こ〜 さん プロフィール

  •  
こ〜さん: ロスタイムは7分です。
ハンドル名こ〜 さん
ブログタイトルロスタイムは7分です。
ブログURLhttp://7additionaltime.jp/
サイト紹介文駄文ガンバ大阪サポーターブログ。観戦記を中心に、Jリーグに関する雑記、書評やサッカー写真など。
自由文書き手は衛星放送の会社に勤めるダイエットフットボーラー。ゲーフラは三代目「雲外蒼天」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/02/24 19:57

こ〜 さんのブログ記事

  • Jリーグクラブの媒体力 -ジュビロ磐田戦-
  • 【ガンバ大阪 0-2 ジュビロ磐田】‘末期’のメンタリティは悔しさや怒りではなく「諦め」である。ここ数年で試合途中で帰宅するガンバサポがあれほど多かったことはない。「万博劇場」が懐かしい。白けたのはユニホームだけではなかった。ダービー勝利を「すべてを好転させる一勝」と喜んでいた自分が恥ずかしい。ダービー勝利を最大限評価しても直近6〜8試合の結果・内容を考えれば健太解任はまったく違和感のない選択肢。青黒で [続きを読む]
  • そのうち入る3点目はない -サンフレッチェ広島戦-
  • 【サンフレッチェ広島 2-2 ガンバ大阪】記憶が正しければ毎年数回は発言しているであろう台詞の今シーズン一発目を。今シーズン終わった・・・。シーズン前半に引き続き下位に位置する甲府&広島に未勝利という事実を受けて楽観的になれるほど私は脳トレを行っていない。ダービーに勝利しても首位とは勝ち点差がある中で甲府に敗戦。危機感MAXで挑んだはずの広島戦で引き分け。共に油断が生まれる状況ではない中での結果にはチ [続きを読む]
  • 【俺のホーム飯】「北海屋」(ガンバ大阪/市立吹田サッカースタジアム)
  • 私が小さい頃からやっている老舗。家族で千里中央に遊びに行った際に訪れた記憶もある。サッカー部の仲間がバイトをしていたことも。再開発で私が知っている千里中央から風景が変わりつつある中でもずっと存在しつづける地域に愛されたローカル店。メニュー的にはラーメンの種類が多いが、名物はちゃんぽん。鶏ガラや野菜、魚介類から出汁を取ったスープが美味。千里中央で麺ものを食べたくなった際はどうぞ。■店名:北海屋■URL [続きを読む]
  • すべてを好転させる一勝 -セレッソ大阪戦-
  • 【ガンバ大阪 3-1 セレッソ大阪】ピッチに映し出されるプロジェクションマッピングに連動したダンスを行うガンバボーイやガンバチアを眺めながら充実感を噛みしめた。サッカークラブの本質の部分ではないだろうが、こういう先進的な取組みはガンバのブランド価値を高めていると思う。なぜなら、サポーターの私がすごく誇らしい気持ちになったから。設営担当の方も含め相当なリハーサルをしたことが垣間見えたが、大変お疲れ様でし [続きを読む]
  • 【書評/読書感想】「J2&J3フットボール漫遊記」(宇都宮徹壱)
  • 子供の頃は当時全盛期だった金子達仁氏の本を読んでプロサッカー選手の表と裏を知ることに夢中になった。学生時代後半は村上龍氏をはじめとする作家のサッカー観戦エッセイで多角的な視点での観戦術を知った。そして、社会人になってからは今回紹介する本の著者である宇都宮徹壱氏からサッカーを文化として捉えることを学んでいる。宇都宮氏の本を読むのは「フットボールの犬」、「股旅フットボール」、「フットボール百景」、「サ [続きを読む]
  • 敗戦への向き合い方 -清水エスパルス戦-
  • 【清水エスパルス 2-0 ガンバ大阪】試合前に立ち寄った“静岡の聖地”こと「久能山東照宮」内で紹介されていた東照公御遺訓の一節を思い出す。勝つことばかり知って負くることを知らざれば害その身にいたる要は常に勝ってばかりいて負けることを知らなければ奢りが生まれて身を亡ぼす。負けることを受け入れ、そこから勝利への真理を学べ的な意味。試合後、東京に帰る深夜の東名高速で1人運転をしながら負けることを受け入れるとは [続きを読む]
  • 【俺のアウェイ飯】「石松餃子」(ジュビロ磐田/ヤマハスタジアム)
  • 磐田アウェイグルメは2年連続で浜松餃子の名店へ。昨年食べた「むつ菊」が美味しかったことと、今回は久々に電車静岡遠征だったので行動範囲が限定されるゆえに浜松駅ナカグルメへ。結論としては「むつ菊」の勝利。美味しいのだけど特徴がよく分からなかった。ビジュアル的にも浜松餃子感がないのは残念ポイント。あと、値段が高い。餃子は「王将」のコストパフォーマンスが高すぎるので、ご当地グルメとしては戦えないジャンルだ [続きを読む]
  • 晒されるチームの現在地 -鹿島アントラーズ戦-
  • 【ガンバ大阪 0-1 鹿島アントラーズ】今シーズン最も1点が入る気がしなかった試合。レベルが高い試合になればなるほどミスも減り、運の要素も減る中で本当の実力が晒される。「あと1点」の必要性を痛感した2015年のACL準決勝広州恒大戦から、それを目指してチームは進んでいるはずなのに何も変わっていないのではないかと問いたくなる一戦だった。答えとして獲得したアデミウソンはコンディション不良が続いてるのか淡泊なプレーに [続きを読む]
  • 悪い内容で勝った後は -ベガルタ仙台戦-
  • 【ベガルタ仙台 2-3 ガンバ大阪】内容が悪い試合でも勝ち点を取ることが大切であることは知っているが、実際にそれが起きるとモヤモヤする。「守備の安定で勝っている」のが長谷川ガンバのスタイルである中で、今節の内容では未来が不安になるからだ。まあ、最高の内容で負けたとしても同じ文句を書くのだろうが。結局は一生ないものねだりをし続けながら応援するのだろうと思う。ここ数年、話がループしている自覚はある。まだガ [続きを読む]
  • 愛される -川崎フロンターレ戦-
  • 【ガンバ大阪 1-1 川崎フロンターレ】スポンサーやアウェイまで駆け付けるサポーターへのお礼を伝える律の姿にプロスポーツ選手として生きている意味を理解しているんだなと感心させられた。宇佐美しかり、クラブへの愛着をしっかり言葉にできる選手は愛される。試合後にガンバゴール裏まで挨拶に来た阿部ちゃんやアキも素晴らしい。ああいう行動がセカンドキャリアにつながる可能性だってある。プロとして生きるにはピッチでの活 [続きを読む]
  • 移籍と向き合う -ヴィッセル神戸戦-
  • 【ヴィッセル神戸 0-1 ガンバ大阪】大森はどういう気持ちでガンバ戦に挑むんだろうと試合を観ていた。移籍の本当の理由は分からない。ただ、何も不満がなければ移籍しないという前提で考えれば「古巣へ自分の価値を示してやろう」という想いは強かったはず。そういうモチベーションは強い。ヤットだって色んな悔しさを糧にして今の地位まで辿り着いているのだ。前回の記事でモチベーションの源となるもの重要性について書いたが、 [続きを読む]
  • サポーターの光と影 〜北九州アウェイ漫遊記〜
  • ツイッタ―の通知音が鳴り続けている。「○○さんがいいねしました」「△△さんがいいねしました」ガンバ大阪U-23に対して「負け続けていても彼らの未来を信じているから北九州まで応援に行ってくる」と?意識高い系”ツイートをしたことに対する反応だった。こうなると言えない。ツイートをした時点で実は北九州のご当地グルメ「焼きカレー」で頭がいっぱいであったことを。購入しているチケットはゴール裏ではなく、バックスタン [続きを読む]
  • オフ明けは頑張れない!? -ジュビロ磐田戦-
  • 【ジュビロ磐田 3-0 ガンバ大阪】降格が決まった試合以来のヤマハスタジアム。あの日、試合後に行われた伝説のセレモニーは一生忘れない。あの歌詞の歌が降格直後に歌われる奇跡(悲劇)。降格はこんなにも惨めな気持ちになるのかと震えた事をよく覚えている。ヤマハスタジアムに着けば特別な感情が甦るかと想像していたが案外何も思わなかった。多分、選手達も同じだろう。特別な想いがあればあんなに緩い試合の入り方はしない。 [続きを読む]
  • 【俺のアウェイ飯】「尹氏?汁?包」(江蘇蘇寧/南京奥林匹克体育中心)
  • 先日の南京遠征で唯一下調べをして訪れたお店。定番を食べたくなるのは遠征の性という事で、中国といえば「小龍包」。昨年の上海遠征に続き、2年連続2回目。「南京式の小龍包」らしいが、正直違いは分からなかった。強いて言えばちょっと甘い味付けか・・・。「地元で人気」という事で価格もリーズナブル。ゆえに小龍包以外にも色々注文した。立地は上海路駅から大通り沿いを歩いて徒歩数分とアクセスも◎。このエリアに宿泊する方 [続きを読む]
  • 【俺のアウェイ飯】「李先生」(江蘇蘇寧/南京奥林匹克体育中心)
  • 南京から帰国する際に立ち寄った上海駅隣接のチェーン店。海外旅行あるあるだと思うが、ついついチェーン店を重宝してしまいがち。特に先日の南京遠征は食に乏しい地域という印象だったので余計にそうなった。中国では外資系ファーストフード店が目立つ中、せめてもの抵抗として中国のチェーン店を選択した。牛肉麺がメインのお店だが、牛丼や牛肉系定食も販売。中国で食べるものに困ったらオススメできるお店。■店名:李先生■UR [続きを読む]