であるばかりでなく、現在も作曲家の青山昌弘さん、ピアニストの川上敦子さんという、すばらしい音楽家の住む町であり、全国でも有数の音響の優れたホール、北海道では二つしかない高校のオーケストラもあります。 音更(オトフケ)というのは、北海道の多くの地名がそうであるように、アイヌ語に漢字を適当に充て [続きを読む]
  • 北海道農民オーケストラ音更(十勝)公演に向けて
  • 1月7〜8日にかけて、22日(日)に音更町文化ホールで開催する北海道農民管弦楽団第23回定期演奏会に向けての集中練習を酪農学園大学の学生ホールで行いました。音更町が生んだ世界的作曲家・伊福部昭氏の代名詞とも言える「ゴジラ」のテーマで始まる「SF交響ファンタジー第1番」の冒頭部分です。道立高校では札幌西高と2つしかない音更高校の管弦楽部の皆さんと共演いたします。https://www.facebook.com/farmers.orches [続きを読む]
  • 演奏会のご報告
  • クリスマス・シーズンで教会関係の演奏が続きました・・・11月27日(日) 小樽教会ふれあいヴァイオリンコンサート 14:00開演 日本キリスト教団小樽教会   アドベント(待降節、聖公会では降臨節と呼ぶ)第一主日の午後、日本キリスト教団小樽教会(2週間前に演奏した日本キリスト教団余市教会と同じ創立131周年)の新しい礼拝堂での2年目のヴァイオリン・コンサートを行いました。演奏: ヴァイオリン:牧野時夫 [続きを読む]
  • 農民オーケストラで十勝の農業を応援するぞ!
  • 昨日は、映画「オケ老人」を見に行ったが、思ってた以上に楽しめた。とにかく笑えたし、とても共感できた。最初のへたくそさと、本番の上手さのギャップがあり過ぎだと思ったが、そういえば我々のオケでも似たりよったりだということに気付いた。アマオケのいいところ(楽しいところ)は、やっぱり本番よりも、練習過程だ北海道農民管弦楽団の第23回定期公演は、来年1月22日に十勝の音更町で開催するのであるが、音更町で少年 [続きを読む]
  • ゴジラの作曲家
  • 今期の農民オーケストラは、今年何度も北海道を襲った台風の最後の10号で甚大な被害を受けた十勝地方の音更町で開催します(来年1月22日)。少年時代を音更町で過ごした伊福部昭の作品を中心に、地元音更町の作曲家青山昌弘氏の開拓時代をモチーフにした新作初演も行い、アマチュアオーケストラとしては、かなり果敢なプログラムと言えるでしょう。  北大農学部の先輩でもある日本を代表する作曲家の故伊福部昭氏は、北大交響楽 [続きを読む]
  • 今後の演奏活動
  • 11月5日(土)小樽管弦楽団 第49回定期演奏会(with 西宮交響楽団)   14:00開演 小樽市民会館 入場料1000円   ウェーバー/「魔弾の射手」序曲   メンデルスゾーン/「真夏の夜の夢」より3曲   ブラームス/交響曲第4番    指揮:嶋田宏、コンサートマスター:牧野時夫      4年に1回の西宮ジョイント第5回 11月13日(日) 余市教会創立113年記念コンサート 10:30記念礼拝(奏楽あり [続きを読む]
  • 北海道で農業を行う者として北海道開拓について改めて考える
  • それまで蝦夷地と呼ばれていたこの地が明治政府により北海道という名称となり(蝦夷地をくまなく歩いて調査した松浦武四郎は、北加伊道という名称を提案しましたが、もちろんこの加伊こそは蝦夷=元の読みはカイ、その意味はアイヌであって、アイヌ民族に対して敬愛の念を抱いていた武四郎ならではの命名でした)。松前・江差・岩内・余市など日本海沿岸部のわずかな土地を除いては和人の住んでいなかったこの広大な大地を、自分の [続きを読む]
  • ぶどう大収穫祭2016ご案内(10/8〜10)
  • 10月8日(土)〜10日(月・祝)の3日間で、えこふぁーむのキャンベル種ブドウを一気にもいで、ジュース工場に運びます(雨天決行、雨天の場合はハウスで収穫します)。  朝は、8時半からスタートして、夕方5時くらいまでですが、部分参加も歓迎です。昼食は、えこふぁーむの野菜をたっぷり使ったカレーを、用意いたします。子どもやお年寄りでも可能な作業です。作業のできる服装・長靴持参で来てください。作業のお礼は、作物 [続きを読む]
  • 地神祭
  • 地神祭(9月23日、八幡神社) 「えこふぁーむ」のある地域は、行政上は余市町登町であるが、区会(町内会)では黒川町八幡(やはた)区会に属しており、ここは明治時代に、黒川毛利農場という現在の余市町黒川町から仁木町北町に及ぶ700町歩もの大農場であった地域である。その後、地主が何度か変わり、大正時代からは駒谷農場という名前になり、太平洋戦争まっただ中の昭和19年に小作達が地主と交渉し、全国でも極めてま [続きを読む]
  • トリオ・マモーレ初めてのお寺コンサート
  • Trio M'amore お寺コンサート (曹洞宗北海道第一宗務所婦人会研修会)世界の名曲コンサート〜国を越え時代を越え〜9月13日(火) 14時開演 大仙寺(ニセコ町)出演:トリオ・マモーレ  Flute:瀧谷まゆみ、Violin:牧野時夫、Piano:安河内真樹演奏曲目:1.日本の四季メドレー(故郷〜花〜夏の思い出〜赤とんぼ〜雪〜故郷)2.ドボルザーク/ユモレスク3.ビゼー/アルルの女(Flute solo)4.マスネ/タイスの瞑想曲(vio [続きを読む]
  • 余市室内楽協会 コンサート2016
  • 余市室内楽協会 コンサート2016 無事終了しました。 とき:9月10日(土)午後6時開場、午後6時半開演、ところ:余市町中央公民館大ホール、入場無料主 催:余市室内楽協会後 援:余市町教育委員会、余市文化協会、北海道新聞余市支局演奏曲目: パリー/レイドノー嬢組曲 テレマン/リコーダーとファゴットのための協奏曲 (リコーダー独奏:嶋田宏、ファゴット独奏:高嶋孝寛) ベートーヴェン/ロマンス第2番 [続きを読む]
  • しりべしなんでも百姓くらぶ 20thファーマーズチャリティーコンサート 
  • 8月7日(日)に開催された、しりべしなんでも百姓くらぶ主催の、チェルノブイリの子ども達の保養を受け入れている余市の家族を応援するために始まったコンサートも、もう20年目になりました。途中イラクやアフガニスタンの子どもたちのためなど寄付先が色々変わりましたが、今や福島の子ども達を受け入れている団体・家族を応援することに。5万円以上の寄付が集まりました。滝下農園の道南杉材のセルフビルド住宅の前に、百姓 [続きを読む]
  • 今後の演奏活動予定
  • 今のところ確定しているものです。他にもいくつかオファーがありますが、決まり次第お知らせします。8月7日(土) しりべしなんでも百姓くらぶ 第20回ファーマーズ・チャリティー・コンサート 11:30〜屋台村・野菜市 13:00〜コンサート at 滝下農園(旧余市フゴッペ温泉となり)  私は連続20回出場、今年はトリオ・マモーレ(Fl.瀧谷まゆみ、Vn.牧野時夫、Pf. 安河内真樹)にて出演。  オーガニックの食事・生ビー [続きを読む]
  • ポケモンGO騒動から考えること
  •  自分が子どもの頃から一番嫌っていたものが、いわゆるブラックボックスというものである。自分は常々、自由であることこそが人間にとって最も幸せなことだと思っているので、自分の理解していないものに左右されてしまうことがいやだし、人と同じことをするということ自体が、そもそも好きではないという、天の邪鬼でもある。流行に乗るなんてことには、全くもって興味がない。まあ世間からみれば、変わり者と言って間違いがない [続きを読む]
  • 自民党の目指す自主憲法なるものの中身について
  •  そもそも、「憲法改正に賛成か反対か?」などという質問自体が、間違っているのである。「憲法のどこを改正したいか?」と問うべきであり、今の憲法が完全なものでないことなど当然だし、私にだって変えて欲しいところはたくさんあるが、今の自民党にだけは改正(=改悪)して欲しくないと願っているだけのこと。安倍首相が立ち上げた「創世日本」が中心となって作り上げた今の自民党の新憲法草案がどれほど恐ろしいものかは、こ [続きを読む]
  • 泊発電所に関する地域説明会
  • 本日、余市町中央公民館にて開催された北海道電力の「泊発電所の安全対策などに関する地域説明会」に出席。福島のような事故を2度と起こさない決意で新たな安全対策をこんなにやっていますという説明ばかり。だが、そんな新たな安全神話を信じる出席者なんか一人もいない。後半、私も含め10名の町民から出された質問に、あらかじめ予想される質問に対しては用意していた図表やデータなど示しての答弁をするだけ、それ以外の質問 [続きを読む]