3.tomy さん プロフィール

  •  
3.tomyさん: じょいふるちゅうりっぷ・手作り工房
ハンドル名3.tomy さん
ブログタイトルじょいふるちゅうりっぷ・手作り工房
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/joyfultulip/
サイト紹介文キルト・刺繍(クロスステッチ)・編み物…とあれこれ製作して使って、そして、あれこれ観戦して…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2007/02/25 16:39

3.tomy さんのブログ記事

  • ABC miniatures:MAISON3 (2)
  • 1つ刺しあがり。図案の指示がホルベインステッチなのか、2倍サイズのクロスステッチ(A)なのか、2倍サイズのダブルクロスステッチ(B)なのか不明だった。最初にある説明を調べれば出ているのかもしれないけど(フランス語なんだよねぇ〜)、小さなサンプラーパターンでそこまではいいか…と。そこで、その後に予定している仕立て後の用途から、Aはホルベインステッチに、Bはダブルクロスステッチを採用。それぞれどこ?かというと、A [続きを読む]
  • ABC miniatures:MAISON3 (1)
  • 作らねばならない(作るって約束して早...ヵ月…⁉)のデザインが上がらずの9月。そりゃそうだわ。 サッカー観戦(雨天順延のせいもあって)三昧で1週目がおわっちゃったんだもん。ただ、そのキルトを次に仕上げるものに「決めた」(そうしないで、違うのに着手すると、また…ヵ月になりかねない)ので、違うキルトに手をつけるわけにはいかない。じゃ?布には触っていても、針は持っておらず…で、ちょっとフラスト。ならば!と [続きを読む]
  • ちっちゃな茶箱、増産。
  • サイズ感ぴったり!だったので、内貼り生地を凸凹のない滑りのよい生地に変更して3つ増産。ちょっと貼り方を変えて、一部にリボンを追加。理由は、外が同じ生地での4兄弟(初作含む)箱だと、中身がわからなくなるから。ラベルをつけられるパーツもあるけど、箱が小さいし、パーツをつけるとその部分がでっぱるのが嫌だった。そこで、色違いのリボンを蓋の一部につけることで識別可能にした。蓋の短辺の中央にリボンが配置される [続きを読む]
  • PCのバックアップ作成中。
  • あぁぁぁぁぁぁ、もぅ。pcトラブル発生。たぶん、あれをやれば解決、、、と方法は予想つくも、デザインの変わった今のマシンは、それがどこだかわからない。キーボードに貼られている製造元へ電話をかけると「windows10へのアップグレードへの問い合わせで電話が混み合っています」というが、すぐ、担当者までつながった。案内途中にはサポート終了しているwindows vistaについての案内からまず始まる選択肢もあって、その案内文を [続きを読む]
  • ちっちゃな茶箱風ボックスをつくる。
  • ディスクカッター使用の初作。入れたいもののサイズを測って、それが入るようにゆとりをえいやっと決めて、紙のカットレシピ制作。入れたいもののサイズにたいして加えるゆとりなど、きっと、教わりに行けば法則のようなものも習うのかもしれない。でも、エレガントな雰囲気の記事に、タッセルにリボンにとデコって〜な見本ばかり見つけると、「・・・。」となってしまうのだ。ということで、ゆとり(空間的+布の厚み分など)につ [続きを読む]
  • タペストリー「帯解」完成画像 (安曇野キルト公募展 2017 受賞・展示)
  • 秋晴れ〜(神奈川県では。会場は長野県)の本日より、始まりました安曇野キルト公募展(北アルプス展望美術館(池田町立美術館) 9/9-10/22)。出品作品は、この「帯解」。制作記録は、「六・鼓・緑タペストリー」(六角形・鼓柄・緑のお振袖)としていた作品。間もなくお祝いシーズンとなる、七五三。お振袖を解いていたときに、「最後の着用目的は七五三だったのかなぁ」と想像したことがきっかけで、七歳のお祝いをインスピレーショ [続きを読む]
  • 安曇野キルト公募展 2017 明日から展示開始。
  • 会期が9月9日〜10月22日と長いので、興味をもって見てみたいなぁと思っていただけた友人・知人にも日程を選びやすい、このキルト展。ちょっと遠いけど、新幹線も走るようになり、行き方チョイスも増えたし、温泉旅行も一緒にしようか?と思いやすい、この時期開催ってのがうれしい。遠方のキルター仲間と一緒に展示してもらえるかも?というのも、応募する楽しみの一つ。私の作品も入賞し、明日よりお披露目。今年は、審査員を務め [続きを読む]
  • 買ってしまった、ディスクカッター。
  • 今年に入り、縁ありちょっぴり習う機会ができたカルトナージュ。教えてくださる先生も、いろいろネットを回ってみかけるカルトナージュも...。エレガント。どうも我が家のインテリアとの相性を考えるまでもないくらい、遠い雰囲気。でも、「必要なぴったりサイズの箱で整理して〜」的文章には、とってもそそられる。あっちの整理、こっちの整理に既存の箱・靴箱などを使うも、箱ありきの無理やり感な整理で、雑然度が高いのだが、 [続きを読む]
  • 制作記録データの整理。
  • ブログを始めるより前に、ホームページ作成を始めていた。名残で、現在もデータ整理として使っている。どうしても、ブログでの日々記録を終わってからまとめるようになってきてしまい、、、。未整理がたまりすぎた。そもそもホームページを作り始めたころから、整理するデータの分類も変わってきていて、それがこの4〜5年、より一層強くなってきたので、思い切って、ホームページで整理整頓(公開)しておくものも、ハンドメイド系 [続きを読む]
  • 麻とヨーヨー・キルトでフレーム作り。
  • 2か月間があると、子供の夏休み宿題の計画表ではないけど…。材料(フレーム以外)はすべてあるし、始めれば半日作業で終わるし…とほったらかしだった課題。ようやく、「お、これでいこか?」というフレームをみつけたし、レッスンまで10日をきったし、で作業開始。出来上がり品はプレゼントにしようと思ってもいるため、ちょっとかわいくハートなんぞつくりこんでみたりして。台風の影響らしく、涼しい9月のはじまりの関東地方。 [続きを読む]
  • 私の針仕事展: 池袋西武本店
  • この3年はファミリー・ガールズ・デートとなっている、夏の終わりの恒例の展示会へでかけた。すでに、出品者のおひとりの個展でこのチラシはもらってきていて全体構成の予習(?)済みで、刺繍や羊毛フェルトなど「針」を使うものも「針仕事」ということで展示があることは知ってはいた。が...。チラシ(A4全4ページ構成。表紙・裏表紙(出店マーケット店名とワークショップ案内、内側(展示内容))では、3/5の左半分、メインはパッ [続きを読む]
  • 棒通し布の取り付け中。[木を育ててタペストリー]
  • 上部のキルティング・トラプントなどは終了!と決定したので、悩み多き下部をうんうんやり続けるより、できることをやっちゃおーと。切り落とした裏布をそのまま流用するのがいつもの棒通し布の準備なのだが、今回はぎりぎりっすな裏布で切り落としだけでは、全然足りず。裏布2(そもそも、裏布が1種類では足りずだったのだから)も動員をかけて、ミシンでかたかた。必要な幅と長さをつくって、わっかにして…。せっせとまつり縫 [続きを読む]
  • キルト個展を楽しむ。
  • うかがうのが3回目。技法はミシンで、アートキルト、絵画キルトな作風の作家さんの個展の案内が届いていたので、出かけてきた。展示販売(展示している作品は、ほぼ、すべて販売されている)の個展スタイルは、パッチワーク・キルトの個展というより、絵画作品などの個展の雰囲気。日本の家屋向き?な販売作品たちはサイズはそう大きくはないが、どれも色鮮やかでとても絵画的で素敵。夕方遅い時間に行ったこともあり、在廊の作家 [続きを読む]
  • 一段落。[木を育ててタペストリー]
  • 東京の連続雨記録が更新されなかった…となったあとやってきた酷残暑。こんなことなら…とぶつぶついいつつ、最後のステッチをしていたが、ひと段落。「もう少し、土に石を足そうか?」と思うところはあるが、「きりがないか?」とも思い、ここでひと段落とすることに。来週早々、棒通し布を作って、全体をチェックしてみてから、仕上がり宣言とするか、もうひと踏ん張り宣言となるか。少し、時間(距離)を取ってから決めよう。 [続きを読む]
  • 処暑…!?
  • 土曜日の雷雨が、夏再びの銅鑼だったのだろうか?このところ、除湿目的にエアコンを使うことはあっても、冷房目的ではいれてなかったのだが、、、。変な夏の関東地方、残念ながら(?)雨の記録更新ならず。更新していたら、この夏の甲子園の一大会ホームラン記録更新とともに、「あー、7月が空梅雨高温で水不足の心配してたのに、8月の戻り梅雨で雨記録更新したよねー」と記憶にばっちりのこる2017年だったろうが、2番じゃ、、、、 [続きを読む]
  • 雷雨、順延。
  • なでしこカップ戦終了後のリーグ再開初戦。2〜3日前から天気予報をチェック・チェック・チェック。夏場の暑さを考慮してだと思う、ナイター・ゲームなので、今日も朝から天気予報をチェック・チェック・チェック。なにせ、8月にはいって毎日雨が多かれ少なかれ降っている東京(今日は会場がナイター設備のあるところということで、東京都内だった)なので。試合開始前1時間、遠くに白い雲がもくっとあって、それはとっても夏っぽ [続きを読む]
  • 裏から見ると刺し落としがわかる。[木を育ててタペストリー]
  • キルティングって一筆書きですすんでいくから、そのルートにのらないものは、「あとで刺す」となる。キルティングラインを描いたところだったりすると、刺し落としは色が濃いままくっきりのこっている(刺したところは、キルティング糸の点々で線が薄く見える)ので気が付きやすいんだけど…。生地の柄を生かしてきめたラインで、生地の色と同じものを刺すときは、時々刺し忘れが発生。裏から作業するトラプントの時、糸を通そうと [続きを読む]
  • トラプントを始めた。[木を育ててタペストリー]
  • 8月にはいり、1日だけ台風一過の極暑があったけど...。月後半は再び暑くなるらしいが…。キルティング中に効果アップを狙って予定していたトラプントを始めた。意外とトラプントしてたんだなぁ〜とおもったのは、つめ糸用に買ってあった毛糸がのこり1パック(5個)になってたこと。手芸店のプライベート・ブランド品だから補充は簡単なはず。今回は、大量なトラプントではない予定(5個詰め込んだら、キルトが250g重くなる〜(笑)) [続きを読む]