まっくん さん プロフィール

  •  
まっくんさん: 菊名エコクラブ 仮ブログ
ハンドル名まっくん さん
ブログタイトル菊名エコクラブ 仮ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kec-tm
サイト紹介文身近な自然から学び、自然の仲間たちを大切にしよう! 町なか自然教室の「菊名エコクラブ」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/02/28 16:10

まっくん さんのブログ記事

  • 次回の活動は今週末です
  • 二つ前の記事でお知らせしたとおり、今度の活動は篠原園地で「夜の自然観察会 〜セミの羽化を観察しましょう〜」を行います。篠原台町による主催ですが、台町以外の方でもご参加できます。この機会にぜひ、神秘的なセミの羽化の観察を体験してください。 [続きを読む]
  • 我が家 松田家について
  • 我が家松田家は、「地域防犯連絡所」そして「こども110ばんのいえ」となっています。これは母が長年、社会的なボランティア活動をやってきたことの中の一部です。実はその母が、今年の1月にこの世を去っていきました。昨年の暮れから風邪をひいたような症状... [続きを読む]
  • 真夏の夜の神秘的な自然の様子
  • 前回記事で、来月8月5日に行う予定の 〜夜の自然観察会〜セミの羽化を観察しよう〜 を紹介させていただきました。セミの羽化は夏にしか見ることのできない神秘的な自然の様子ですが、本当は夏にはほかにも神秘的な自然の様子を見ることができる季節なのです。... [続きを読む]
  • 2017年8月の活動予定
  • 次回の活動は8月5日(土)夜7時から、夜の自然観察会 〜 セミの羽化を観察しよう 〜 を行います。篠原台町自治会主催です。真夏になると鳴き出すセミ。セミの鳴かない夏なんて信じられないくらい、セミは夏にはいなくてはならない存在です。何年もの間、... [続きを読む]
  • 転職します
  • 嵐が来ました。環境が一変し、悲しいことや辛いことがありました。悲しみは今でも続いています。けれども嵐は上昇気流も起こしてくれました。僕はこの気流に乗って、別の世界へと飛び立って行きます。・・・10年間勤務した会社を辞め、今週から全く別の業界へ... [続きを読む]
  • 菊名池の冬の水鳥たち
  • 先日、東横線妙蓮寺駅にある石堂書店さんに本を買いに行ったら、店長さんに「菊名池に来ている水鳥の名前がわからないのだけど・・・」をいうお話がありました。そこで後日、一昨日の土曜日に菊名池に、その水鳥たちの写真を撮りに行きましたので、このblogに載せ... [続きを読む]
  • 今年2017年の初日の出
  • 年明け、我が家は非常にバタバタしていました。悲しい出来事がありましたが、今週から普通の生活へと戻っていきます。そんな状況ですので遅れてしまいましたが、今年の初日の出と元旦の富士山の写真をお見せいたします。今年は早春から本格的に活動を始めていき... [続きを読む]
  • クリスマスツリー
  • あるビルに飾られているクリスマスツリーふもとには汽車が走っていたり、雪だるまも。人々もいて、その向こうにはノウサギが。シカもいて、キツネもいます。これらのふもとにある模型と比べると、対比的に巨大なクリスマスツリー。まるでこのツリー... [続きを読む]
  • 僕の願い
  • 花はなぜ咲くのでしょう。それは人を喜ばすためではありません。チョウやハチなど昆虫たちに蜜を与え、その代わりに花粉を運んでもらうためです。花粉を運んでもらい、その植物は実を成らせます。では草木は、どうして実を成らすのでしょう。それは人にだけ食... [続きを読む]
  • 6月19日のこと
  • 6月19日。この日は記念すべき日でした。5月21日に篠原台町の子供たちに書いてもらった樹名版が完成。それを愛護会の活動で取り付けたのです。5月21日の樹名版作成(書き込み)の様子この樹名版が仕上がってきました!上の写真が木の幹にくくりつける... [続きを読む]
  • クワの実も成っていました
  • 今、篠原園地ではコウゾの実が見られますが、その少し前まではクワの実もなっていました。園地の上の方からプール前に抜ける階段の小道。ここでクワの木を綺麗に見ることができます。5月下旬のある日のこと。ジュイーッ、ジュイッジュイッジュイーッ・・・とオナ... [続きを読む]
  • コウゾの実がなっています
  • 今、篠原園地でコウゾが実をつけているのが見られます。コウゾはクワ科で、和紙の原料になる低木です。クワの仲間なので葉も実もクワに似ています。といっても、実はクワよりも木イチゴのカジイチゴの方が似ているかもしれません。クワの実のように食べられますがク... [続きを読む]
  • シオカラトンボも羽化しました
  • シオカラトンボも羽化しました。部屋を暗くしないと羽化を始めないみたいで、なかなか最初からみることができません。今回は、まだ翅の白いところを見ることができました。シオカラトンボのオスは黒い胴体に塩を噴いたような粉っぽい白い帯が太く入りますが、それは成熟した成虫になってからです。羽化したときは、ムギワラトンボと言われるようなメスと同じ体色をしています。 [続きを読む]
  • ヤゴ救出のヤゴのほとんどはコノシメトンボのヤゴ
  • ヤゴ救出で自宅に持ち帰ったヤゴたちが、次々とトンボへと羽化しています。これらのヤゴのほとんとはコノシメトンボという赤トンボの仲間のヤゴのようです。胸の黒い模様の形からコノシメトンボということがわかります。羽化したばかりのコノシメトンボ。翅の先端の黒い部分がまだでてきていません。胸の黒い模様の形からコノシメトンボということを見分けることができます。夏はオスメスともに黄色っぽい色をしていますが、秋にな [続きを読む]